『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』到着レビュー その4 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』到着レビュー その4

『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』到着レビュー その4

今回DVDに収録された『ウイングス・オーヴァー・ザ・ワールド』は、その昔NHKのヤング・ミュージック・ショーという洋楽番組で観た記憶がある。すごいもので、ネットで調べてみたらすぐに放映年月日がわかってしまった。1979年10月13日、なんと今から34年ほども前の話である。時期的にはアルバム『バック・トゥ・ジ・エッグ』の発売直後ということになる。番組の内容は断片的にしか覚えていなかったのだが、とにかくテレビにかじりついて見ていたことだけは昨日の事のように鮮明に覚えている。なぜなら、当時はポールの映像、つまり彼が動く姿を見れるということ自体が本当に少なかったからだ。ましてやポールのコンサート映像をテレビでやるなどということは皆無に等しい時代だった。今のように、ライヴの翌日にはYouTubeでポールの演奏シーンが見れてしまう、などというのとはわけが違う。とにかくポールが出ている映像自体の価値、重みがまるで違ったのである。あの頃、僕たちファンはポールの映像に文字通り飢えていた…。

当時ウイングスのアメリカ公演が大変な評判になっていたことは、日本でも情報としては僕たちファンの耳には入ってきていた。だが、それはあくまでも実際の映像、サウンドを伴わない雑誌やラジオを通しての情報にすぎなかった(アルバムだけはその後すぐに発売されたが)。個人的によく覚えているのは、当時アイドル的な人気を博していた原田真二さんがウイングスの公演を見たい見たいとラジオで熱心に語っていたことである。僕はラジオを聴きながら「ああ、これだけ人気のある芸能人でも、ウイングスのチケットは取れないんだ、見に行けないんだ。」と、半ば絶望的な思いを抱いたのを思い出した。ポールとウイングスは僕たち日本人にはまだまだ遠い夢のように手の届かない時代だったのである。

そんなウイングスの伝説的なワールドツアーのドキュメンタリーとして制作されたのがこの『ウイングス・オーヴァー・ザ・ワールド』であった。そして、それが日本で放送されたのがツアーが終わってからやっと3年後の1979年。いかに当時の情報の流れというものが遅かったかがわかるだろう。『ロック・ショウ』にしても、日本での劇場公開はそれからさらに2年後の1981年だった。

ともかくこの映像作品がアーカイヴ・コレクションのリリースを機に再び日の目を見たことはファンにとっては非常に喜ばしいことである。心配された映像の劣化も視聴に問題がないほどに修復されているように思う。これはウイングス全盛期の第一級映像資料として、ファン必見の作品である。

今回本当に久しぶりにこのドキュメンタリーを見て、まず感じたのは、ポールのライヴ・パフォーマーとしての凄さである。特にリッケンバッカー・ベースをブンブン、ボンボコ、デケデケ、ドゴドゴと縦横無尽に弾きまくりながら歌うさまは、さながら音楽の神が降臨したかのような錯覚さえ感じさせるほどのものであった。特に印象に残ったのが『レッティング・ゴー』のベースプレイで、あまりのすばらしさに僕は「ひえ~、カッコいい~!」と思わず声に出してしまったほどである。ポールは若い時はこんなにもヘヴィーなベースプレイをステージで披露していたのかと、今さらながら畏敬の念を感じざるをえなかった。やっぱ世界一でしょう、この人。ちなみにかねてからファンの間でもこのリッケンバッカーの復活を望む声は大きいのだが、このベース今のポールには重すぎるのだそうだ。いや~残念!

さらに驚くべきは、ウイングスというバンドがデニー・レインを除きほぼ無名のミュージシャンで構成されていたという事実である。ジミー・マッカロックも、ジョー・イングリッシュもすばらしく個性的で優秀なプレーヤーだが、ウイングス以前にはこれといった実績はなかったのである。そして、ウイングス脱退以後もこれといった実績は残していない。リンダに至っては、ご存じの通りもともとは完全なシロウトである。ウイングス以前にそこそこの実績を残していたデニーでさえ、やはりウイングス解散以降はほとんど鳴かず飛ばずだった。だがポールはこれら4人をそれぞれにしっかりキャラの立ったウイングスのメンバーとして育て上げたのだ。そのポールの手腕、そして個人の才能を引き出す能力には驚くべきものがある。このドキュメンタリーは、ポール以外のメンバーたちの個々の魅力を知る上でも重要な作品である。

結果として今回のDVDはこれまでのアーカイヴ・シリーズの中では最も充実した収録内容と言い切って差し支えないだろう。映像の中身についてはまだまだ興味は尽きないが、今日のところはここまで。

参考:
『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』
日本盤:
ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【スーパー・デラックス・エディション】(3CD+1DVD)
ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【通常盤】(2CD)
海外盤:
Wings Over America 【デラックス・エディション】(3CD+1DVD) 
Wings Over America 【通常盤】(2CD) 
Wings Over America 【アナログ】(LP3枚組)  

『ロック・ショウ』
ロックショウ [Blu-ray] 
ロックショウ [DVD]


コメント
非公開コメント

「ウイングス・オーヴァー・ザ・ワールド」
昔からのポールファン、ウイングスファンの方々には お馴染みの作品かと思いますが、私は今回のスーパーデラックス版で初めて観ることが出来ました。
こんな重要な作品を ずっと見逃して来たとは、 私にとってポールのお宝はまだまだ沢山眠っている様です (笑)

この作品には、史上最強のミュージシャンであるポールの姿が 巧く編集されて収められていますね。もうこの時期のポールは世界一、史上最強と断言出来ますね。

この作品を観るまで ツアーに子供を連れて行くのは 子供達にとって体力的にハードだったのでは・・ という心配もあったのですが、映像を見る限り子供達は楽しそうですね。
仕事も家庭も 立派に両立させてしまうポールには改めて感心しきりです。

この作品を観て気になった所は、オーストラリアでインタビュアーに「33歳でロックをやるには歳を取りすぎたのでは?」「もうピークは過ぎた?」等と質問されていた場面ですね。
現在、33歳のミュージシャンにピークは過ぎたとか 歳を取ったなんて質問する人はいないと思いますが、やはりこの時代ポールは まだまだロックの先駆者として 突っ走っていた時代だったのですね。
ウイングスのメンバーと一緒に挑んだ会見では、妻であるリンダをネタに下らない質問を受けていましたね(呆) まぁジョークの一つなのでしょうけど。
自分の奥さんをバンドに引き入れる事に 多少の好奇の眼に晒される事がまだあったのでしょうか。
ロックについての価値観や ポール、ウイングスの評価に 後追いファンの私は現在と微妙な差を感じましたね。
そんな中で世界制覇に向けて邁進していたポールの姿は格好良いの一言!
ツアーが終わった頃には ポールは、ロックに対する価値観を新たに変えてみせたと思いますし、リンダをウイングスのメンバーとして万人に認めさせたと思いますね。

あと良かった所は、デニー・レインがポールに負けじと 様々な楽器を操り大活躍していますね。彼の存在の大きさも再認識しました。
この作品を観ると「ロックショウ」も合わせて観たくなりますね、

最近はずっと「ウイングス」のポールに夢中で、ビートルズの写真に写っているポールを見ると 本当に同一人物なのか?と不思議な感覚になります (苦笑) ファンとしての依怙贔屓ではなく、ポールには本当に畏敬の念を抱かずにはいられません。

2013-06-15 02:57 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。いろんな意味で時代の流れを感じさせる映像でもありますね。当時は一般にロックスターは結婚したらダメだとか、30過ぎたらもう終わりとか思われていたような気がします。それがまさか70才を過ぎてもロックしているとは(笑)。当時の人々にはとても信じられないことでしょう。タバコ、酒、ドラッグ、女もあって当然の時代でもありました。やはりあの頃とは人間のあり方自体が完全に変化してしまった気がします。ポールは新しい人類を体現しているともいえるかもしれませんね。

2013-06-15 20:05 │ from 管理人URL