やりなはれ~、息子たちよ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » やりなはれ~、息子たちよ

やりなはれ~、息子たちよ

つい先ごろポールの息子ジェームズが、他のビートルズの息子たちと(短期的に)一緒にバンドを組む可能性について言及し、世界中を駆け巡るニュースとなっている。最近はめっきりポール関係のニュースを報道することが少なくなった我が国日本でも、さすがはビートルズパワーと言うべきか、テレビ、新聞、ネットなどで盛んにこのニュースが報道されているようだ。

相変わらず「ビートルズは超えられない」等々、一部のコアなビートルズファンたちから意味不明な発言が聞かれるのは残念な限りだが、僕自身は極めて肯定的にこのニュースを受けとめている。というか、正直その種の発言には失笑を禁じえない。彼らがバンドを組んだところでビートルズを超えられないのは理の当然である。あえて断言するが、どんなに逆立ちしたところで絶対に超えられるはずなどないのである。それに、そもそもなぜビートルズを超えなくてはならないのだろうか??今回のニュースはかつてジョンとジョージが生きていた頃の「ビートルズ再結成」等の話とは全く次元の違う話である。なにも深刻にとらえる必要などないのである。

ビートルズの息子たちが一同に会してバンドを組み、演奏する。僕にしてみれば、これはまるで夢の一つが現実になったかのような話で、あえていえばお祭りのようなものだ。あるいはビートルズ感謝祭と言ってもいいかもしれないが、ともかく祭りに理屈など不要。ただ単純に一緒になって楽しめばいいだけだ。だから、彼らには大いに張り切って、盛り上げて、ほんのほんの少しでもいいから偉大なる父親たちに近づいてもらいたい、などとまるで親戚のおじさんのような感覚でこのニュースを見守っているのである(笑)。

僕たちが愛してやまないビートルズのメンバー4人全員が男の子を残し、その全員が立派に成長してそれぞれに音楽の道を歩んでいる。これだけでも奇跡のようなことである。しかも、今回のジェームズの談話は、彼らが互いになんらかの形で交流を取り続けていたことを示している。これもまた大変にすばらしいことで、彼らは皆偉大なる父親の意志を受け継いでいることを伺わせる。つまりビートルズはその家族をも含めて一つのファミリー(大家族)なのだ。

しかしジェームズがこの時期に発言したあたりがなんとも意味深である。正直のところ、この種の噂はほとんど実現しないというのが僕の見方なのだが、今年がビートルズ結成50周年という一つの大きな節目であること、そして今夏にイギリスで開催されるロンドン・オリンピックにポールが何らかのパフォーマンスを行なうのではないかと噂されていることとの関連性というものを想像しないわけにはいかない。

ともかく実現するにせよ、しないにせよ、僕自身としては楽しんで動向を見守っていきたいと思っている。最後につけ加えておくが、実はビートルズの息子たちは皆世間が考えているよりも遥かに優れた才能を持っている。彼らが集まったときにいったいどんな化学反応が起こるのかも一度は見ておきたいという思いがあるのだ。

43C6CC274543CA4D4A932EA88FF9FD.jpg


コメント
非公開コメント

賛成

そう まさにお祭り イベントとして考えればいいことです
何も気負うことなく息子たちが集まって楽しめば 
なんとなく感慨深い感じで我々ファン達も楽しめればいいと思う
追い越すとか追い越してないとかそんな問題じゃない 次元の違う話です

2012-04-06 01:22 │ from chusanURL Edit

ビートルズ二世でバンド結成… これも夢のある話ですね。もし実現したら 二世でバンド結成した最初のバンドもビートルズになるのでしょうか? ビートルズは どこまでも続きがあって 本当に素敵なバンドだと改めて思います。

それにしても バンド結成を呼び掛けているのが、ポールの息子・ジェームズというのも面白いですね。親子揃って世話好きというか、そういう役回りなのでしょうか(笑)
冗談はさておき、ジェームズが率先してバンド結成に動いているとは意外でした。
何度か 動画サイトで彼の姿や様子を見ましたが、大人しい印象であまりリーダーシップを発揮するタイプには見えなかったので…

誰もビートルズの再現なんて期待していません、自分達で表現出来る精一杯の演奏を披露して欲しいモノです。

それにしても、ジェームズは 父親とタイプが全然違いますね。インタビューでの受け答えも無表情で淡々としてるし、プレイ時も あまり動きはなく フロントに立つのはあまり向いてない印象です。
管理人様は好意的でしたけど、個人的には 彼のミュージシャン・アーティストとしての資質に疑問を持っていますが、そこはやはりポールの息子、何とか頑張ってミュージシャンとして大成して欲しいです。
そういう意味でも、ビートルズ二世バンドの結成は、世間の大きな注目を集めますし ステップアップのチャンスですよね。頑張れ!

2012-04-06 01:42 │ from テツURL

chusanさん
コメントありがとうございます。一緒に楽しみたいですね。私などは、どうせなら完全に楽器とかスーツなどもコピーしてやってもらいたいですね。ダーニは似てるだろうな(笑)。

2012-04-06 16:32 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。ジェームズが音頭取ろうとしてるところはたしかに面白いですね。私も意外でした。ただやるなら体重だけは落としてほしい…(笑)。

2012-04-06 16:38 │ from 管理人URL

別に二世とかそうじゃなくともビートルズを超えるカリスマは皆無というわけじゃありませんし今後も出てくる、いや、出てきて欲しいとは思いますが・・・
少なくともジェームズに関してはポールの息子という色眼鏡を外してもテツさん同様良いなぁと思えないし、顔が似てても歌唱力以前に人を惹きつけるアイドル性を感じません。
ただ管理人さん言うように“ビートルズ感謝祭”の一コマとしては充分興味ありますから、楽しみです。
誰もが捻くれてしまうような(笑)偉人を父に持つ二世組でも、そのジンクスを完膚無きまでに打ち破った例もありますし(松方弘樹)、
これから伸びるも伸びないも本人ら次第、開き直ってハッチャケてほしいです!

2012-04-07 21:35 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。個人的偏見ですが、ジェームズってどちらかといえばオタク系のにおいがしちゃうんですよね。ポールと正反対でなんとなく屈折したものを感じてしまい、そこがなんとなく共感してしまうのかもしれません(笑)。

2012-04-08 13:27 │ from 管理人URL

私も大歓迎組です。ただ一つ注文があります。ジョンのシンシアとの子供のジュリアンにしてほしいのです。どうもショーンはピンとこないのです。車のCMのせいもありますが何か軽い感じです。 写真のジェームスはまだ髪がありますね。今はちょっと~ お金はわんさかあるのに植毛しないのですね。それにしても4人とも父親似ですよね。実現することを祈ってます。

2012-04-08 21:38 │ from バーバリーURL

バーバリーさん
コメントありがとうございます。ジュリアンは実績もありますし理想的かもしれないですね。ただショーンもYouTubeで以下のビデオを観て少し僕は考えを改めました。(http://www.youtube.com/watch?v=HHsdvMfvkWY)なかなかのもんじゃないですか?

2012-04-09 07:48 │ from 管理人URL

ビートルズの2世バンド…息子たちのキャラがバラバラすぎてまとまるのだろうか…?という気がしなくもないですが。

最近ショーンがいい感じに思います。彼女のシャーロット・ケンプとやっているThe Ghost of a Saber Tooth Tigerは心地よくて好きです。(http://www.youtube.com/watch?v=7t2Ue-lnVX4&feature=related

偉大な親を持つことのプレッシャーと常に比較の対象にされるところで敢えて同じ音楽をやるのは想像を超えるほど精神的に大変なのでしょうね、ジェームスはまだそこをクリヤーできてないように感じます。体系もありますがおじさんくさすぎてオーディエンスを魅了するエネルギーが感じられないというか…。ショーンは音楽やライフスタイルもファッションでさえも自分らしさを確立しつつあるように思います。

2012-05-14 20:06 │ from 初級自由人URL

初級自由人さん
コメントありがとうございます。ショーンは日本人の血が入っているせいなのか、私もなんとなくひいき目に見てしまうところがありますね。といっても彼のことはほとんど知らないのですが、素直でまっすぐな印象を持っています。いろんな個性がバンドを組むことでどうなるのか、一度は見てみたいです。

2012-05-16 19:50 │ from 管理人URL