オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズのアルバム » オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2

オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2

う~ん気に入らん。このアルバムは気に入らん、とかなりマジメに思っているのが11月11日に発売予定の『オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』である。まずポールのニューアルバムの発売と微妙にバッティングしているのが気に入らん。まあ今回はポールのアルバム発売のほうが1か月近くも先なのでいちおう良しとしてはいるのだが、もしポールよりも先に発売になっていたとしたら、間違いなくポールの売上の何割かは食われてしまっていただろう。

なんせ今回ポールは実に31年ぶりに全米・全英同時No.1獲得を目指しているのだ!(勝手に目指させてもらってます、笑)。現役バリバリの、ポール様の、全曲オリジナル書下ろしの、超強力ニューアルバムが、とーっくの昔に解散したグループの、倉庫の奥の奥から引っ張り出してきたようなアウトテイク集に1位獲得を阻まれるなどどいうことは、だ~んじてあってはならないからである。少なくともこのワシが許さな~いのだっ(激アツ)。

しかしながら現実に目を移すと、アマゾンのポピュラー・ロックのアルバムベストセラーランキングではBBCライヴが2位、ポールの『ニュー(NEW)』が7位となっている(9/17現在)。ポールのピッカピカのニューアルバムが、言葉は悪いがこんな安易な企画盤にいともたやすく負けてしまうなんて本当に世の中狂ってるなと思う。大衆は過去に生きているのか、などと皮肉の一つも言いたくなるのである。まあそれでもポールの「今」を追いかけ、ポールの「今」がこんなにも輝いていることを知っている当ブログの読者は幸いである。今回だけはたとえ売上ではビートルズに負けたとしても、肝心のアルバムの中身はポールの圧勝という結果になってほしいと思う。

ライヴ・アット・ザ・BBCのVol.1が発売されたのが今から約19年も前の1994年。このアルバムの歴史的・資料的価値は認めるが、僕にとってこのアルバムはビートルズ関係の作品の中で過去最も「聴かなかった」アルバムである。最初に数回聴いてそれっきりとなってしまったアルバムなのだ。だからVol.2が発売されると聞いたときには少しうんざりしてしまった。Vol.2はきっと多かれ少なかれVol.1で没になってしまった曲の寄せ集めにすぎないと思ったからである。実際に内容を確認してみると全63トラック中、なんと会話が23トラック…。なんじゃこれ?未発表曲でごまかすな!まあ内容は聴く前からたいした事はないと断言しておこう(笑)。それよりもポール、ポールと。

P.S.:かなりけなしてしまったので、少し罪悪感を感じてVol.1を聴き直すことに…。AMラジオ感覚で聴くとレトロな感じでそれほど悪くない…かな?

参考:
オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2

アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤と思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディションと思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

ポール・マッカートニー日本公演2013 サウンドチェック(65,000円)&VIPパッケージ(80,000円/90,000円) icon
チケットぴあ 大阪公演最速先行予約受付ページ
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 一般発売icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント

僕もまったく同じ意見です。『BBC Vol.1』はほとんど聴かなかったアルバムだったので、『Vol.2』リリースのニュースもまったく胸が踊りません。しかも会話トラックが多いのは日本人にとっては大きなマイナスだし、それで2枚組で高額では、買う気がおきません...。でも、楽しみにしているビートルズ・ファンも多いでしょうね。
僕もポールの方がずっと楽しみです!

2013-09-17 20:59 │ from カフェブリュURL Edit

私が 今までに読ませて頂いた 管理人様の記事で 一番の毒舌記事ですね (苦笑)
まぁ 人各々の好みですから。良いと思います (笑)

今回の 『BBC Vol.2』ですが、日本ではユニバーサルさんから発売される様ですね。 同時にリマスター再発される『BBC Vol.1』もユニバーサルから発売の様です。
ビートルズ作品は EMIから発売されると思っていたのですが、発売元の変更があったのですか?
そう言えば、『BBC Vol.1』は長らく廃盤だったり リリース状況に関しては不安定でした。BBC関連だけ 発売元が移ったのでしょうか?

こちらでは ボロクソにけなされている『ライヴ・アット・ザ・BBC』ですが、私の様な 80年代後半からファンになった者として ビートルズのライヴアルバムと言えば 『BBC』なんですね。(私個人の想いです)
観客の前での演奏ではないし、メンバーのテンションもやや低めなテイクもありますが、やはりデビューしてスターダムへ凄い勢いでかけ上がっていった時期の 貴重なライヴ音源として オリジナル・ヴァージョンとは違う魅力がありますね。特にポールのシャウターぶりは ライヴでこそ更に迫力が伝わりますね。

中学時代、FMを聴いていた時に流れた ビートルズのBBCライヴ特集番組。この番組でビートルズのライヴを初めて聴いて衝撃を受けました。カバー曲も多くて まだ自分が知らないビートルズの魅力が満載でした。
ただ 後年『Vol.1』が発売された時は 私がFMで聴いた演奏で収録されなかった曲も多く、いつか続編を発表して欲しいと思っていましたので 個人的には待望のリリースです。
『Vol.2』はリストを見ると、シングルのA面・B面だった曲のライヴ・ヴァージョンが多く収録されているのが 魅力的ですね。

それと『BBC』は ジャケットが秀逸ですね。ロンドンの街を颯爽と闊歩するビートルズの姿は メチャクチャ格好良いです。
このコンセプトは『Vol.2』にも引き継がれて嬉しい限り。

私は『BBC Vol.2』は日本公演直前のリリースですし、是非チャートナンバー1の知らせを この日本でポールと共に受け取りたいですけどね。
私にとっては 『BBCライヴVol.2』は倉庫に眠っていたボツ作品ではなくて 宝の山から出てきた財宝みたいな物です。おお まだ、こんなお宝が眠っていたか!って感じです(笑)

ポールの新作と『BBC Vol.2』が相乗効果で共に大ヒットしたら良いですね。
とにかくポールの新作は チャートで一位を獲るために、発売して1ヶ月が勝負になります。
すぐ後にビートルズという ポール自身が作り上げた大きなモンスターが控えてますから。
ポールも 凄いリリース計画を立てましたね。

2013-09-17 23:35 │ from テツURL

この通りは、lower regent st.。後ろに見える、BTAは、現在ロンドン三越。
BBC paris studioも今は無い。1993年は有りました。
写真に撮っておいて良かった。ここにいらっしゃる皆様は先刻承知かな。

2013-09-18 01:24 │ from nabiURL Edit

カフェブリュさん
コメントありがとうございます。反対意見も少なからずあると思いながら書いた記事ですが、カフェブリュさんも同じ意見ですか。しかしビートルズはホントすごいですね。

2013-09-18 06:43 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。アチャー、優しいテツさんの気を悪くさせてしまいましたか・・・。少し反省。けっこうハイパーテンションで書いた記事ですね(笑)。ビートルズをなんでも商売にしようとする皮肉も少し込められています。Vol.2発売まで19年というのも解せないですし。でも実際に音を聴くまでは思いこみはいけませんね。また感想などお寄せください。

2013-09-18 06:49 │ from 管理人URL

nabiさん
情報ありがとうございます。ロンドンに行ったことのない私には全く意味不明の世界ですが(笑)。わかる人にはわかりますよね。

2013-09-18 06:51 │ from 管理人URL

いえいえ! 気を悪くしたなんて とんでもございません (汗)
自分なりの『BBC』に対する想いを書かせて頂きました。なかなかビートルズやポールへの想いを語る機会がないので 此方で話題が出たときに いつも長い駄文で 想いをダラダラと書き込んでしまうのは 反省しています (苦笑)

管理人様の言いたい事やニュアンスは ちゃんと伝わっていますよ。
ビートルズ商法と一部で揶揄される アップルの販売方法は 賛否分かれる所だと思います。

BBCライヴ続編が発表されるのに19年もかかった理由は、前作 Vol.1を監修したジョージ・マーティンへの配慮もあった気がします。(私の勝手な推測です)
商業的な成功を目論む販売の当事者達と 内容の充実やクオリティの維持に拘る製作側とのせめぎあいが あったのかも知れません。

例え蔵出し音源や映像でも 今だに多くのファンを狂喜乱舞させるビートルズは やはり規格外の超大物ですよね。
それだけに 安易な企画や内容で ビートルズの名を傷つける事だけはして欲しくない、正しく管理人様の意見に同感です!

2013-09-18 22:11 │ from テツURL

テツさん
わかっていただいてありがとうございます(嬉)。Vol.1のライナーノーツを読み直してみたら、BBCのライブというのは人気絶頂、イケイケだったビートルズがオーバーダビングなしで生演奏をした極めて貴重な記録でもあるんですよね。Vol.1はその中の選りすぐりということで、まあこれは僕としても容認はできるところ。しかし、第2弾となると・・・。しつこいですが、果たして聴くに値するようなテイクはあるのか、出てくるのか?というあたりが興味津々です。あまりひどかったらファンをバカにするなよとまた吠えたいと思います(笑)、が、ビートルズだからそこまでひどいのはないのかな・・・。

2013-09-19 00:28 │ from 管理人URL

EMIイコールユニバーサルです。

日本では『NEW』も『オンエアー』もEMIからの発売です。発売元はかわってませんよ。というか日本のEMIは東芝の傘下をはなれて、ユニバーサルに吸収合併されます。EMIの名前は残ってます。

2013-09-19 15:04 │ from ゆーみんURL Edit

ゆーみんさん
コメントありがとうございます。たしかにUMJの会社概要を見ると、「2013年(平成25年) 4月 株式会社EMIミュージック・ジャパンと合併 」となってました。

2013-09-19 15:47 │ from 管理人URL

こんにちは。

感謝祭~クリスマスの時期にかけては、
全米チャートは全体的にセールスがレベルアップします
ポールのように、中堅クラスの売上を維持しているアーティストにとっては
新譜を出すタイミングとしてはあまりふさわしくありません。

Driving RainとBack in the U.S.は丁度その季節にリリースされましたが
前者はトップ20入りを逃してしまいましたし
後者は他の時期なら1位を狙える売れ行きながら最高8位でした。

チャートの順位を考えるなら、10月と言うのは年内ギリギリのいいタイミングと言えるでしょう
ビートルズをあえて11月に持ってきたあたりにも、レコード会社の思惑がうかがえますね

2013-09-23 12:14 │ from fugrisoxURL Edit

fugrisoxさん
コメントありがとうございます。ポールは『タッグ・オブ・ウォー』以後全米No.1を獲っていませんが、発売時期を変えていれば1、2回は1位を獲れていたという話もありますね。さあ今回はどうでしょう?強敵がいなければいいのですが。

2013-09-23 22:21 │ from 管理人URL

はじめまして
おっしゃること、わかります、発売時期は遠ざけて欲しかったですよねえ

ちなみに、BBC、Vol.1は4人の凄く良い演奏がたくさんつまっているのでVol.1はたまに聴きこんであげてくださいw

2013-09-29 13:53 │ from スージー赤縞URL Edit

スージー赤縞さん
コメントありがとうございます。ちょっと辛辣な記事になってしまいましたね。たしかにあの時代に生演奏ということを考えると、ビートルズはやはりすごいバンドでしたね(少し反省)。

2013-09-29 22:38 │ from 管理人URL

ジャケット場所第二弾。BBC Vol.2は、President Hotel Russell Squareを西に少し進んだ所を歩く彼らを写した物。デゾホフマンの写真にはずれ無し。

2013-12-04 00:19 │ from nabiURL Edit

nabiさん
情報ありがとうございます。今この場所を歩くと当時の面影は残っているのでしょうか?デゾ・ホフマンはやはりすごい写真家だったのですね。「ザ・コレクション」のほうの写真はどうでしょう?

2013-12-04 08:15 │ from 管理人URL

googleストリートビューで見るとかなり同じ。右後方のカクカク壁が、President Hotelです。"コレクション"は、Vol.1と同じ場所です。しかし、ただ道を歩いているだけなのに絵になる4人。

2013-12-04 12:41 │ from nabiURL Edit

nabiさん
ストリートビューという手がありましたね。すごい時代になったもんだ。

2013-12-04 13:43 │ from 管理人URL