ポールの曲: 『オー・ウーマン、オー・ホワイ(Oh Woman, Oh Why)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『オー・ウーマン、オー・ホワイ(Oh Woman, Oh Why)』

ポールの曲: 『オー・ウーマン、オー・ホワイ(Oh Woman, Oh Why)』

ポールの記念すべきソロ第1弾シングル『アナザー・デイ』のB面として1971年2月に発売された曲。僕がこの曲を初めて聴いたのは高校生の頃だったのだが、最初に聴いたときの印象は「なんてへんちくりんで、つまらない曲なんだろう」というものだった。人間というものは、突然自分が理解できないものに遭遇したとき、それを素直に自分には理解できないものと認めるか、さもなくばそれについて考えることをやめて完全否定するか、のどちらかを無意識的に選ぶものだと思う。僕のこの曲に対する最初の態度は後者だった。要するに完全に面くらってしまい、この曲を自分の中でどう受けとめたらいいのかがわからずに、いわば思考停止状態に陥ってしまったのである。それぐらい、この曲は自分にとって衝撃的な1曲だった。

A面『アナザー・デイ』のいかにもポールらしい良質のポップソングに比べると、この曲はポールの作品の中ではかなり異色の部類に入ると思う。少なくとも当時の僕にとっては非常にとっつきにくく、(もちろんポールなりにではあるが)泥臭い作品に思われたのだった。

しか~し、レディース・アンド・ジェントルメン!これがポールマジックである。比較的早く“聴き飽きてしまった”A面の『アナザー・デイ』に比べ、『オー・ウーマン、オー・ホワイ』はゆっくりと、しかも確実にジワジワと僕の心の隙間に忍び込んできたのだった。それはあたかも聴覚の未発達領域を徐々に覚醒させられるかのような感覚でさえあった。僕は知らず知らずのうちに音楽というものの奥深さと広がりをポールのこの曲から学んでいたようにも思う。

ウイングス全盛の70年代後半でさえこの曲がラジオでかかることはなかったし、この曲のすばらしさについて書かれた本についぞお目にかかることはなかったが、『オー・ウーマン、オー・ホワイ』はいつの間にか僕が最も好きなポールの曲のひとつとなっていた。今では再現不可能であろうそのすばらしいヴォーカル・パフォーマンスを含め、ポールの偉大なる音楽性を語る上で欠かせない名曲、名演だと個人的には思っている。そもそもこんなタイプの曲を書けること自体が驚きなのだが、それをソロ・ファースト・シングルのB面にもってくることがまたすごいしポールらしいと思う。この度この曲がリマスター化されてアーカイブ・コレクションの一部として再発されたことは誠に喜ばしい限りである。

それにしてもSEに拳銃(本物)の発砲音を入れるとは、なんと突拍子もないアイディアであろうか。しかし、これほど銃を構える姿が似つかわしくない人も珍しい(笑)。ポールには人殺しの道具よりは、やはり楽器のほうがはるかによく似合う。こんな新事実が明らかになるのもまたアーカイブ・コレクションならではのこと。このプロジェクトの意味は計り知れないほど重いのだ。

参考:
『ラム』リマスター日本語盤
スーパー・デラックス・エディション(4CD+DVD)
デラックス・エディション(2CD)

『ラム』リマスター海外盤
デラックス・エディション・ボックス・セット(4CD+DVD)
スペシャル・エディション(2CD)


コメント
非公開コメント

お邪魔します。 お体の具合はいかがでしょうか? 管理人様の体調も考えず、またまたやって参りました(スミマセン)。

「オウ・ウーマン、オウ・ホワイ」、「オー」 ではなく 「オウ」 ですからね、日本(東芝EMI)での公式表示は(笑)。
私はこの曲、結構好きでしたよ、当初から。 歌うとサイコーなんスよ、この曲。 私の場合一緒に歌う、というのがスタンダードですから、「歌って気持ちのいい歌」 というのも、評価の基準となるのです。

それにしても、「アナザー・デイ」 を聞き飽きてしまったとは!

アマゾンの自分のレビューに書き足しましたけど、この曲、今回初めて、細部までよーく聞こえるようになりました。 エンジニアの人が 「ベースを効かせすぎた」 と当時を反省してましたけど、その反省あってか?ベースが抑えられて、「おおっ、こんなところからリンダのコーラスが!」「なんと、こんな楽器が鳴っていたのか!」「想像以上にコーラスの定置が複雑だぞ」 と感じること多し。

それにこの 「アナザー・デイ」、やっぱりなんと言っても、ポールの 「歌う」 ベースがスッゴクよく堪能できる曲だと思うんですよ。 ベースのメロディを聞いているだけでもお銚子に軽く10杯はいける(なんの話やの)。
ジョンに当時酷評されたこの曲ですが、この曲はポールが、自分のソロ第1弾として相当練り込んである、気合の入りまくった曲だと私は考えています。

でも 「ラム」 のボーナス・ディスクは、聴き込むといい曲ばかりで、いつぞや 「ゴミ」 とか酷評されているかたがいらっしゃいましたが、なんのなんの、じっくり聴き込んでください!と申し上げたいですネ!

…蛇足ですが、おかげさまでアマゾンの私のレビューも、支持して下さるかたが多くていらっしゃるようです。 大変失礼ながら、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

2012-06-22 08:29 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。おかげさまで、少し元気になりました~。原題は「オー」ではなく「オウ」ですか・・・昔王さんの背番号の表記がOHでしたが、今どき英語の“oh”を「オウ」と書く人はいないでしょうな。よって訂正しませんので(笑)。
『アナザー・デイ』聴き飽きたというのはちょっとオーバーな表現なのですが、今でも回転率は低いほうですね。『ラム』のボーナスディスクは今までで一番でしょう。私もまだまだ聴き込んでおります。しかしアマゾンのレビュー押してくるなあ~(笑)。

2012-06-22 22:48 │ from 管理人URL

「オー・ウーマン・オー・ホワイ」
私も この曲を初めて聴いた時は、少し取っ付きにくくて あまり深くは聴き込まなかったですね。
楽曲の魅力以前に ポールの非常に力んだボーカルが 当初はあまり好きになれませんでした。
この曲を初めて聴いた時 まだ高校生だった私は、ポールと言えば「レット・イット・ビー」や「マイ・ラヴ」の様な 甘く優しい歌声が一番好きでした。プロの歌手なら キレイな声で歌うのが当然なんて まだ考えていた頃でしたから、「オー・ウーマン・オー・ホワイ」を初めて聴いた時は キレイな声で歌えるのに、何故わざと こんな声を作って歌うんだろう?と 全く的外れな感想しか持てませんでした ・・ 今思うと 少し恥ずかしいですけどね。

でも ビートルズやポール以外に 自分なりに様々なミュージシャンの作品に触れる事で ポールの凄さを少しずつですが再認識していいったのですが、特にポールのヴォーカル技術は ロック界ではトップクラスですよね。
そういう耳で「オー・ウーマン・オー・ホワイ」を改めて聴くと ポールのハードな歌唱がとても魅力的な曲ですね。このテンションで全編貫き通すポールに ロック・ヴォーカリストとしての凄みを感じます。また管理人様の曲の感想で「泥臭い」という表現も言えて妙ですね。

我々素人が歌う場合、「レット・イット・ビー」の様なタイプの曲なら 下手でも「それなり」に歌う事は出来るかも知れません。
ですが、「オー・ウーマン・オー・ホワイ」なんて 我々素人が真似して歌っても冗談にしかならないでしょうね。それにあのテンションで全編 歌い通すのは難しいと思います(リウさん、ゴメンナサイ・汗)それだけポールのヴォーカルの凄さが分かる曲だと思います。
そういう事が分かってくると 個人的に曲として魅力度が上がってきました。

正直に告白しますと、今回のアーカイブ・コレクションを購入するまで、この曲の効果音として 拳銃の発砲音が使用されてるなんて知りませんでした。しかも採用された発砲音の主が ポール本人だったとは!
私も拳銃とポールなんて 全くイメージとして重ならかったですよ。だから 何かのパーカッションの音かと思ってました。
こういう話を知る事が出来るのも アーカイブ・コレクションの楽しみですね。(知らなかったのは私だけ・・かな?)

ちなみに この曲で聞ける発砲音って 7発ですよね? 違いますか?(苦笑)

2012-06-22 22:56 │ from テツURL

またお邪魔します。

テツ様、私、ビートルズと出会った小5、6の頃から、レコードと一緒に歌う、というのが必須科目となってまして(笑)。
「モンクベリー・ムーン・デライト」 も声をぶっ潰しながらマスターいたしました(笑)。 この曲も同じベクトルですよね。

この頃のポールというのは、「マンボ」 もそうですけど、精神的にかなりフラストレーションがたまっていたのではないか、と感じます。
そりゃリリースするたびにジョンをはじめとして世界中の批評家からケチョンケチョンにけなされるのですから。
ポールに 「狂気」 を感じるのは、私はこの頃だけですね。
「オウ・ウーマン」 もその類の曲だととらえていました。
特にこの拳銃の音は、ポールのフラストレーションを火薬に詰めたエクスプロージョンだと感じます。

この、「フザケンナ!」 という勢いのこの曲、私もムシャクシャイライラしていたチューボーの思春期に、一緒に歌ってとてもスッキリしたことを覚えています。

この7発?のショット音ですけど、なんか今で言うところの 「サンプリング」 という感じがしますね(つまりある程度同じ音に聞こえる)。

2012-06-23 09:18 │ from 橋本リウURL

テツさん
コメントありがとうございます。曲に対する評価や、好き嫌いというのは年令と共にどんどん変化してゆくものですよね。発砲音はマニアなら知ってて当然の話なのかもしれませんが、私自身全く知らなかったです。曲のいいアクセントになってますね。問題はスタジオの中で、いったいどこに向かって撃ったのか?ですが、知っている人いますかな?

2012-06-23 09:25 │ from 管理人URL

リウさん。
まいったな。ラムのボーナスディスクをゴミなんて言ったつもりはないんですが・・・(苦笑)。アーカイプシリーズ(特にMII)が『ゴミ箱』みたい、といったのはたしかです(おんなじことではないとおもうのですが・・・笑)。ご不快にさせて申し訳なく思っております。ただMIIの水増しにがっかりしたのは正直なところなんです。

計画によるとアウトテイクやデモテイクをあとでまとめて出すなんでありましたから、そこにいいのをとっておくんだなあ、だからアルバム毎には、うすくなるのもしょうがないのかも。アウテイク集が立ち消えにならないよう祈ります。

2012-06-23 10:39 │ from るんばURL Edit

るんば様
やーやーやー、どうも誤解を生じさせてしまったようで、私のほうこそ恐縮です。

でも私も、結構アーカイヴコレクションのボーナスディスクには、不満があるほうですよ(取り繕ってます…笑)。 「ラム」 のボーナス・ディスクも、最初聴いたときは 「はぁ~、なんじゃコリャ」 と思いました(なにしろブートには縁がなくて、聞いたことのない曲ばかりでしたけど)が、聴くたびによくなってきて。 こうなると覚えて一緒に歌いたくなるのが私の習性なのですが(笑)、歌詞カードがついてない!(笑)。

アーカイヴでいちばん改善を求めたいのは、日本盤の心のこもってない作りですが(笑)、DVDとかも、少なくともデジタルリマスターくらいはして、5.1chで聴けるくらいの芸当はしてもらいたいですよね(こういう企画をするスタッフはおらなんだか?…笑)。

2012-06-23 12:35 │ from 橋本リウURL

リウ様
いいですね~ 小学生の頃からレコードを聴きながら一緒に歌っていらっしゃったのですね!
私も学生時代に先輩から貰ったギターのコードを鳴らしながら、お気に入りの曲を歌っていましたよ。
ポールの曲だと「夢の旅人」が 特に歌っていて気持ち良かったです。
友人に デニー・レインの役をやってもらい 途中からハーモニーを重ねてもらった時は もう最高でしたね。気分はポール・マッカートニーでした(苦笑)

ポール以外だと ストーンズの「スィート・ヴァージニア」が 歌っていてホントに楽しかったです。
下宿の部屋で友人と 大きな声をあげて歌っていました。当時 隣の部屋に住んでた方 ごめんなさい(汗)

その友人は学生時代の 貴重な洋楽仲間でして 今はお互い遠く離れていますが、また久しぶりにギターを鳴らしながら一緒に歌えたら最高だろうなぁ なんて考えます・・
その時は リウさんに習って、ハードな「オー・ウーマン・オー・ホワイ」でも歌ってみましょうか?(笑)

2012-06-25 00:01 │ from テツURL

テツ様
うちは一軒家でしたが、やはり 「ラム」 などをアルバム通して歌うと、両親(のいずれか)が私の部屋の戸をどんどんと叩き、「キ○○○をひとり飼っている」 とまで言われました(笑)。 マイケル・ジャクソンの 「ブラック・オア・ホワイト」 のイントロで(ご存知でしょうか?)マコーレー・カルキン君がやはり部屋の中でレコードを大音量でかけていて、それを父親が外から 「ドンドン!(うるせぇ~~~っ!)」 と叩くSEがあって、これがとてもリアルで(爆)、この曲のこの部分を聞くたびに、心臓が縮みあがります(ハハ…)。

コーラスの魅力、これがビートルズ関係の大きな吸引力のひとつだ、と私も考えております。

私の場合、ジョンのパートをカセットに録音し、それをかけながらポールのパートを歌ったり、それを何重にも多重録音して遊んでました(懐かしいな~)。 サイモンとガーファンクルもよくやったです(笑)。

管理人様、頭越しにチャットをして大変申し訳ないです。 ♪トーク、モートーク、チャット、モーチャット(元歌、分かりますよね?…笑)(あの曲に関して、管理人様のレビューを是非お読みしたい…笑)。

2012-06-26 08:43 │ from 橋本リウURL

リウさん
ここはひとつリウさんの歌声をネットで公開してみるなんていかがでしょう?ぜひ!(笑)
『トーク・モア・トーク』はすでにレビュー書いてますし、リウさんからもコメントいただいておりましたよ(笑)。ま、けっこう前の話ですが・・・。http://loveawake.blog62.fc2.com/blog-entry-235.html

2012-06-26 20:23 │ from 管理人URL

管理人さんに激しく同感!
歌声だけとは言わず、僕の『モンキー・マジック』みたいに顔出しで熱唱するリウさんが観たい!
ポールも本ブログは通訳介して愛読してるでしょうし、自分の過小評価された名曲を愛するリウさんが歌ってるの観たら、
泣いて喜びますよ、きっと

2012-06-26 20:51 │ from アイヤーダイURL

管理人様
ややっ、ホントーだ(爆)。 もう2年も前か~。 そう言えば、まだまだコメントを送りつけていない記事があったと思うのですが、最近管理人様も忙しそうでいらっしゃるので、ちょっとサボってました。 また再開しても、よろしいでしょうか?

それと、私何度か恥をさらしておりますが、デジタル音痴でして、You Tubeの使いかたも分かりません(ナミダ)。 自分のブログに、写真を張ることすらできないんですから(リンク先を貼ること 「だけは」 できる…笑)。 自分でも呆れます(トホホ…)。

アイヤーダイ様、「モンキー・マジック」 でネットデビューしてるのですか!
しかし、ポールもこのサイトを読んでてくれると、とてもうれしいですよね。 ポールに是非お勧めのサイトですよ、ここ!

2012-06-27 07:54 │ from 橋本リウURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。『モンキー・マジック』のリンク貼っていただけませんか?ポールがこのブログ愛読している?まさか!(笑)

2012-06-27 12:15 │ from 管理人URL

リウさん
特にブログ初期はほとんどコメント、拍手なしですのでお暇でしたらどうぞ!(笑)。ポールにこのブログ読まれたら困ります~。最新記事が・・・。

2012-06-27 12:18 │ from 管理人URL

いやいや、これほどポール愛に満ちたブログ、本人が喜ばないわけないですよ。
本人がコメに参戦したら一層熱くなるでしょうね(笑)

これがモンキーです! http://www.youtube.com/watch?v=wmSEoz-7zO4
他にも写真だけに飽き足らず他動画では踊ったりと・・・ポールに負けずナルシス爆発してます(笑)
私事で恐縮ながらBSのギルガメという番組にジャッキー関連で出る事になりまして(おそらく7月後半~8月あたり)・・・
全然ポールとは無関係ですが、Macca Go Go Go!のお兄様方に“弟”の晴れ姿(?)を観ていただきたいです!

2012-06-27 23:39 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイ様
「モンキーマジック」 拝見させて頂きました!
も~ 大変感動しましたよ!
アイヤーダイさんの楽しそうなお姿が何よりです(笑) 勿論 歌も大変お上手ですね!あんなに太い声を出せるなんて羨ましい。ピアノの方も好サポートされていますね。
ホントに素敵な動画で感動していまいました。
テレビ出演の件も頑張って下さい!陰ながら応援させて頂きます。

2012-06-28 02:06 │ from テツURL

アイヤーダイさん
観ましたよ。失礼ながらアイヤーダイさんの歌声は私の予想をはるかに超えてうまかったです~。うちはBS観れないのですが、テレビ出演もがんばってくださいね!

2012-06-28 10:14 │ from 管理人URL

テツさん、管理人さん、ありがとうございます!
生粋のポールファンで耳の肥えたお二方にそう感じていただけて、メッチャ嬉しいですよ。
私はかように垂れ流しですが、皆さんどんなお顔されてるのか、きっとポールのようにエネルギッシュで年齢よりずっと若々しいんだろうなぁ・・・
といつも想像しながら(笑)、コメ楽しく読んでます。

2012-06-28 22:50 │ from アイヤーダイURL