ポールの曲:『今日の誓い(Things We Said Today)』ライヴ・ヴァージョン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『今日の誓い(Things We Said Today)』ライヴ・ヴァージョン

ポールの曲:『今日の誓い(Things We Said Today)』ライヴ・ヴァージョン

ビートルズ初期の名曲『今日の誓い』。この曲のオリジナル・ヴァージョンがすばらしいのはもちろんだが、僕は『トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティック』に収録されたライヴ・ヴァージョンのほうがずっと好きで発売以来愛聴している。

『トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティック』(1990年発売)はポールが本格的にライヴ復帰を果たしてから初めて出したライヴ・アルバムであり、個人的にも極めて思入れが深いのだが、いかんせん僕はこのライヴ・アルバムがあまり好きではない。理由は全体的にポールの声の調子があまり良くないからである。しかし、それでも『今日の誓い』『フィギュア・オブ・エイト』『マッチボックス』の3曲だけは別格で、普段は滅多にライヴ・ヴァージョンを評価しない僕がいずれもスタジオ・ヴァージョンを凌ぐ出来と高く評価している。

『今日の誓い』については、ポールがホントに気持ち良さそうに歌っていて、聴いているほうも思わずつられて気持ち良くなってしまうようなところがある。あの心地よいアコースティックなドライブ感は何度聴いても飽きることがない。そして、ロビー・マッキントッシュのギターソロがまた絶品なのだ。けっして派手さはないがツボを心得た彼のギタープレイにはけっこう名演が多いように思うのだが、『今日の誓い』は中でも一、二を争うのではないかと思う。なんせオリジナルが天下のビートルズである。普通ならばヘタな弾き方をして批判を浴びるよりは原曲に忠実に…なんて思ってしまうところだが、ロビーは実にのびのびとギター1本でクライマックスを演出し、この曲の新しい魅力を引き出すことに成功している。ドライブ感という面ではこのヴァージョンが最高である。一方、抒情性という面では、ポールとジョージがハモる『アット・ザ・ハリウッド・ボウル』のライヴ・ヴァージョンも甲乙つけがたい名演となっている。

参考:
『トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティック』(MP3)
『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』(アナログ、海外盤)

コメント
非公開コメント

自分はポールのアルバムでいえばライブ関係のものを多く持っています(DVD含む)
今日の誓いはオフザ~のコンプリートのほうにもありましたよね
あと関係ありませんが、最近のライブのドラマーがお気に入りです

2014-01-10 10:33 │ from 雨URL Edit

雨さん
コメントありがとうございます。『オフ・ザ・グラウンド』のコンプリートワークスを持っているのですね。これはうらやましい。あれは後出しジャンケンで(笑)、僕が買わなくて後悔したCDの一つです。今は高値がついてますね。

2014-01-10 17:40 │ from 管理人URL

納得と同意です。

今年初めてで遅く「あけましておめでとうございます」。そして今年も楽しく詳しいお話聞かせてくださいね。
あのWorldTourから出てきたLiveアルバム"Tripping The Live Fantastic"の全体評価は人それぞれみたいです。おっしゃるよう3曲はもちろんのようにとてもLiveで光っている。如何せんこの頃のPaulは少しほど声が細くなっている歌い方してますし長いTourの中で声の調子も悪くなった結果でしたね。確か1989年EU/US公演がかなり収録されていて12月頃には既に声が厳しい状態もありますね。またCDの収録時間的には"The End"のギター部分が短くされていたりと・・・。ただポールソロライブ復帰としての輝かしい公式音源としてはパーフェクトと思います。

そして!"Things We Said Today"

私もこのLiveでは名演と思っています。ロビーのギターももちろんヘミッシュとのコーラスが上手くマッチしている。そしてこの時代の音ですがクリスのドラムでブレイク部分もありBeatlesのオリジナルはもちろん良いとしても近年の演奏よりもこの時がカッコいい=聴き入ってしまいます。
ちなみに私が思うには"Tripping The Live Fantastic"とはヘミッシュ・スチュアートの声とポールの声が綺麗にハモれている最後のアルバムでなかろうかと思っています。この後に"Unplugged"でもなんとか上手に行っていますが、1993年からのNewWorldTourでは少しずつポールの声の方が合わなくなってきている感じがしています。この後徐々に声が出なくなり1997年頃にはほぼ昔の声の出し方ではだめとなったり。ですがポールは歌いたかったのでしょう。後に声の出し方を変えてきました、おおよそ1999年以降からと思います。ここまで自分のことを理解しながら自己的に声の出し方も修正し2002年からの現在に至る素晴らしいポールの声とLiveが聞ける訳ですね。話ズレました。

2014-01-15 11:50 │ from HiroURL Edit

Hiroさん
コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。私もヘイミッシュ・スチュアートの声はポールとよく合っていたと思います。クリスのドラムスも私は好きでした。今から考えるといいメンバーでした。『オフ・ザ・グラウンド』がもう少し成功していたら、もっと長続きしたかもしれませんね。

2014-01-16 02:39 │ from 管理人URL