ニュー(NEW)アルバム収録曲 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » ニュー(NEW)アルバム収録曲

ニュー(NEW)アルバム収録曲

まずお金のある人はこちらをチェック!エントリーは10月11日まで
ポール・マッカートニー日本公演2013 サウンドチェック(65,000円)&VIPパッケージ(80,000円/90,000円) icon

ネット上ではアルバムの収録曲について様々な噂、未確認情報が交錯していたが、発売からちょうど1か月前となる9月14日、ついにポールの公式サイトにて通常盤12曲の収録曲が公開された。収録曲は以下の通り。

1. Save Us (produced by Paul Epworth)
2. Alligator (produced by Mark Ronson)
3. On My Way to Work (produced by Giles Martin)
4. Queenie Eye (produced by Paul Epworth)
5. Early Days (produced by Ethan Johns)
6. New (produced by Mark Ronson)
7. Appreciate (produced by Giles Martin)
8. Everybody Out There (produced by Giles Martin)
9. Hosanna (produced by Ethan Johns)
10. I Can Bet (produced by Giles Martin)
11. Looking At Her (produced by Giles Martin)
12. Road (produced by Giles Martin)

問題はこのアルバムに関するポールのコメントである。
「面白いのは、このアルバムを聴いた人は、それが僕だと知ってびっくりすることなんだ。多くの曲がとても変わっていて、僕のスタイルとは相容れないと思うかもしれない。全部が同じように聴こえるようなサウンドにはしたくなかったから、このアルバム作りはとても楽しかったよ。」(以下略)

アルバムの全容が少しずつ姿を現わし始めた…。このアルバムはやはりこれまでのポールの作品とはかなり違ったものになりそうである。特に長年のファンにとっては衝撃的な作品にさえなるかもしれない。というのも、ポールはこれまで様々なタイプの曲を発表してきたが、一聴してそれがポールとはわからないというほどの曲、というのはそれほど多くないからである。どんなに変わった曲であっても、やはりそこには一種の「ポールらしさ」といったものが底流に流れているからだ。だが「これがポールの曲か?」と驚いてしまうほどの曲というのは…。

これは一歩間違えば大コケをする可能性もあるということである(笑)。近い前例としては『プレス・トゥ・プレイ』のようなケースも過去にはある。さてこれは吉と出るのか、凶と出るのか?結果はフタを開けてみるまでわからないが、ポール自身が言葉の端々にかなりの自信を伺わせる発言をしていることはファンにとっては心強い要素ではある。

先行公開された曲『ニュー(NEW)』がまさにマッカートニー・サウンドを代表するような曲と思えただけに、残り11曲とのギャップはさらに大きなものとなる「仕掛け」がひょっとしたらニューアルバムには込められているのかもしれない。

そして今回特に話題となっている4人のプロデューサーとの共同作業については、結果的に12曲中6曲がジョージ・マーティンの息子ジャイルズ・マーティン、残りの6曲をポール・エプワース、マーク・ロンソン、イーサン・ジョンズの3人が2曲ずつ分け合う形となっている。これは理由はどうあれ最終的にポールがプロデューサーの実績としては4人の中で「最も劣る」ジャイルズを選んだという形となる。実際エグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされているのもポールとジャイルズの2名のみで、ポールがジャイルズを非常に高く評価していることがわかる。アルバムがどんな仕上がりとなっているのかがますます楽しみになった。

あとは各国盤によっても微妙に違うとされるボーナストラックの詳細についてであるが、こちらもわかり次第当ブログに情報をアップしてゆく。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤と思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディションと思われる
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

チケットぴあ 大阪公演最速先行予約受付ページ
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 一般発売icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント

お邪魔します。

タイトルを眺めているだけでも、「なんじゃこりゃ?どんな曲なんじゃ?」 と言いたくなるようなものばかり。 管理人様のおっしゃる通り、「プレス・トゥ・プレイ」 の悪夢がよぎったりしますが…(笑)。

しっかし今度は、ビートルズのほうが、「ライヴ・アット・BBC」の第2弾を11月にリリースするとのメルマガが。

いったい今年中に、いくら散財させるんだよビートルズ(ハハ…)。

あ、アマゾンのアナログボックス、どうも23,000円の頃が底だったみたいです。 くそー。 今また3万円近くまで戻してる。 買い時を見誤った(ってかカネないし)。

2013-09-14 08:42 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。個人的には大傑作の空気を感じますね。ニューアルバム発売のときは、いつもそうですが(笑)。今度こそという思いです。『プレス・トゥ・プレイ』も今聴くとけっこういいアルバムなんで、たとえコケても個人的には悲観することはないと思ってます。BBCは興味なし!(笑)

2013-09-14 11:18 │ from 管理人URL

本日、ポールの福岡公演、東京3公演の一般発売日でしたが、完売したそうですね。
今回 どれだけ座席を用意したのか分かりませんが、これはスゴい事ですね。
先行予約もありましたが、一般発売の初日で あの高額なドーム4公演をソールドアウトにするとは ポール人気、ビートルズ人気、スゴすぎます!

私が初めてポールを観た11年前とは 明らかに 今回は熱気が違います。
やはり、この11年 コンスタントに新作を発表し続け、ビートルズのリマスター再発も大きな話題となりましたし、ロンドン五輪もあったし、結婚もした、こうしてポールの存在感が 益々大きくなっていった証がこの人気なのだと思います。

内心 私が観る2階スタンドで 空席が目立っていたら寂しいなぁと心配していたので (苦笑) 安心しました。
例え2階席でも 本当にプラチナチケットになってしまいました。チケットが入手出来た事に改めて感謝です!

今回のニューアルバムですけど、今までになかった様な曲も収録されているとの事で期待が高まりますね。
でも ポールが様々なジャンルの音楽を取り込んで 曲を作ってしまうのは ファンとしては当たり前の事実。
私の個人的な予想としては 曲調が斬新というより、サウンドが今までのポール作品と比べて 新しいモノになるのではないかと思っています。
プロデューサーも若い人が多いですし、今までのポール作品にはなかった斬新なサウンドを提供してくれているのでは ないでしょうか?
ポールはビートルズ時代から ずっと先頭を走ってきたせいか、どちらかと言うと 時代の流行を安易に取り込まず、バンドサウンドに拘ったり、一人多重録音だったり、個性的なサウンドが多いです。
だからこそ『プレス・トゥ・プレイ』の様な作品が ポール史の中では浮いて聴こえる訳ですが、今回のニューアルバムは かなりサウンドでポールなりの冒険をしている様な気がします、
ポールに物足りないと感じる所があるとすれば、個人的にはサウンドだったので、その辺り期待しています。これは良い悪いの問題ではなく 好みの問題ですけどね。

管理人様は ビートルズの『BBC』関心ないですか・・?
恐らくビートルズの「新作」って 『LOVE』以来だと思うのですが、これも盛り上がりそうですよ。しかも日本公演の直前のリリースなので コンサートに行かれる方は ポールの新作と『BBC』は 絶対に買ってしまうのではないでしょうか?

ポールは、もしかすると 自身の新作と、ビートルズの新作 この2枚を この秋 チャートのナンバー1に送り込む事になるかも知れません。
しかも!『BBC』の最初のチャート結果が出るのは リリースが計画通り行われれば、ポールの日本公演中です。もしポールが日本滞在中にチャートの1位を取ったなら、もう気分は最高ですよね! (私だけか・・)
そういう意味でも 今回の『BBC』のリリースは侮れません (笑)

正直 ポールの日本公演が(発売前の大阪を除く)完売になった事が本当に嬉しいです。(チケットが取れなかった方には お気の毒ですが・・)
やっぱり みんなポールが好きなんだ!って感じですね。私の周りでも ポール大阪公演の話題が出てきています。
ポールの新作や ビートルズの新作も発売されるし、否応なくとも テンションが上がってしまいます!
祭の時は 確実に近づいていますね。

2013-09-14 23:43 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。大阪公演も発表になり、ほんと盛り上がってきましたね。私の予想では、アルバム発売後に盛り上がりは熱狂へと変わります!(笑)
BBCは興味ないですねえ(笑)。私はVol.1もあまり聴いてないんです。でも発売がポールのあとで良かった。まちがいなく食われてしまいますからね。嵐が去ったあとでゆっくり検討することにします(笑)。

2013-09-15 16:22 │ from 管理人URL

サウンドチェック、東京3日間とも外れました。がっくし。

2013-10-21 13:24 │ from にんにくまんURL Edit

にんにくまんさん
コメントありがとうございます。お金のある人ですね(笑)。しかし全部ハズレとは倍率高いんですね。ライブには行かれると思いますので、頭切り替えてそちらで燃えましょう!

2013-10-22 01:47 │ from 管理人URL