凡人にはわからん世界じゃ~ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » 凡人にはわからん世界じゃ~

凡人にはわからん世界じゃ~

今回のポールのニューアルバムには本当にやられた。完全に降参である。アルバムについてなんとか語ろうとするが言葉が出てこない。天才の作品を凡人が批評し、レビューを書くなんてまったく馬鹿げている、と心から思わせるほどの圧倒的なパワー。自分の凡人性をいやというほどわからせてくれるアルバム(笑)。それがポール・マッカートニー奇跡の新作NEWである。

ポールを全く知らない人にこのアルバムを聴かせたなら、これが71才が作った作品だと信じられるだろうか?いいや、信じられるはずがない。僕たちはずっとずっとポールを知っているから、これぐらいのアルバムは彼ならば作っても不思議はないと思う。だが、実のところこれは歴史上前例のない事件なのである。NEWは70代のアーティストが作った史上最高、最強のアルバムになるだろう。そして、おそらく誰もこのアルバムを超えることはできないであろう。またしても前人未到の領域へ…。まったくなんという幸運だろうか。僕たちは歴史的瞬間の目撃者なのである。

前回の記事で僕は「ビートルズのポールが帰ってきた」と書いたが、誤解のないように付け加えておきたい。それは別に1960年代のポールが帰ってきたという意味ではない。僕はただビートルズ時代の妥協を許さぬプロフェッショナルな精神と冒険心、そして揺るぎなき大きな自信がポールに舞い戻ってきたと言いたかっただけである。論より証拠。それは何よりもこのアルバムのサウンドを聴けば明らかである。これぐらいの作品はポールならばいつだって作れたはず。なのに、なぜかこれまで作れなかった作品、それがNEWというアルバムともいえる。

本当は脂の乗り切った1970年代から1980年代にかけてこんなアルバムを1枚か2枚出してくれていたなら、世間のポールに対する評価もかなり違ったものになっていたのにな、などと一人ブツクサ考えてみたりする。簡単にいえば、ポールは最も勢いのあった時期になぜかポップで、商業的で、軽い路線を歩んでしまったのであった。僕はそれが完全に意図的なものであったとは思わないし、ポールが真に望んでいた方向性だとも思わない。またすべての作品が軽かったというとけっしてそうではない。しかし、ともかく世間一般が見るポール・マッカートニーの音楽というのは全体としてなんとなくそういう方向に進んでしまったというのは事実である。

なぜかポールは伝家の宝刀を抜かなかったのである。今この時まで…。

僕に関していえば、ポールの晩年の最高傑作は『ケイオス・アンド・クリエーション・イン・ザ・バックヤード』と勝手に決めつけているところがあった。ポールはそのあとも『メモリー・オールモスト・フル』、『エレクトリック・アーギュメンツ』という傑作を続けざまに発表したが、それでも全体としてはこれから先は年齢と共にジリ貧なのではないか、と心のどこかでは思っていたのである。『キス・オン・ザ・ボトム』もなんだかお茶を濁しているようで、個人的にはバンザイともろ手を挙げて喜べないところがあった。

だから僕はただポールがこの年になってもオリジナル楽曲で占められたニューアルバムを発表してくれるという、ただその事実だけで嬉しかったし完全に満足していた。はっきり言って内容は二の次だったのだ。もちろんファンとしていろんな期待はするし、夢を語ることはある。だが、それらは本心から出た言葉ではなかったのである。

しかし、僕はポールを見くびっていた。ポールは71才にして『ケイオス』と同等、もしくはそれを上回るほどのピークをいとも簡単に成し遂げてしまったのである。いったいどこまですごいんだこの人は…。珠玉のナンバーがずらりと並んだ最高のアルバムNEW。これぞ21世紀の名盤なり~。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディション
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
icon
ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー 来日記念特別号
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-10-19 11:11 │ from URL

11/18,19,21当日引換券購入。50,445円也。"機材で、アーティスト・映像が見えづらいお席になる可能性がございます。"だそうです。一応S席。もし、アリーナA一番左か右だとポールは観られないが、音は一緒か。花火を浴びられると良いな。

2013-10-19 13:19 │ from nabiURL Edit

幸運に恵まれて就職が決まりました。このアルバムは一番辛いときに出会ったのでもう一生モノ決定です。世間の評価はむしろ低くなったほうが僕にしかわからないアルバムということで気分がいいかも笑。ケイオスは僕も超傑作だと思っています。 先に聴いたメモリーとキスが正直良くなかったので晩年ポールは駄目なのかと考えていたときに、このブログのいたるところでケイオスが礼賛されているのを見て購入し、あまりの良さに衝撃を受けました。 それでポールにはもうしっとり演奏で聴かせる路線しかないと思っていた矢先にこのエネルギッシュなアルバムです。Newの歌詞通り、まだこれからさ、決めつけるな。という姿勢を70歳にして見せてくれるポール格好良すぎです。

2013-10-19 14:46 │ from ふーてるURL

nabiさん
コメントありがとうございます。東京ドームの追加席発売分を購入されたのでしょうか。チケット見事ゲットおめでとうございます!

2013-10-20 00:34 │ from 管理人URL

ふーてるさん
まずは就職決定(内定?)おめでとうございます!よかったですね。人生のツライ時期によく聴いたアルバムというのは一生思い出に残るものです。ライヴには行けるのかな?

2013-10-20 00:39 │ from 管理人URL

管理人さま。ライブは11日の追加講演の選考をまっています。東京住みなのですが、東京講演のチケットが売っていたころは就活が空回りしてみるみるお金が減っていって先の見通しも立たなかったり、ロックショウを一緒に行ってくれた女の子に冷たくして疎遠になったり暗澹とした気分で買う気持になれませんたでした。ここが気分の底かなというところでNEWが発売し、追加講演が決まり、この先こんな大きいイベントあるだろうかと時間もお金の都合も考えずクリックしました。するとその同日に内々定通知の電話が鳴りました。気分の上がり下がりの激しい一週間でした。大阪講演、当たっていればなあと思います。Let it be聴きたいです。幼稚園のとき兄貴のピアノ発表会で聴いて、殆ど横にいる先生が弾いていたのですが、初めて音楽で体が震えました。そのあとも兄貴は音楽が多趣味で部屋で色々な音楽を流していて、僕はアーティストも分からずなんとなく聴いていたのですが、心に残った音楽は全てビートルズであったことが後に判明しました。ストロベリーフィールズ、フールオンザヒル、ロングアンドワインディングロード、他にもたくさん。自分で全曲きこうとおもったきっかけはヒアゼアです。私の中では音楽=ビートルズです笑。
長文すみません。なんだか管理人さまの文章は懐の深さが伝わるのでなんでも話したくなってしまいます。喫茶店でも経営なされたらどうでしょうか笑

2013-10-20 10:40 │ from ふーてるURL

ふーてるさん
年齢的におそらく初めてライブを観れるチャンスですよね。私は若い人には親に借金してでも行けと言うことにしています(笑)。きっと一生ものの経験になるでしょう。当たることを祈っています。就職も女の子も、これからいくらでも機会がありますが、ポールはないかもしれません。もしくはあってもヨボヨボの爺さんかも?(笑)やっぱ今でしょ!

2013-10-20 18:33 │ from 管理人URL

管理人さんの言葉に背中を押されて、早速買って聴いてみました。実に素晴らしい。ここまで聴き手を挑発してくるアルバムは初めてです。まだまだポールは枯れてない!個人的には、ニルヴァーナのメンバーとの「Cut me some slack」と繋げて捉えています。

2013-10-21 00:50 │ from komatsunaURL

>ポールの晩年の最高傑作は『ケイオス・アンド・クリエーション~』
ワタシも この作品が大好きですけど、自分の周りの「コアなポールファン」
には、あまり評判がよくないですなぁ。何故かって? それは「ポールが全く、
シャウトしてない作品」だからみたいでして^^; 実際、『Memory Almost
Full』なんかは逆に、御大が結構シャウト(ガナッてるのも有るけど^^;)してるから、"好きな作品♪" だと、言い切るファンが多いのも、また事実なんです。となると、『New』は どうなんだろうかぁ? このアルバムも殆ど、ロック・
チューンのナンバーが皆無なので、"骨太なロックファン" からは絶対に
敬遠されるんでしょうなぁ?

2013-10-21 01:24 │ from yukky_zURL Edit

ポール、そして『NEW』確かに凡人には計り知れない凄みがありますね。
ポールって アルバムをヒットさせても 次回作は ガラッと作風を変える事が多いですよね。
新作で同じ事は繰り返さない 常に前向きな姿勢で創作活動しているポールには 本当に畏敬の念を抱きます。

それにしても『NEW』ですが、
こういう作風の作品を あと10年・・いや20年 早く発表していたら ポールの近年の評価や 特にチャート戦績は もっと違ったモノになっていた様に思います。どうかな?

ポールは当世風なサウンドや作風を捨て 独自の音楽性を歩むものだと 思っていただけに『NEW』には驚きました。
近年のベテラン・大御所アーテイストの多くは 90年代から その時代のサウンドを上手く取り込みながら ヒットを多く放っていましたが、この数年はルーツミュージックに取り組んだり 原点回帰的な作風に立ち返ったりする傾向が多い中で ポールのアグレッシブな『NEW』は やはり異端な話題作だと個人的には思います。

ポールがアルバムをヒットさせるなら 『フレイミング・パイ』や『ケイオス~』の手法が 近年では一番手堅いと思いますが 全く違うアプローチで こんな傑作を作ったのですから やはりポールは凄い。

こんなアルバムが作れるなら 何でもっと早く作ってくれなかったの?ポール様!
う~ん、逆に70歳を超えた今だからこそ 高齢のミュージシャンが作るロックアルバムが必然的に『NEW』の様なサウンドや作風になったのかな?

先入観や感性が硬くなっては駄目ですね。私の様な凡人には ポールの音楽を理解するには時間がかかりそう。
今回の新作も過去の例に漏れず ポーナストラックに佳曲が多いし (苦笑)
「スケアード」がシークレット・トラックなんて 何だか勿体ないです。

2013-10-21 02:27 │ from テツURL

無くすと怖いのでまだ発券していません。18時定時だが、18,19,21は、17時退社します。ソフトコンタクト装着の練習中。ポールの事だから又来日しますよ。まだ"晩年"じゃないっすw

2013-10-21 12:49 │ from nabiURL Edit

komatsunaさん
コメントありがとうございます。言った手前、気に入ってもらえたようでよかった(笑)。

2013-10-21 13:39 │ from 管理人URL

yukky_zさん
コメントありがとうございます。ポールに骨太ロックを期待するファンって意外と多いんですよね。ロックしてる曲は実はそんなに多くないんですけどね。『セイヴ・アス』じゃちょっともの足りないのかもしれません。

2013-10-21 13:42 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。ボーナストラックにはいつもながら驚かされますね。今回も本編より好きな曲があったりします。実際はこのアルバムのために22曲が用意されたという噂もあります。早く他の曲も聴きたい~。

2013-10-21 13:46 │ from 管理人URL

管理者さん、相変わらずハイテンションですね〜。楽しく読ませていただきました。

私はちょっと冷静に考えてみます。

傑作であることは、まず異論なしです。

一聴してほっとしました。ひょっとして『プレストゥプレイ』の二の舞、悪くすると『ドラヴィングレイン』の二の舞?という悪夢もあったものですから。

非常にコマーシャルなものであることがとてもポールらしい、その点相変わらずだとおもいます。たしかに新しいアプローチですが、やはりどこを切ってもポール節です。大衆の好みから大きく逸脱することがない、少しも趣味的ではない、いい意味で迎合的なところは間違いなくポールの美点です(狷介なロックファンから非難されるのはこの点ですが、そういう分からず屋はほうっておきましょう)

その位置ですが過去の傑作との比較を試みると、

私が考えるポールの傑作は『バンドオンザラン』『ロンドンタウン』『バッグトゥジエッグ』『タッグオブウォー』『フラワーズインザダート』『ケイオスアンドクリエーションインザバックヤード』の6作、第二群として『ヴィーナスアンドマース』『パイプスオブピース』『メモリーオールモストフル』『エレクトリックアーギュメンツ』なのですが、

今回の『NEW』はトップ6には及ばず、第二群の4作と肩を並べるぐらい、という感じです。これはファーストインプレッションといっていいので、当然変わってはいくとおもいますが、トップ6においつくことはないかな、と感じています。

ちなみに一番のお気に入りは『クイーニーアイ』ですね。

失礼しました。

2013-10-21 14:59 │ from ゆーみんURL Edit

nabiさん
発券コワいのわかります。私も家が火事になったら・・・とか考えました(笑)。晩年じゃないっすよね。失礼!

2013-10-22 01:45 │ from 管理人URL

ゆーみんさん
コメントありがとうございます。新作が出るといつも異常にハイテンションになってしまう私です。記事はそのあたり割り引いてお読みください(笑)。第一群に『ロンドンタウン』入れる人は意外に少ないので(特に男)ちょっとうれしかったです。私も気持ち的には『NEW』を第一群に入れたいですが、やはり評価は聴き込んで、熱が冷めるのを待ってからになると思います。

2013-10-22 01:55 │ from 管理人URL

管理者さん、お気持ちよくわかります。実は普段は私も同様なのですが、管理者さんが先にハイになった様子みて、妙にさめてしまうという、よくある?状態なわけです。

『ロンドンタウン』たしかに評価低い時ありますね。不思議でしょうがない。あれくらいポールの美質をおしげもなくだしたアルバムも珍しいとおもうのですが・・・それがいやなのかな。

それ以上に『バックトゥジエッグ』の評価が低すぎ!!みんなが嫌うから、ポールの自己評価も低いのが残念。
間違いなくウイングスのベストアルバムだとおもうんでしすよ。
売れなかったのはその時の時流のせい、それ以外ない!!何年もたって(例えば100年)純粋に音だけ評価されるときがきたら、復権すると信じています。今生きている人はだれも確認できないわけですか。

(『ゆーみん』改め『ゆうみん』(『ゆーみん』だと『ユーミン』ですね。さっき気づきました。『遊民』としたかったので))

2013-10-22 10:40 │ from ゆうみんURL Edit

 大阪外れましたが東京の注釈つき当日引換券買いました。東京公演チケット売ってないと思ってました。交通費浮いたしこっちのほうがいいや笑。楽しみにまちます。NEWについてる冊子の表紙のピアノ弾いてるポールめちゃくちゃ格好良いですよね。これジャケットのほうが良かった。あんまりNEWのジャケット好きじゃないんですよ…。白黒のNEWは格好良かったけどあの蛍光灯みたいなのはなんだか…。ポール史上一番格好いいのはケイオスですね。ビートルズのアルバムはどれも奇跡的な格好よさですよね。一体なんなんでしょうかあの格好よさは。ジョンのソロもジャケットは良くないし。All things must passのジャケットはかなり好きです。

2013-10-22 23:05 │ from ふーてるURL

ゆうみんさん
『ロンドン・タウン』はまさにポールの多面性と、メロディーメイカーとしての才能をフルに発揮した名盤だと僕は思っています。アーカイヴでよりバランスのいい音になると期待してます。『バック・トゥ・ジ・エッグ』もリマスタリングされたら生まれ変わりそうな1枚ですね。こちらはロック志向のファンにはけっこう人気高いと思いますが?個人的にはウイングスのベストとまでは思いませんが、そんなに評価低いですかね?

2013-10-23 03:03 │ from 管理人URL

ふーてるさん:初めまして。nabiです。引換場でお会いするかも知れませんね。"機材で、アーティスト・映像が見え辛い席になる可能性"という事はアリーナでしょうw ケイオスの写真は弟のマイケルが撮影。洗濯物も演出ではありません。この時代のデゾホフマン写真は正に奇跡的な格好よさです。

2013-10-23 12:17 │ from nabiURL Edit

ふーてるさん
近い東京が当たってよかったですね。いよいよ近づいてきました。私もNEWのジャケットは微妙です(笑)。

2013-10-23 13:46 │ from 管理人URL