もうそろそろ・・・ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのライヴ » もうそろそろ・・・

もうそろそろ・・・

最新のツアー映像を見て僕はまずホッとひと安心した。いつものポールがそこにいたからである。ポール健在を強く印象づけるすばらしい歌と演奏。ポールはまだまだ大丈夫だ。

しかし、そんな思いとは裏腹に、ここ数年ずっと僕の心の中でくすぶり続けていたある考えがまたしても首をもたげ始めた。

ポールはなぜ日本に来てくれないのだろうか…。

この問いが馬鹿げたものであることは自分でもわかっている。ポールはなにも日本だけを例外視しているわけではない。むしろポールはアジア諸国の中では日本を特別ひいきにしてくれている。ツアーに関するかぎりポールの主戦場は時に偏りすぎではないかと思えるほどアメリカとヨーロッパに集中しているのだが、過去ワールドツアーのリストに加えられているアジアで唯一の国はありがたいことに我が国日本なのだ。そういう意味で僕たち日本人は非常に恵まれている。それだけはまちがいないだろう。

しかし、それでも前回ポールが日本に来たのが2002年だから、なんと11年も前の話になるのである。もうそんなに経ってしまったのかと本当に驚いてしまうのだが、これだけ毎年のようにライブを定期的に行なっているのに、なぜ日本には来てくれないのかと1ファンとしては時々恨めしい気持ちになってしまうのもまた事実なのだ(うらめしや~)。特に今回ツアーの開幕地となったブラジルなどは昨年もライブを行なったばかりなのだから本当にうらめしい、ではなくてうらやましい~と思ってしまうのである。

ただいい方に解釈すれば「もうそろそろ日本に…」というのもまた事実だろう。だから、待望のニューアルバムが発売されると噂される今年の夏以降のツアースケジュールには特に注意を払っておかねばならない。もしそれが現実となればタイミング的には最高なんだけどなぁ~。

近年ポールがライブを行なった国:
2013年(予定):ブラジル、アメリカ、ポーランド、イタリア、オーストリア、カナダ
2012年:カナダ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、コロンビア、パラグアイ、ウルグアイ、イギリス、ベルギー、スイス、オランダ、
2011年:イギリス、ロシア、フィンランド、スウェーデン、ドイツ、フランス、イタリア、U.A.E.、アメリカ、カナダ、ブラジル
2010年:ブラジル、アルゼンチン、チリ、ペルー、アメリカ、カナダ、イギリス、メキシコ
2009年:イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、アメリカ

参考:
『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』
日本盤:
ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【スーパー・デラックス・エディション】(3CD+1DVD) 5月29日発売予定
ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【通常盤】(2CD) 5月29日発売予定
海外盤:
Wings Over America 【デラックス・エディション】(3CD+1DVD) 5月28日発売予定 ※価格に注意
Wings Over America 【通常盤】(2CD) 5月28日発売予定
Wings Over America 【アナログ】(LP3枚組)  5月28日発売予定

『ロック・ショウ』
ロックショウ [Blu-ray] 5月29日発売予定
ロックショウ [DVD]  5月29日発売予定
※『ロック・ショウ』Tシャツ付きBlu-ray、DVDは急遽発売中止となりました。詳しくはヤマハ・ミュージック・アンド・ヴィジュアルズの公式サイトをご覧ください。


コメント
非公開コメント

ポールが ライヴ活動を再開させましたね。前回の記事でポールの最新ライヴ映像を拝見させて頂きましたが、私も管理人さまと同じ思いを持っています。
ポールの最新のライヴ映像や写真を見るたびに ポールが元気な事を確認して まずは一安心をするのですよね。あぁ良かった、まだまだ ポールは健在だぞと安心して 音楽の神様に感謝するわけです (笑)

そういう意味では、ポールの健在ぶりを ライヴを重ねる度に 驚きと興奮を持って見守って来ました。

こんなにライヴ活動に精力的で 魅力的なセットリストを披露してくれているのに、11年も日本に来てくれない事には もう残念で仕方ないですね (泣)
管理人さまは 謙虚に日本は恵まれていると 仰っておられましたが、私は不満ですね~ (苦笑)
明らかに 避けられてますよ。これだけツアーをしていて、11年間も日本に来ないとは。音楽市場としても ファンの多さにしても 決して無視できない国のはずです。
自惚れかも知れませんが 日本のファンとして そう自負していますけどね。

ポールは メジャーなアーティストとしては珍しく アジア圏でツアーをしませんね。過去の出来事を考えれば 理解出来ない事もないですが・・

もうすぐ発表される予定の新作。その後にツアーがあるとすれば、これが我々日本のファンとしては 近年では最高にして 最後の大きなチャンスかも知れませんね。
ぜひ日本に来て その雄姿を我々に見せて欲しいものです。
チケット代が高くなる心配もありますが、若いファンの方に特に観て欲しいですね。ポールのスゴさ 素晴らしさを、生で体感して 次の若い世代に 語り継いで欲しいです。


2013-05-09 00:37 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ひょっとしたら震災や原発事故もポールを遠ざけている一因かもしれませんね。あとは距離的なこととか、コストがかさむとかいった側面も無視できない要因でしょう。莫大な機材とスタッフをかかえて行くわけですから。最近行った国々を見ていると、やはり比較的近いところが選ばれているような気がします。う~ん、やっぱり難しいのか。でも夢は見続けていたいですね。

2013-05-09 15:58 │ from 管理人URL

久しぶりに お邪魔します 覚えてますか?
去年テレビでポール言っていましたよ
今 交渉中で遠くない日に逢えるでしょう、と。
確か日テレ系列のスッキリって番組かな?
私は知らなくて後でYou Tubeで見ました
娘が柔道習ってるとかで家でも「オッス!」と言ってるとかいないとか…?
そんなような話もしてたような…?
すみません、たぶん確かに見たと思います(笑)

2013-05-09 19:39 │ from みうURL

みうさん
コメントありがとうございます。おぼえてるよ~(関西弁で、笑)。これは嬉しい情報をありがとうございました。やはり水面下で動きがあるのはまちがいないようですね。お金貯めましょう~。それにしてもポール『オッス』好きですね。ぜひまた日本公演で聞きたい(笑)

2013-05-10 10:26 │ from 管理人URL

はじめまして!

はじめまして!

ジョー・イングリッシュを検索していたら管理人様のブログに辿り着きました。
ポールへの愛情がひしひしと伝わってきて、とても共感できました。

小生は"ウイングス"リアルタイム世代です。ジョー・イングリッシュ、ジミー・マッカロック大好き少年でした(笑)

1975年の法務省来日拒否は、まだ中学生でニュースで知りました。
1980年の逮捕劇の一部始終は、今でもよく覚えています。当時17歳の小生、本当にショックが大きかったですね。

1987年、「夜のヒットスタジオ」衛星生中継出演、1989年、同番組の衛星生中継出演には大感動でした!

1990年の来日、一番印象的で感動しました。
その後のジャパンツアーの殆どを観に行きました!

2002年11月から10年半、そろそろ来日して良い時期だと思います。
今年か来年の来日を信じて期待しています。

2013-06-01 10:19 │ from 湘南のJOHN LENNONURL Edit

湘南のJOHN LENNONさん
コメントありがとうございます。おお、同世代ならではの話題の数々に嬉しくなりました(笑)。よろしかったら過去記事なども読んでみてくださいね。

2013-06-01 16:30 │ from 管理人URL