ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その5 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 日本公演2013夢日記 » ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その5

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その5

チケットぴあ


今年の5月4日からスタートした「アウト・ゼア・ツアー」は、予想通りどうやら8月14日をもってひとまずお休みということになりそうな気配である。8月7日現在、ポール公式サイトのツアースケジュールには8月14日から11月15日の福岡ドーム公演まで丸3か月もの空白期間がある(11月12日の大阪公演が今のところ記載されていないのが気にかかるが…)。⇒ポールの公式サイト参照

約3か月ものインターバルは、やはり単なる休暇だけではなくニューアルバム発売への準備期間と考えると合点がいく。ただ、その後ニューアルバムの発売は9月説と10月説の2つが囁かれてはいるものの、残念なことに未だ公式発表はない。本当に発売されるとすればおそらく8月中に正式なアナウンスがあるはずなので、今後も期待を込めて注目してゆきたい。

ただ来日してくれるだけでも胸がいっぱいなのに、その上これから新しいアルバムが出るなんて幸せ過ぎて脳がオーバーヒートを起こしてしまいそうである。しかしどうせ出すのなら歴史に残るようなアルバムになってほしいという思いもある。もう1度アメリカやイギリスでNo.1を獲ってほしいし、アルバムの出来がよければそれだけ日本公演も盛り上がるからである。

さて、過去3回のソロ来日公演を振り返ってみると、いずれもニューアルバム発売後1年以内に来日していることがわかる。

1990年 『フラワーズ・イン・ザ・ダート』 発売から9か月後に来日公演。
1993年 『オフ・ザ・グラウンド』 発売から9か月後に来日公演。
2002年 『ドライヴィング・レイン』 発売から12か月後に来日公演。
2013年  ニュー・アルバム発売直後?

1990年と1993年はアルバム発売から9か月後、2002年は『ドライヴィング・レイン』発売から約1年後の来日公演となったが、いずれもニューアルバムから数曲を演奏している。一般的に大規模なワールド・ツアーはニュー・アルバムのプロモーションを兼ねていることも多いから、それ自体はけっして珍しいことではない。ただ昨今のポールのツアーは必ずしもアルバムの発売とは連動していないから、やはりライヴでポールの新曲が聴けるというのは非常にラッキーな事だと思う。日本だけのサプライズ演出も十分に期待できるし、11月の来日公演が本当に楽しみである。

参考:
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 プリセール&一般発売icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


コメント
非公開コメント