『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』リマスター盤は5月27日発売か? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』リマスター盤は5月27日発売か?

『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』リマスター盤は5月27日発売か?

未だ公式発表がされていないという状況の中で、アマゾンにリマスター盤と思われるアイテムがボチボチ出現し始めたのでさっそくチェックしておこう。

4月8日:現在確認できたアイテムは以下の通り。いずれも輸入盤である。(価格は変動するので悪しからず)
4月9日:早くも2CDとアナログLPの価格が変更され(それぞれ約700円、500円の値下がり!)、発売日は5月27日に繰り上がり、予約も可能となった!ジャケット画像もついにアップされた。すでに予約を済ませていた人は自動的に価格が安いほうに変更されるはずである。
今のところ変更されていないのは3CD+1DVDのみだが、こちらも近いうちに変更されるだろう。
4月10日:いよいよユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンの公式サイトで『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』の詳細が公開された。スーパー・デラックスの定価はなんと18,000円!
http://www.universal-music.co.jp/universal-jazz/paul-mccartney/products/ucco-90226/

アマゾンから輸入盤スーパーデラックスは姿を消し、日本盤もまだアップはされていない。なんといっても気になるのはその実売価格であるが・・・。⇒4/10日本語盤スーパーデラックスがアップされた。だが日本語通常盤(2CD)は今のところ商品が(輸入盤スーパーデラックスのほうに)誤ってアップされている…。

未だに日本盤はスーパー・デラックスという呼称を変えようとしないが(笑)、ともかくこのセットは見ているだけで壮観である。各種ブックや生写真、なつかしいウイングスのロゴが入ったチケットやバックステージパスのレプリカ?のようなようなものまで見える。これは多くのポール・ファンにとってきっと一生の宝物になるにちがいない。個人的には実物を見るまで、もうこれ以上の情報は入れたくない気分だ(笑)。いちおう当ブログの事前情報はほぼ正しかったということで、ホッと一安心。あとは各自心ゆくまで検討されたし。Good Luck!!

811GDuLiG3L__SL1500_.jpg

ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【スーパー・デラックス・エディション】(日本盤:3CD+1DVD)
発売日:5月29日
予約可能!

ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【通常盤】(日本盤:2CD)
発売日:6月4日
予約可能!

注意!問題有り!Wings Over America [Import] ¥7,298(輸入盤:高いほうのセットと思われる:3CD+1DVD)
4/9一時的にアマゾンから削除されている⇒4/10再アップされたが、商品が日本盤2CDと混同されているようだ。だが価格が明らかに高い(定価が¥3,800なのだから)。ちなみに[Import]というのは輸入という意味だ。価格の比較から、最初にアップされた時はこれが輸入盤スーパーデラックスであったことは明らか。これはかなり問題になりそうな予感…。おそらく価格を実際よりも安く掲載してしまったアマゾンのミスであろう。このまま日本盤2CDにすり替えられる可能性もあるので、私は早速アマゾンにクレームのメールを送信した。他にもこのセットを注文した方は各自動いてみてください。このまますり替えられないためにも…。⇒アマゾンから「調査中」との返信が来たが、商品は日本盤2CDに完全にすり替えられてしまった(僕はこの商品を注文したことになってしまっている)。いちおう調査結果は待つが、この件簡単には引き下がれない。いっぽう輸入盤のスーパーデラックスはなんと25,000円という法外な価格で新たにアップされている…。いいかげんにしてほしいものだ。
※上記セットを注文された方は商品が変えられているので、各自確認をしてください。

Wings Over America(輸入盤:デラックス・エディション3CD+1DVD)※価格に注意。
発売日:5月27日
予約可能!

Wings Over America [Import] (輸入盤:通常盤2CD)
発売日:5月27日
予約可能!

Wings Over America [Analog] [Import] (輸入盤:アナログLP3枚組)
発売日:5月27日
予約可能!

僕は最初から輸入盤のボックスセット(一番上)に狙いを定めていたので、早速予約を済ませた。これで最低価格は保証されるので安心である(このあと仮に値段が高騰しても影響は受けないし、逆に下がった場合はその価格が適用される)。7,300円以下でボックスセットが買えるならば、まあよしとしようか。とりあえず押さえは終了だ(笑)。あとは状況次第でキャンセルなど柔軟に対応すればよいだけである~。

おそらく日本盤も間もなくアップされることだろうから、情報が入りしだい順次当ブログでアップデートしてゆく。


コメント
非公開コメント

いよいよ少しずつですが『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』リマスター盤の詳細が 判明して来ましたね。
管理人様、ひとまず御予約おめでとうございます!
私は デラックス・エディションの日本盤を購入する予定にしています。価格は ある程度、覚悟しております(苦笑)

本編以外の内容については、色々と賛否あると思いますが、個人的には『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』がリマスターされて再発される、その事実だけでかなり満足しています。
ウイングス時代のポールのライヴパフォーマンスを 作品丸ごとリマスターで堪能出来る。これは感動ですね。今までの アーカイヴ・シリーズを顧みても、音質の改善は問題ないと思いますしね。

これは私の妄想ですが、ウイングスを含めた ポールのライヴ音源って、かなり存在すると思っています。今後 レアなライヴ音源を集めた ライヴ・アンソロジー的な作品を オリジナルアルバムのリマスターとは 別に企画しているかも知れません。
他のアーティストは 過去のライヴ音源の蔵出しを積極的に行っていますし、ポールも今後、どの様な形態か また販売方法になるか分かりませんが、数多いライヴ音源の蔵出しをしてくれると期待しています。

未発表曲や未発表テイクもそうですが、ポールが残している音源は膨大です。確かに中には とるに足らない内容の作品もあるかも知れませんが、これらの音源をボーナスディスクで全て補うのは 難しいと思います。
なので まだまだ後に、未発表曲やライヴ音源を集めた作品が発表される、して欲しいと 願っています。まぁ 今の調子だと、実現してもかなり先になりそうですけど・・ もし計画があるなら 早く実現して欲しいですね。

そんな楽観的な考えなので、ボーナスディスクの内容が やや物足りなくても そんなに落胆してません(笑) 個人的に一番大事なのは リマスターされたオリジナルアルバムですので。

今後の新情報を 楽しみに待ちたいと思います。

2013-04-09 02:48 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。今のところデラックスは『ラム』より安くなる感じですね。日本盤は実売価格1万円前後ではないかと推測されますが、どうでしょうか?実は『オーバー・アメリカ』はマスターテープの音質自体があまり良くないという少し気になる噂もあるのですが、さてどうなるでしょうか。楽しみですね。

2013-04-09 22:13 │ from 管理人URL

いよいよリリースですね

管理人さま
いつも拝見しています。
パッケージ写真、ありがとうございました。
またまた、お宝が増えます。
Amazonからデラックス版が消えてますね。

2013-04-10 00:16 │ from うりずんURL Edit

うりずんさん
コメントありがとうございます。まさにお宝という感じですね。ワクワクします。輸入盤スーパーデラックスを注文した私はアマゾンの動きにちょっと困惑してますが…。日本盤は思ったよりも高かったですねえ~。またコメントお寄せくださいね。

2013-04-10 16:33 │ from 管理人URL

輸入盤スーパーデラックスを注文しましたが日本盤の2枚組に変わってびっくりしています。どうなってるの?
日本盤のスーパーデラックスに注文しなおすか迷っています。

2013-04-10 23:35 │ from けんURL

けんさん
コメントありがとうございます。本当にどうなってるんでしょうねえ~。たしかに今から考えれば7300円というのは少し安すぎた感は否めませんが、通常盤とアナログはそのまま残されただけに私も納得がいきません。ただあんまりイライラしても仕方ないので、私の場合日本盤と新しくアップされた輸入盤(まだ価格高過ぎですが)を両方予約しました。しばらく様子をみて、いらないものをキャンセルするつもりです。

2013-04-11 16:27 │ from 管理人URL