アルバム『NEW』 独断的レビュー その3 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » アルバム『NEW』 独断的レビュー その3

アルバム『NEW』 独断的レビュー その3

『クイーニー・アイ』(ポール・マッカートニー&ポール・エプワース)
プロデュース:ポール・エプワース
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ラップ・スティール・ギター、ベース、ピアノ、モーグ(シンセサイザー)、シンセサイザー、メロトロン、タンバリン
ポール・エプワース:ドラムス

この曲も完全にマッカートニー&エプワースだけで作り上げられた逸品である。楽器はエプワースのドラムス以外はすべてポールが担当している。何も知らずに聴けば、この曲がたった2人だけでレコーディングされたとはとても信じられないだろう。僕はちょっともたもたした感じのポールのドラミングも味があって大好きなのだが、この曲でエプワースにドラムスを任せているのは大正解だと思う。

ポールは早くもこの曲をライヴのレパートリーの一つに加えているが、実際に生で聴いたこの曲の迫力は個人的にはスタジオ録音を遥かに上回るものであったことを付け加えておきたい。

ついでにポール・エプワースについて少し調べてみたので、この機会に簡単に紹介しておこう。彼はロンドン生まれの39才。今をときめくアデルの『21』でグラミー賞の最優秀アルバム賞、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀プロデューサーなどを受賞し、今世界で最も注目されている音楽プロデューサーの1人である。彼は自らが優秀なミュージシャンでもあり、作曲、ドラムス以外に、ベース、ギター、キーボード、トランペット等を器用に弾きこなす。つまり今回の2人の共演はまるでポール・マッカートニーが2人揃ったような感じだったわけで、即興で曲がどんどん出来上がっていったというのもなるほど合点がいくのである。とかくプロデューサーにエプワースを迎えたことばかりが取り沙汰されるが、世界一の作曲家&マルチプレイヤーであるポールと一緒に仕事をした経験は、むしろエプワースにとってより収穫の大きい出来事だったのではなかろうか。

『アーリー・デイズ』(マッカートニー)
プロデュース:イーサン・ジョンズ(&ジャイルズ・マーティン)
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ビル・ブラック・ベース(エルヴィス・プレスリーが『ハートブレイク・ホテル』で使用した金色のベース)、ハーモニウム(オルガンの一種)、パーカッション
イーサン・ジョンズ:ドラムス、パーカッション
ラスティ・アンダーソン:ギター
ブライアン・レイ:ダルシマー(打弦楽器の一種)
エイブ・ラボリエル・Jr:コーラス

スローで淡々とした曲調はポールにしては珍しい曲の部類に入るが、聴き込むほどに味わい深い作品である。ポールはしゃがれた声をこの曲では逆手に取ってマイナスをプラスに転化することに成功している。まるで老人が若き日々を回想するかのような視覚的イメージが広がる。『NEW』はポールにしては詩がよいともっぱらの評判だが、『アーリー・デイズ』は詩の内容では、おそらく一、二を争うものではないだろうか。

ポールはこの曲でかつてリンダから贈られたというビル・ブラックのベースを使用している。バンド・メンバーもラスティ、ブライアン、エイブの3人が参加している。エイブのコーラスは今やマッカートニー・サウンドになくてはならないものになりつつあるのかもしれない。プロデュースはイーサン・ジョンズで、ジャイルズが追加で仕上げを行なっている。

『ニュー』(マッカートニー)
プロデュース:マーク・ロンソン(&ジャイルズ・マーティン)
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ベース、ハープシコード、ピアノ、メロトロン、ウーリッツァー(電気ピアノ)、コンガ・ドラムス、マラカス、ブズーキ(弦楽器の一種)
ラスティ・アンダーソン:ギター、ブズーキ、コーラス
ブライアン・レイ:ギター、コーラス
エイブ・ラボリエル・Jr:ドラムス、コーラス
ウィックス:コーラス
スティーヴ・シドウェル:トランペット
ジェイミー・タルボット:テナーサックス
デイヴ・ビショップ:バリトン・サックス

オリジナリティ溢れる、まさに世界でただ1人ポール・マッカートニーにしか作れない最高のポップソングであり、70年代、80年代であればモンスターヒットを記録したであろうニュー・マッカートニー・クラシックである。この曲の良さになんでもっと早く気付かなかったのか。お前は何年ファンやってるんだ、と今になって後悔することしきりである(笑)。今は個人的にはこの曲をビートルズの新曲としてもいいほどの高い評価を与えている。

ポールとバンドメンバーたちが様々な楽器を駆使して、古くて新しいサウンドを創り出した。バンドとしてこれだけの音が作れるのならば、ポールはもう一人きりのレコーディングにこだわる必要はないだろう(と思える)。プロデュースはマーク・ロンソン。『アリゲーター』とこの『ニュー』を聴くかぎり、ロンソンのプロデュースは音に厚みがあり、聴きごたえがあるという印象だ。この曲もまたジャイルズが追加でプロデュースを行なっている。

『アプリシエイト』(マッカートニー)
プロデュース:ジャイルズ・マーティン
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、シガーボックスギター、キーボード、ドラムス
ラスティ・アンダーソン:ギター、ブズーキ、コーラス
ブライアン・レイ:ギター、バリトン・ギター、コーラス
エイブ・ラボリエル・Jr:ドラムス、コーラス
トビー・ピットマン:プログラミング

『アプリシエイト』もポールにはあまりないタイプの曲で、多分に実験的な要素も感じられるのだが、この曲に関する限り僕は成功していると思う。サビもカッコいいし、いろんなアイディアが満載で聴く者を飽きさせない。最後のギターソロはやってくれるな、さすがという感じ。確認したわけではないが、あの味はポールにしか出せないだろうと思う。「今日一日に感謝しよう」。ポールはさらっと実に重要なメッセージを曲に乗せている。やっぱすごいわ、この人。

プロデュースはジャイルズ。これまたまったく文句なしの仕事である。

コメント
非公開コメント

失礼します。

ポールはソロにおいてビートルズの自分の楽曲のセルフパロディのような似た曲をよく出しますよね。
Yesterdayに似たHere Today、Blackbirdに似たJenny Wren(メロディはむしろYesterdayに近いか?)For No Oneに似たEnglish Tea、などなど・・・

今回の曲だと、Early Daysがそれらの曲群に入ってくるのでしょうか。
枯れた味わいの雰囲気の良い名曲で僕も好きなのですが、後半のコーラスと強めのドラムはMother Natures Sonを彷彿させますよね。
しかし、この詩と雰囲気は、若かりし頃のポールには生み出せない、今のポールだからこそ為せる技ですね。

2013-12-17 16:27 │ from 村正URL

お邪魔します。 なんだか最近、どぉ~も 「ならず者」 臭がぷんぷんするハシモトです(ハハ、ハハ)。 メンド臭さに拍車がかかってる感じ(あ~あ…そんなつもりじゃないのにな…)。

で、またまた自分のビートルズ観、ポール観を押しつけてしまいそうですが、私もこの 「アーリー・デイズ」 の歌詞には参ってます。 「自分が見たわけじゃないのに、誰がこれをやったとかあれをやったとか」。 まさに私のよーな者を揶揄しているようにも聞こえます(自虐)。 この歌詞を歌い終えた後に、いたずらっぽくハミングするポール(笑)。

この曲は、アルバム中 「オン・マイ・ウェイ・トゥ・ワーク」 と同じく、「現在のポールのスピード」 で歌われている数少ないナンバーのような気がする。 仕事の帰りに一緒に歌いまくってるんですが相変わらず(笑)、このアルバムって、早口でまくし立てるチューンが多いんですよ。 それって現在のミュージック・シーンのスピードと同じ気がするんです。

同時にアレンジも、「メモリーズ・オーモスト・フル」 とはアプローチの仕方が全く違って、やはり今のミュージック・シーンの身の丈に合わせているような感覚。 まあ系統的には、「エレクトリック・アーギュメンツ」 を煮詰めた、という評価なんですけどね、自分の中では。
アタック音ぽい、というのでしょうか、掛け声的なヴォーカルが多いのも、このアルバムの特徴でしょうね。 これも 「現代的」 の範疇に入ると思います。
「クイーニー・アイ」(自分にとってはライヴの悪夢を思い出す鬼門…笑)のサビも掛け声っぽい。 でもよく聞いていると、半音ずつ下がっていったり上がっていったり、ポールらしい手癖をつけているのが興味深いです。
「NEW」 では 「♪ゼン・ウィー・ワー・ニュー」 のところで、ポールのヴォーカルが、多少もたつき気味になる。 ポールの歌って、こういう、ヴォーカルにちょっとしたクセというか、仕掛けがしてあるものがあることもひとつの特徴のような気がします。 「幸せのノック」 で 「♪ノッキン・アット・ザ・ドア」 の最後で裏声になるとか。 「NEW」 って単純そうな曲なんですが、「♪ウーウーウーウー」 の部分でもメロディラインにあともう一声、1音下げた音を入れたい、と思う部分で寸止めになるとか(言葉にすると伝えにくいですが)、けっして単純に終わってないんですよね。

こうした、「聴いててちょっと引っかかりがある」、という点が、「オーモスト・フル」 とは確実に一線を引いている感じがするんですよ。

「オーモスト・フル」 は、よく出来てるんだけど、なんかすーっと聞いちゃえる感じ。 悪く言えば構造が前時代的、よく言うと、ポールのそれまでのキャリアの上に成り立っている感覚。
それがこのニュー・アルバムでは、すべてが未来を志向しているような、アグレッシヴなポールを感じる。 だから 「NEW」 って命名したんでしょうけど(笑)。

相変わらずウザったいワタシですが、また出来ればお邪魔させていただきたいです。 ディベートもしたいんだけど、もう遠慮しときます(笑)。

P.S. このアルバムと 「キス・オン・ザ・ボトム」 を並行して聞くと、その落差がヒッジョーに気持ちいいです(笑)。 なに1年でこの差(笑)。

2013-12-18 10:19 │ from 橋本リウURL

村正さん
コメントありがとうございます。『アーリー・デイズ』を聴くと、万年青年のポールもついに枯れてきたか、などとなんともいえない気持ちになります。ポールの場合は、似ているように見える曲でもただ似ているだけでは終わらないところがまた魅力ですね。

2013-12-18 17:22 │ from 管理人URL

リウさん
コメントありがとうございます。いつの間にか全然立ち直っちゃってますな(笑)。いや~、けっこうなことです。ポールにしたら「おめーら、なんも知らんくせにエラそうな事ばっかりぬかすな!」でしょうね。ま、私にとっても耳が痛いことではあります。せめて口先だけの人間だけにはならないよう注意したいものです。

2013-12-19 09:50 │ from 管理人URL