新作『キス・オン・ザ・ボトム』の感想 その3 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » 新作『キス・オン・ザ・ボトム』の感想 その3

新作『キス・オン・ザ・ボトム』の感想 その3

さてジャンルを超えたマッカートニー印の名品とは『マイ・ヴァレンタイン』と『オンリー・アワ・ハーツ』の2曲のことである。僕は今回のポールのプロジェクトは、結果的にこの2曲のスローバラードの名曲が誕生したという事実だけでも十分に成功したといえるのではなかったかと思っている。なぜなら、これらの曲は、ポールの通常のアルバム制作プロセスではけっして生まれ得なかった全く新しいタイプの曲に思われるからだ。まさにジャズ・ミュージシャンと名プロデューサー、トミー・リピューマとの共同作業が最も良い形で実を結んだ作品と言ってもいいだろう。この組み合わせは全く予期せぬことに、ゲストミュージシャンたち(エリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダー)の名演まで引き出してしまった。(過去ポールが有名ミュージシャンと共演した際には、意外なほどその演奏は平凡に聴こえることが多かったのである)

またもうひとつ忘れてはならないのは、これらの曲が誕生した背景に、新しい人生の伴侶ナンシーの存在があったということである。これらの曲がナンシーのことを歌っていることは疑いようがなく、かつてのリンダがそうであったように、今やポールにとってナンシーは創作活動に強烈なインスピレーションとエネルギーを与えるキー・パーソンになりつつあるように思われる。彼女との関係が、今後ポールの作品に与える影響はけっして小さなものではないだろう。

最後にこのアルバムについての僕の個人的な評価だが、ポールのアルバムについてある程度客観的な評価を下せるようになるまでには最低数年はかかることを予めお断りした上で、あえて現時点での評価を言わせてもらうならば、10点満点中5点といったところだろうか。

自分でも意外なほど辛い点数となってしまったように思うが、その最も大きな理由は前述のポールのオリジナル曲以外で好きになれそうな曲が少なかったというところにある。いかにアルバム自体の完成度が高くとも、好きな曲が少なければアルバムを通して聴く回数は必然的に少なくなってしまうからだ。やはり全てがポールのオリジナル楽曲で占められたアルバムと比較すると、カバーアルバムというのはどうしても評価が下がってしまうのは致し方ない。逆にいえば、それぐらいポールのオリジナルアルバムというのはいわば純金にも勝る無限の価値を持つということである。

思いきってランク分けしてしまうと以下のようになる。(ランク付けはあくまで個人的な好みです)

Sランク:『マイ・ヴァレンタイン』『オンリー・アワ・ハーツ』
Aランク:『ベイビーズ・リクエスト』『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ』
Bランク:"I'm Gonna Sit Right Down and Write Myself a Letter" "Ac-Cent-Tchu-Ate the Positive" "Get Yourself Another Fool"

Aランクがいずれもボーナストラックになってしまったのはある意味残念でもあるのだが、これは現時点における僕の正直な気持ちである。
『ベイビーズ・リクエスト』はポールにしては非常に珍しいリメイク・バージョンとなったが、この出来がオリジナルと甲乙つけ難いすばらしい出来となった。またこの曲が僕の耳には最もジャズっぽい曲に聴こえてしまうのはなんとも皮肉ではある。
『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ』はボーナスを含めたアルバム全収録曲中最も甘く、切なく、ロマンティックなバラードである。おそらくそこがアルバムの収録から漏れてしまった理由とも考えられるのだが、僕に言わせればこれこそがポール最大の持ち味の一つなのだから、個人的には大歓迎だし、こういう曲はもっと入れてほしいと思う。カバー曲ということを忘れてしまうほど、ポールはこの曲を自分のモノにしている。

アルバムとしての評価は少々辛いものとなってしまったが、僕はこのアルバムは車の中で聴いたり(特に夜のドライブにはおススメ)、ポール自身も語っているように仕事のあとにお茶でも飲みながらリラックスして聴くには最適の一枚だと思う。耳触りがいいので何かをやりながらBGMとして聴くのもいいだろう。意外にもポールのアルバムには今までこういう作品がなかったので、やはり『キス・オン・ザ・ボトム』は「こういうアルバムが一枚ぐらいあってもいい」と思えるような作品というのが現時点での結論である。(完)

参考:
キス・オン・ザ・ボトム(日本盤 ボーナストラックなし)
Kisses on the Bottom (UKデラックス盤 ボーナストラック有)


コメント
非公開コメント

お邪魔します。

さすがにここまで来ると買ってないヤツがアルバム全体の評価をどうこうコメントできませんが(爆)、低いっスねー評価(なんとなくモヤモヤする…笑)。

買ってない私が想像するには、「ラン・デヴィル・ラン」 みたいな感じなのかな~。 種類は違うけど受け取りかたが、という点で。

2012-03-16 06:38 │ from 橋本リウURL

音楽

まぁ・・・・僕はこのアルバムをあえて評価しないようにしています。
基本的に他のアーティストの曲もあんまり評価はしません。理由は、僕には、その人がどういう気持ちで
この曲を作り、どういう気持ちで音作りをして、どういう気持ちでリスナーに聴いてほしいのか分からないからです。要するに、勝手に解釈して誤った受け取り方をしたくないんです。

だから、今ビートルズを聴いたり、ポールを聴いたりしていますが、もちろん気に入った歌詞もありますが
音がかっこいい!!とか声が好き!!ってかんじでほんと単純な大人のような歌詞を深く理解し
声の強弱を理解するようなものではなく、子供が楽しい音楽を聴いてノリノリで元気になるような感じで
聴いています。もちろんそんな子供で終わるつもりはなく、これから、20代、30代になるにつれ深めていきたいと思っています。なんで僕にとってこのアルバムはポールがいっていたように「心を癒すサウンド」
なので、じっくり聴こうとしていません。
ですが、これから主さんのように、ポールと向き合い、アルバムの評価をしっかりできるように
なりたいと思っています。今の好きな曲は、「Helter Skelter」です。また変わりましたwww
ですが今までのも好きです。

2012-03-16 21:04 │ from ポールマニアURL Edit

『キス・オン・ザ・ボトム』はポールの新曲が素晴らしい事も特筆される部分ですよね。ポールが まだまだソングライティングの腕は健在である事が確認出来て ファンとして嬉しいです。

管理人様の評価もポールいう人が自作自演を本領としているアーティストという部分を大事にされている事が伺えて それはそれで納得です。
管理人様も「こんなアルバムが一枚あってもいい」と仰っていますが、今後のポールの方向性に 新たな可能性を作った事は、私も評価したいですね。
特にヴォーカルについては、少し枯れた味わいを加えた 囁く様な歌唱は、なかなか良かったと思いますよ。若き頃に負けじと 必死に声を振り絞ってシャウトする姿も悪くはないですが… そろそろ年相応のヴォーカルスタイルを 新しく披露して欲しいとも思っています。
そういう意味でも 今回の新作は、曲作り以外にも これからのポールに期待したい事が沢山詰まっている作品ですね。

少し話題が逸れてしまいますが、ポールって基本的に音楽活動というか…生き方が一貫してますよね。ビートルズ時代から現在までロック・ポップスの王道をまっしぐらです。なので新しい作品は、どうしてもビートルズと比較されてしまう傾向にあります。常に高いレベルの作品を要求されているという事です。

盟友のジョンは音楽活動以外にも様々な活動を展開して、作品にも思想的な部分を盛り込んだり 個人的な内容を盛り込む事で ビートルズ時代の作品とソロ時代の作品を 大まかですが色分け出来ていたと思います。ある意味 ロック・ポップスのスターを越えた存在になりましたよね。
極端な話、ジョンの場合は『ジョンの魂』とビートルズのアルバムと比較して云々と語る人は少ないですけど、ポールは常に それが付きまとっています。政治的な事や思想的な事もあまり 自身の音楽に持ち込まない所も理由かも知れませんね。

ビートルズ時代から大きな転換をせず、ひたすらロック・ポップスの王道を歩むポールって ある意味とてもストイックな生き方だと常々思っているのですが、ポールにも ちょっと違う道を模索しても そろそろいい時期かも… なんてお節介ながら思ってしまいます…

少し枯れた味わいのポールだって悪くないし、こういうジャズテイストの作品も、これからのポールには良いかも知れませんね。
でもポールは 我々の想像の更に上をいく天才… そして逆境に強いタフな性格なので、こらからもロック・ポップスの王道を極めていくのでしょうね。こうして下らない事を考えながらも 常々ポールの偉大さを実感している今日この頃です。

私も『キス・オン・ザ・ボトム』の中から、特に好きな曲を5曲選んでみました。オリジナルの新曲2曲は別格として 今回は除きました。

・It's Only A Paper Moon

・Home

・The Inch Worm

・My Very Good Friend The Milkman

・Get Yourself Another Fool



2012-03-17 01:40 │ from テツURL

リウさん
コメントありがとうございます。さすが突いてくるなあ~。たしかに低いっすよね、評価が・・・(苦笑)。ケイオス(9)、メモリー(7)、EA(6)とか考えていくと、どうしてもこんな感じになっちゃうんです。それと『ラン・デヴィル・ラン』と似たような感覚というのはありますね、個人的には。出来はいいんだけど・・・みたいな。

2012-03-17 01:41 │ from 管理人URL

ポールマニアさん
コメントありがとうございます。そうです、音楽は評価なんかしないでただ純粋に楽しんで聴くのが一番ですね。いちおうポール専門のブログなので、時には評論家のマネみたいな事もしておりますが、記事の内容にはあまり左右されず、「ま、こういう事考えてる人もいるんだ」ぐらいに軽く受け取ってもらえらば幸いです。

2012-03-17 01:54 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。私はポールの曲がほとんどオリジナルキーで歌えないのですが(声が低い)、今回のアルバムは車の中でほとんどの曲をポールと一緒に歌えました(笑)。おそらく今回のアルバムは意識的にキーを下げて作ったのではないか、などと想像しています。そういう意味でも今までにないテイストがありますよね。私の評価は参考程度なので、あまり気にしないでね~。

2012-03-17 02:03 │ from 管理人URL

こんばんは、僕はこのアルバム、歌のみで勝負するというスタンスはポール本来の姿に目覚めてくれたようで嬉しかったのですが、ちょっと真面目すぎるように感じました。
せっかくカヴァーをするんだからジャズの範疇に囚われず、もっと馴染みある、ポールが歌ったら面白いなと思わせるベタなカヴァーが聴きたかったです。
例えばヴァンの『Can't Stop Lovin' You』やスティービー・ワンダーの『Part-Time Lover』、マライアの『Without You』・・・邦楽は望めなくてもせめてボニー・タイラーの『Holding Out for a Hero』(笑)ぐらいのフレキシブルでワクワクするようなカヴァーが聴きたかった~。
元が知らないとカヴァーの魅力も半減しますし(自分中心ですが)。スタンダードならせめて『ジョニー・B.グッド』とか。
贅沢言えばウィングス時代のポールのシャウトでそれらを聴ければ申し分なし・・・(といってもまだ生まれてない曲ありますが:笑)

あとポールマニアさんに言うならば、難しく考えなくてもご自身の感想は立派な“評価”ですよ。
巷で蔓延る批評とかも、結局は「~こう思った、~こう感じる」の主観に過ぎませんし、僕も映画批評ではそれを貫き通してます(笑)
うんちくなんかより結局は自分が好き嫌いで語る事こそが、最高の批評だと思います。

2012-03-19 23:39 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。今回ポールはあえて意識的に超有名曲を避けた、というあたりがアイヤーダイさんの言うマジメすぎる、またはちょっとおとなしめ、といった印象を与えているのかもしれませんね。一枚のアルバムの評価は、初めはともかく、最終的には曲の善し悪し(好き嫌い)が分かれ目になると思ってますので、そういう意味では楽曲が若干弱めかなというのは私も否定できないところではあります(笑)。

2012-03-20 14:09 │ from 管理人URL

Without You・・・『マライアの』、ときましたか・・・一応、ビートルズ関連掲示板ですから「バッドフィンガーの』といってほしかった・・・バッドフィンガーってやっぱり悲しいです・・・・・数限りないカヴァーバージョンがありますが、オリジナルを超えるものはひとつない・・と思います(セカンドチョイスはニルソンでしょうかね。ちょっと前まではWithout Youといえばニルソンだった・バッドフィンガーはやっぱり悲しい。生きていれば印税でほくほくだったろうに)

2012-03-20 14:10 │ from るんばURL Edit

るんばさん
コメントありがとうございます。ビートルズファンの多くがバッドフィンガーを聴いて育ったんでしょうが、私はほぼ全くバッドフィンガーを知らないファンなのです(珍しい?)。なのでコメントのしようがないのですが、ニルソンの“Without You”だけは知ってましたよ(マライアがカバーしたことは知らなかったですが)。名曲ですよね。

2012-03-21 10:06 │ from 管理人URL

バッドフィンガーってききたくても聞けないという感じの人が多かったとおもいます。LP時代はとても困難でしたし、なかなかCD化もされなかったですよね。Without Youも最初はニルソンでききました。バッドフィンガーのオリジナルを聞いたのはずいぶんあとだったとおもいます。ニルソンもちょっと悲しいひとでソングライターとしてもたいへんすぐれているのにヒット曲はカバーばかりでしたねえ。

2012-03-21 19:39 │ from るんばURL Edit

私も管理人様と同じでニルソンから入り、マライアで度肝抜かれました。
バッドフィンガーはホント最近知って聴いたのですが、マライアの超絶歌唱で僕にとって同曲は完全に彼女のナンバーですね(笑)

2012-03-21 23:29 │ from アイヤーダイURL