こんな人はもう出ない - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » こんな人はもう出ない

こんな人はもう出ない

以下東京公演初日の感想です。ネタバレあり。

自分では全然緊張している気はなかったのだが、案の定昨夜は精神が覚醒して3時間しか眠れなかった。そう、ついに待ちわびたこの日がやって来たのだ。

当ブログにコメントをお寄せいただいた読者諸氏と同じく、東京公演初日はとにかくすばらしいの一言だった。僕が過去に見た日本公演(1990年、1993年)の中では文句なし、間違いなくダントツのベストである。僕が見ていない2002年の公演と比べてもおそらく総合的には今回ほうが上回るのではあるまいか。なぜなら、今日のコンサートは1人のアーティストが実現し得る究極ギリギリの完璧なステージと僕には映ったからである。あれ以上は不可能とさえ思えるほどの…。ポールは彼のバンドと共にロックコンサートの1つの完成形をこの地上に出現させてしまったのだと感じる。まさに正真正銘、唯一無二、超極上のエンターテイメントである。次元が違う。ポールはニューアルバムの発表と共に、間違いなく何度目かのピークを迎えていることがこの日の日本公演を観て実感できた。信じ難いことだが、ポールはまだ成長しているのである。

「こんな人はもう出ない」と何度も何度も思った。もうこれから何世紀も、ひょっとしたら何十世紀も彼のような音楽家は出現しないだろう。それだけの人を僕たちは今目撃しているのである。71才…信じられない。ポールは相変わらず最高にチャーミングで、キュートで、かっこよかった。そんなバカな…。僕は何度も何度も自分の目を疑った。あり得ないはずの奇跡を僕は見ていた。肉体的な老いを超越した永遠のアイドルがそこにいた。少なくとも、ある瞬間には彼は間違いなく変貌していた。「彼は実際に若かった」のである。

感無量である。喉の奥から湧き上がるものを感じる。嗚咽が観衆の声にかき消される。まるで夢のような、魔法のような時が流れる…。

そしてすばらしかったのはただポールだけではない。すべてが驚くほどパワーアップしていた。まずはポール・マッカートニー・バンド。皆恐ろしいほどにうまかった。全員にプロの技と誇りと、そして「愛」を感じた。彼らが皆ポールを心底敬愛していることがジンジン伝わってきた。そして、だからこそ完璧なまでにポールをサポートしていた。今やあの全盛期ウイングスさえも超えるポールのキャリア史上最強のバンドになったと思う。今回の演奏については、僕は全く何も文句はない。完全に満足である。

そして照明(美しかった)、舞台演出、音響効果、巨大スクリーン、映像技術、『死ぬのは奴らだ』のドンパチなどなど…。最高のスタッフたちにより、地上最高のショーが作り上げられていた。ポールが世界最高のスタッフたちというのもなるほどうなづける。

さてポールの声の調子だが、この日僕は最高とまでは思わなかったが、高音は十分に出ていたと思う。若干しわがれて聞こえるところもあったが、全体としては気になるほどのレベルではなかった。

今回初めてドームでのスタンド席からの鑑賞だったが、一塁側の前のほうで思ったほど遠くもなく、上から見下ろす形となり身体も疲れず全体としてはとても快適だった。また周囲の人もマナーがよかったので、最後まで気持ち良く鑑賞できた。ステージからは遠くても巨大スクリーンでほとんどポールを映しっぱなしのため、全くストレスも感じなかった。スクリーンではポールの演奏の細部までもがよく見えた。また音もよかった。むしろアリーナ席は音が大きすぎるのではないかと少し心配したぐらいだ。撮影に関しては、やはり入場の際に荷物チェックがあるのでご注意を。ただしコンパクトデジカメなどはポケットなどに忍ばせておけば持ち込めるし、場内で撮影していても特に注意されることもなかった。ただし僕は公演中は撮らなかった、というか撮れなかった。ライヴに集中したかったからである。
stand.jpg

セットリストに関しては、少なくとも初日は何も変化はなかった。福岡で『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』に差し替えられた『ゲット・バック』は、この日再び『ゲット・バック』に戻っていた。つまり大阪の初日、2日目と全く同じセットリストである。また特別なハプニングも何もなかった。だた特別な事を期待するのは贅沢というものである。何も変わらなくとも完璧なステージだったのだから。

正直何曲かは僕の中でマンネリ化した曲もあったのは事実だが、ほとんどの曲を僕はとても楽しんだ。まず第一の驚きは、新曲のすばらしさである。僕の予想を遥かに超えて、新曲4曲はそのすべてが完全に成功していた。つまり超強力な過去の楽曲群の中に入っても、全く遜色がなかったのである。観客の反応も上々だったし、実際楽曲には圧倒的な力があった。これはライヴで実際に聴けばわかるだろう。この事実だけを考えてみても、『NEW』が名盤であることは明らかである。『エヴリバディ・アウト・ゼア』で『オオオォ』と叫ぶところでは髪の毛が逆立ち、鳥肌が立った(笑)。『セイヴ・アス』と『クイーニー・アイ』も観客が参加できる曲で楽しい。そして『ニュー』(曲)はまさしくニュー・マッカートニー・クラシックである。

最後に個人的に特に印象に残った曲を挙げておこう。
『アナザー・デイ』は完全にノーマークだった分、激しく感動した。サウンドが以前の演奏とは全く違ってオリジナルにかなり近い形に仕上がっており、曲のすばらしさを十二分に引き出していた。ポールのヴォーカルもとてもよかった。
『アンド・アイ・ラヴ・ハー』もビートルズのオリジナルに近い仕上がりで素直に感動できた。この曲を例に出すまでもなく、今回は多くの曲でバンドメンバーの演奏が一味も二味も違って感じられた。本当に演奏がすばらしかったのである。
『ミスター・カイト』と『ラヴリー・リタ』はほぼ完璧にサージェント・ペパーをコピーしていただけでなく、とてもステージ映えのする曲だと思った。歌いながらのポールのベースプレイもすばらしかった。
『ハイ・ハイ・ハイ』は完全にバンドの手の内に入っているかのような余裕しゃくしゃくの歌と演奏が印象に残った。最近のレパートリーだがこれはかなり強力だ。
『ゴールデン・スランバー~ジ・エンド』泣いた。

サー・ポール、二度とない貴重な時間をありがとう!あなたは最高です!

P.S. 宿泊は御茶ノ水インでした~。居酒屋併設、隣にセブンイレブン。コーヒー飲み放題。新聞タダ。チェックイン14時、チェックアウト12時。後楽園まで地下鉄で2駅(徒歩も可)。部屋は狭いが、清潔で料金も安く、ネットも使える。女性でも泊まりやすいでしょう。おススメです。

参考:
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
コンサート用オペラグラス
icon
ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー 来日記念特別号
東京ドーム周辺のホテル
icon

『オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 』も発売中!
オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 (iTunes) ←全曲試聴できます。
オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 (日本盤)
オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 (海外盤)


コメント
非公開コメント

向かってます

仙台から新幹線に乗りました。ドームのライブなんて久しぶりです。東京はあったかいんだろうな。

2013-11-19 13:10 │ from kuroURL

お疲れさまでした。
管理人さんの昨夜の感動が伝わってくる素敵な記事を読んで、明後日のライブがますます楽しみになりました。
ポール・マッカートニーという名の“奇跡”を、僕もこの目で拝んできます。
その前に、明日中に片づけないといかん仕事があるのですがね・・・(苦笑)
当日は妻と娘(1歳)と3人で一泊する予定です。
ライブの間、娘はホテルの託児所に預かってもらうことになっています。
我が子を犠牲にするようで罪悪感もありますが、11年ぶりのポール詣でのためには仕方がありません。
許せ、娘よ!

【P.S.】
くじ運に恵まれず、2階スタンドからの鑑賞になってしまいました。
2階席を「S席」として売るのは本当にやめてほしいですね。

2013-11-19 17:06 │ from 通りすがりのビートルズファンURL Edit

kuroさん
コメントありがとうございます。東京は18日もあったかかったです。またコンサートの感想お寄せください。

2013-11-19 19:46 │ from 管理人URL

通りすがりのビートルズファンさん
コメントありがとうございます。記事は感動が薄れないうちにと思って3時までかかって書き上げました。仕事を仕上げて、最終公演思う存分楽しんできてください。何かサプライズがあるといいですね。

2013-11-19 19:49 │ from 管理人URL

こんばんわ。僕も昨日、アリーナCで観ました。驚くほどに感想が管理人さんと同じなので安心しました。全く信じがたいですよね。僕は、①人間平等は嘘だ、ポールは明らかに特別だ②ポールは、自分が好きな以上に音楽の方から好かれている③ポールに比べたら他のミュージシャンはチンピラに見える等々思いました。選曲は、これまでの【テーマ】主体よりも【ノリ】重視、要するに正にLIVE間の重視に感じました。
立ちっぱなしでしたが、短く感じました。16500円は安い!!!
初めて小遣いで【あの娘におせっかい】を買って以来、今年で38年のお付き合い。我々は、確実に人生に得をしてますよね(知らない人は損をしています)。
しかし・・・カッコイイ!飽きもせずここまで付き合ってきて本当に良かったと心底思います。

2013-11-19 21:12 │ from マック小僧URL

失礼します。
人生初のライブを終えて、帰宅途中の電車内で投稿しています。
とにかく最高でした、喉も枯れました!
ポールの声、本当に絶好調でしたね!2002年、2009年のライブよりも良かったかもしれないくらい、若々しくて驚きました。
僕はライブも早々のAll my lovingで号泣してしまいました。
勿論最初のEight days week、次のSave usも良かったのですが、なんかリアリティがないというか、夢見心地だったんです。「あれ、本当にポール?」て状態で(笑)
しかし、All my lovingになった時、ああ、ポールだ!本当にポールだ!という気持ちと、とてつもないノスタルジー(生まれてもいないんですけどねぇ…)を感じて涙が止まりませんでした。
しかし、これが最後じゃないぞ!
ポールはもっと輝く!5年後、いや10年後になるかは分からないがきっとまた日本にやって来てくれる!

今、とても幸せです。長文失礼しました。

2013-11-19 22:50 │ from 村正URL

痺れました

サウンドチェックは新譜からアリゲーター!幸運なことに毎回来日公演は観てますが、今回も本当に凄い!新譜から沢山やってくれたのも現役らしくて良かった!

2013-11-19 22:55 │ from kuroURL

注釈つき引換券でしたが、正面の一階席で見れました!引き換えをかなり早くから並んだことに効果あったのかな? 『クイーニーアイ」と『ニュー』本当に良かったです。なぜだか一番一緒になって熱唱したのは『I saw her standing there』でした。特に気にしたことのない曲だったのに、自然と僕も叫んでいました笑、最期までポールの声が最高でした。僕は新参ファンでケイオスが好きで今のポールの新作にシャウトを求める人の気持ちが理解できていませんでしたが、今回のライブを聴いて、昔からのファンがまだまだシャウトを求める気持ちが十分にわかりました笑。最高でした!

2013-11-19 23:54 │ from ふーてるURL

連投すみませんが『Jet』今日初出だったみたいですね。当然最高でした。ラッキー。『夢の人』なかったのは残念ですけど。

2013-11-19 23:57 │ from ふーてるURL

kuroさん
痺れましたか。『アリゲーター』も聴けてよかったですね。

2013-11-20 13:36 │ from 管理人URL

マック小僧さん
コメントありがとうございます。あなたも初日組でしたか。すばらしいライブでしたね。ずっとポールを追いかけてきて、私も人生得をしていると思ってます(笑)。

2013-11-20 13:39 │ from 管理人URL

村正さん
コメントありがとうございます。人生初ライヴであれを見てしまうとは、ある意味ラッキー、ある意味不運かもしれません(あれを超えるものはまずないでしょうから)。幸せ感がとても伝わってきました。

2013-11-20 13:43 │ from 管理人URL

ふーてるさん
コメントありがとうございます。セットリスト少し変更があったのですね。席も直前でいい場所が当たってよかったですね。

2013-11-20 13:45 │ from 管理人URL

お邪魔します。

いよいよ本日、日本公演最終日に行ってまいります。 公演最終日なんて、ポールの喉の調子は?などと気を揉みましたが、今にして思うと最終日でホントによかった気がします。 というのも、このサイトで皆さまからのご報告や管理人様の感想を読んで、低かったテンションも上昇したからです。 いきなり開演直前に行ってグッズ売り切れとかないように、14時には並んでいるようにいたします(笑)。 こういう情報が事前に入るのも、大変ありがたかったです。

ただ、「通りすがりのビートルズファン」 様と同じように、私も2階席。 これでアリーナと同じ値段というのがやはりテンション下がりまくりの主因。 救いなのは、おそらくですがポールを、真正面に見るだろう、ということ。 傾斜のきつい2階席(これも情報ありがとうございました)で転がらんばかりに騒ぎまくります。

今は必死こいて新曲4曲をポールと一緒に歌おうと覚えておりますが、んま~年のせいかなかなか覚えられない(笑)。 でも8割がたは覚えました(笑)。 それで気付いたのですが、今度のアルバム、「夢の人」 以上の早口でまくし立てるナンバーが多い(笑)。
なにせ、「エブリバデイ」 を一瞬で言ってしまうんですから(笑)。 「ヘイ! エビリリリアゼ!」 みたいな感じ(笑)。

P.S. アルフィーの坂崎幸之助サンもライヴに行く(行った?)そうで、明日、22日金曜日の午後9時から、FMのNACK5でやってるご自分の番組 「K's トランスミッション」 でライヴ見た感想を特集で語るそうです。 坂崎サンはビートルズ・トークの達人ですから、聞いて損はないと思いますよ!

2013-11-21 07:23 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。いよいよですね。思い切り楽しんできてください。最終日ですから、何かありそうですね。また感想お待ちしています。ラジオの情報もありがとうございました。

2013-11-21 08:05 │ from 管理人URL

再びお邪魔します。
ちょっとグチになってしまいますが、ひとりでため込むのはキツイので、よろしければ聞いてくださいまし。

行ってきました。 やはり2階席はかなり遠かったです。 ポールが米粒以下にしか見えなかった。 250mは離れていたでしょうか。 確かに真正面だったけれど、米粒以下のポールをいくら真正面で見ても存在が感じられなくて、とても虚しかった。 巨大スクリーンに映されるポールにしても、マッチ棒程度の大きさ。 これじゃ表情とか、まったく分かんない。 正直なところ、ビデオコンサートを遠巻きで見た、という感覚ですね。 ホントにポール、そこにいたのかな。

これはハッキリとビンボー人根性で言うのですが(笑)、これでいちばん値段の高い席だというのは、ちょっとおかしいんじゃないのか、と言いたいですね、やはり。 ライヴの常識を知らなくてゴメンナサイですが。 巨大な会場、ドームなんてこんなもんだ、と言われればそれまでだし。

ポールのライヴの出来じたいについては、確かに後半声がちょっとくたびれた感じだったけれど、完璧でした。 ライヴそのものについて、私は全く文句がありません。

だからせめて参加しようと思って、ポールと一緒に歌いましたよ。
そしたらですね、前の席の人から文句を言われました。 「うるさい!」 って。
まあ、自分の席の周りが騒がない人たちばかりだったので、私もあまり大声では歌わなかったつもりだったんですけどね。
でもやっぱり、その人はポールの歌だけを聞きたかったんでしょうし、それは仕方がありません。 私が悪いんです。

ただそれで私も、席が遠いことと相まって、完全に白けてしまいました。 もうあとはおとなしく聞いてました。

つまんなかったなぁ(笑)。 ポールと一緒にエキサイトできないなんて。

まあ、その人も私と同じように、「こんな遠くてS席かよ」 と思ってテンション低かったのかもしれませんよね。 そしたらウルセーのがすぐ後ろで歌ってるし。

「仕事を休んでまで行くべきじゃなかった」「席がこんなに遠いのが分かった時点でキャンセルすべきだった」 というのが、私の今の本音です(ハハ…)。
ポールのライヴで自分がこんなに不幸な気分になっていることが、すごく嫌。 自己嫌悪に陥っています。 ポールのせいじゃないのに。

新曲4曲、ホントによかった。 しかし、「クイーニー・アイ」 の途中で文句をつけられて(笑)。 結局嫌な思い出に早変わりです(笑)。

なんかやり場のない怒りとか悲しみとかが大きすぎて、管理人様に愚痴を書いてしまいました。 誠に申し訳ないです。 こんなことでポールを嫌いにはなりませんが、ただもうライヴは行かなくていいかな、と感じています。

p.s. あ、最終日の情報(笑)。 なんかテレビカメラが入って撮影していたみたいです。 このこともあったんで自分が大声出して目立つのも躊躇したんですけどね(笑)。 ライヴのディスクを発売しようとしたらヘンな目立ちたがり屋の声がずーっと入ってる、というのもアレでしょ(笑)。

それと、「ゲット・バック」はそのまま。 「あの娘におせっかい」 も 「ジェット」 への差し替えなしでした。 「夢の人」 も 「今日の誓い」 への差し替えはなし。

最終日ということで、サイリウム(発光する棒っスね)を持たされて 「イエスタデイ」 の時に振るよう指示が。 会場全体が赤の光に包まれて、ポールもちょっと声にふらつきがあってグッときたみたいだったけど、やっぱり先に書いたように表情が分かんなかったんで、涙腺に来たのかどうかは不明です。

最終日ということで特別のなにかというのは、ホントなかったですねー。

2013-11-22 01:05 │ from 橋本リウURL

リウさん
最後に出てしまった~、大どんでん返し!リウさん、またあなたでしたか(笑)、などと今回ばかりは笑える状況ではないようですね。失礼しました。しかし・・・2階席がそんなに遠いとは。せめて思いっきり歌えれば気も晴れたでしょうが、今回は運も悪かったですね。悪い事が重なってしまった感じで、うーん、ホント残念です。元気出してね~。

2013-11-22 02:08 │ from 管理人URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-11-22 14:33 │ from URL

リウさん:読んでいて悲しくなりました。私も初日 2階席で、持病のめまいで非常に怖く、ほとんど動けなかったので、胸が痛みます。そんなこんなも良い思い出になる事を祈ります。

2013-11-22 17:26 │ from nabiURL Edit

みたびお邪魔します。

まずnabi様、こんな私めの身勝手で最悪なコメントに対してご同情下さり、心から感謝申し上げます。 涙が出るほどうれしいです。 いつもチャラい冗談ばかり書いてるワタシですが(笑)、昨日は落ち込みっぱなしだったので、nabi様のコメントには本当に救われました。

それと、これはネタばらしになってしまって管理人様に誠に失礼な話なのですが、いったん書いた自分の先のコメント、これはこのサイトの趣旨に全く反しているように思えたので、実は管理人様にその処遇について削除か存続かの判断をお願いいたしました。 このサイトはみんなで喜びを分かち合う場だと考えたからです。
しかし管理人様は残してくださった。 この場をお借りして、管理人様にも最大限の感謝を申し上げます。 ずるい話ですが。 自分の運営しているブログでプロモーターへの不満とかそういうことはすればいいのに。

今のところもう思い出したくもなくて、パンフもTシャツも目につかないところにほっぽりっぱなし(ハハ…)。
昨晩坂崎サンのラジオで流れたポールの曲とか聞いててもイヤな思い出がぶり返して、しかめっ面しながら聞いたりしてた(笑)。 しばらくニューアルバムの 「ニュー」 は(ややこしい…笑)聞きたくもない感じ。 

本当はもう、こんなことがあったからポールのライヴには二度と行かない、などと考えたのですが、こんなことでポールと二度と会えないなんて、「♪そーんなのーはいーやだ」 と思ったので(笑)、ぜひリベンジしたいですね。 福岡ではまた来年来ますとかポールは言っていたらしいし(ホントかな?坂崎サンがラジオでしゃべってましたけど)。 そのときはどうやったらアリーナくらいの近さで見られるのか、ちょっと研究したい気もします。

nabi様のコメントにもあったのですが、この2階席。
傾斜がきつくてスタンディングオベーションもできなかったです。 「たったらきけん たったらしぬで」 みたいな(ネタが古い…笑)。
当然エコノミーシートみたいな席にくくりつけられるようにして(笑)終始鑑賞。 たぶん立ち上がる人を注意するためなんだと思いますが(被害妄想か?)警備員はぐるぐる巡回してるし。 1966年の武道館かよ、と思いました(まったく発想が古くて申し訳ない…笑)。

こんなんでどうやって盛り上がれるんだよ、みたいな。 パーティ!とポールは言ってくれたけど。
しかも周りはまるでクラシックのコンサートみたいに静かに聞いてる人ばかり(私の斜め後ろの人はフォー!フォー!と盛り上がってましたけど)。 居心地極端に悪かったです。 みんなS席だったでしょうに、みんなそこらへんの不満を抱えながら見てたのかな。 どうかは知りませんけど。 アンコール途中で帰る人が多いのにも驚きましたね。 巨人戦の負けゲームかよ、みたいな。 まあ帰りの電車が混むのが嫌だったんでしょう。

ああ、思い出したくないのに思い出して書いとるぞ…(笑)。

くそ~っ、ポール、もう一度至近距離であなたのライヴを見せてください! もう一度日本に来て!

2013-11-23 05:49 │ from 橋本リウURL

失礼します。
そういえば僕の周りの人達もとてもおとなしくて、終始座って聞いているという感じで、ビートルズ以外の曲では盛り上がらないという雰囲気でした。
アンコール途中に席を立つ人も多かったです。
そんな中で僕や一部の人が叫ぶという状態・・・(苦笑)
まあ僕の場合は若気の至りと言いますか、
「他人がどうしようと自分が楽しめればそれでいいや。周りの人もしょうがないなこのガキは、と思ってくれるだろう」と勝手な解釈をし、
また前の人が席を立っても「よーしこれでよく見えるぞー!」などと思っていました。我ながら嫌なガキです(笑)
勝手ながらこの場をお借りしてお詫び申し上げます・・・

2013-11-23 10:58 │ from 村正URL

リウさん
リウさんでなければコメントアップしなかったかも?(笑)もうこうなったら再来日でうっぷんを晴らすしかないですね。元気出してね~。

2013-11-23 14:02 │ from 管理人URL

村正さん
若い人はそれでよいのです。私もそうでした~。落ち着いた若者なんて気持ち悪いですよ(笑)。

2013-11-23 14:08 │ from 管理人URL

リウさん、元気出して下さい (笑)
私は アリーナの前列で観た経験がないので ドームでのコンサートなんて 米粒程度しか見えないのが当たり前って思ってます。
もし、私もアリーナの前列を経験したら リウさんと同じような不満を持ったかも知れません。 アリーナの前列ってそんなに良いのですね。私も一度は経験したいものです。

座って静かに観てる方も 立って盛り上がっている方と同じく 感慨深くポールを 見ておられたと思いますよ。
私もリウさんと同じで 自分が楽しんでいる事をアーティストに伝える 一緒に盛り上がる事って とても大切だと思っています。だけど 人それぞれの楽しみ方ですし 強制出来ないですもんね。難しいところです。

最近は 特にベテランアーティストのコンサートって 客層の年齢も上がっていますから、立って歌いながら盛り上がるって難しいかも。
そういうノリじゃないのでしょうね。

でもリウさんのポール来日公演を楽しみたい、盛り上げたいという心意気はひしひしと伝わりました!
次ですよ、次! またポールは日本に来てくれると思います。
その時は 思いっきり声を張り上げて盛り上がりましょう!

早く心の傷が癒されます様に。
また これからもポールや音楽の話題で 皆さんと盛り上がりましょう。


2013-11-24 02:58 │ from テツURL

よたびお邪魔します。 管理人様を飛び越えてコメントのやり取りをするご無礼をお許しください。

テツ様、ご同情下さり本当に、本当にありがとうございます。 私と同じ不満を持っている人はいないのかと思ってこのところこのサイトに足しげく通っているのですが(笑)、2階席でもじゅうぶん楽しめた、というかたが多くて、自分もまだまだケツが青い、と感じております。

テツ様もアリーナ前列でご覧になったことがないとのこと。 やっぱり自分の場合、いちばん最初に見た11年前の東京ドームで、アリーナの前から7列目という絶好のポジション、しかもポールと意思の疎通が図れた、という、ほかのかたには嫉妬をかってしまうような夢のような出来事があったために、今回の件がとてもネガティヴに思われてしまったことが大きいように感じます。

まあ、それまでもユーミンとか、いろんな人のコンサートには行ったことがありましたが、こういうドームみたいな巨大な会場で、しかも自分のいちばんのスーパースターの公演で、あれほどの至近距離で見るのは初めてだったので、それが常識だと思ってしまった面は否めません。
しかもその、前回2002年の公演では、プレ・ショウというのがございましたよね。 道化みたいな人たちが会場を練り歩く、みたいな。 アレもまさに目の前すぐそばで繰り広げられていたし、もうポールの登場から最後まで、ずーっと立ちっぱなし。 騒ぎまくり。 一緒に歌いまくり。 頭おかしくなるくらい叫びました。

それと比較してしまうことがそもそも間違っているのですね(笑)。

ただ、私はビートルズを聞き始めた1975年から、その鑑賞方法というのが、彼らのレコードに合わせて歌う、叫ぶ、というつきあい方をしてきたので、今回の大人しい鑑賞の仕方は、どうしても我慢できませんでした。 静かに聞きたい人は、ライヴのディスクでも買ってテレビで鑑賞すればいい、と感じます。

でもそれは自分勝手。

テツ様のおっしゃるように、人はそれぞれ楽しみ方が違うのです。

ただやはり問題提起したいのは、ポールが米粒ほどの大きさならまだしも、黒コショウくらいの大きさだと(失礼なやっちゃなホンマに)「これ、実物を見に来た甲斐があるんかいな」 という気になってしまう。 これがS席だということはやはりおかしい、と思う。

そりゃすぐそばで見たいがために外国みたいに3万も払えんのか、というとそれも無理っぽいけど。 2万くらいなら払ってもいいかな~(笑)。

私がいまいちばん悔しいのは、自分の勝手な思いでライヴを楽しめず、ポールに対して感謝の気持ちがわいてこないこと。 それは自分自身の問題であり、とても情けなく感じます。

引きずるタイプなのでしばらく暗い人生を送ると思いますが(笑)、「もう聞きたくない」 と思っていたポールの新しいアルバムもこのところ頭のなかで反芻しており(笑)、あと1年もすれば回復するでしょう(1年かよ…笑)。

管理人様もこのようないじけているヤツをお励まし下さり、本当に本当に、ありがとうございます。 メンド臭い人間で自分がホントに嫌になります。

2013-11-24 11:41 │ from 橋本リウURL

リウさん
頭ではわかっていても、そんな簡単に割り切れるものではないですよね。まあたしかにちょっとめんど臭いですが(笑)、鋭い自己分析お見事です。リウさんの事ですから、個人的には1か月もすれば元気に復活されると信じてます。どうせなら思い切り落ち込んだほうが、立ち直りも早いかも?

2013-11-25 03:03 │ from 管理人URL

こんばんは!僕も18日の東京ドームに観にいきました。
高いチケット代払ったのに2階席の上のほう・・・。周りの人もわりとおとなしめで、ノリノリの人はちょっと離れた席にいた外人さんのみでした(苦笑)。もちろん、コンサート自体は
文句なく素晴らしかった!!僕の前回のポールのLiveは(たしか)90年でしたが、あのときは風邪のせいか声が荒れてたんで。今回70歳代であれほどの声が出るとは!って驚きました。ただ、ポールの場合は名曲が多すぎて。贅沢な要望かもしれませんが、80年代の名曲をLiveで聴きたいと強く思います。
「ワンダーラスト」や「ザ・マン」や「ムーブ・オーバー・バスカー」、それとフレイミング・パイの曲の「ビューティフル・ナイト」(これも最初に録音したのは80年代だったはず。)、それとouttakeの「Same Love」とか。
80年代半ばはポールの「迷いの時期」と言われますが、いい曲多いんだけどなー。
今回Liveの終わりにSee you again!って言ってくれたから、また来てほしいし、これらの曲を演ってほしいです!

2013-11-25 23:14 │ from RYOURL

RYOさん
コメントありがとうございます。同じ日ですね。最高のライヴでしたね。ポールは80年代にあまりいい思い出がないのかもしれませんね。ホントいい曲多いんだけどな~。『ワンダーラスト』だって調子のいいときならまだまだ歌えるはずです。

2013-11-26 02:12 │ from 管理人URL

サーPマッカートニー Tドーム最終公演によせて

macca go go go! 様
いつも楽しく貴重な情報ありがたく拝読させて頂いています、ありがとうございます。もう今更なのですがもうあのライブから半月近く経ってしまったのですが三回も投稿に失敗してしまい今回こそは成功するといいのですが、、、巷では来年のストーンズの来日やGSのタイガースのオリジナルメンバーでの復活ライブなどが話題になっていますが、、、さて肝心のサーポールのコンサートですが、私は今回行くつもりはなかったのです。60年代70年代と比べて2013年のポールのルックス、感覚、表現力、醸し出されるモノが私の求めている当時の雰囲気と違う(当たり前ですが)のでピタッと来なかったので、、、所がTVで映像を見てオリジナルに近かった。そしてセットリストにアナザーデイが入っていたので急きょチケットもないのに当日券をたよりに不安を抱えながら水道橋に向かいました。プログラムをあきらめ2時間弱待って当日券を手に入れドーム内へ向かいました。ライブの内容は管理人様のブログでのリポートどうりでした。アナザーデイとても良かったです、ウイングスのナンバーでの演出、ヘイジュードでの大合唱、アビイロードのB面メドレー、三時間弱感動の連続でした。私のお隣の方は初めてご覧になったと言っておられましたが涙を流されていました。私は過去いろいろなライブを見て来ましたがこのライブはかなりハイレベルだと思われます、今回のサーポールのライブを見る事が出来た人はラッキーです。ドラマーは確かJベックのブロウバイブロウかワイヤードでドラムを担当していたような気がします。話しがそれて恐縮ですが来年のクラプトンの来日が最後になりそうだと言うので武道館の最終日のチケットがとれたのでとても楽しみにしています。Kマイの10thのコンサート以来にサーPマッカートニーのコンサートへ参加出来て幸福感を感じています。最後まで読んで下さった方、管理人様ありがとうございます。

2013-12-08 02:07 │ from ジョージ ハーリーソングURL

ジョージ ハーリーソングさん
コメントありがとうございます。今回は投稿成功です。『アナザー・デイ』はほんとによかったですね。ドラマーのエイブは主な活動は90年代以降なので、ジェフ・ベックのドラマーとは別人と思われます。どうぞクラプトンの公演も楽しんできてくださいませ。ポールも武道館クラスの会場で見たかったですが、それだとチケットは3万以上でしょうね。これからも大先輩のご意見お待ちしています。

2013-12-08 18:42 │ from 管理人URL