ソロ・リマスター日記 - 23  アーカイヴ・コレクション第3弾は5/22発売か - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 23  アーカイヴ・コレクション第3弾は5/22発売か

ソロ・リマスター日記 - 23  アーカイヴ・コレクション第3弾は5/22発売か

待望久しいポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクションの続編について、とりあえず発売日に関する情報を入手したので速報としてお伝えする。

現時点でかなり信憑性の高い情報として、『ラム(Ram)』リマスター盤が5月22日頃に発売されるのではないかという噂が流れている。フォーマットとしては今のところブック形式の豪華版デラックス・エディション(日本盤呼称はスーパー・デラックス・エディション)のみの情報なのだが、CDとDVDがセットになった廉価版のスペシャル・エディション(日本盤呼称はデラックス・エディション)、アナログ盤、デジタル・ダウンロード盤もこれまでと同様発売になるものと思われる。しかし、UMJは呼称を海外盤と統一してもらえないだろうか?いちいちややこしくてかなわん。

2011年5月30日ブログ記事では『ラム』と『ヴィーナス・アンド・マース(Venus And Mars)』の2枚が次なるリリースになるのではないか、とお伝えしたが、今のところ『ヴィーナス・アンド・マース』についての情報はない。よって今回は『ラム』のみの発売となるのか、それとも『ヴィーナス・アンド・マース』もしくは他のアルバムが同時発売となるのかは今のところ不明である。がしかし、ともかく『ラム』がアーカイヴ・コレクションの次なるリリースとして決定したことだけは間違いなさそうだ。ファンの皆様おめでとうございます。(ただし公式発表はまだである)

『ラム』は言うまでもなくポールの数ある名盤の中でも最高傑作に推すファンも多いほどの名盤中の名盤である。発売当時はジョージ(『オール・シングス・マスト・パス』)とジョン(『ジョンの魂』『イマジン』)の勢いに押されてこのアルバムを酷評するたちの悪い評論家もかなりいたようだが、今ではこのアルバムを悪く言う者は誰もいない。というか、このアルバムを素直に聴けば、単純に誰も批判などできはしない作品であることがわかるだろう。これはアーティストが単独で作り得る最高レベルの楽曲で埋め尽くされているからだ。僕は今回の再リリースによって『ラム』の評価がさらに上がることを期待しているし、結果的にそうなるだろうと確信もしている。誰がなんと言おうと、いいものはいいのである。

アーカイヴ・リリースについてはまた順次情報が入り次第お知らせする。

参考:
『ラム』リマスター日本語盤まとめ
スーパー・デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)
デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2CD)
スタンダード・エディション(オリジナルCDのみ)


コメント
非公開コメント

“誰がなんと言おうと、いいものはいい”
イグザクトリー、激しく賛同します!
私がポールの全キャリア中ベスト2(一位はもち『Band on the Run』)に挙げる最高傑作がリマスター化とは、嬉しい限りです。
なんで当時酷評されたのかどう説明されても納得いかないですね~。
サザンはあまり好きじゃないですが、桑田が同アルバムをリスペクトしてるって聞いた時は、なんだ見る目あるじゃないかと見直しました(笑)。
とにかく曲が全部いい。特に『Monkberry Moon Delight』のラストのアドリブシャウトなんかちょっと長渕入ってて、なんだ剛もリスペクトしてたのかぁと、なおさら『ラム』が好きになりました(笑)  

2012-03-21 23:25 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。僕は特に『キス・オン・ザ・ボトム』で初めてポールを知ったような人に『モンクベリー・ムーン・デライト』のシャウトを聴かせたいですね。「トットーー!!」・・・きっと同じ人間とは思えないでしょう(笑)。楽しみですね。

2012-03-22 00:08 │ from 管理人URL