ソロ・リマスター日記 - 34  まだまだ『ラム』リマスター その③ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 34  まだまだ『ラム』リマスター その③

ソロ・リマスター日記 - 34  まだまだ『ラム』リマスター その③

『ラム』リマスター・ボーナスディスクの収録曲は全8曲。収録時間は33分6秒と1枚のアルバムとしては若干短いと言えるが、過去記事でもお伝えした通り、僕個人はこれをボーナスディスクではなく事実上『ラム』のディスク2と位置付けている。というのも、今回のボーナスディスクは過去3枚のアーカイブ・コレクションとは比較にならないくらいレベルの高い楽曲で占められているからだ。しかも実際にレコーディングされた時期を見ても、今回はただの1曲の例外もなく1970年10月から1971年2月にかけて行われたニューヨークでの『ラム』レコーディング・セッションからのものとなっている。つまり『ラム』と全く同時期に、同じミュージシャンたちによって録音された作品ということになるのである。

1.『アナザー・デイ』
いうまでもなくポールの記念すべきソロ第1弾シングルであるが、僕はつい最近までこの曲がファースト・アルバム『マッカートニー』と同時期に録音されたものだと思い込んでいた。というのも、まさかポールの“ソロ第1弾シングル”の発売が『ラム』の発売直前までなかったなどとは思いもしなかったからである。だが実際にはこの曲は1970年10月の『ラム』レコーディング・セッションで録音され、翌1971年2月にシングルとしてリリースされた。つまりポールは『恋することのもどかしさ』のような強力なシングル候補曲が存在したにもかかわらず、シングル盤の発売についてはじっとその発売のタイミングをうかがっていたようなところがあるのだ。
そして実際シングル曲として選ばれたこの『アナザー・デイ』はまさにファンの期待を裏切らないポールらしいポップチューンだった。A面の『アナザー・デイ』のギターはデヴィッド・スピノザ、B面の『オー・ウーマン、オー・ホワイ』ではヒュー・マクラッケンがギターを弾いている。

『ラム』は一般にヒュー・マクラッケンとデヴィッド・スピノザの2名のセッション・ギタリストが参加したアルバムとされているが、実際に2人が同時にレコーディングに参加して録音された曲というのは実は1曲もない。また、ほとんどの曲でギターを弾いているのはヒュー・マクラッケンのほうである(ということを僕も今回初めて知った、笑)。ちなみにデヴィッド・スピノザがギターで参加した曲は『アナザー・デイ』『3本足』『イート・アット・ホーム』の3曲だけである。こう考えるとマクラッケンの『ラム』における貢献度は大変なものがある。まさにプロの仕事といえるだろう。

2.『オー・ウーマン、オー・ホワイ』
ポップな『アナザー・デイ』との対比が見事なカップリング曲。曲については過去記事参照。ポールの曲: 『オー・ウーマン、オー・ホワイ(Oh Woman, Oh Why)』

3.『リトル・ウーマン・ラヴ』
オリジナルはウイングス2枚目のシングルとして1972年5月に『メアリーの子羊』のB面として発表された。アナログ時代はシングル発売のみで、しかもB面ということで当時この曲の存在を知る人はとても少なかったことを覚えている(僕もアナログのシングル盤は持っていた)。隠れた名曲と言いたいところだが、正直そこまでの重みはない。まるでポールが即興で作ってしまったかのような軽いタッチの作品である。

4.『ア・ラヴ・フォー・ユー』
『ラム』のレコーディング・セッションで録音された曲だが、その後お蔵入りとなり、2003年のアメリカ映画『セイブ・ザ・ワールド』の主題歌として初めて日の目を見た作品。それまでにも海賊盤ではその存在は知られていたが、映画自体があまりヒットせず、ポールの公式作品にも含まれていなかったために、長い間埋もれたような形になっていた。今回収録されたのは「ジョン・ケリー・ミックス」という但し書きが付けられており映画で使われたものとは別ヴァージョンである。個人的には映画ヴァージョンよりはこちらのほうが声のピッチも自然でまとまりがよいと思うがどうだろうか。今後従来の映画ヴァージョン、またはそれ以外のヴァージョンが出てくるかどうかは不明である。

曲自体はポールでなければ書けないようなメロディと、ドキッとするような展開を合わせ持ったなかなかの名曲だと思う。だが、いかんせん曲の良さが今一つ生かし切れていないという印象は否めない。アレンジや曲の料理の仕方しだいでシングル候補にさえなり得る曲と思えるだけに、非常に残念な気がしてしまうのである。ビートルズ・アンソロジーでは『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー』や『ヘルター・スケルター』のような名曲でさえもがデモの段階でいかに平凡に聴こえたかを僕は思いだしていた。あのジョージ・マーティンならいったいどんな風にこの曲を仕上げたであろうか?きっと分厚いアレンジで聴きごたえのある曲にしたのではないか、などとシロウトなりに思いを巡らせたりしたのである。(続く)

参考:
『ラム』リマスター日本盤
スーパー・デラックス・エディション(4CD+DVD)
デラックス・エディション(2CD)

『ラム』リマスター海外盤
デラックス・エディション・ボックス・セット(4CD+DVD)
スペシャル・エディション(2CD)


コメント
非公開コメント

連投失礼いたします。 あまり連投しすぎて、管理人様お見落としのコメントもございますのでとりあえずご報告まで(どうも節操無くてスミマセン)。

いや~、管理人様、このところ飛ばしてらっしゃいますね~(笑)。

ここ数週間、「ア・ラヴ・フォー・ユー」 のメロディが頭から離れない橋本です。
私、この曲好っきですよぉ~。 なんでシングルカットしなかったのかと思っちゃうくらい。 管理人様のおっしゃる別ヴァージョンも、ぜひこうなると聴いてみたいものです。 最初はポールの歌いかたがオチャラケてると思ったのですが、今はこの歌い方でいい!と思ってます(蓼食う虫も…?)。

「アナザー・デイ」 は、ジョンにコケにされてしまったのがやはり曲のイメージにだいぶダメージを与えた、と感じますね。 特にこの、リマスターヴァージョンはすごい。 今まで埋もれていた音が全部聞こえる感じです。 ヘッドホンで聴くととてもよく分かりますが、ポールはこの曲、とてもいろんな音を詰め込みまくってますよね。 コーラスもいろんなとこから聞こえるし。 つまり、ソロデビュー曲として、ポールはこの曲に命をかけていた、という意気込みすら見えるのです。

「リトル・ウーマン・ラヴ」 が入っていて 「メアリーの子羊」 が入ってない理由が分からないのですが(ラムつながりなんですけどね~)、「メアリー」 のシングル盤のレコードジャケットは、アーカイヴに入れる場合はぜひとも再録してもらたいたものです。 好っきやねん。

2012-08-29 12:21 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。『ア・ラヴ・フォー・ユー』の映画ヴァージョンはミックスが違うだけで、録音は自体は同じもの?と思われます(私も持ってないのですが、You Tubeで探したらありました)。『メアリーの子羊』はおそらく『ワイルド・ライフ』のアーカイブに入ってくるんでしょうね。録音日の関係かもしれません。私もジャケットは好きでしたね。これがロッカーのジャケットかぁぁあ~!と(笑)

2012-08-30 09:16 │ from 管理人URL

LITTLE WOMAN LOVEいいですね。初期ウイングスのライブの定番でしたね。
ポールは両A面として発売したかった自信作のようです。ただ童謡をメインにするという奇策の魅力にかてなかったということでしょうか。
ベースがたしかミルトヒントンが弾いているときいたことがあります。ウイングス初のゲストミュージシャン!ポールの力の入れ方がわかりますね。

隠れた名曲といっていいとおもいます。

2012-08-30 12:22 │ from るんばURL Edit

るんばさん
コメントありがとうございます。『ラム』のブックレットにはミュージシャンとしてポール、リンダ、シーウェル、マクラッケンの4人しかクレジットされてないですね。テイクも昔のシングルと同じと思われるので、これがなぜウイングスの曲として発表されたのかは不思議ではあります。ゲスト・ミュージシャンについても『ワイルド・ライフ』のアーカイブで明らかになるのかもしれませんね。

2012-08-30 13:45 │ from 管理人URL

皆様より 少し遅れてしまいましたが、ひっそりと(?) 私もコメントを書かせて頂こうと思います。

「ア・ラヴ・フォー・ユー」は 長らく未発表だったのが 勿体無い曲ですね。
少し荒削りな録音ではありますが、曲としては充分に魅力を携えていると思います。
私は この曲と、ビートルズの「アナザー・ガール」が少し似ていると思いました。
軽快な導入部から サビの部分では一転して、メロディアスなフレーズを挟み込む辺りが よく似ていると思うのですね。
とにかく、ビートルズを解散してソロになったポールが いきなり持ち前のポップセンスを発揮した曲として なかなか興味深い曲ですよね。
1970年代初頭のジョンやジョージが この曲に付き合ってくれるなんて イメージとして思いつきませんし(苦笑)

今の段階で感想を述べるのは かなり横暴ではありますが、ポールの未発表曲って 録音状況は別として曲としての完成度が高いですよね。曲の一部が 他の曲に流用されたとか そういうのがありませんから。
未発表曲も1曲として しっかり自己主張していますもんね。ジョンの場合は 2曲の別の曲を1曲にまとめて完成させたり、試行錯誤を重ねた跡も伺える音源も多いですが、ポールの場合は 1曲を単独で作って すぐにレコーディングしている様な印象があります。
この辺り ポールの創作の秘密、凄さを垣間見る事が出来る音源が まだまだあると思いますので 今後に期待したいです。
とにかく『ラム』のボーナスディスクに収録されている未発表曲は ポールの創作力の凄さを感じる事が出来て 驚きの連続でした。
あと 曲が出来る過程を知る為の アウトテイクなど もっと聴きたかったてすけど・・ 意外に『ラム』はボツになったテイクが少ないのかなぁ・・ それはそれで スゴいですけどね。

「アナザー・デイ」はポールのソロとして初シングルだったのですね。
何かの文献で読んで 確か日本のオリコンチャートでもTOP10入りしていた様な・・(違っていたらゴメンナサイ!)それだけ世界中が待ち望んでいた シングルだったのですね。当時からのポールのスーパースターぶりが窺えます。
曲としては リンダのコーラス、第三者の事を歌った物語風な歌詞と まさしくポールならではの楽曲に仕上がりましたね。
孤独な女性を歌った歌詞は 女性の生活感がよく現れていて秀逸だと思うのですが、当時のロックを取り巻く世評から考えて 少し独特だったかも知れませんね。この辺りがジョンに皮肉られた要因の1つかも・・

とにかく『ラム』のボーナスディスクを聴くと 更にその先に、ポールのお宝がまだ沢山眠っている様で とても気になります。
アーカイブ・シリーズ自体が まだ半分も消化していないですし、期待や楽しみは膨らみますね。しかも新作も予定されているのですから・・
まだまだポールには 我々を楽しませてくれそうです。

2012-09-15 01:20 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ポールは一般に知られているだけでも、アルバム収録から漏れた曲にかなりの数の名曲・佳曲がありますよね。そんなとき私は天才と凡才との温度差というものを感じてしまいます(笑)。「なんでこれが入ってないの~??」なんて・・・。でも今となってはそのおかげで楽しみが増えたというわけです。アーカイブはこれからが本当に楽しみですね。

2012-09-15 10:01 │ from 管理人URL