ポール、アメリカの人気番組『コルベア・レポート』に出演 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » ポール、アメリカの人気番組『コルベア・レポート』に出演

ポール、アメリカの人気番組『コルベア・レポート』に出演

先日ポールがアメリカの人気番組『コルベア・レポート』に出演し、彼のバンドと共に6曲を演奏した。その内容がかなり良かったので、紹介しておきたい。

まずは、以下のページでポールへのインタビューと、『あの娘におせっかい』『バースデー』が視聴できる。

http://www.rollingstone.com/music/videos/paul-mccartney-takes-over-colbert-report-20130613

ポールはとても71才には見えないほど若々しく、元気そうである。この変わらなさには毎度のことながら本当に驚かされてしまうのだが、ファンとしてはまずは一安心。ポールの声の調子もまずまずで、バンドとの息もピッタリだ。今回は特にポールのベースプレイにご注目。歌いながらあれだけのベースを弾きこなすポールの腕前はホントにすごいと思う。

続いて『ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト』と『ハイ・ハイ・ハイ』。こちらもかなりレベルの高い出来だと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=b6gF0X_074M

http://www.youtube.com/watch?v=CnL42CLHiOM

『ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト』は一般にジョン単独での作品とされているし、実際にジョンらしい曲であると僕もずっと思ってきたのだが、意外にもポールのフィーリングとマッチしているので驚いてしまった。これは過去ポールが演奏してきたビートルズ・ナンバーの中でも完成度の高い部類に入ると思う。

『ハイ・ハイ・ハイ』はウイングス時代にもライヴでよく演奏されていたが、個人的には『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』でのバージョンよりも、現在のマッカートニー・バンドによるバージョンのほうが好みである。これは条件さえ揃えば、現在のバンドでも全盛期ウイングスに匹敵するパフォーマンスは十分に可能であることを示しているわけで、まだまだポールはいけると僕はついつい思ってしまうのである。普通なら71才のライヴが30代のそれに勝るなどとは考えられないだろうが、ポールに限ってはそれは当てはまらないのだ。

こういう良質なスタジオでのライヴ演奏を見ると、ポールはもうそろそろスタジアム級のライブツアーからは手を引いて、たとえ数は少なくてもよいから質の高いスタジオライヴ映像を後世のために残してほしい、などと勝手なことを考えてしまったりするのであった。


コメント
非公開コメント

こんばんわ。拝見しました。ポール、元気そうで何よりです。【あの娘におせっかい】は、当時シングルで擦り切れるほど聞き込んだ曲で未だに大好きです。当時中学生だった僕は、あ、これが洋楽というものなんだなという宗教的な洗礼(啓示)を感じました。ウイングスの自然消滅後、ほとんどライブでやらないので、ポールは好きじゃないのかなと邪推していましたが安心しました。
僕も、管理人さんの後半2行に同感です。
それにしても、ポールの英語(の発音)ってクールだと思います。

2013-07-06 20:09 │ from マック小僧URL

マック小僧さん
コメントありがとうございます。『あの娘におせっかい』は僕も大好きでして、究極のポップソングだと思いますね。全米No.1にはなりましたが、全英6位だなんてとても信じられない。もっと売れてしかるべきだったと今もって不満です(笑)。

2013-07-07 09:57 │ from 管理人URL

ポールのスタジオライヴ映像、有り難うございます!
ポール、相変わらず元気で若々しいですね。かなり節制もしているのでしょう、最近 若干太り気味の私は 見習わなければいけません。

ポールの素晴らしい所の1つとして、バンド編成が極めてシンプル、だけどどんな複雑な楽曲でも演奏してしまうバンドとしての実力、そしてポール自身のリーダーシップです。
最近はスタジアム級のライヴを行うバンドは サポートメンバーも含めた大編成が殆ど。個人の力量が分かりにくくなっていますが、ポールはどんな場所でも 又どんな複雑な楽曲でも ポールを含めた5人のレギュラーバンドで こなしてしまいます。
これって 結構ポールファンとしては自慢だと思うのですが どうでしょう?
ポールも含めたバンドメンバー各々が様々な楽曲を操り コーラスまで請負い、高い演奏技術を誇っている訳ですから スゴいですよね。
またそれを 高いリーダーシップで、バンドの力量を維持させているポールは 流石です。
もちろん、バンドのサウンドには、個人の好みもありますし 評価は分かれるかも知れませんが 私は今のバンドは好きですね。

少し前には MTVアンプラグド の様な良質なスタジオライヴ番組がありましたけど、最近はあまり聞きませんね。様々なミュージシャンの 素晴らしい演奏を記録する意味でも また新たなスタジオライヴ番組が増えてくれたら嬉しいです。

夏のツアーが終わった後、いよいよ新作発表について何か動きがあるかな?? そして日本公演は??
この夏以降もポールの動向から目が離せません。

2013-07-09 01:50 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。5人ですべてをこなしているというのは、なるほど目からウロコですね。そういう意味でストリングからホーンセクションまで一人でこなしてしまうウイックスの力は大きいですね。でもたまにはフル・オーケストラをバックにというのも聴いてみたいですが。

2013-07-09 18:55 │ from 管理人URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-07-12 21:54 │ from URL