ビートルズ・リマスター日記 - 36   ビートルズ・リマスター・アナログ盤のリリースが決定 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 36   ビートルズ・リマスター・アナログ盤のリリースが決定

ビートルズ・リマスター日記 - 36   ビートルズ・リマスター・アナログ盤のリリースが決定

なんとも複雑な気分にさせられるリリースが続くものだ。ビートルズ・リマスターのアナログ盤リリースが決定した。日本盤発売日は11月14日(ブックレット翻訳、日本語解説、歌詞&対訳以外は輸入盤と同じ)。

リリースの詳しい内容についてはEMIミュージック・ジャパン(http://www.emimusic.jp/beatles/special/2012_analog.htm)のページを参照いただくとして、僕があきれてしばらく物も言えなくなってしまったのはその価格である。文字通り指をくわえて見ているしかない状態(笑)。

ボックス・セット 定価59,800円。

セットだけではなく分売もされる。
LPは1枚定価3,800円(2枚組4,800円)。

アマゾンでは今のところセット、LP単体共に1円の値引きもされていない。またボックス・セットは世界で50,000セット限定だそうである。たしかCDのときも限定とか言っておきながら、後日格安でアンコールプレスとかやってたけど…。ま、アナログプレーヤーすら持たない僕にとっては、今回のリリースは仮に購入したところで宝の持ち腐れにしかならないわけだが、この価格がいわゆるアナログ派諸氏にも容認されうるものなのかは大いに疑問の残るところである。僕は現在のアナログLP市場価格の相場というものを全く知らないので大きな事は言えないのだが、一般庶民的な感覚から言わせてもらうならこの価格は異常という他はない。まさに高嶺の花。「金のない奴は指でもしゃぶってろ」「イヤなら買わなきゃいいじゃん」とでもいうような突き放されたような感覚さえをも味わってしまうのである(貧乏人のヒガミか…)。

beatles analogbox


参考までに現在の「CDの」ボックス・セットの価格は以下の通りである。
ステレオ・ボックス・セット日本盤(CD) 定価35,800円。アマゾン31,941円。
ステレオ・ボックス・セットUS盤(CD) 定価不明。アマゾン16,675円。

特別アナログにこだわるというのでなければ、今やUS盤の16,675円という価格は最高にコスト・パフォーマンスが高い商品といえるだろう。なんせ今回のアナログ・ボックス・セットと比較すると、これを3セット買ってもまだ1万円もおつりが来てしまうのだから。高い日本盤でさえ約2セット買える計算になる。そして、もっと重要なことはアナログであろうとデジタルであろうと、それは『同じビートルズの音楽』に変わりないということである。あまり目先にこだわりすぎると大切なものを見落とすはめになる。ゆえに「音楽は絶対にアナログしか聴かない」という人々を除いて、当ブログではこの商品の購入はおすすめしない。というより、ファンはこんな法外な値段で次々と高い商品を買わされてはイカンと思うのである。特に日本のレコード会社は消費者の足元を見る傾向があるのでなおさらのことだ。

例を挙げよう。アメリカのアマゾンで同じボックス・セットの価格は399.99ドル。1ドル80円としても約32,000円。イギリスでは299.99ポンドだから1ポンド125円として約37,500円。では日本盤の59,800円という価格はいったいどこからくるのか?ということになるのである。あとは各自お考えいただきたい。というわけで、僕は見るだけで終了~(笑)。

参考:
アナログ・ボックス・セット日本盤(LP)

ステレオ・ボックス・セット日本盤(CD)
ステレオ・ボックス・セットUS盤(CD)

コメント
非公開コメント

こんばんは。久々にコメントさせていただきます。ちなみに僕もアナログは買いません。CDで十分です。っちゅーか僕はすでに来年リリースされるであろうポールの新作と次のアーカイブコレクションに目を向けています。よそ見なんかしてられません!‥と言いつつ「マジカル」のデラックス・エディションは早々に予約してしまいましたが(苦笑)。

2012-10-02 23:40 │ from りゅうURL

りゅうさん
コメントありがとうございます。私と同じですね(笑)。マジカルの感想などまたお待ちしてます。

2012-10-03 12:30 │ from 管理人URL

お邪魔します。

「ラヴ・ミー・ドゥ」 のレプリカアナログシングルが出るようですよね。 こちらは1000円とのことなので、ビンボー人にも買える価格(笑)。 さっそく予約いたしました。

どうして購入するかと言えば、この記事で取り上げられている、アナログ盤LPのプロトタイプになるのではないか、という思いがあったから。 けっして 「完全限定」 に釣られたわけではございません(笑)。 やはり2009年リマスターの音を、アナログで聞いてみたい、という欲求があるようです。

さてこのアナログLP、公式HPの内容を読んでいると、かなりカッティング(レコードに溝を掘る作業)に神経をとがらせた一品のようです。 つまり2012年の技術から、彼らの音楽の忠実な再現を目指している。 ビンボー人には買える道理がございませんが(笑)、やっぱりもともと私にとって、ビートルズの音楽というのは、針を落とした瞬間のノイズから、溝の深さからくる 「数秒先の音が聞こえる」 現象、無音状態で聞こえるゴリゴリといった摩擦音を伴ったものです。 クソっ、ビンボー人をコケにしやがって!(笑) ホントは買いたいのに!(笑)

それにしてもその完璧なカッティングで、「数秒先の音が聞こえる」 という状態が解消してるかもしれないと思うと、妙に複雑な気もしますが。

で、やはりオリジナルのレコードジャケットの大きさ、というのがやはり欲しくなるもうひとつの原因です。

私やおそらく管理人様がビートルズのアナログLPをせっせと買っていた1976年バージョンの国内盤って、ジャケットの印刷がかなり雑なような気がするんですよ。 以前にもお話しましたけどね。 発表当時のオリジナルで捨ててあるのを拾った 「ヘルプ!」 のLP。 かなり印刷がきれいで。 自分がもともと持っていたその76年版LPって、細部がかなり潰れていた。 メンバーの顔とか。

2009年のモノ・ボックスを買って、ジャケットがきれいになったことには感動したのですが、やはりCDサイズ。 「サージェント・ペパーズ」 などは、「なんか絵みたいになっちゃったな」 という気がすごくしたのですが、どうもオリジナルのサイズで見てみたい、という欲求がすごくありますね(ビンボー人は我慢しろ、といった風情ですが)。

でもこのビンボー人、アナログプレイヤーだけはあるんで(笑)。

まあその音の違いが分かるほど、耳は肥えてませんから、耳貧乏でもあるんですが…(笑)。

2012-10-13 16:12 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。「数秒先の音が聴こえる」・・・。そうそう、アナログにしか聴こえなかった音がいろいろありましたね~。リマスター盤では原音を損なわない範囲でいろいろとノイズ消し等の作業をやったそうですが、そのあたりが今回のアナログリマスターではどう聴こえるのか、たしかに非常に興味はあります。
子供の頃は大人になったら地下にオーディオルームを構え、最高級アナログオーディオでビートルズを聴くというのが夢のひとつでありました。生きているかぎりはまだ可能性はゼロではないですから、せめて最高級オーディオシステムでアナログリマスターを聴いてみたいです(笑)。

2012-10-14 01:17 │ from 管理人URL