ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その8『英・米でチャート1位を獲得したシングル』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その8『英・米でチャート1位を獲得したシングル』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その8『英・米でチャート1位を獲得したシングル』

前回まではポールが過去50年間に発売したアルバムのチャート記録について見てきた。これからしばらくの間は、ポールがビートルズとソロの両方で発売したシングルのチャート記録について検証していこうと思う(出典はすべてウィキペディア)。

第1回目の今日は、本国イギリスとアメリカで1位を獲得したシングルについて。

尚、本記事ではポールの50年間に渡る音楽活動を10年ごとに区切り、以下の通り第1期~第5期という区分を設定している。(これは多分に便宜的なものである)  
   
第1期(1962年~1971年) 20代(20~29才)
第2期(1972年~1981年) 30代(30~39才)
第3期(1982年~1991年) 40代(40~49才)
第4期(1992年~2001年) 50代(50~59才)
第5期(2002年~2011年) 60代(60~69才)

第1期(1962年~1971年)20代
★イギリスで1位を獲得したシングル:17枚
『フロム・ミー・トゥ・ユー』『シー・ラヴズ・ユー』『抱きしめたい』『キャント・バイ・ミー・ラヴ 』『ア・ハード・デイズ・ナイト』『アイ・フィール・ファイン』『涙の乗車券 』『ヘルプ! 』『デイ・トリッパー / 恋を抱きしめよう』『ペイパーバック・ライター』『イエロー・サブマリン / エリナー・リグビー』『愛こそはすべて』『ハロー・グッドバイ』『レディ・マドンナ』『ヘイ・ジュード』『ゲット・バック』『ジョンとヨーコのバラード』
●アメリカで1位を獲得したシングル:21枚
『シー・ラヴズ・ユー』『抱きしめたい』『ラヴ・ミー・ドゥ』『キャント・バイ・ミー・ラヴ 』『ア・ハード・デイズ・ナイト』『アイ・フィール・ファイン』『エイト・デイズ・ア・ウィーク』『涙の乗車券 』『ヘルプ! 』『イエスタデイ』『恋を抱きしめよう』『ペイパーバック・ライター』『ペニー・レイン』『愛こそはすべて』『ハロー・グッドバイ』『ヘイ・ジュード』『ゲット・バック』『サムシング / カム・トゥゲザー』『レット・イット・ビー 』『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 』『アンクル・アルバート~ハルセイ提督』

第2期(1972年~1981年)30代
★イギリスで1位を獲得したシングル:1枚
『夢の旅人』
●アメリカで1位を獲得したシングル:6枚
『マイ・ラヴ』『バンド・オン・ザ・ラン』『あの娘におせっかい』『心のラヴ・ソング』『幸せの予感』『カミング・アップ』

第3期(1982年~1991年)40代
★イギリスで1位を獲得したシングル:2枚
『エボニー・アンド・アイボリー』『パイプス・オブ・ピース』
●アメリカで1位を獲得したシングル:2枚
『エボニー・アンド・アイボリー』『セイ・セイ・セイ』

第4期(1992年~2001年)50代
★イギリスで1位を獲得したシングル:0枚
●アメリカで1位を獲得したシングル:0枚

第5期(2002年~2011年)60代
★イギリスで1位を獲得したシングル:0枚
●アメリカで1位を獲得したシングル:0枚

ポールはイギリスで合計20枚、アメリカでは実に29枚ものシングルがチャートの1位に輝いている(ビートルズを含む)。しかしその獲得時期はイギリス、アメリカ共に最初の20年間に集中している。イギリスでは20曲中18曲が、アメリカでは29曲中27曲が最も脂の乗り切った20代、30代に記録されているのである。これはいかに天才ポール・マッカートニーといえども、シングルチャートで1位を獲り続けるということがどれほど難しいかを如実に示す数字といえるだろう。特にシングルの1位というのはアルバムとはまた違い、人気、実力、運などの要素に加え、その時代時代の大きな流れに乗ることができて初めて可能になることのように思われる。そういう意味ではビートルズというグループは、常にそれらの条件すべてが完璧に満たされていた真に稀有なるバンドであったと思うのである。

ビートルズ時代とソロ期を比較してみると、イギリスではビートルズ17枚に対しソロ3枚、アメリカではビートルズ20枚に対しソロ9枚という比率となる。アメリカでのソロ9枚が1位という数字は他の有名アーティストと比較しても大変に優れた記録であり、ファンとしてもまずまず納得のいくものだと思う。しかし、ビートルズ以降本国イギリスでは1位がわずか3枚にとどまっており、こちらは大いに不満が残るところではある。特に次々とキャッチーなポップチューンを量産し続けた1970年代(ポール30代)の1位獲得作品が『夢の旅人』たった1枚だけにとどまったというのは、個人的にも非常にショッキングな結果である。本国イギリスのアルバムチャートでは時代を問わず常に堅実な成績を残してきたポールであったが、ことシングルチャートに関しては意外なほど苦戦を強いられてきたといえるだろう。そして、その流れは現在に至るまで続いている。

ビートルズ時代の1位獲得曲については、プロローグでも述べた通りレノン‐マッカートニーのクレジットがされているものは、たとえジョンが単独で書いたと思われる曲であっても1曲としてカウントすることで統一した。

こと1位を獲得した作品に関しては、やはりなんといってもビートルズ時代の曲が傑出しているという事実を見逃すわけにはいかないだろう。特に『イエスタデイ』以降のビートルズ後期に、ポールの人生最良かつ最も重要な作品群が生み出されたという分析も可能であろうし、僕自身がそれを強く支持するものである。

以下の曲がビートルズ時代『イエスタデイ』以降にポールが単独で書いたと思われる楽曲であり、かつ英・米のどちらかでNo.1を記録したものである。極めてバラエティに富んだ超名曲ぞろいであることがわかる。この12曲にはポールの作り出す音楽すべての精髄が凝縮されているとさえ思えるほどだ。
『イエスタデイ』『恋を抱きしめよう』『ペイパーバック・ライター』『イエロー・サブマリン / エリナー・リグビー』『ペニー・レイン』『ハロー・グッドバイ』『レディ・マドンナ』『ヘイ・ジュード』『ゲット・バック』『レット・イット・ビー 』『ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 』

最後に、イギリス、アメリカ共にシングルでの1位獲得は1983年を最後に完全に途絶えてしまっている。もう30年近くもポールは英・米のシングルチャートで1位を取っていないことになるわけだが、ポールが生きて現役を続ける限りまだまだ可能性はゼロではない。これはファンの見果てぬ夢の1つであろうが、個人的にも僕は再びポールの新曲が1位に輝く日がやって来ることを信じて疑わない。またそれを本当にやってしまうのがポール・マッカートニーという人だと思っている。


コメント
非公開コメント

こんばんは、相変わらずの緻密なリサーチでとても勉強になりました!
ただやっぱりレノンマッカートニー作は名ばかりでポールが作ってない、というかジョンやジョージが歌ってる曲はポールの作品として思えなくて。
純ポール作を眺めてみたら改めて凄いなぁと思いますが、『オブラディ・オブラダ』や『オー!ダーリン』も充分シングルの資格ありますよね。
そりゃポール脱退したらビートルズ潰れるわなぁと思いました。

2012-05-04 23:15 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。初期の作品はともかく、中期以降は実際にはどちらが作った作品かは割とはっきりわかりますよね。『愛こそはすべて』や『ジョンとヨーコのバラッド』などはやはりジョンの曲として、本音は外したい気もあります(笑)

2012-05-06 07:47 │ from 管理人URL

やはり ポールと言えど、シングル・チャートでの1位獲得は難しいでしょうなぁ? アルバムなら未だ、1位に
なる可能性も大でしょうけど... 但し現在の、北米中心のライヴは一生止められなくなるでしょうね(条件と
して)^^; あれだけ充実してた70年代でさえ、シングルNo.1を取るのは至難の業だった訳だし... それに気づ
いた彼は、もはや単独での1位は無理だと悟ったんでしょうなぁ^^ それで "Big name" の Stevie Wonder や
Michael Jackson と組んだんだと思います。そうか、未だ この手がありましたね! UK なら、Mick Jagger とか、Noel Gallgher 辺りと組めば可能性が広がりますね? US だったら、Billy Joel や Bruce Springsteen
なんかは如何でしょうかぁ?! でも単独では無理かなぁ? どんなに良い曲を書いたとしても、彼にはもはや、
それだけの商品価値(時代に必要とされていない?)が残ってないと思うので(それが現実なんですよ!)^^;
ポールの大ファンだからこそ、包み隠さずに言わせて頂きました。どうも悪しからず...

2012-05-09 18:25 │ from yukky_zURL Edit

yukky_zさん
コメントありがとうございます。はっきり言いますねえ~(笑)。でも客観的に見れば妥当な線だとは思います。でもファンとしてはわかっていても夢を捨てきれない部分があるんですよね。やっぱり世間的にはポールなんて忘れ去られているだろうし、必要ともされていないんでしょうけど、あと1回だけ世間をアッと言わせて、シングルとアルバムで1位を取ってくれたら安心してあの世に行けると思います(笑)。

2012-05-11 00:35 │ from 管理人URL

やっぱり、改めて記録を見させて頂くと ポールは凄いですね。トータルで全米では29枚・全英で20枚のナンバーワン・シングルを保持してるのですよね。
ソロになってからは英国で多少苦戦していた様ですが、あのエルトン・ジョンも 単独で 初めてナンバーワンになったのは 80年代後半になってからだった様に記憶しています。
この辺りが チャートの面白さですよね。

私は95年に「フリー・アズ・ア・バード」が発表された時に ナンバーワンを期待していましたが、この時も英米共にナンバーワンは惜しくも逃してしまいました…
今の時代、ポールがナンバーワンに帰り咲くのは難しいかも知れませんが、ポール自身の強い意欲やレコード会社の後押し… あと時代の後押しが上手く噛み合えば まだまだ可能性は充分ですよ。

あと 個人的に凄いと思う事は、ポールが初めてナンバーワンになった63年(アメリカは64年)から現在の所 最後にナンバーワンを放った83年までの 20年間の長きに渡って コンスタントにナンバーワン・ヒットを放ち続けた点です。
普通は、ナンバーワン・ヒットを放つ期間というのは、人気のピークに集中している事が多く、20年間の長きに渡ってナンバーワンを放ち続けるって 並大抵の事ではありません。
しかも、米国・英国の両方で記録していますからね。
ポールが近年ナンバーワン・ヒットが無いと嘆くより、偉大な記録の保持者である事を誇りたい気持ちです。

どうしても ポールには辛口になれない私です…(苦笑)

2012-05-11 01:42 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。
>ポールが近年ナンバーワン・ヒットが無いと嘆くより、偉大な記録の保持者である事を誇りたい気持ちです。

まったく同感ですね。嘆く必要などまったくないほど数えきれない勲章を手にしているポールですから。私も実際にはNo.1にこだわってるわけではないんですけどね。そういう印象を与えているとしたら、ここで訂正させていただきます(笑)。

2012-05-11 06:09 │ from 管理人URL

コメントを見ていて、どうしてもウズウズしてしまったので
私もコメントさせて下さい

ポールのファンをしていて感じるのですが
実はポールに1番厳しい条件を強いているのはファン自身だと良く思います
というのは、実は私自身、以前は良くチャートアクションや世間の注目度から
「ポールの評価が低い」と歎いていたのですが
ある時音楽好きの方から、「ポールの評価低いとか、逆にこれ以上どこで評価されるんだよ」って言われてハッとしたことがあります


ポールは全盛期が文字通り独走状態の化け物だったため
ファンは純粋にいつまでもその理想を追い続けてしまいますが
単純に記録を見たらテツさんのおっしゃるように、前人未踏レベルの記録です
(あのジョンですら、解散後はエルトンジョンとの共作でしかNo.1を取れなかったことを考えても、No.1は難しいです)


そもそも売れっ子でも、一年二年で消えてしまう事がザラなこの世界で50年経っても、未だにアルバムがトップ10にチャートインし、各国で何万人という人がライブに足を運ぶアーティストなんて、世界に片手程度しかいないと考えたら
今はもう過去の人なんてのもおかしな話しだと思います

と少し話しが逸れてしまいましたが
ただ、頭でそう思っていても、やはりついつい全盛期のような勢いを求めてしまうのがファンの性ですね(笑)
私自身の願いとしても、出来るものならヒット曲で再び世界をあっと言わせて欲しい所です
でも最近の作品も好きなんで、ヒット抜きで、ああやってこじんまりしたのが出ても嬉しいな

と私もつい甘くなってしまいますね

2012-05-12 17:04 │ from 熊しゃけURL

熊しゃけさん
コメントありがとうございます。個人的にはいろいろ期待したり、チャートで一喜一憂できるのも彼がこの世にいる間だけ、という思いもありますね。彼が元気で今も新作を出し続けてくれるのはまさに奇跡だと思います。

2012-05-13 02:29 │ from 管理人URL