ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その8 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その8

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その8

チケットぴあ


過去の日本公演を振り返る:第3回2002年

過去3回の日本公演の中で内容的に最もすばらしかったのが、この2002年に行なわれた『ドライヴィング・ジャパン・ツアー』ではなかったかと僕は勝手に思っている。しかも、僕はこのときのコンサートは生で1度も見ていない(うらめしや~)。実際にライヴに行ってもいないくせになぜそう思うのか?それはのちにテレビでオープニングナンバーの『ハロー・グッドバイ』(東京ドーム収録)がフルコーラスで放映されたからである。それを見た瞬間、僕は「しまった、一生の不覚だ」と思った。このときのポールは過去2回の日本公演のときよりも格段に声がよく出ていると直感したからである。

これまでも何度となく書いてきたとおり、ポールのコンサートの出来の良し悪しは、はっきり言って完全にポール自身の声の調子に依存している。怒られるかもしれないが、それがすべてだと言ってもいいくらいである。だから90年と93年のコンサートは、ポールをついに観れたという感動に120%浸れたものの、ライヴそのものの出来については満足はしていなかったというのが本音だったのである。

しかし、2002年のライヴの出来、いやポールの声の調子は明らかに過去2回の日本公演を上回っていた。「いや、そんな事はないよ」という人がいれば是非教えていただきたいものだ。きっと僕は心底ホッとするだろうから(笑)。だがたしかにこの頃を境に、ポールはライヴで肩の力が抜けた、自然体のパフォーマンスを見せるようになったと思う。ひょっとしたら案外単純に公演の間隔を空けるようになったことが原因なのかもしれないが、ともかく明らかに何かが変わったのである。

ツアー名:Driving Japan Tour
ポール60才
公演回数:東京ドーム3回、大阪ドーム2回の計5回公演
公演日:東京ドーム(11/11、11/13、11/14)、大阪ドーム(11/17、11/18)
チケットS席14000円、A席12000円
セットリスト:全35曲

1. Hello Goodbye*
2. Jet
3. All My Loving
4. Getting Better*
5. Coming Up
6. Let Me Roll It
7. Lonely Road*
8. Driving Rain*
9. Your Loving Flame*
10. Blackbird*
11. Every Night*
12. We Can Work It Out
13. You Never Give Me Your Money/Carry That Weight*
14. The Fool On The Hill
15. Here Today*
16. Something*
17. Eleanor Rigby
18. Here, There And Everywhere
19. Calico Skies(大阪のみ)*
20. Michelle
21. Band On The Run
22. Back In The U.S.S.R
23. Maybe I'm Amazed*
24. Let 'em In
25. My Love
26. She's Leaving Home*
27. Can't Buy Me Love
28. Live And Let Die
29. Let It Be
30. Hey Jude
31. The Long And Winding Road
32. Lady Madonna
33. I Saw Her Standing There
34. Yesterday
35. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/The End

ビートルズ:21曲
ソロ:14曲(内『ドライヴィング・レイン』より3曲)

全35曲中日本公演で初出の曲は13曲(*)。また大阪公演のみ『カリコ・スカイズ』が追加されたため、東京公演は34曲だった。ポールのセットリストはかなり固定化されているという印象があるが、日本公演に関していえば3回目の来日となる今回でさえ1/3はまったくの初演奏だったというのは少し意外なデータである。

また、過去2回の来日公演と比べて今回最も大きく違っていたのはチケット代である。S席は93年の8000円から14000円に、A席は7000円から12000円にそれぞれ高騰している。チケット代に関してはいろいろな考え方があるだろうが、最終的には個々の人がそのコンサートにそれだけの金を払う価値を認めるかどうか、ということになると思う。要するに他人がなんと言おうとも、自分が本当に行きたければ人は金を払うのである。たとえば僕はAKBのコンサートならアリーナ席3000円でも支払わないが(笑)、ポールならスタンド席でも16500円を払うのだ。ただお金のない学生や、若い人たちにこの金額は本当に気の毒だと思う。

参考:
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 プリセール&一般発売icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント

お邪魔します。 お暑うございます。 酷暑お見舞い申し上げます(ハハ…)。

この2002年が私の初ライヴ体験でした、ポールの。 既にこのサイトの過去記事で思いっきりお話しいたしましたが、管理人様もほぼ記憶されていないようなので(爆)もう一度しようかな、イヤくどいかな。

ただどうして過去2回のライヴに行かなかったのかな。 そりゃ仕事が忙しすぎで自分が抜けると影響が大きかったころでしたから行かなかったんですけど、どこかで 「ポールは遠きにありて愛でるもの」 という意識があったことも否定できないところがあります。

でも、「これで最後?」 とか言われると、さすがに、ビートルズに人生を変えられた男としては、一度は同じ空気を吸わなくてはならない、という切迫感に囚われたことが大きかったかな。

前にもお話しした通り、この時私の席は、アリーナの中央前から7番目。 「ウィングス・オーヴァー・アメリカ」 の 「遥か昔のエジプト精神」 の直前に聞こえる雄叫び (「ウォウォウォ」) を再現した声援を送ったら、ポールが低い声で 「ウォウォウォ」 と返してくれました。 夢のようなひと時でした。

それを考えてしまうと今回はかなり遠いけど(だから落ち込む)、なんとかポールが反応してくれるような声援を送りたいと思います。 2階席の中央から。 ポール、私の声援をまた聞いて!

11月にはこの暑さも、さすがに収まってるでしょうね(とーぜんか)(この暑さ、もうウンザリ…)。

2013-08-20 10:51 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。リウさんが初来日公演に行っていなかったとはちょっと意外でした。人間生きてるといろいろありますから、今回はポールのコンサートに行ける状況にあるというだけでも幸せですよね。たとえ2階席でも。あまり周りの方に迷惑をかけないようお気をつけくださいませ(笑)。

2013-08-20 17:00 │ from 管理人URL

こんにちは~。
確かに 2000年代初期の、ポールのヴォーカルはパワフルでしたねぇ! 『9.11.』にしても、『Concert for George』での、「Something」(クラプトンとのハモリ♪)
なんかにしても、今聴いたとしても、マジ鳥肌もんですからねぇ^^
『Get Back Tour』、そして『New World Tour』を経て、彼も徐々にライヴパフォーマーとしての感(自信)と言うか、輝きなどが戻ったことも大きな要因なんでしょうけど。でも 流石 ポールと言えど、Wings 解散後、約10年もライヴから遠ざかっていたのだから、仕方ありませんよねぇ? だけど 流石 ポールですよ! 60歳にして、
あのクウォリティに辿り着くんだから^^v

2013-08-21 11:28 │ from yukky_zURL Edit

yukky_zさん
コメントありがとうございます。ポールは今休暇に入ったようですが、先日行われたサンフランシスコでの公演を聴いて、これは日本でも大丈夫だと確信しました。71才でも過密スケジュールにならなければポールはまだまだやれます。それにしても楽しみですね。あと3か月を切りましたよ!

2013-08-22 13:47 │ from 管理人URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-08-23 06:12 │ from URL

2002年 ポール3度目のソロ公演「ドライヴィング・ジャパン・ツアー」 初日の11月11日の公演で 初めてポールのライヴを観る事が出来ました。この時の事は以前にもコメントとして書かせて頂いた事がありますが 今でも忘れる事が出来ない素晴らしい思い出となっています。

オープニングで「ハローグッドバイ」 をポールが歌った時は もう鳥肌が立つほど興奮と感激で胸が熱くなりました。もちろん ハロー♪ハロー♪の箇所は みんなで大合唱です。
ポールのヴォーカルがとても好調で 特に「シーズ・リーヴィング・ホーム」の美しさは今でも忘れられません。

この時の公演、私の個人的な感想ですが 会場が一番盛り上がったのは 珠玉のビートルズナンバーではなく ウイングスの「バンド・オン・ザ・ラン」 でしたね。
セットリストを見て頂けたら分かると思いますが 比較的落ち着いたナンバーが続いた後での「バンド・オン・ザ・ラン」 後半のアップテンポになる部分で もう押さえていたマグマが噴出する様に 東京ドームが大盛り上がりになりました。この次が「バック・イン・ザ・U.S.S.R」 で 正しくこれが至福の時と言うのでしょうか、この2曲で一気に観ているこちらのボルテージもヒートアップしましたね。
この2曲が終わると次は「恋することのもどかしさ」「幸せノック」と少しクールダウンという雰囲気でしたから 余計に「バンド・オン・ザ・ラン」が盛り上がった印象が強いです。
この3度目のソロ来日公演は 比較的セットリストが渋めだった様に思うのですが、その分 じっくりと聞かす曲が多く ポールの声が好調で救われたと思いましたね。

ポールは MCで自分が話している内容が我々にも理解出来る様に スクリーンに和訳した字幕を映していました。
きっと タイプライターの方が一生懸命 舞台裏で作業されていたのだと思いますが ポールはわざとデタラメな言葉を喋ったりして タイプライターさんを困らせる茶目っ気をみせて 会場を和ませていました。
最近のライヴ映像などを見ても ポールはよく喋ってますよね(笑) やはりポールという人は ライヴでも観客と密に交流したいのでしょうね。サービス精神が旺盛なポールならではです。そういう意味では英語圏でのライヴの方が やり易いのでしょうね。今回の来日公演では どうなるでしょうか。

あと 私はスタンド席で観ていたのですが、アリーナ席の観客の方々がペンライトを持っていて「レット・イット・ビー」等の曲で一斉にペンライトを振って とても綺麗な光景でした。
ファンクラブの関係者の方が配布していたとも聞きましたが この辺りは実際にアリーナでご覧になられた橋本リウさんがお詳しいのかな?

チケット代金が高いのも話題となり 実際に開催直前までソールドアウトにはならず チケットを完売させるのに苦戦した様でしたね。
ポールの来日直前特番のテレビ番組も放送されて、チケットの告知などを盛んに行っていました。

でも私がライヴを観た帰り 東京ドームのチケット売場を見ると、次回の東京ドーム公演のチケットを販売していたのですが、長蛇の列でした。当日ライヴをご覧になった方が 内容の素晴らしさに感動して また新たに購入されたのだと思います。
もしかしたら 今回の来日公演も同様な光景が見られるかも知れません。

管理人様が仰るとおり、チケットの価値なんて 観る人の価値観によって変わりますからね。たとえ金額が高いと思っても それに見合う価値があると思えば 見たいと思う人も多いはずです。

あれから11年経って また元気なポールを日本で観れるなんて・・ やっぱりこれは奇跡に近い事ですね。感謝です!

2013-08-25 23:32 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。オープニングの『ハロー・グッドバイ』はよかったですね。意外とライブ向きであったことも驚きでした。ポールがやったビートルズナンバーの中ではベストの1曲になるのではないでしょうか。さて日本公演は?考えるだけでワクワクしますね。本当に今回の公演は奇跡に近いと思います。感謝して拝みに行きたいと思います(笑)。

2013-08-26 22:40 │ from 管理人URL

テツ様
ペンライトの件ですが、入場のときに配られましたね。 ん~、ドライヴィン・ジャパンのプリントがされている袋がありましたよね、あそこに入っていた憶えがあります。 みなさんお持ちじゃなかったんですか。 アリーナ席だけだったんだ。 誰から配られたかは分かんないですけど、会場整備の人だと思ってました(笑)。

ただし自分の場合、「ケッ、こんなことやれっかよ」 つーか(笑)ポールと一緒に歌うことに集中したかったつーか、結局使わずじまい(いや、使い方が単に分かんなかったつーか…笑)。 なんかどういうわけか2本ももらっちゃってたんですけど、未だに未使用でビニール袋に入ったまんま11年がたちました(笑)。

まだ使えんのかな? こんど東京ドームの最終日に使うかな?(ハハ…)。 2階席の後ろでひとりだけ(笑)。

ちなみにラジオ日本 「ビートルズ10」 のMCカンケさん(私と同い年らしい)が、自分と同じ東京ドームの最終日に見に行くって番組で言ってました(番組聴いてない人には分かんないでしょうけど)。 会えたらいいけど正体不明で顔分かんないからなァ。

2013-08-27 06:33 │ from 橋本リウURL

橋本リウ様
有難うございます!
そうなのですか? スタンド席はドライヴィング・ジャパンツアーの袋は 各自が自由に持ち帰れる様になっていて 何か案内のビラが入っていただけでした。
アリーナのペンライトはとても綺麗でしたよ。

今回の日本公演 最終日にあたる21日は 注目度が更に高くなりそうですね。期待が高まりますね!

2013-08-28 01:12 │ from テツURL