僕の好きな曲:『ドリームス(Dreams)』by フリートウッド・マック - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲:『ドリームス(Dreams)』by フリートウッド・マック

僕の好きな曲:『ドリームス(Dreams)』by フリートウッド・マック

約1カ月の充電期間を経て、記事のアップを再開いたします。休止中にもかかわらず、日々アクセスいただいた皆様ありがとうございました。今後当ブログではポールとビートルズの話題以外に、音楽全般の記事も併せてアップすることにします。それ以外の記事は姉妹ブログ『生きているだけでめでたい』に掲載しますので、今後とも両ブログをよろしくお願いいたします。

さて、再開第1発目はスーパーバンド、フリートウッド・マックの『ドリームス』である。最近この曲が収録されたモンスターヒットアルバム『噂(Rumours)』のリマスター盤を入手し、改めてこのアルバムの素晴らしさを日々堪能しているところなのだが、昔から一番好きな曲はこの曲『ドリームス』であり、それは今も変わることがない。

この曲、とにかく曲の始まりがなんといっても素晴らしい。言うまでもなくミック・フリートウッドのパンチの利いたドラミングの事である。若い頃はこのイントロ部分だけを何度もプレイバックして聴いたものだ。この珠玉のイントロに重厚なベース、魅惑的なキーボード、そして妖艶なスティーヴィー・ニックスのヴォーカルが乗っかってくると、まさに一瞬にして「夢見ごこち」の世界へいざなわれるといった具合。リンゼイ・バッキンガムのギターも、バッキングヴォーカルの出来も素晴らしいが、曲の骨格を成すのはやはりドラムスとベース、そしてスティーヴィーのヴォーカルである。ミック・フリートウッド(ドラムス)もジョン・マクヴィー(ベース)もプレーヤーとしてはそれほど有名ではないかもしれないが、その力量は全く疑う余地がない。『ドリームス』はシンプルでかつ美しい…。ヘッドフォンで音量を大きめにして聴きたくなる曲だ。

この曲が収録されているアルバム『噂(Rumours)』はこれまでにアメリカだけで1900万枚、全世界で4000万枚以上のセールスを記録しているそうだ。世界で最も売れたアルバムの1枚に数えられるのだろうが、個人的にも僕は特にフリートウッド・マックの大ファンというわけではないが、それだけの内容は十分に備えた作品であると高く評価している。60年代~80年代の洋楽ファンならば1度は聴いたことのあるアルバムであろう。サウンドもリマスタ盤は申し分がない仕上げとなっている。

参考:噂(リマスター&ボーナス・ディスク・エディション)


コメント
非公開コメント

管理人様、皆様、本年も宜しくお願い致します。
記事の再開、楽しみにしておりました(笑)

今回の、フリートウッドマック「ドリームス」ですが、私は当初この曲が収録されたアルバム『噂』の良さがイマイチ分からなかったのですよね。

学生時代に初めて聴いたのですが、私自身 勝手にロックっぽいサウンドを想像していたのですけど、実際はロックと言うよりポップスに近い曲調… とても整理された端正なサウンドに、大ヒットアルバムという実績に関わらず、内容は比較的地味な内容(あくまで私の感想です)に、当初は戸惑いを覚えましたね。

初期のブルースロックを演奏していた時代が好きなだけに、メンバーチェンジでここまで変わってしまったのも ちょっと残念でした。

そんな個人的な先入観を抜きにして、この『噂』を改めて聴くと、やはり端正なサウンドに美しいメロディが詰まった作品群は素晴らしいですね。
車の中で聴いてもいいし、誰かと一緒に聴くのにも躊躇しない 万人向けの作品だと思います。
そんな所も大ヒットを記録した秘訣なのでしょうね。

ただ個人的には、今ひとつ思い入れを抱きにくい、又はそれすらも入り込む余地のない端正なサウンドに 未だに距離感を抱いているのも確かです。

あくまで私の感想ですので、もっとこの作品について魅力を見つけていらっしゃる方は沢山いると思います。
また改めて、聞き直してみたくなりました。


2012-01-13 03:08 │ from テツURL

テツさん

今年もよろしくお願いいたします。フリートウッド・マックは初期のほうが好きな人もけっこういるようですね。私はわかりやすく、こなれたサウンドが好きなので『噂』は最初からすんなり入ってきたようです。ただ、だからといってまともに聴いたのは次の『タスク』までで、けっこう中途半端なファンではあります(笑)。ただ、このアルバムがバンドの状態が最悪な中で作られたとは驚きでした。

2012-01-13 05:16 │ from 管理人URL

何千、何万回聞いても酔いしれます!!

こんにちは。よくプロスポーツは和で勝つのでなく勝ってチームの和が出来るなどと言われます。マックはそんな‘ザ・プロフェッショナル’のスピリッツをいつ時も絶えず感じさせる唯一無二のグループでした(です)。メンバー各々何らかの問題を抱えつつもステージや曲作りに於いては非の打ち所のない纏まりで音楽ファンを唸らせてしまう。‘ドリームス’を含むルーマーズ(噂)はそんな彼等5人がまさに絶頂期にあり、個性を曲々に散りばめながらもマックというグループに心血を注ぎ込んだ超渾身の一枚ですね。円熟の境地に達していたハイ・クオリティなサウンドに益々拍車が掛かった華やかなステージング。これで大ヒットしない方がおかしいです(笑)。発売から37年が経過しましたが、時々CDラックから取り出してつい聞きたくなる愛すべき私の定番(盤)。スピーカーの向こうから怖いもの知らずの彼らの勢い、元気だったポップ・ロックの時代が懐かしく蘇ってきます‥☆

2014-02-18 15:42 │ from なにわのヒバゴンURL

なにわのヒバゴンさん
コメントありがとうございます。あの頃の音楽はどこへ…。懐古趣味と言われてもいい。ほんと懐かしいです。

2014-02-19 18:22 │ from 管理人URL