ポールの曲: 『ヴァレンタイン・デイ(Valentine Day)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『ヴァレンタイン・デイ(Valentine Day)』

ポールの曲: 『ヴァレンタイン・デイ(Valentine Day)』

ポールがビートルズ時代にやりたくてもやれなかった事とは何だったのだろうか。実はそれを知るのは比較的簡単である。というのも、もしそれが知りたければ単純にビートルズ解散直後の作品群を聴いてみればよいからだ。名声を確立した偉大なるロックバンドの一員という制約を離れ、自由な空気の中で作られた音楽の中にこそその答えがあるはずである。
僕自身はファースト・ソロ・アルバムの『マッカートニー』から4枚目の『レッド・ローズ・スピードウェイ』ぐらいまでにその答えがあると思っている。実際それらのアルバム、そしてその時期のシングル盤には、おそらくポールがビートルズではやりたくてもやれなかったであろう音楽がたくさん聴ける。

端的に言えば、「甘ったるいバラード(僕に言わせれば甘美なバラードだが)」、「インストゥルメンタル・ナンバー」、「即興的な作品」、「荒削りな作品」、「形にこだわらない作品(なんでもあり)」なんてことになるだろうか。

中でもインストゥルメンタル・ナンバーについては、ポールはソロ第1作の『マッカートニー』からいきなり13曲中5曲も収録してしまうという極めて興味深い傾向を世に示している。ビートルズが全活動期間中にインストゥルメンタル・ナンバーと呼べる曲をたったの1曲(『フライング』)しか残さなかったという事実を考えれば、ポールの意外なインストゥルメンタル志向が当時のファンに与えたインパクトはかなり大きなものであったと推察される。だが少なくとも同時代をビートルズと共に生きた世代のファンたちにとってはそれは必ずしも歓迎されるべき類いの変化ではなかったにちがいない。なぜなら、当時のファンはポールにただ偉大なるビートルズ・ミュージックの再生産、ビートルズ伝説の後継者としての活躍、もしくはそれに準ずるものを期待していたからだ。

しかし、僕のように物心ついたときにはビートルズがとっくの昔に解散していた…というようなファンにとっては、事はそれほど重大ではなかった。僕はポールを聴き始めたその初めからインストゥルメンタル・ナンバーはポールの音楽性の重要な部分だと認識していたし、なによりもソロ活動がビートルズの続きという感覚自体がなかったのである。ビートルズはビートルズだったし、ポールはポールだったのだ。僕は初めから2つを分けて考えていた。ちなみに僕はポールが作ったインストゥルメンタル・ナンバーのほとんどが大好きである。

冒頭からいろいろと書いてしまったが、ともかくポールが当時最もやりたかった事の一つがインストゥルメンタル・ナンバーへの試みであったことだけはまちがいないだろう。今日取り上げた『ヴァレンタイン・デイ』も、そんなポールの新境地を示す小品の一つである(ポールがこの曲をアルバムの3曲目に持ってきたことはそれだけで注目に値する)。

ポールはこの曲をスチューダー製のマルチ・トラック・テープレコーダー(4トラック)を使用して自宅スタジオで録音したという。『ラヴリー・リンダ』や『ママ・ミス・アメリカ』などと同じく、この曲もどちらかといえばレコーディング機材のテストを兼ねたアドリブ録音だったといわれている。が、『ラヴリー・リンダ』はともかくとして、テストでこれだけの作品を作ってしまうポールの才能にはただただ驚くのみだ。

もちろん演奏はすべてポール。わずか2分にも満たない曲だが、ポールの類い稀なる音楽センスを感じさせる作品となっている。ポールの曲にしてはかなり暗めというか、硬派な雰囲気が漂っているのだが、それがこの曲をまた特別なものにしている。この空気感はこの時期独特のものだろう。僕らがよく知っている、音楽をただひたすら楽しむ底抜けに明るいポールとは違い、真顔で真剣にレコーディングに取り組んでいる彼の姿がなんとなく目に浮かんでしまう。ちなみに曲のタイトルはレコーディングがヴァレンタイン・デイかその前後に行なわれたために付けられたのではないかと思われる。

ポールが一人で多重録音を行なうときには、まず初めにドラムスもしくはアコースティックギターでベーシック・トラックを作り、そこに次々と他の楽器やヴォーカルを重ね合わせてゆくのだそうである。まさにシロウトには気の遠くなりそうな作業であるが、ポールがどのような作業工程を経て一つ一つの曲を仕上げたかを想像しながら『マッカートニー』や『ケイオス・アンド・クリエイション』、『メモリー・オールモスト・フル』などのアルバムを聴くとまた新たな発見などもあるかもしれない。

参考:マッカートニー(スーパー・デラックス・エディション)


コメント
非公開コメント

ひ~、やっと管理人様の最新記事がアップされたのでさっそくコメントいたします。 お待ち申しあげておりました(こちらのウザさは平にご容赦…)。

ただ、「ヴァレンタイン・デイ」 と言われて急に 「あの曲か」 と思い出せないのがご愛嬌で(笑)。 「きっと何かが待っている」 の次の曲、あるいは 「エヴリデイ」 の前の曲、と想像したらわかりました(笑)。 やはりインストの題名はピンとこないかなぁ。

この曲って、なんとなく西部劇っぽいですよね。 要するにカントリー&ウエスタンが土台にある気がするんですが、ブルースのフィーリングも混じっている。
チョーキングで1本の弦をぐいぐい言わせながら、隣接する別の弦と同じ音に近づけると、このような不協和音が奏でられるのですが、その面白さにこだわって作られているようなインストだと思います。 「アナザー・ガール」 のころから、ポールのリード・ギターというのは、チョーキングが大好きで(笑)。

それにしてもポールの多重録音の話は興味深い。

私も昔はカセットでやりまくったものですが、いちばん最初はギターもしくはピアノを弾きながらのガイドヴォーカルがないと、かなりやりにくいですよ。 ドラム(ギターの腹をポコポコ叩く程度でしたが…笑)も、あとからでないと何小節目か分からないし、ブレイクのタイミングも分からないですからね。 計画性がないとドラムスから多重録音を始めるというのは、不可能に近い気がします。

でも、「燃ゆる太陽のごとく」 とか、ドラムス2発!から始まってるしなぁ。 あれは最初のカウントみたいなものだから、ドラムスから録音したんだと思うんですよね。 ん~。

2012-11-06 08:22 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。いつもながらテクニカルな解説もどーもです。どうやらポールはドラムスを先に録音のパターンが多いようです。すごいですよね。デヴィッド・スピノザは、「ポールは初めから曲をどんな風にするのかが頭に入っているようだった」と語っていますが、まさにそんな感じなんでしょうね。私はこの曲を聴くと、なぜか森の中をイメージしてしまいます。

2012-11-06 22:36 │ from 管理人URL

「ヴァレンタイン・デイ」

とても渋い選曲をされましたね!
冒頭の管理人様のコメントでもありましたけど、『マッカートニー』から『レッドローズ・スピードウェイ』あたりが、ポールがビートルズでは出来なかった音楽を 積極的にレコーディングしていた時期だったというのは 私も同感です。
ポールに限らず、ジョンやジョージ、リンゴも同じ事が言えますよね。70年代の前半は どのメンバーのソロアルバムも大変個性的で ビートルズでは聞けなかったであろう楽曲が 沢山聞けますね。

そんな中で ポールはインストゥルメンタル曲を ソロになって ビートルズ時代よりも多く発表する訳ですが、初のソロ・アルバムに収められた「ヴァレンタイン・デイ」 管理人様は かなり評価されていましたが、私個人的には やはり機材のテストを兼ねた 軽いリハーサルという印象しかありませんでした。
曲と表現するのもどうかと思うぐらい、ポールは 思い付いたフレーズを軽くギターで弾いているだけで終わってしまう簡素な曲で、ポールなら多重録音でも これぐらい朝飯前でやるよねって印象しかありませんでしたね…
ブルースを基調にしている様に思うのですが、ドラムスはバタバタと早急に叩いている印象ですし、当初はアルバムに収録するとか曲としての完成度なんて一切考えず 本当に機材のテストとして、ただ気持ち良く演奏していただけでは ないでしょうか。

以前に「ラヴリー・リンダ」の記事で コメントさせて頂いたのですが、個人的に『マッカートニー』というアルバムは、ポールがリンダに捧げた プライベート色が強い作品集だと思っているのですけど、「ヴァレンタイン・デイ」も題名がついた経緯なども含めて レコーディングされた時期に ポールとリンダにしか分からない、とてもプライベートな思い出があったのかも知れませんね。その思い出をアルバムとして刻む為に わざわざ「ヴァレンタイン・デイ」を収録したのだと 推測しています。
「ヴァレンタイン・デイ」は ポールとリンダのプライベートな思い出に想いを馳せる曲として 私は楽しんでいますね。



2012-11-08 00:02 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。たしかにポールのドラムスってバタバタ、ドタドタって感じですよね。若い頃はやっぱり本職じゃないからなあ、とヘタクソなイメージでしたが、自分が年を取るにつれポールが叩くドラムスがどんどん好きになってます(笑)。これは記事でもいつか書いてみたいんですが、なんか粘り付くような不思議な味がありますね。また数は少ないんですが、映像で見るポールがドラムスを叩く姿(映像)がとてもかっこいい。もっと出し惜しみせず見せてほしいと思いますねえ(笑)。

2012-11-08 17:28 │ from 管理人URL

こんばんは!僕も、この曲は好きですね、てか「マッカートニー」自体大好きですが。このアルバムを愛してこそのマッカファンだと思う、いわば
踏み絵みたいな存在ですね(笑)。この中途半端具合が絶妙なおかげで、全く飽きないという通俗的な価値観が通用しないマッカの巨大な才能には毎度ため息が出ます。「シークレットフレンド」「グッドナイトプリンセス」等等、インストも幅が宇宙的。全くこの人は・・・!

2012-11-08 21:01 │ from マック小僧URL

マック小僧さん
コメントありがとうございます。おっ、渋いところきますね。『シークレット・フレンド』は私の数少ない???の曲ですが、『グッドナイト・プリンセス』は隠れた超名曲と思ってます。おそるべしポール・マッカートニー・・・。

2012-11-09 19:57 │ from 管理人URL