ジェームス、挫折の日々と家族について語る - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » ジェームス、挫折の日々と家族について語る

ジェームス、挫折の日々と家族について語る

ポールの愛息ジェームスが最近語った内容がかなり衝撃的だったので、拙訳にて速報でお届けする。

ジェームスが家族と距離を置くようになったのは、母リンダの死がきっかけだった。リンダを失くした悲しみがあまりにも大きかったために、リンダが亡くなったその夜ジェームスはポールのベッドで一緒に寝たのだという。

「二人で一緒に悲しみを分け合ったよ。アリゾナで母が亡くなった最初の夜に、僕は父がたった一人で眠るのはきっと耐えられないだろうと思った。だから、その日は父と一緒のベッドで寝たんだ。」

だがリンダの死をきっかけにジェームスはドラッグとアルコールに手を染め始める。

「母が死んだのは僕が20才のときだった。そのときに少し道を踏み外してしまったんだ。僕にとって割と暗い時期だった。(音楽は)ニルヴァーナに深くのめり込み、マリリン・マンソンやなんかのヘヴィーなバンドをよく聴いていた。少し過激な時期だった。そして、いつの間にか酒やドラッグをやり始めていたんだ。」

その結果、ジェームスはドラッグとアルコール依存症に陥り、アリゾナの更生施設にも入っていたことがあるという。ただ過去7か月間はドラッグにもアルコールにも手を出していない。

ポールがヘザー・ミルズと出会った1999年以降、ジェームスは家族と対立し、さらに孤立を深めることになっていゆく。その時期ポールとは数年間もほとんど口をきかない状態が続いたという。

「大変な時期だった。父は再婚しようとしていたけど、僕はそれに対応することができなかった。ヘザーと僕はうまくいっていなかった。そのときは彼女のことが嫌いだったんだ。でも彼女のことを悪く言うつもりはない。なぜなら、彼女はベアトリスにとってとてもいい母親だから。だから今は問題はないよ。」

「父が商業的すぎるのではないかと懐疑的になっていたこともある。でも今はすべて受け入れている。父がやっていることはすごい事だし、本物のロックンロールだ。」

「父とはすっかり疎遠になっていた。難しい時期だった。でも大人になるための過程だったんだと思う。僕は自立しなくてはならなかったし、母の死を悲しむ時間が必要だったんだ。」

「父とは長い間会っていなかった。数か月に一度くらい電話をすることはあったけれど、長い間顔を会わせることはなかったんだ。悲しい時期だったよ。」

そして転機は2007年に訪れる。ポールがヘザーとの離婚後に心臓の手術をしたときのことだ。ジェームスはサセックスの農場でこの世のものとは思えない光を目撃する。ジェームスはそれが母リンダだと感じたという。

「ドラッグはやっていたけど、あれはそれが原因じゃなかった。そのとき、僕は真っ暗な森の中に光を見た。そして思ったんだ。しっかりしなくては。僕はもう30才だ。こんな事を続けていてはいけない、と。」

「父は記者会見で少し不整脈があると言っていた。でもそれがきっかけで、父と少し話をするようになったんだ。父は今とても元気だけれど、父が僕にとってどれほど大切な存在かがそのときわかったんだよ。」

一方、ナンシーとはずっとうまくやれているようである。

「ナンシーは新しいお母さんだ。僕はそれを認めている。心からね。彼女はとても誠実な人だ。父が彼女と結婚する約1年ほど前から知っていたけど、彼女は誰よりも僕が夢を追うことを応援してくれた人の一人だ。彼女は僕を一人立ちさせたがっていたんだ。それに彼女は父をすごくハッピーな気分にさせてくれる。家族全員が彼女のことが大好きなんだよ。」


何不自由ないおぼっちゃま、ボンボンだとばかり思っていたが、彼は彼なりにいろいろとつらい時、苦しい時を通り抜けて今があるようだ。また息子がそのようになってしまったことに対するポールの苦悩も大変なものがあったにちがいない。結局何も問題がない順風満帆な人間など一人もいはしないのだな、と改めて感じ入ってしまった次第。そして、それでもな~んにも問題がないように“見える”ポールという人はやっぱりすごい。とんでもない大人物である。ジェームスがんばれよ~。

おおっと、今日はポール71才の誕生日でした。Happy Birthday Paul!!

参考:ジェームス・マッカートニー ニューアルバム: Me


コメント
非公開コメント

こんばんわ。本当の偉大さって、コンスタントさだと思います。僕は、ポールからそれを学びましたし、その点で少なくともポップミュージックでは空前絶後の人だ強く思います。実は、先日、リンダの《ワイド プレイリー》を久々に聞いていて個人的にリンダへの思慕を追体験していたので今回の管理人さんの速報はある意味タイムリーでした。それと、ポールの家族への接し方ってクールだといつも思います。そう、この《クール》という言葉こそポールに相応しいモノだと思うんです。ビートルズのアンソロジーの構成も情緒を排した恐ろしくクールでした。

2013-06-18 21:25 │ from マック小僧URL

マック小僧さん
コメントありがとうございます。ブレない、いつも朗らか、人の悪口を言わない、他人への思いやり、菜食主義、動物愛護、自然を愛する心・・・。ロックスターらしからぬ、そんな彼の姿はいつもネガティブな批判にさらされてきましたが、時代が変わりようやく正当な評価を受けるようになってきましたね。結局一番カッコいい人はポールだったのです。

2013-06-19 10:13 │ from 管理人URL

失礼します。
ジェームズはかわいそうなことに親の七光りなどとよく言われてしまいますね。
勿論ポールの音楽的才能に遠く及ばないのは悲しいかな事実ではあるのですが、
20世紀最高の音楽家とも称されるSir Paul McCartneyに敵う者など世界でも数える程度しかいないでしょう。
そのような巨大な父と世間のプレッシャーを浴びつつも、父ポールと同じ音楽の道を歩み始めたジェームズの勇気は素晴らしいなと僕は思います(自分が同じ立場なら甘えっぱなしになっていたでしょう…)

一緒のベッドで眠った、ですか…やはりそこはポールの息子ですね(笑)
不器用ながらも優しさに溢れています。とても暖かい話で心に来るものがあります。
これからも父ポールと共に頑張って欲しいです。
Happy Birthday Paul!

2013-06-20 17:24 │ from 村正URL

村正さん
コメントありがとうございます。ジェームスのデビューがこんなにも遅れてしまったのにはこんな事情があったのかと、私も今回は少し驚いた次第です。このときの苦しみをバネにして、これからがんばってほしいですね。記事を加筆、修正しましたのでまたお読みくださいね。

2013-06-21 01:28 │ from 管理人URL

ジェームスも 荒れていた時期があったんですね。
母親がいなくなって 現実を受け止めるのに、辛い時期を過ごしてきた事を 初めて彼の言葉で知る事が出来ました。貴重なインタビュー記事を有り難うございます。

興味深いのは 父親であるポールに対して、距離を置いた時期があったという事です。
特に ポールが商業的過ぎるのではと 懐疑的になったという記述は 印象に残りました。
今は 父親のポールを受け入れる事が出来たという事ですので、あまり深くは触れませんが ショービジネスの世界なんて 売れてナンボの世界だと思うのですけど、もっと芸術的な部分と 精神的に深い部分で 父親であるポールに対して疑問を持っていたとは 大したものですね。

男なら 俺ならこうするとか 大人になり成長すれば 自我が芽生えて、父親や 会社の上司に反目してしまう事もあるかも知れません。
私自身も似たような経験をして来ました。今となっては 当時の自分自身の未熟さに 穴があったら入りたいぐらいの恥ずかしさがありますが、歳を重ねて来ると分かる事も多くて 考え方も変わってきます。
ジェームスも そんな過程を経てきたと思うと 親近感がありますね。いくら父親があのポールでも 男ならそれくらいの気骨がないとね (笑)

ただ 息子がアルコールやドラッグの更正施設に入ったり、殆ど口をきかない時期があったりと 父親のポールにとっては リンダが亡くなってからの数年間は プライベートで深刻な悩みを抱えていたのですね。

でも 私が知る限り ポールの口から息子が荒れて大変な時期があった みたいな発言を聞いた事がありません。
やはり その辺りは父親としての優しさと、ポール自身の強さなんだと思います。

今が幸せだったら いいじゃないですか。ジェームス、いくら父親があのポールとは言え もう高齢の身です。今まで心配をかけた分、これからは ジェームスが父親をフォローしてあげて欲しい。
ポールという人は 金とか名誉とかそんな事より、家族の温もりや絆に もっとも喜びを感じる人だと思うので しっかり頼むぞ!

ポール、誕生日おめでとう!
こうして あなたと同じ時を過ごして 素晴らしい音楽に出会えている事に感謝です!

2013-06-22 01:32 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ジェームスはポールが生きているうちに気付けてよかったなと。ただこれからが大事ですからね。がんばってほしいと思います。

2013-06-22 16:30 │ from 管理人URL

息子ジェームスの記事興味深く読ませて頂きました。
父親はロックポップス界に留まらず英国有数の大金持ちですから、
父子双方共に人生の苦悩なんてすぐに打ち消せると推測しておりましたが、金では解決し難い苦悩も抱えているのですね。(胸を撫で下ろしました)
話しは変わり、ヘザーとの間に生まれたベアトリスちゃん、ついこの前生まれたとばかりと思っていましたら、早いものでもう六歳くらいに成長してるんですね。
それにしても可愛い。

2014-04-27 22:32 │ from キラークイーンURL

キラークイーンさん
ポールとリンダは親としても大変に立派だと思います。ベアちゃんはある意味一番ポール似かもですね。早くも大物の予感??

2014-04-28 03:25 │ from 管理人URL