ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その12『ポールが作った曲PART3』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その12『ポールが作った曲PART3』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その12『ポールが作った曲PART3』

過去2回の集計によれば、ポールは1962年のデビューから最初の20年間で約230曲の曲を世に送り出したという結果が出た(他のアーティストに提供した曲は除く)。今回は引き続き第3期(1982年~1991年、40代)に彼が発表した曲について見ていこう。

【第3期】
1『レインクラウズ』、2『タッグ・オブ・ウォー』、3『テイク・イット・アウェイ』、4『サムバディ・フー・ケアーズ』、5『ホワッツ・ザット・ユアー・ドゥイン』、6『ヒア・トゥデイ』、7『ボールルーム・ダンシング』、8『ザ・パウンド・イズ・シンキング』、9『ワンダーラスト』、10『ゲット・イット』、11『ビー・ホワット・ユー・シー』、12『ドレス・ミー・アップ・アス・ア・ラバー』、13★『エボニー・アンド・アイヴォリー』、14『アイル・ギヴ・ユー・ア・リング』、15『ウィ・オール・スタンド・トゥゲザー』、16『コアラへの詩』、17『パイプス・オブ・ピース』、18★『セイ・セイ・セイ』、19『もう一人の僕』、20『キープ・アンダー・カヴァー』、21『ソー・バッド』、22★『ザ・マン』、23『スウィート・リトル・ショー』、24『アヴェレージ・パーソン』、25★『ヘイ・ヘイ』、26『タッグ・オブ・ピース』、27『ただ愛に生きて』、28『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』、29『悲しいバット・ボーイ』、30『ノー・バリュース』、31『ひとりぼっちのロンリー・ナイト(プレイアウト編)』、32『グッドナイト・プリンセス』、33『スパイズ・ライク・アス』、34『マイ・カーニヴァル』、35★『ストラングルホールド』、36『グッド・タイムズ・カミング/フィール・ザ・サン 』、37『トーク・モア・トーク』、38★『フットプリンツ』、39『オンリー・ラヴ・リメインズ』、40『プレス』、40★『プリティ・リトル・ヘッド』、41★『ムーブ・オーヴァー・バスカー』、42★『アングリー』、43★『ハウエヴァー・アブサード』、44★『ライト・アウェイ 』、45『イッツ・ノット・トゥルー』、46★『タフ・オン・ア・タイトロープ』、47『シンプル・アズ・ザット』、48『ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー』、49『バック・オン・マイ・フィート』、50『フライング・トゥ・マイ・ホーム』、51★『マイ・ブレイヴ・フェイス』、52『ラフ・ライド』、53『ユー・ウォント・ハー・トゥー』、54『ディストラクションズ』、55『幸せなる結婚』、56『プット・イット・ゼア』、57『フィギュア・オブ・エイト』、58『ディス・ワン』、59★『ケアレス・ラヴに気をつけて 』、60★『ふりむかないで』、61『ハウ・メニー・ピープル』、62『モーター・オブ・ラヴ』、63『太陽はどこへ?』、64『ラヴリエスト・シング』、65『セイム・タイム・ネクスト・イヤー』、66★『パーティ・パーティ』、67『ザ・ファースト・ストーン』、68『アイ・ロスト・マイ・リトル・ガール』、69『グッド・サイン』

まず曲数としては全部で69曲という結果が出た。第1期の125曲、第2期の107曲と比べるとかなり曲を書くペースがダウンしたことがわかる。実際に発表された曲を一つ一つ見ていくと、それまでのポールの曲とは一味も二味も違うタイプの曲が含まれていることに気がつく。それまでのメロディアスで、親しみやすく、自然な曲調に比べ、第3期には少しひねりを利かせた、あまり“ポールらしくない”と思えるような曲が増えている。特に1986年のアルバム『プレス・トゥ・プレイ』以降はその傾向が強まっているように思われる。

これには主に2つの理由が考えられる。1つはポールが作曲家としてひとつのスランプを迎えていたのではないか、ということ。最初の20年間はそれこそ泉が湧き出るかのごとくに曲を量産していたポールが、徐々にではあるが以前ほど簡単には曲が書けなくなってしまったのではないか。世紀の大作曲家ポールにもいわゆる「才能の枯渇」というものが着実に忍び寄ってきたのではないかという推測である。そこで彼はさらに作曲の幅を広げるために様々な実験や試行錯誤を繰り返し、それが結果的に作品数の減少と、新たな作風を生んだのかもしれない。
ただこれも普通に考えればごくごく当たり前の話で、すでに200曲以上もの曲を残してきた彼がいわゆるネタ切れに陥ったとしても、それ自体は何の不思議もないのである。むしろそんな状態になっても曲を書き続けたという事実のほうがよほど重要であり、また偉大なことである。ひょっとしたらポールにも音楽活動休止とか、引退という言葉が脳裏をかすめた時期があったかもしれない。しかし、彼は好きな音楽をやり続けることを選択したのである。

2つ目の理由は1つ目とも大いに関係するのだが、そのようなスランプ状態を打破するために、あえて他者との共作という道を模索したということである。これはスティービー・ワンダー、マイケル・ジャクソンに始まり、エリック・スチュワートとエルヴィス・コステロに関してはかなり本格的な共作・共同作業にまで発展してゆくことになる。ポールがそれらの共同作業で大きな刺激を受けたことは間違いなく、それらの時期の作品にはっきりとした作風の違いが認められるのはたしかな事である。

40代の第3期には、ポールは音楽制作の過程において生まれて初めて“産みの苦しみ”とでもいえるものを経験していたのかもしれない。余談ながらこの時期が日本で言ういわゆる厄年と重なっていたというのも興味深い事実である。

なにはともあれ1962年から1991年までの30年間にポールは約300曲の楽曲を作り、世に送り出したということがわかった。つまりここまでは10年に約100曲ずつというハイペースを守っていることになる。ということは50年では約500曲・・・。巨大な数字がいよいよ見えてきた。あとは残り20年間で500曲という数字にどこまで近づけたのかが一つの大きな焦点となるが、このままでは500曲をかなり下回ることはたしかだろう。あとはアーカイブ・コレクションでどれだけ数を上乗せできるのかがますます楽しみになるのである。(続く)

参考:ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション


コメント
非公開コメント

お邪魔します。 こちらお盆休み突入で、浮かれた気分のままコメントを投稿いたします。

ポールのスランプ…そうですよねー。 こうしてあらためてデータとして見せつけられると、客観的にもそれが分かってまいります。

私の場合、「オーヴァー・アメリカ」 のあたりから、リアルタイムで追いかけ始めたポール。
おそらくビートルズをリアルで追いかけていたかたたちにとっても、後期の 「アルバム出すごとにスッ飛びまくっている」 という戸惑いがあったでしょうが、私ども'76再発世代にとっては、「あれっ、ポール、なんかちょっと…」 というのを経験するのが、少し怖かったですね。

「プレス」 を最初に聞いたときは、「なんじゃこの歌詞の内容」 とか思ったのですが(曲はいい…)、「プレス・トゥ・プレイ」 は 「どうもはずしてんな、ポール」 という感じで、「フラワーズ・イン・ザ・ダート」 も 「ダメだコリャ」 だった(少なくとも私の場合です)。 コステロと共演してジョンの役割を担ってくれる人が出てくれた!ポール復活だ!みたいな評価が蔓延してる中で、「このアルバムのどこがいいんじゃ」 とばかり感じていました。 いや、いい曲はとことんいいんですが、フツーの曲の印象がちょっと…、と感じます。 個人的な話で恐縮ですが、「ラフ・ライド」 とか 「ハウ・メニー・ピープル」 とか 「ユー・ウォント・ハー・トゥー」 とか、なんか 「嫌いな曲」 ですネ。 狙いすぎてる感じで。 アーカイヴ・コレクションで、認識を変えてもらえるかな~。

上記に挙げた曲のファンのかた、異論をお待ちします(またけしかけてサイト活性化を狙ってるな…笑)。

2012-08-11 13:35 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。異論!といきたいところですが、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』に関してはほぼ同感です。発売当時から現在に至るまでポールの作品の中ではそれほどの傑作とは思ってないですね。理由は好きな曲とそうでない曲がはっきり分かれすぎてしまうこと。当時の来日公演でもアルバムの曲は意外なほど盛り上がらなかったですし・・・。個人的にはアーカイブが楽しみなのは『プレス・トゥ・プレイ』のほうですね。こちらは噛めば噛むほど味が出る(笑)。

2012-08-12 21:41 │ from 管理人URL

またまた 遅ればせながらのコメントです。
この時期のポールの作品を見ると バラード系やラヴソングに佳曲が多い印象を受けます。
シングルヒットも バラード系が何曲かありますよね。
この時期 ポールは、セールスや曲制作とも 若干不振でした。
そんな中で「スパイズ・ライク・アス」というヒットシングルがありますが、この曲のエンディング近くで聞かれる ポールのシャウトは、40代のポールの中では一番ではないでしょうか? まだまだ声の馬力は衰えていない事が分かります。
この曲は アメリカではTOP10入りした事を考えると、やはりファンは ポールの軽快なロックンロールが好きなのだと思います。
バラード系やサウンドに凝るのではなく、シンプルにロックすれば、この時代 もっとポールは短い期間でスランプを脱せたと感じてしまいます…
「スパイズ・ライク・アス」の成功があったのに アルバム『プレス・トゥ・プレイ』は制作の方法論として 勿体なかったと 少し偉そうですけど…(汗)思いますね。

でも 私はこの時期のポールの バラード系は大好きなのです。
特に 「ワンス・アポン・ア・ロング・ア・ゴー」は とても素晴らしい曲だと思いますし、個人的にも大好きな曲です。
ポールのセールス不振時の楽曲だったので アメリカではシングルカットが見送られたそうですが、この曲は絶対にヒットしていましたよ。かえすがえす勿体なかったと残念でなりません… そんな事ないですか?
重厚なサウンド、ポールが弾いていると思われるリード・ギター、荘厳な多重コーラス… とにかく聞き所が満載ですし、PVもモノクロの映像で丘の上で歌うポールに、カラーのアニメーションを配するなど なかなか素晴らしい出来栄えでした。
なんだか見落としがちの様な気がしますが、ポールの楽曲の中でも佳曲の部類に絶対に入る曲です。私が ベスト盤の編者でしたら この曲は絶対に収録します(笑)

あと、『パイプス・オブ・ピース』にボーナストラックとして収録されていた 映画の主題歌「トワイス・イン・ア・ライフタイム」も好きですね。
「人生に一度…」っていうフレーズなら聞いたことがあるかも知れませんが「人生に二度…」って所が面白いですね。
「奇跡は一度きりと言うけど、奇跡を二度も起こす方法を僕は知ってる、何故なら今の僕に起こっている事だから…」って内容の歌詞だったと思うのですが、ここでの「奇跡」とは素晴らしい恋愛を指しています。
一度失恋を経験した主人公が 再び素晴らしい恋人に巡り逢うストーリーですけど、この訳詞を読んだ時 ポールはどうしてこんな歌詞が書けるのか感心したものです(苦笑)自分は 思っている事を なかなか上手く伝えられない質なので… ポールのラヴソングには感心しきりです。こんな事を考えてるのは私だけかな…(汗)
この曲のサウンドは バンドから離れていた時期の作品らしく、サックスを配したAOR風な作品で、この時代ならではの作品だと思います。
ポールらしい美しいメロディと まだまだ高音に伸びがある美しいヴォーカル、ポール史の中では 埋もれた作品かも知れませんが、私はこの曲も大好きですね。

やっと私もリアルタイムで経験している時期に差し掛かりました。 特に『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の頃は思い入れがありますね。
40代のポールの楽曲も 全盛期と変わらず大好きですよ。侮れない佳曲が沢山あります。

2012-09-18 02:50 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。内容が盛りだくさんで返事に困ってしまいますが、ポールがロック色を意識的に強めれば、もっと売れたのはまちがいないと私も思っています。男の支持者が増えたでしょう(笑)。でもやっぱり本質的にはロッカーではないんですよね、ポールは。そんな単純なもんじゃない。本気でやったら誰もかなわないんですがね。彼の音楽性は巨大すぎます。

2012-09-18 22:03 │ from 管理人URL

個人的には
ヒアトゥデイ→80年代版イエスタデイ
ボールルームダンシング→80年代版アイソーハースタンディングゼア
ワンダーラスト→80年代版ヘイジュード
サムバディフーケアーズ→80年代版バックシートです
後者は違う気がしますが

2014-09-02 11:15 │ from 雨URL