“Cut Me Some Slack” スタジオ・ヴァージョン - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのニュース » “Cut Me Some Slack” スタジオ・ヴァージョン

“Cut Me Some Slack” スタジオ・ヴァージョン

驚きと称賛をもって迎えられたニルヴァーナの再結成。それがたとえ一夜限りのものだったとしても、そのリード・ヴォーカルのセンターポジションに我らがポール・マッカートニーが立つなどとはいったい誰が予想したであろうか。しかも新曲をひっさげての登場であり、曲はあまりにも強烈なハードロックである。①古い曲でお茶を濁さない、②ファンの予想を見事に裏切る。これこそポールの真骨頂であり、僕は久々に胸のすくような思いがしたのであった。この突然のクリスマスプレゼントに対して、まずはポールに「ありがとう」の言葉を贈りたい。(尚ポール+ニルヴァーナはコンサート後アメリカのサタデー・ナイト・ライヴという番組にも出演し、同曲を演奏した)

さて、この曲は今やポールファミリーの一員とさえいえるデイヴ・グロールが監督を務めた音楽映画『サウンド・シティ』の挿入歌としてポールがニルヴァーナの3人と共作・録音した正真正銘の“新曲”である。ポールはヴォーカルだけでなくなんとリードギターも担当。ポールが抱える一風変わったギターの入手経緯なども気になるところだ。なお映画はロサンゼルスのレコーディングスタジオ「サウンド・シティ」の歴史を綴ったドキュメンタリー・フィルムということでポールは出演していない。

soundcity.jpg

とりあえず映画のことはそっちのけで、まずはスタジオ・ヴァージョンをお聴きいただきたい(期間限定かもしれないのでお早めに)。

http://www.youtube.com/watch?v=jBd9330h9kI

まあこれまでいくつかの例外はあるとしても、ここまでバリバリのハードロック路線はポールにしては非常に珍しいことである。しかも完成度は相当に高い。ポールはこの曲を完全に自分のものにしているし、やはり一流グループの演奏というものは高い緊張感とオリジナリティを併せ持っているものだなあとひどく感心してしまった次第。ポールのバンドならばまた違った音になったことであろう。

さて、この曲は早くもiTunesで購入可能である(スタジオ・ヴァージョン、200円)。また先日の12-12-12チャリティコンサートのライヴ盤も12月19日からiTunesで購入できるし、CD(海外盤)は2枚組で1月15日発売予定だ。価格は高いものではないし(CDは1200円台)、収益の一部はハリケーンサンディ被害のために使われるので買えればそれに越したことはないだろう。以下を参考にしていただきたい。
※発表されたCD、iTunesでのポールの収録曲は『へルター・スケルター』1曲のみのようなのでご注意を。

参考:
Cut Me Some Slack (iTunes)
icon12-12-12 the Concert for Sandy Relief (iTunes 24曲収録)icon
12-12-12 the Concert for Sandy Relief(US盤CD2枚組)


30日間返品送料無料!アマゾンで服を買おう!

コメント
非公開コメント

えー、今月アタマに入院してしまいまして、とんだ御無沙汰をいたしました。 無事生還いたしました。
椎間板ヘルニアで手術。 2週間寝たきりだったのでかなりつらかったですぅ~。
それに比べて我らがポールは、相変わらず頑張っているようですなァ。
ニルヴァーナって、確かポールの娘さんのなかのひとり(かジェームズか)がファンだったとかいう記憶があるのですが、個人的には全く興味外。
それにしても 「キス・オン・ザ・ボトム」 の番外編とも言えるポールの今年のクリスマス・ソング。 入院中にラジオでよくかかりましたよ~。 すごいいいっスね、あれも。

ではでは、管理人様、そしてこのサイトのゲストの皆様、よいお年をお迎えくださいませ…。

2012-12-31 15:15 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。なんと入院されていたのですね。でも正月を自宅で迎えられてよかったですね。今年も大変お世話になりました。お身体お大事にされてください。来年もよろしくお願いいたします。

2012-12-31 17:06 │ from 管理人URL

ご挨拶が 遅くなりましたが、新年 明けましておめでとうございます。
昨年は管理人様、そして皆様には 色々とお世話になりました。
本年も とうぞ宜しくお願い致します!

そして橋本リウさん、お身体の具合はどうでしょうか?あまり無理なさらない様にして下さいね。

私も 何かと慌ただしい年末年始を過ごしていましたが、お陰様で 元気に過ごしています。
ポールとニルヴァーナが共演している この曲、とても良いですね。まだまだポールがロック出来る事が確認出来ましたし、貪欲に色んなアーティストと共演して 自身の新境地を開いているポールには ほんとに頭が下がります。

先日の「12ー12ー12ーチャリティーコンサート」の模様を 動画サイトで確認しましたが、ポールのパフォーマンスは素晴らしかった! 全てのポールのライヴを観てるわけではありませんが、確実に近年の中でもベストと呼べる内容のライヴパフォーマンスだったと思います。よく声も出ていましたしね。

他にも出演していた大御所アーティストの面々も 素晴らしい内容のパフォーマンスを披露していたので、ポールも触発されたのかも知れませんね。
残念なのは ライヴ・アルバムに ポールのパフォーマンスは1曲しか収録されていない事ですね。とても素晴らしい内容なだけに 勿体ない!

今年もポールには 色んな感動を与えてもらえる期待が膨らみます。
また こちらを通じて皆様と一緒に 音楽の話や ポールを応援出来ればと思います。

2013-01-14 01:59 │ from テツURL

テツさん
今年もよろしくお願いします!2013年も引き続きポールはファンを喜ばせてくれそうですね。一緒に応援していきましょう。

2013-01-14 16:46 │ from 管理人URL

管理人様、どうもどうも新年の挨拶が遅れまして…。 今年もなにとぞよろしくお邪魔させてくださいませ。
今年もバシッ!とやっちゃってください(なにを?…笑)。
ポールももう11年もご無沙汰なんですから、バシッ!と日本に来てですねー(管理人様は来日ライヴには興味なしみたいですが…笑)。

しかし本業以外の活動が目につきますね、ポール。
本業って、もちろん新アルバム(オリジナルのね)のリリースですよ!(笑)
私としては、ポールのサージェント・ペパーズとかヴィーナス&マースとか。 ゴージャスなの。 混沌としてるの。

それと、テツ様、ご心配いただき誠に恐縮です!
仕事を再開して、病気も再開しそうですけど(笑)。

このところクタクタでなかなかコメントを差し上げられないのが残念です。
や、ウザいのがいなくてい~かな~(笑)。

2013-01-18 09:55 │ from 橋本リウURL

リウさん
仕事が再開できるまで回復されてなによりです。どうぞ無理をなさらないように。健康第一ですね。お互い気をつけたいものです。ウザーいコメント待ってますよ(笑)。

2013-01-18 18:32 │ from 管理人URL