ポールの曲: 『ラヴリー・リンダ(The Lovely Linda)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『ラヴリー・リンダ(The Lovely Linda)』

ポールの曲: 『ラヴリー・リンダ(The Lovely Linda)』

『ラヴリー・リンダ(The Lovely Linda)』は、ポールには失礼だが、記念すべき初のソロアルバムのオープニングを飾る曲にしてはなんともさえない曲に思われる。聞くところによれば、『ラヴリー・リンダ』はもともとポールが独力でアルバム制作を始めるにあたり、レコーディング機材のテスト用に録音された曲であったという。たしかに仕上がりはとてもラフでまるでデモテープのようだし、曲の出だしも途中からいきなりテープを回したかのような中途半端なイントロに聞こえてしまう。曲の長さもわずか42秒という短さだ。1970年当時の時代背景などを考え合わせると、アルバム『マッカートニー』は様々な意味で衝撃的な作品であるが、オープニング曲『ラヴリー・リンダ』にはのっけから聴き手の期待を完全に裏切ってやろうというポールの意図が見え隠れするのである。

このアルバムが発売された当時、ファンはポール・マッカートニー初のソロアルバムにきっとビートルズのような完璧な作品を期待していたにちがいない(『マッカートニー』は『アビイ・ロード』の発売からわずか7か月後に発売された。これが期待せずにいられようか?)。だがポールはアルバムのまさに1曲目で、そんなファンの期待を見事に打ち砕いてしまう。「もう僕はビートルズじゃないんだ。僕のレコードにビートルズを期待しても無駄さ。僕は自分のやりたいことをやるんだ。」そんなメッセージを僕は『ラヴリー・リンダ』という楽曲に聴き取ってしまう。もしビートルズのアルバムであれば、この曲はオープニングはおろか、おそらくアルバムの中の1曲として収録されることさえ許されなかったであろう。

だから、この曲はポールの事が好きで好きでたまらない人たちにとっては、彼の素顔が垣間見える大切な小品となり得るのだろうが、ビートルズをその作品の完成度の高さゆえに聴き続けてきた人たちにとっては、この曲は全くもって聴くに値しないクズ曲にしか聴こえなかったにちがいない。さて僕はといえば、完全に前者のタイプである。たとえばポールの曲が3、4曲しか入っていないビートルズのアルバムよりは、僕はたとえつまらない曲が入っていても全曲ポール・マッカートニーのアルバムを選ぶような類いのファンである(笑)。つまりポールが作る曲ならば、それがたとえどんな曲あってもオーケーというわけだ。それがなぜなのかはわからない。ただ、僕にとってそのように思えるアーティストは世界中でポール・マッカートニーただ一人だけ。彼は僕にとって別格であり、規格外であり、破格のアーティストなのである。

曲の内容は言うまでもなく愛妻リンダのことを歌ったものである。日本人的な感覚からいうと、自分の妻や恋人へ捧げる歌を開けっぴろげに、しかも実名でアルバムの1曲目に入れてしまうなんていうのはなんだかとても恥ずかしい事のような気がしてしまう。少なくとも僕なんかには絶対できない芸当である。このあたりはジョンとも共通するところで非常に興味深いのだが、ジョンが最後までヨーコ、ヨーコと歌い続けたのに対し、ポールが実名でリンダを歌ったのはこの曲が最初で最後であった。世紀のスーパースターにこんな曲を作ってもらい、目の前で歌われた女性はいったいどんな気持ちがするのであろうか…。

参考:
マッカートニー(スーパー・デラックス・エディション)
ポール・マッカートニー(デラックス・エディション)


コメント
非公開コメント

コメント連投失礼いたします。

ポールも、「ヘザー」 という曲を臆面もなく作ったとき(笑)、「ラヴリー・リンダ」 に共通する無邪気さを感じたものですが(笑)。
ただ自分はこの曲、「ああ、このアルバムは 『レット・イット・ビー』(アルバム)と同じスタンスだ」、と強く認識した1曲でしたね。 続く 「きっと何かが待っている」 では、「数行の歌詞でごり押しすんのは 『ホワイト・アルバム』 と同じ路線か」 なんて…。

つまり 「マッカートニー」 というアルバムは、「ホワイト・アルバム」 と 「レット・イット・ビー」 の混合スタイルだ、ということを知らしめるためのワンツーだったのではないかな、なんて感じます。

そして最後の笑い声一発。 「ムフフフフフフ」 みたいな(爆)。 あまり上品な笑い方とは思えない気がします(ハハ…)。 髭をボーボーはやしてたから口を開けて笑えなかったんじゃないか、と(笑)。

それはともかく、何か挑発的な笑い方、といってもいい気はするんですよ。

ジョンに向けたような、ね、

ジョンはその挑発にまんまと乗り(爆)、この1曲目の曲をボロクソにけなしておりました(みんな若かった…)。

2012-02-01 09:11 │ from 橋本リウURL

「ラヴリー・リンダ」
この曲が取り上げられて嬉しいです。私も お気に入りの曲ですよ。

とてもシンプルなサウンドなので 発表当初から、様々な批判もあったそうですけど、リンダへ向けたラヴソングとして リッチなサウンドより こちらの方が、愛を伝える歌としては温かみを感じますね。
それに歌詞も「ラ~ ラ~ ラ~♪ ラブリー♪ リンダ~♪」なんて 微笑ましいですね。きっと硬派なロックファンには受けないとは思いますが… こういう所も ポールの個性なんです。

私は収録アルバムの『マッカートニー』って、リンダに捧げたラヴソング集だと思います。一部 ビートルズ時代に録音を試みていた曲を再録していますが、ほとんど収録曲の歌詞の内容は リンダに向けて歌われていると思いますよ。
この辺りはよく知られた事だと思うのですが、ポール初のソロアルバムといった話題性や ビートルズと比較してチープなサウンドであった事ばかりが あまりにも強調されてしまって ちょっと可哀想な作品でもある気がします。

ファンや大衆に向けた作品というより、ポールがリンダに捧げた とても個人的な作品集だったと思います。
だから必要以上に リッチなサウンドにする必要も無かったのではないでしょうか?
そして リンダに捧げた個人的な作品集だからこそ、1曲目に「ラブリー・リンダ」を収録したのかも知れませんね。

ポールは リンダと新しいスタートを歩む事を世間にアピールする為に 敢えてリンダに捧げた『マッカートニー』をリリースしたのだと思いますよ。
俺はソロアーティストとしても 充分にやれるんだ!なんて意気込みで発表したアルバムでは無かったと思うし、そんな野心を見せるのはウイングス結成後かな…

「ラブリー・リンダ」は、リンダの死後 彼女に捧げる為に発表されたクラシック作品集 『ワーキング・クラシカル』に収録されましたし、2枚組のベスト盤『ウイングスパン』にも収録されていました。
ポールにとって とても大切な曲なのでしょうね。

もちろんリンダにとっても大切な曲だったと思います。
まだ世界中がポールに対して ビートルズを期待している中で、ラブリーリンダと自分の名前を入れたラヴソングを歌ってくれたのですから とても嬉しかったはずです。

ポールもなかなか 心憎い事をやりますね(笑)「ラブリー・リンダ」を含めて ポールのラヴソングはとても好きです。

2012-02-02 01:09 │ from テツURL

リウさん
コメントありがとうございます。そうですか、ジョンはこの曲をけなしてたんですね。しかし、この曲を取り上げてみて意外な反響に少し驚いています。ここに来る人はみんなホントにポールが好きなのね~(笑)。

2012-02-02 06:25 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。私もアルバム『マッカートニー』はリンダがいたからこそできた作品だと思います。一人で全部のパートをやってしまうなんて、普通の人なら面倒くさ過ぎですが、それができた。それは彼女がいつもそばにいて見てくれていたからなのではないかと。ポールにとっては存在証明みたいなところもあったと思いますし、やはり重要なアルバムですよね。

2012-02-02 06:30 │ from 管理人URL