ジョンの手紙を集めた本が発売中 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ジョン・レノン » ジョンの手紙を集めた本が発売中

ジョンの手紙を集めた本が発売中

ジョンはその生涯にかなり多くの手紙や葉書を書いたそうであるが、今年の彼の誕生日(10月9日)に約250通の現物写真とその内容を活字に起こした本が発売されたということで、簡単にその内容について紹介しておこうと思う。

本のタイトルはズバリ“The John Lennon Letters”。まさに読んで字のごとくだ。

Lennon-Letters-001.jpg

Lennon-Letters-005.jpg

Lennon-Letters-004.jpg


著者はビートルズ関係の伝記等でもおなじみのハンター・デイヴィス。そして特筆すべきは、この本が単なる企画ものではなく、ヨーコさんご自身の許可を得たものであるということだろう。さしずめジョン版のアーカイブ・コレクション番外編といったところか。もし同じ主旨の本がポールの手紙をもとに発売されるなら、僕はまちがいなく買うだろう(笑)。

すでに日本でも洋書であれば購入可能だが、どうせなら手紙の内容も知りたいところだろうから、英語が苦手な方は日本語翻訳版の発売まで待つのがよいのかもしれない(少し調べたがまだ日本語版の情報は見つからなかった)。また洋書はペイパーバックでも発売されるようだが、この手の本はハードカバーで買ってこそだと思う。以上ご参考までに。

参考:
The John Lennon Letters(洋書/ハードカバー)


コメント
非公開コメント

ジョンの手紙を紹介した書籍が発売されたのですね。
ジョンは 時に辛辣な時もありましたが、とてもナイーブな一面もあったそうなので、プライベートの手紙では 我々がまだ知らない ジョンの優しさや人間味溢れる彼の素顔を垣間見れる事が出来るのではないでしょうか?
日本語訳の書籍が発売されたら、ぜひ読んでみたいです。

そろそろ年末も近づいて クリスマスシーズンに向け 様々な作品が今年も発売されますが、今年はジョン関連の音源や映像作品は発売されない様子ですね。
レコードデビュー50周年の記念すべき年ですが、ヨーコさんも あまり関心がないのかな…

そんな中で 先日 ボブ・ディランの新作『テンペスト』を購入したのですが、収録曲の最後に「ロール・オン・ジョン」 というジョンについて歌った曲が収録されていました。
ジョンの人生をふり返りながら 彼の死を悼み、またジョンに戻って来て欲しいと歌われる とても心に残る素敵な曲でした。

ディランもレコードデビューから50年が経って その記念すべき年に新作を発表したのですが、同じく記念すべき年を迎えながら すでにこの世を去ってしまった僚友に向けて曲を作ったディランに対しても 私は感動してしまいました。

「ロール・オン・ジョン」を聴いていると もうジョンはこの世にいないという とても切ない現実を再認識すると同時に ジョンをいつまでも忘れずに 愛情を持って曲にして 歌い継いでくれているディランの優しさや心意気に、嬉しさで なんとも言えない気持ちになりますね。

ジョン、ジョージ、天国に行くのは早すぎましたよね。改めてそう思います。

2012-10-18 23:31 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ジョージとは違い、ボブ・ディランはジョンとはほとんど個人的な交流がなかったと記憶しています(ちがってたらごめんなさい)。にもかかわらず、今になって彼のことを歌にするというのはなんとなく彼らしいなと思ってしまいますし、やっぱりすごい人ですよね。

2012-10-19 21:13 │ from 管理人URL