僕の好きな曲:『エンプティ・ガーデン(Empty Garden)』 by エルトン・ジョン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲:『エンプティ・ガーデン(Empty Garden)』 by エルトン・ジョン

僕の好きな曲:『エンプティ・ガーデン(Empty Garden)』 by エルトン・ジョン

ジョンの死について書かれた曲の中で個人的に一番好きなのがこの曲である。ポールの『ヒア・トゥデイ(Here Today)』も、ジョージの『過ぎ去りし日々(All Those Years Ago)』もすばらしいが、どれか1曲を選べと言われたなら僕は躊躇なくこの曲を選ぶ。ポールに心の中でゴメンねと謝りながら(笑)。アルバム『ジャンプ・アップ(Jump Up!)』収録。1982年発売。

今回調べて初めて知ったのだが、タイトルのエンプティ・ガーデン(空虚な庭、空っぽの庭)とはニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのことを指しているそうだ。エルトンにとってマディソン・スクエア・ガーデンはかつてジョンとライヴで一度限りの共演を果たした思い出深いコンサート会場であり、ニューヨーク在住のジョンにとってはまさに「庭」のような場所。これはタイトルだけでジンと来てしまう。さすがはバーニー・トーピン(作詞)。


ここで何が起こったのか
ニューヨークの日が沈むと、
石畳に囲まれたガーデンから人が消えてしまった

ここに住んでいた人は誰なのか
きっと世話好きな庭師だったにちがいない
人々の涙を枯らし、立派な収穫を得ていたのだ

そして私たちは驚愕した
目まいがし、立ち上がれなくなった
あのような庭師の代わりになる人はどこにもいない

ずっとノックしているのに、返事はない
一日中ノックしているというのに
おーい、ずっとずっと呼んでいるんだよ
ねえ、ねえジョニー
出てきてまた一緒にプレイしないか?



上の歌詞を訳していて、はからずも涙がこぼれてきてしまった。僕は普段から音楽の歌詞には無頓着で、特にこの曲に関してはあえて細かい部分まで知りたくないという思いもあったのだ。だがやはりこの曲は歌詞もひっくるめて名曲である。エルトンの偉大なるメロディメーカーとしての才能が遺憾なく発揮されていると思う。またドラムスには僕が好きなジェフ・ポーカロが参加。この歴史的名曲に華を添えている。アルバム自体もいい曲が多く、一般的な評価はあまり良くないが、個人的にはエルトンの中ではかなり上位にランク付けされる名盤だ。
たまにはジョンも思い出さないとね。

参考:
エルトン・ジョン:『ジャンプ・アップ(Jump Up!)』(CD)
『エンプティ・ガーデン』オリジナル・プロモ・ビデオ

コメント
非公開コメント

 アメリカのテレビ番組でポールとリンゴ共演の噂があるみたいですが ジョンの「Now and Then」完成させて演奏してくれないかなあとゼロに近い期待を抱いています。デモ版の段階で大好きなんですがどのCDでも聴けませんよね。ちゃんとしたやつにして販売してほしいなあ。「Now and Then」の歌詞ポールが歌ったらそれこそ最強の追悼歌になるような。

2014-01-13 15:49 │ from ふーてるURL

ふーてるさん
コメントありがとうございます。Now And Thenは以前よりファンの間で話題になっていますが、さあ実現はどうでしょうか。ひそかに期待したいですね。リンゴとの共演もあると嬉しいですし、グラミー賞など今年前半も楽しみです。

2014-01-13 18:01 │ from 管理人URL

「エンプティ・ガーデン」
この曲 私も大好きです。胸が熱くなる曲ですね。
きっと管理人様は リアルタイムで聴かれて ずっと愛聴されてきたと思うのですが、私は後追いで「エンプティ・ガーデン」を知りました。エルトンが歌うジョン・レノンへの追悼歌という事で 大変興味を持ったのですが 当時収録アルバム『ジャンプアップ』は廃盤中で 歯痒い思いをしました。
そんな中で ヨーロッパで製作されたと記憶しているのですが エルトンのレアなベスト盤に「エンプティ・ガーデン」が収録されていて この曲の為だけに わざわざ改めてベスト盤を購入した思い出があります。
「エンプティ・ガーデン」を聴くと エルトンの「ねぇ、ジョン、また一緒にプレイしようよ」という行は 本当に胸を打ちますね。

ポールのジョンへの追悼歌 「ヒア・トゥデイ」は 非常にパ ーソナルな雰囲気を感じる曲で ポールは聴衆を意識せずに ジョンと会話してるつもりで 曲を作ったのではないか、ジョンに生前 伝えられなかった事を この曲を通じて語りかけたという印象です。
それに対してエルトンは 友人であるジョンが突然この世から消えてしまった喪失感、ジョンが理不尽な最期を遂げてしまった事に対する怒りを 追悼歌に込めた印象がします。
聴いていて とても心が揺さぶられますね。
同じジョンへの追悼歌でも 二人の個性が現れていて興味深いです。

ちなみに エルトンとジョン・レノンが マジソン スクエア ガーデンで共演した時に歌った曲の1つが 「アイ・ソー・ハー・スタディング・ゼア」だったのですよね・・
どうして この曲を選んだのだろう? エルトンがリクエストしたのかな?
ポールも ステージで一緒に歌いたかったはず・・
今となっては もう叶わぬ夢ですね・・

2014-01-13 23:54 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ジョンはエルトンとの共演でなぜたくさんの曲の中から『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』をやったんでしょうね。明らかにポールの曲なのに。たしかにこれは不思議です。
それとポールがそんなエルトンと共作をしてこなかったのも、不思議といえば不思議です。ステージでは何度か共演してますし、お互いに実力を認め合っていますから。やればきっといいものができると思うんですがね。

2014-01-14 19:28 │ from 管理人URL

もうすぐエルトンのワンダフルクレイジーナイトが
出ますね

やっぱり彼は紫色のメガネが似合いますね
あとなんか、金髪になってるのは
植毛手術のせいですか?

あと関係ないですが、thom bell sessionsの表紙の顔が
paul simonに似ていると思いました

2016-01-09 18:38 │ from 雨URL

雨さん

情報ありがとうございます。アルバムが出るのも知らなかったです(笑)。You Tubeで見ましたが、タイトルもいいしこれは久々にヒットの予感がします。ポールも負けずに新譜出してほしいですね。

2016-01-11 06:00 │ from 管理人URL