ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その16『ポールのゲスト作品 ①』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その16『ポールのゲスト作品 ①』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その16『ポールのゲスト作品 ①』

さて、それではこれからポールが他のアーティストの作品にゲストとして参加した曲を年代順にまとめていこうと思う。第1回は1960年代の4曲を取り上げる。

このシリーズで取り上げるのは①ヴォーカルと演奏で参加。②ヴォーカルだけで参加。③演奏だけで参加。④①~③に加え作曲でも参加。以上の各作品についてである。

1967年
(アーティスト)ビーチ・ボーイズ
(曲名)『ヴェジタブル(Vegetables)』
(収録アルバム)『スマイリー・スマイル(Smiley Smile)』
(参加形態)セロリを噛む音(パーカッションとして)

のっけから冗談のようなゲスト曲になってしまったが、ビートルズ全盛期の1967年にポールが同時代のもう一つのスーパー・グループ、ビーチ・ボーイズのレコーディング・セッションに参加していたこと自体が驚きである。ビートルズ、中でも特にポールがビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』に触発されて名作『サージェント・ペパーズ』の制作へとつながった話は有名だが、『ペット・サウンズ』に続くアルバム『スマイリー・スマイル』でのポールのゲスト参加は歴史的事実としても非常に興味深い。
ちなみに曲中のセロリを噛むシャキシャキ音はかなりはっきりと聴こえる。たしかにパーカッション的な役割を立派に果たしているといえるし、発想も非常にユニークで面白いと思う。

参考:
『ヴェジタブル(Vegetables)』(iTunes)icon
『スマイリー・スマイル(Smiley Smile)』(SHM-CD)
『ペット・サウンズ』(SHM-CD)

1968年
(アーティスト)ジェームス・テイラー
(曲名)『思い出のキャロライナ(Carolina in My Mind)』
(収録アルバム)『ジェイムス・テイラー(James Taylor)』
(参加形態)ベース

ジェームス・テイラーがイギリスのトライデント・スタジオでデビューアルバムのレコーディングをしていたとき、折しも同スタジオでビートルズが『ホワイト・アルバム』を録音中であった。おそらく当時アップル・レコーズと契約していたという縁故もあったのだろう、ポールが友情出演のような形でベースを弾いている。また、クレジットはされていないがジョージもコーラスで参加しているという。そしてアルバムのプロデュースはピーター&ゴードンのピーター・アッシャーだ。のちに世界的な成功を収めることになるジェームス・テイラーだが、アップル・レコーズとの契約がこのデビュー・アルバム1枚のみに終わってしまったことは少々残念ではある。

参考:
『思い出のキャロライナ(Carolina in My Mind)』(iTunes)icon
『ジェイムス・テイラー(James Taylor)』(CD)

1969年
(アーティスト)ザ・フォアモスト
(曲名)『Rosetta』
(収録アルバム)アルバム未収録シングル
(参加形態)ピアノ

かつてブライアン・エプスタインがマネージャを務めたリバプール出身のグループであり、その活動初期にはレノン・マッカートニーの曲を提供されていたザ・フォアモストの『Rosetta』という曲でポールがピアノを弾いている。だが、この曲自体がシングル発売のみであり、ベスト盤などにも収録されていなことから、現在ではこの曲の入手は非常に困難であると思われる。

1969年
(アーティスト)バッド・フィンガー
(曲名)『ロック・オブ・オール・エイジス(Rock of All Ages)』
(収録アルバム)『マジック・クリスチャン・ミュージック(Magic Christian Music)』
(参加形態)ピアノ

リンゴが出演したことでも有名な映画『マジック・クリスチャン』のサウンド・トラックにはポールが共同プロデューサーとしても名を連ねている。が、その中の1曲『Rock of All Ages』でポールがピアノを弾いている。このアルバムにはのちに『ビートルズ・アンソロジー』にも収録された有名曲『カム・アンド・ゲット・イット』も収められている。しかし、それにしてもバッド・フィンガーの曲は今聴いてもメロディアスでいい曲が多い。なぜもっと売れなかったのか不思議に思うほどだ。

参考:
『ロック・オブ・オール・エイジス(Rock of All Ages)』(iTunes)icon
『マジック・クリスチャン・ミュージック(Magic Christian Music)』(CD)

というわけで1960年代のゲスト作品に関してはわずかに4曲という結果となった。ひょっとしたらまだ他にもポールが参加した作品が存在するかもしれないが、1960年代にかぎっていえばポールはビートルズ一筋だったという言い方をしても差し支えないだろう。それはポールがヴォーカルとして参加した作品が1曲も含まれていないことからも容易に推測できる。ポールはビートルズをとても大切にしていたのだ。グループ内に亀裂が入り始め、個々の活動が目立つようになった60年代末期でさえ、グループ以外での公な活動を最も控えていたのは実はポールであった。



コメント
非公開コメント

お邪魔いたします。 のっけから読みごたえがありますね、この記事。

ビーチ・ボーイズの 「スマイリー・スマイル」 は、のちに近年完全版が出るに至るまで、紆余曲折した象徴みたいなアルバムでしたけど、この中で 「頭がハゲになっていく」 という曲があるのですが(笑)それがテープ回転のトリックなのか、だんだんとヴォーカルが甲高い声(たとえて言えば 「帰ってきたヨッパライ」)になっていく部分があって。 これって 「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」 のオーケストラに似た発想のような気がします。 どっちが先か、というと、ビーチ・ボーイズなのかな~。

「ヴェジタブルズ」 は確かにかなりオンマイクでシャキシャキ音が録音されてますよね。 「ポールが野菜をかじってる」 というのは、のちにヴェジタリアンになるポールの前兆的行動だったかも?(笑)

なにしろビートルズ時代のポールの食べ物の好物って、確かチキンのなんとかかんとかとか?(笑)だったですからねー。

2013-03-07 12:44 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。私自身やってみると意外と面白いなと感じています。調べるのがちょいと面倒ですが(笑)。気長にお待ちください。「帰ってきたヨッパライ」古いですな~(笑)。個人的にはあまり好きではないんですが、ビートルズに影響を与えたビーチ・ボーイズはやはりすごいですね。

2013-03-08 09:18 │ from 管理人URL

60年代はアップル関係の参加が多いようですね。
ビーチボーイズもバッドフィンガーも大好きなのですが、特に ジェームス・テイラーは 個人的に大のお気に入りアーティストです。

ジェームス・テイラーは 決して美声ではないですけど 心をふんわりと包み込む とても優しい歌声をしていますよね。
ライヴでのジョークを交えたMCや その微笑みをたたえた佇まいも含めて とても癒し系な人だなと 少々ピント外れな印象を当初は抱いていましたが、彼の生い立ちや私生活を知ると 決して平穏な人生では無かった事、精神に大きなダメージを負っていた時期もあった事を知って 大きな試練を克服した人たけが醸し出せる優しさや それに基づいた楽曲の魅力に気付き、さらにファンになりました。

ポールが参加した「思い出のキャロライナ」のアップルバージョンは 最近になってやっと聴く事が出来ましたが、アメリカに移ってから再録したバージョンと比べると 女性コーラスやストリングスが配されて 賑やかな印象を受けましたね。でもジェームス・テイラーの声は もうすでに 完成されているというか 皆が知ってるあの声ですね。

ジェームス・テイラーは シンガーソングライターとして数多くの名曲を世に送りましたが、ジャズやAOR、ソウルやブルースなど非常に幅広い音楽性を持ち合わせているので とても聞き応えがあります。もちろん歌詞も味わい深いです。私は感化されやすいのか 歌詞を読んで共感した事も多いです。
もし あまり聴いた事がない方がいらっしゃったら 是非聴いてみて頂きたいです。

ポールとジェームス・テイラーは アップルが縁となって 今でも交流はあるようですね。
最近の若手ミュージシャンやプロデューサーとの活動も含めて 改めてポールの幅広い交友関係はスゴいですね。

2013-03-09 01:55 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。テツさんは聴く音楽の幅がほんとに広いですね。私などとは大違い(笑)。ただジェームス・テイラーの雰囲気は私も大好きです。お金に余裕ができたら集めてみたいアーティストの一人ですね。

2013-03-09 16:49 │ from 管理人URL