ニューアルバム日本盤詳細 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » ニューアルバム日本盤詳細

ニューアルバム日本盤詳細

ようやくユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンの公式サイトでポールのニューアルバム日本盤の詳細が明らかになったので速報でお伝えする。

UMJ公式サイトでの情報はこちら
http://www.universal-music.co.jp/paul-mccartney/news/2013/09/26_news/

結果的にボーナストラックは3曲で、合計15曲収録という形となった。海外盤はすでに通常盤が12曲、デラックスエディションがボーナス2曲追加の14曲収録と公式発表されており、かねてからボーナス曲が一番多いと噂されていた日本盤の発表のみを待つ形となっていた。諸事情はあったにせよ、UMJのサイトでもボーナストラックは「4曲収録予定」と書かれていたので、ファンとしては期待させられ、またここまで待たされた分なんとなく不満が残る結果になったとはいえるだろう。まあそれでも海外盤よりは1曲多いということでまあよしとするか…。

日本盤は海外盤とは違い通常盤、デラックスエディションの区別がなく、今回発売されるのは1パターンのみ。日本盤ジャケットは海外盤のデラックスエディションと同じくブルーを基調とするジャケットとなった。海外通常盤はレッドジャケットなので、これだけでもマニアは購入する価値があるかもしれない。ポールが最初から意識的にジャケットを分けて発売するのは、僕の記憶ではおそらく今回が初めてではないかと思う。

しかしUMJはまさかアマゾンで値引きなしで売ろうというのか…。多少なりとも値引きしないことにはファンの支持は得られませんぞ…。(注:日本盤新譜は値引きできないそうです。お詫びして訂正いたします。)

9/27追記:実はすべてのバージョンについて、12曲目の『Road』のあとに『Scared』というピアノバラードが隠しトラックとして収録されているらしいことがわかった。もちろん正式に確認されたわけではないが、これが本当だとすると日本盤は全16曲ということになる。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤と思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディションと思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

ポール・マッカートニー日本公演2013 サウンドチェック(65,000円)&VIPパッケージ(80,000円/90,000円) icon
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント

アリゲーターという曲に興味があります

2013-09-26 19:38 │ from URL Edit

国内盤は16曲収録って聞いて楽しみにしてたのに・・。なんだか残念な気持ちです。
でも大阪公演のチケットが当選したので、むしろこっちがメインって感じです。

それと、CDは発売してからある程度経たないと、値引きできないようになってるみたいです。
CDのケースの裏に「01.11.19まで」などと書いてることがありますが、
それは2001年11月19日まで定価で売ってね、っていうことのようです(これが書いてるCDは99年11月20日発売)。
なので、今回のポールの国内盤のお値段がケチなんじゃなくて、値引きできない決まりがあるようですね。

でも初回特典か何かでDVDが付くと、値引きできるようになるみたいです。
その辺よく分かりませんが、アマゾンだと通常盤よりもDVD付きの初回盤の方が安くなってたりしますね。
個人的に、日本のアルバムは3000円以上って印象が強いので、2600円は結構安く感じます(チケットは高かったけど・・)。

長文失礼しました!

2013-09-27 00:06 │ from 夏URL Edit

ついに 新作のジャケットが公開されましたね。
いつも この瞬間というか 新しいジャケットを見る時は ドキドキします。当然まだ馴染みは ないですが、いずれこのジャケットが傑作アルバムのジャケットとして 認知される事を願っています。
著名なアーティストにインスピレーションを受けて製作されたジャケットの様ですが 私はレッドの方が良かったかなぁとも思います。
日本盤のブルーは せっかくの蛍光の効果が 画像を見る限りイマイチ伝わってない様な気がします。これもアートなんですかね?

ボーナス曲については 本当に悩ましい限り。
ポールは ボーナス曲にも佳曲が多いので 各国盤のポーナス曲にも注意が必要ですね。日本盤とは収録曲が違っていたら 輸入盤の購入も検討しないといけません。

うわぁ~ もう あと2週間と少しで ポール様のオリジナル新作が発売されますよ~
私は仕事の帰り CDショップで買います。
仕事が終わってから たまにCDショップを覗くのは 至高の楽しみですね (笑)
ポールの新作が店頭で 大きく陳列されている光景を見るだけで嬉しくなりそうです。

2013-09-27 03:03 │ from テツURL

雨さん
コメントありがとうございます。少し実験的な雰囲気の曲だそうですよ。

2013-09-27 12:24 │ from 管理人URL

夏さん
コメントありがとうございます。チケット当たってよかったですね。値引きの件ですが、私も輸入盤派なので確信はないですが、これまでも日本盤であってもアマゾンで最初から値引きされていたことは多々あったと思記憶しています。ケース裏の日付はその日までレンタル不可という意味では?このあたり、他に詳しい方いましたら解説お願いします!

2013-09-27 12:29 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。今のところ日本盤を買えば、ボーナス曲はすべて網羅できそうな感じです。といってもまだストックされていると噂される曲は何曲かあるようなんですが…。とりあえず隠しトラックを含めて16曲2600円ならファンなら当然買いですよね。それとテツさんはCDショップ派でしたね。店頭でニヤニヤしてきてくださいね(笑)。またレポートなどお願いします。

2013-09-27 12:33 │ from 管理人URL

夏さんのおっしゃる通り、発売日に値引きして売られるCDは、DVDが付いている場合だけですね。
基本的に新譜CDは値引きして売ってはいけない決まりで、DVDが付く場合に限り、そのDVD分を値引きできるという理屈になるわけですね。
よって、DVDの付かないポールの『NEW』は、Amazonだろうがどこだろうが、値引きして売られる事はないはずです。

2013-09-27 22:10 │ from カフェブリュURL Edit

夏さまが仰っているのは 再販価格維持制度の事ですよね。
確かに日本では CDはメーカーが決めた価格に小売店は従わないといけない決まりになっています。要するに 各個店で値引き競争して販売出来ないのですよね。

新聞や書籍、CDは、文化的な影響や情報伝達の重要性みたいな 配慮から 価格が守られてるそうです。
雑誌や新聞も どこで買っても値段は一緒ですよね。

各メーカーは この再販価格維持制度は存続させたい様で 制度対象外のDVDをつけたりして 一部の商品は値引き可能にしたり、制度に期間を設けて その期間を過ぎたら値引き可能にするといった 小売り店への配慮をしながら 制度を延命させてる様な状況の様です。
CDのケースに表示されている日付は その制度適用期間って事ですよね。記載されてる日付までは メーカーが決めた価格を守ってねという事です。

しかし 世間の厳しい声に制度を強硬させる事が 厳しくなっているのか、最近は管理人様が仰る通り 再販価格維持制度を適用せず値引き可能にしている商品が多いです。
ただ 強かなメーカーは 売上で大きな割合を占める 人気アーテイストの新譜は 必ず再販価格制度を適用して 利益を確保しています。(表現に語弊があったらスイマセン)
大体 新譜の売上は発売直後に集中しますから、期間限定の再販価格制度でも 充分に利益を享受出来る仕組みの様です。

恐らく ポールの新作も充分に売上を計算出来る商品と目論んで 再販価格制度を適用して 値引きはしないのだと思います。

でもお気づきだと思いますが、適用する商品としない商品があったり、再販価格維持制度が CDの場合 正常に機能しているとは思えません。
この辺り 今後改善されていくのでしょうか?
私 個人的にも、疑問に感じています。

もし、私の投稿で違っている所があれば申し訳ございません 、改めて制度について教えて頂けると嬉しいです。

2013-09-27 22:35 │ from テツURL

カフェブリュさん
コメントありがとうございます。はい、カフェブリュさんやテツさんの仰ることもよくわかるのですが、長い間ブログを運営していまして、日本盤でDVDが付いていない新譜でもアマゾンでは発売前に値引きがされていたことは過去度々あったんじゃないか?というのが私の弱い意見でした~。でもたぶん間違ってますよね(笑)。ご指摘ありがとうございました。

2013-09-28 06:50 │ from 管理人URL

テツさん
詳しい解説ありがとうございます。わかりやすく私の頭でもかなり理解できました(笑)。いちおうウィキでも調べてみたんですが難しくてよくわからなかったので、「日本盤新譜は発売日から一定期間は定価で発売!」ということで結論としたいと思います。

2013-09-28 07:15 │ from 管理人URL

カフェブリュさんが 簡潔にコメントをされていましたね。
有難うございます。
折角コメントをされた後に 長文で繰り返しスイマセンでした。
店頭で買うと ポイントで安くなったりしますから、新譜でも値引き出来る場合がありますよね。私はよく利用します。

今日 買い物に出掛けたのですが、店内でポールの新曲「New」が流れていました。外出時に思いがけずポールの曲を聴くと嬉しくなりますね。
多分 店内で気付いていたのは 私だけだったかも知れませんが、やっぱり改めて「New」は良い曲ですね。
新作の発売が待ち遠しいです。


2013-09-29 00:49 │ from テツURL

アリゲーターというのは「ワニ」のことですよね
歌詞のほうが気になります
ラフライドみたいな感じかな・・・

2013-09-29 14:19 │ from URL Edit

j-waveのクリス・ペプラーさんMCのTOKIO HOT 100で先週までポールのnewが2週連続2位で今週も3位でした。正確なデータは分かりませんが、もしかしたらこの番組でここまでポールの曲がチャートの上位にいるのは1997年のyoung boy以来かもしれません。

日本公演の影響もあるかもしれないけど、若い世代を含めこの曲が高い支持を得られているのかなと思います。

2013-09-29 18:16 │ from midoriURL Edit

midoriさん
コメントありがとうございます。これは耳よりな情報をありがとうございました。2位、3位とはすごいですね。皆でTOKIO HOT100聴きましょう!(笑)

2013-09-29 22:41 │ from 管理人URL

全然関係ないのですが、
http://www.youtube.com/watch?v=bLwXFxApJRs
"Return to Pepperland" ご存じなければ是非この曲をお聴き下さい。
天才ポールの真骨頂メロディ。

2013-10-03 00:04 │ from nabiURL Edit

nabiさん
情報ありがとうございます。こんなのアップされてええんかいな?(笑)でも内容すごいですね。ひょっとしたらプレス・トゥ・プレイの代わりに発表されていたかもしれないアルバム・・・ということになるのでしょうか。仰るとおり『Return to Pepperland』はなぜこれが未発表なのかと思えるくらいの曲ですね。それともう1曲『Lindiana』。私はこういうタイプのポールの曲にはめっぽう弱いです。さすがに他の曲は微妙なのもありましたが、改めてポールの懐の深さを感じました。

2013-10-03 08:44 │ from 管理人URL

nabiさん
1987年の未発表曲ですね
sgt~20周年を記念して作ったそうです

2013-10-03 08:46 │ from URL Edit