古いCDを生かす - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 未分類 » 古いCDを生かす

古いCDを生かす

昨今のリマスターブームを見てもわかるように、CDの音は最初に言われていたほど最高の音でもなければ、半永久的な価値を持つものでもないことが判明した。こう考えてみると、アナログ・レコード盤からCDになってよかったことといえば、レコード針のプチプチ音がなくなったことぐらいのものである。

「CDは最高レベルの音質を半永久的に楽しむことができる。」表現の違いこそあれ、CD発売初期に一般人の頭にインプットされた宣伝文句がこれである。つまり一度CDを買ってしまえば、もう二度と同じレコードは買う必要がないと僕たちは信じ込まされたのだった。これを聞いて、素直な僕は好きな作品がCD化されると、後先を全く考えずにせっせと買い込んだものである。CDの発売から最初の10年間ぐらいはそんな感じで200枚を超えるCDを買い集めていた。それは音楽が好きな僕にとって必要な投資なのだった。今から考えると、レコード会社の戦略にうまいこと乗せられたものだと思う。

そんなわけで、僕が持っているポールやエルトン・ジョン関係のCDは、そのほとんどがいわゆる第一世代のCDばかりである。最初の頃は値段も高く、プラケースの裏側を見ると3200円から3500円ほどの値段が書かれていたものが多い。CDは最初高級品だったのだ。しかしながら、そうやって高い金を払って買ったCDほど、今考えれば音が悪かったというのも皮肉な話ではある。特に音圧が低すぎるというのはもう救いようがないほどで、初期のCDを聴いたあとに続けて最近のCDをかけると、同じヴォリュームのままなのにバカでかい音がスピーカーから流れ出すというはめになる。僕の場合そのような経験を何度か繰り返してゆくうちに、古いCDはいつの間にかだんだんと聴く回数が少なくなってしまったように思う。

ところがその反動からなのか、その後CDの音圧は上がる一方というもうひとつの対極へと走ることになってしまった。そして結果的に、今度は音圧がバカ高過ぎてダイナミックレンジのない単調な音のCDを量産するという状況が生まれてしまったのだった。一方からもう一方の対極へ…。これに付き合わされ、振り回された消費者はどえらい迷惑だったと思う。

ともあれ、それら負の遺産の反省を踏まえ、いわば中道をゆくアナログの音に近いリマスターCDが再生産されているというのが今現在の状況といえるのではないだろうか。そういう意味でも2009年のビートルズリマスターが果たした役割、意義というものは、一般に考えられてるよりもはるかに大きいものがあったと個人的には考えている。2009年こそが本当の意味でのCD元年だったのかもしれない。

さて前置きが長くなってしまったが、そんなわけで我が家でも音圧の低い、古いCDはいつの間にやら押入れの奥にしまい込まれるという悲惨な状況になってしまっていたのだった。だが昨年の暮れあたりから、このまま古いCDを眠らせたままにしておくのはもったいないという思いが頭をよぎり始めた。もしこれらのCDの音圧をある一定のレベルに引き上げることができたなら、また以前のように古いCDを楽しむことができるようになるのではないか。僕はそう考えたのである。

そうして自分なりに調べた結果、CDのままで音圧を上げるということはできないが、MP3に変換した音楽ファイルを一定の音圧レベルに自動調整してくれるパソコンソフト(音量均一化ソフト)が存在することがわかったのである(これをノーマライズという)。僕は今音楽をほとんどMP3プレーヤーを通して聴いているので、これはなんとかなるかもしれないということになった。

こうして年末年始は僕の仕事が増えた(笑)。僕はたくさんの古いCDを押入れから引っぱり出し、MP3に変換し、さらに音量(音圧)を一定化させる、という作業を繰り返していた。ノーマライズのソフトはMP3Gainというソフトを使用した。このソフトは特に音圧が低いCDに大きな効果を発揮すると思う(逆に音圧が高いほうのCDは思ったほど音圧が下がらないように感じる)。ともかくおかげでたくさんの古いCDが息を吹き返し、再び音楽を聴く楽しみが増えたのである。これは自分にとって予想以上に大きな収穫だったので、こうして記事にして読者の方々にもお伝えするのである。興味のある方は参考にしていただきたいと思う。そして今さらながらしみじみ感じるのは特に70年代、80年代はいいアルバムが多かったなぁ~、ということ。何の誇張もなく、死ぬまで聴き続けられる音楽が今の僕にはたくさんある。あんなすばらしい時代に自分が青春時代を過ごせたのは本当に幸せだったと思うのである。

参考:
MP3Gain
懐かしの名盤:『南から来た男』
懐かしの名盤:『ブレックファスト・イン・アメリカ』
懐かしの名盤:『幻想飛行』


コメント
非公開コメント

そうですね、私がCDを買い集める様になったのは、まだ中学生だった1980年代の後半でした。
ちょうどCDが普及し始めた頃で、そこからCD需要の最盛期を経験し、今は リマスターで音質が改善されたCDを買い直す日々… と CDと共に 学生時代から現在まで過ごした印象がします。私はアナログの音は知らないのです…

確かに昔はCD1枚で3200円、2枚組だと5000円もしましたよね。
学生時代は 酒や煙草もギャンブルもせず、バイト代はCD代とバイクや部活、そして残りは生活費に注ぎ込んでいました。

昔はCDの音圧に かなり開きがありましたね。特にポールの作品は音圧が低かったです。未だに 全ての作品の音質や音圧が統一されていない現状には 忸怩たる思いがいます。アーカイヴシリーズの 早期 完結を望みたい所ではありますね。

今は音圧を統一するソフトがあるんですね。興味はありますが、細かい音質はどうでしょうか?もちろんリマスターする訳ではありませんから 劇的な改善はないでしょうけどね。
元の音質自体がもし悪ければ、音圧を上げても どうなのかな?って考えてしまいます。
最近は ベースやドラムスの音の輪郭がハッキリ聴こえる音質が好みになりました。その辺りがボヤけていると いくら音が大きくても物足りなく感じるのですね。

CD以外での音楽環境には、私は疎いですので 的違いな質問かも知れませんが 、興味がある所ではあります。

2013-01-14 02:42 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。音圧を上げるソフトですが、個人的にはかなり良いと感じています。たとえば僕が持っているポールのCDで最も音圧が低くて困っていたのが『タッグ・オブ・ウォー』だったのですが、これはソフトを使うことで他の曲と何の違和感もなく聴けるようになりましたね。たしかに音質自体が改善されるわけではないのですが、実際音圧を上げて聴いてみるとそれほど悪い音じゃない、なんて思ったり。このあたり感じ方も人それぞれだと思いますので、ヒマがあれば試してみればよいのではないでしょうか。だいたいMP3にする時点で、音質は低下してるんですけどね(笑)。

2013-01-15 09:57 │ from 管理人URL

デジタル音痴の私も参入いたします(笑)。

この頃iPodとかよーやく買おうかなーなどと考えている私ですが、前にもお話したと思うけど、圧縮された音源って、なんかどうもごまかされているみたいで踏ん切りがつかず…。 ただ愛車にiPod接続可能とかやられると、どうしてもCD入れ替えの煩わしさから解放されたく思ってくるもので。 それでも音圧がバラバラだとシャッフルも容易にできないですよね。

それにしても 「タッグ・オブ・ウォー」、私CDで持ってないんですが(こういうの多い…笑)、レコードで出された当時は 「デジタル録音だからいくら音量を上げても音が素晴らしい」 とか煽り文句に乗せられて、大音量で聞いてましたよ(これ、ビリー・ジョエルの 「ソングス・イン・ジ・アティック」 も同じで)。

その癖が抜けなくて、今でもこのレコードをかけるときは、大音量で聴いてます(笑)。

2013-01-18 10:04 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。なんでもそうですが、あれこれ悩んでいるのは最初のうちだけでしてね。思い切ってやっちゃうと、「なーんだ、こんな事ならもっと早くやっておけばよかった」と思うかもしれませんなあ。まあとにかく便利なのはまちがいないので、ぜひ。

2013-01-18 18:38 │ from 管理人URL