ボーナストラックのゆくえ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » ボーナストラックのゆくえ

ボーナストラックのゆくえ

ニューアルバムの全貌については、もう間もなく公式発表されると思うが、ここまでの動きがあまりにも遅いので今回はシビレを切らしての記事である。

発売前から相当の傑作であることが噂されるポールのニューアルバム『ニュー(NEW)』。しかしながら、発売まで軽く1か月を切ったというのに、アルバムの詳細に関する情報が遅々として出てこないのである。うーん、イライラする(笑)。通常であれば音楽雑誌等にも早々とアルバムレビューが載っていたりするものだが、今回は今のところそれもないようだ。僕も長いことポールを追いかけてきたが、ここまで情報が厳しく管理されたリリースは今までなかったように思う。

今のところ不明な点と噂(未確認情報)をまとめると以下のようになる。
①デラックスエディションと通常盤の違い。
噂ではボーナストラック以外にバッジと数枚写真のようなものがデラックスエディションには付いてくるとの話もあるが、未だ公式発表はなされていない。尚、日本盤についてはおそらくデラックス・エディション仕様の1種類のみと思われる。

②ボーナストラックの詳細
海外の掲示板等では、今これが大変な話題になっている。というのも、ファンはもちろんすべてのボーナストラックを手に入れたいからである。ところが、これが面倒くさいことに、各国盤によってボーナストラックの収録数が違うようなのだ。
情報を総合すると、今のところボーナストラックの収録数が一番多いと思われているのが日本盤で4曲。そしてフランス盤が3曲、アメリカ盤・イギリス盤は2曲などという情報がある。なぜ日本盤だけが4曲なのか理由はよくわからないが、ともかく海外のファンも出費を抑えるために最初から日本盤だけを購入しようか、などという声が出ているほどなのだ。
いちおう現時点で未確認情報として出てきているボーナストラックのタイトルは以下の4曲である。※正確な情報は公式発表をお待ちください。

・Scared (米・英・仏・日)
・Secret Life Of A Party Girl (米・英・日)
・Turned Out (仏・日)
・Get Me Out Of Here (仏・日)

アマゾンではようやく海外盤の値段も下がってきたようだが、ボーナストラックもすべて手に入れたいと思う人は、今後その収録曲目については特にご注意いただきたいと思う。現時点では日本盤を購入するのが結局のところ一番安上がりになるかもしれない。

③アルバムジャケット
ここまできてアルバムジャケットもまだ正式に発表になっていない。これもまた不思議である。有力な未確認情報としては、現在の白黒ジャケットではなく、3本の縦線、横線がネオンサインのように光るカラフルなジャケットという話が出てきている。(いちおう見たがなかなか良い)

いろいろ書いてきたが、上記はいずれもあと1週間以内には判明することばかりだと思われるので、あと少しの辛抱ではある。ともかくボーナストラックが重複購入とならないようここで注意を喚起しておきたい。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤と思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディションと思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

ポール・マッカートニー日本公演2013 サウンドチェック(65,000円)&VIPパッケージ(80,000円/90,000円) icon
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント

you tubeで聴きました。

save usメッチャロックですね。
everybody out thereの途中のギターのフレーズ?が特徴的で、最後のシャウトのリピートもカッコいいです。

2013-09-22 19:28 │ from midoriURL Edit

midoriさん
コメントありがとうございます。聴きましたか~。発売前にこんなに評価が高くていいのかしら?私は発売日までじっとガマンです。

2013-09-23 09:22 │ from 管理人URL