ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その2『英・米でチャート1位を獲得したアルバム』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その2『英・米でチャート1位を獲得したアルバム』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その2『英・米でチャート1位を獲得したアルバム』

さて、それではまず初めにポールが10年ごとに本国イギリスとアメリカで1位を獲得したアルバムから見ていこう。(出典は全てWikipediaより)

第1期(1962年~1971年)20代
★イギリスで1位を獲得したアルバム:12枚
『プリーズ・プリーズ・ミー』『ウィズ・ザ・ビートルズ』『ア・ハード・デイズ・ナイト』『ビートルズ・フォー・セール』『ヘルプ!』『ラバー・ソウル』『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『ザ・ビートルズ』『アビイ・ロード』『レット・イット・ビー』『ラム』
●アメリカで1位を獲得したアルバム:15枚
『ミート・ザ・ビートルズ!』『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』『ア・ハード・デイズ・ナイト』『ビートルズ '65』『ビートルズ VI 』『ヘルプ!』『ラバー・ソウル』『イエスタデイ・アンド・トゥデイ 』『リボルバー』『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『マジカル・ミステリー・ツアー』『ザ・ビートルズ』『アビイ・ロード』『レット・イット・ビー』『マッカートニー』

第2期(1972年~1981年)30代
★イギリスで1位を獲得したアルバム:4枚
『バンド・オン・ザ・ラン』『ヴィーナス・アンド・マース』『スピード・オブ・サウンド』『マッカートニーⅡ』
●アメリカで1位を獲得したアルバム:5枚
『レッド・ローズ・スピードウェイ』『バンド・オン・ザ・ラン』『ヴィーナス・アンド・マース』『スピード・オブ・サウンド』『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』

第3期(1982年~1991年)40代
★イギリスで1位を獲得したアルバム:3枚
『タッグ・オブ・ウォー』『ヤァ!ブロード・ストリート』『フラワーズ・イン・ザ・ダート』
●アメリカで1位を獲得したアルバム:1枚
『タッグ・オブ・ウォー』

第4期(1992年~2001年)50代
★イギリスで1位を獲得したアルバム:0枚
●アメリカで1位を獲得したアルバム:0枚

第5期(2002年~2011年)60代
★イギリスで1位を獲得したアルバム:0枚
●アメリカで1位を獲得したアルバム:0枚

※ビートルズ解散以降に発売されたビートルズのアルバムチャート記録は、ポールソロ期の成績がぼやけてしまうため、上記には入れずここに追記する。
ビートルズ解散後に発表されたビートルズ名義のアルバムで、チャート1位を獲得したものは以下の通り。

★イギリスで1位を獲得したビートルズ名義のアルバム:計4枚
『ライブ・アット・ザ・ハリウッドボウル(1977)』『ライブ・アット・ザ・BBC(1994)』『アンソロジー2(1996)』『1(2000)』
●アメリカで1位を獲得したビートルズ名義のアルバム:5枚
『ザ・ビートルズ1967-1970(1973)』『アンソロジー1(1996)』『アンソロジー2(1996)』『アンソロジー3(1996)』『1(2000)』

つまりビートルズのものも全てひっくるめると、ポールは過去50年間にイギリスで23枚、アメリカで26枚ものアルバムが1位を獲得していることになる。そして単純にポールのソロ期だけをカウントしても、イギリスで8枚、アメリカで7枚のアルバムが1位に輝いているのだから、これはもうポール単独でも大変に立派な数字である。調べたわけではないが、単独のアーティストとしてはこれだけで十分に世界のトップレベルといえるのではないだろうか。ただビートルズだけが凄すぎるのである。

上記のチャート成績/記録を見て思うことは、まず第1にビートルズ時代の記録というものがいかにすごいものであったかということ。第2にソロ期に関しては特にウイングス時代の記録が非常に優れたものであったということ。そして第3に50代以降、つまり20年以上もポールはアルバムがチャート1位を獲得していないということである。

1番目、2番目についてはまあ良しとして、特に3番目については、ファンとしては非常に悔しい思いがするのである。なぜか?それは20年以上もポールが1位を獲っていないというのは、とてもポール・マッカートニーらしくないことだからである。それでも作品の質自体がどうしようもなく落ち込んでしまったのであれば、まあ才能が枯渇してしまったのだとか、勢いがなくなってしまったのだとか、年令による衰えなのだとか、もっともらしい理由をつけることもできようものだが、そんなに簡単な話でもないから僕のようなオールドファンにとってはなおさらに悩ましいのである。

なぜなら、現実にはポールはコンスタントに良い作品を作り続けてきたからだ。

そして、これこそがまさにファン以外の一般大衆が最も理解していない点でもある。あまりにもビートルズ時代のポールの作品が際立っているがゆえに、ポールはある意味ビートルズで終わってしまったと思われているのである。ましてや2000年以降の作品など誰も聴こうとはしない。

だが実際に具体的な例を挙げるならば、『フラワーズ・イン・ザ・ダート』以降にポールがアルバムチャートで1位を獲れた可能性というのは最低でも3回か4回はあったのである。一つは『フレイミング・パイ』(米2位)のときであり、もう一つはベストアルバムだが『ウイングスパン』(米2位)のときであり、『ケイオス・アンド・クリエーション…』(米6位)のときであり、『メモリー・オールモスト・フル』(米3位)のときであった。(『メモリー・オールモスト・フル』のときには、その週の1位との実質的なセールス枚数の差はわずか数千枚であったと言われている。)

上記はいずれも作品の内容的には1位を獲ってもけっしておかしくない作品である。ただ、いかんせんヒットシングルがなかったことと、以前とは違いどうしても話題性に乏しかったり、プロモーション等の宣伝が十分でなかった事なども災いし、本当に僅差で1位を逃すという結果に終わってしまったのである。上記のうち、せめて1枚か2枚かでも1位になっていれば、世間のポールに対する評価というのもまた今とは違ったものになっていたかもしれない。

たとえばポールと同世代のアーティストとして、最近チャートで大カムバックを果たしたボブ・ディランという人がいる。彼は60年代、70年代にフォークの神様として一世を風靡し、ビートルズにも多大な影響を与えた偉大なシンガーソングライターであるが、彼もまたポールと同じく80年代以降はチャートの成績が振るわないという状況が長らく続いていた。ところが、2006年のアルバム『モダン・タイムズ』が突如としてビルボードアルバムチャートの1位に輝き、1976年の『欲望』から実に30年ぶりに全米1位を獲得するという離れ業をやってのける。そして続く『トゥゲザー・スルー・ライフ』では全米、全英共にアルバム1位となり、今や彼は完全に以前の「神のごとき威光」を取り戻したといえる状況にあるのである。僕自身はこの2枚のアルバムを聴き込んでいないので、アルバム自体の出来についてのコメントは差し控えるが、やはり事実として1位を獲るか獲らないかは、そのアーティストの評価に天と地ほどの違いをもたらすものなのだ。やはり「2番」ではダメだし、「3番」ではダメなのだ。

そういう意味では、本当に悔しい、今1度No.1が欲しいと思っているのは実はポール自身なのかもしれない。60年代、70年代にはあれほどいとも易々とNo.1アルバム、No.1シングルを量産していた彼が、まるで魔法にでもかかってしまったようにピタリと1位が獲れなくなってしまったのであるから。長年連れ添ったEMIからついに移籍が現実となってしまったのも、なにかしら新しい風を吹き込みたいというポール自身の意志の表われではないかと思ったりもする。

たとえポールがこのまま1位を獲れずに終わってしまったとしても、僕個人としては何も不平不満はないし、ここまでがんばって現役を続けてくれたポールにはただただ感謝の気持ちしか湧いてこないというのが偽らざる思いであり、本音である。ポールはこの50年間に僕たちファンに本当に彼の全てを与えてくれたのだから…。

だから「もう1度だけ1位を」というのは、ポール本人へのリクエストというよりはむしろ神への祈りというものに近いものがある(笑)。もしも、もう1つだけ願いが叶うならば…。ああ神様お願い…。

参考:
Amazon.co.jp ザ・ビートルズ・ストア
モダン・タイムズ
トゥゲザー・スルー・ライフ


コメント
非公開コメント

そうですよね!私も管理人様の記事に同感です。
ポールには もう一度、チャートで1位を獲って欲しいです。

ビートルズ時代のチャート記録は もう別格扱いと言いますか、とんでもない数字ですよね。
ポール自身のチャート成績だけでも 歴代10傑には入ると思いますよ。特にアメリカでのアルバム成績は凄いですよね。
『レッド・ローズ・スピードウェイ』から『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』までは5作連続で1位を獲得していますから ビートルズに匹敵するチャート成績を記録していた事になりますね。

私がポールのファンになってから リアルタイムでポールが1位を獲得したのは アルバム『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の全英1位のみ… アメリカに至っては まだ経験していません。
やはりファンとしては、1位に返り咲いて欲しいという願いは強く持っています。

近年だと ボブ・ディランや、ロッド・スチュワートのチャート1位獲得が記憶に新しいですよね。
近年のディランは ブルースやカントリー等々、アメリカン・ミュージックのルーツに根ざしたサウンドを上手く取り込んでいて、とても聞き応えがあります。
勿論ディランのネームバリューもあると思いますが、この様なサウンドのアルバムが1位を獲得する英・米のチャートって 何だか羨ましい気もします。

ロッド・スチュワートもアメリカのスタンダード曲をカバーし 大きな支持を得て、約30年ぶりにチャート1位に返り咲きましたよね。
しかし、我々ファンがポールに求めている作品って、ルーツに根ざしたサウンドや楽曲ではなく、ビートルズやウィングス時代を彷彿とさせる… いや、それらを超える様な素敵なメロディのポップスでありロックンロールだと思うので、やはりポールのソングライティングが 1位獲得の為には大きな鍵を握っている気もしますね。

それでも来年に発売が噂されるポールのスタンダード・カバー集は 最近のチャート傾向からして もしかすると大ヒットするかも…という期待もあります。
あのトニー・ベネットも1位になりましたからね。

あと、ディランがチャートで見事な復活を遂げた理由は 過去の貴重な音源が満載のブートレッグ・シリーズのリリース等で再評価機運が高まっていた事と 地道なライヴ活動で、昔からのファンに加えて 新しいファンも取り込めた事にあるんじゃないかと思っています。
日本での話ですが、昨年のディラン来日公演を観に行った時 若いファンの方も少なからずいらっしゃったので、やはり新しいファンの獲得は大切だと思います。

そういう意味では ポールもライヴ活動には熱心ですし、ビートルズ時代の作品を通じてポールを知る若いファンも多いと思いますので、チャンスはあると思いますけどね。

1位…1位… と1位にこだわっていますが、やはりファンの勝手な思いですけどポールには1位が相応しいと思ってしまいます。
管理人様も仰っていますが、2位や3位では印象として弱いですよね。1位とは順位が1つか2つしか違わなくても大きな差だと思います。
あのジョージ・ハリスンが、アルバム『クラウド・ナイン』で大復活を遂げたと強く印象に残ったのも 作品の素晴らしさもありますが、シングル「セット・オン・ユー」の全米1位があったからだと思います。

ポールが1位に返り咲けば、ポールに再び大きな注目が集まり、新たなファンが増える事も期待出来ます。
新しいファンの獲得は とても大切な事ですよね。

グラミー賞も久しぶりに受賞した事ですし、次はポールのチャート1位返り咲きを 私も神様にお願いをします(笑)

2011-11-09 03:40 │ from テツURL

お邪魔いたします。

1位というのが何物にも代えがたい価値であるのはファン心理ってもんでしょう~。
ただ最近のポールのアルバム、チャートアクションはすごいですね。 休火山がふつふつと膨れ上がっている機運を感じます。

まあでも、チャートなんか全然気にしなくなって、もう四半世紀以上たちますなあ(ハハ…)。
件のブラック・ミュージック及びヒップ・ポップだのラップだのが流行り出してからは、「米英のミュージック・シーンは死んだ」 とまで思ってますから。 ラップなんか音楽じゃない、といまだに思ってますんで、ワタシ(ジョンの 「ギヴ・ピース・ア・チャンス」 がその源流だというのに…)。
チャートに興味ないのは日本でも同様なんですけどね。
興味あったのは寺尾聡サンが出たころまでかなあ(いつなんだ…爆)。

テツさん話題にしてましたけど、ポールのスタンダード・カヴァー・アルバム…。

ん~、ポールには現役でいてもらいたい、というのは、私だけの感想ですかね…。 ロックンロールのカヴァー集とは意味が違うような気がするんですけど(異論反論歓迎です)。

2011-11-09 08:14 │ from 橋本リウURL

テツさん
コメントありがとうございます。ディランもよく聴き込んでおられるようですね。私はディランの音楽はちょっと肌に合わない感じで現在に至っています。またいい作品などあればまたご紹介くださいね。スタンダードのカバーアルバムは賛否両論ありそうですが、個人的にはなんでもやりたいことやってくださいポール様というスタンスです(笑)。

2011-11-09 11:27 │ from 管理人URL

リウさん
コメントありがとうございます。寺尾さんの売れ方は半端じゃなかったですよね。私は完全に無視しとりましたが(笑)。ヒップホップ&ラップ系を音楽として認めてない、というのは私も同感です。いや、逆にあれがここまで主流になり得たということ自体が驚きです。ま、時代に取り残されたということなのでしょうが、取り残されて結構、バカにされても結構、私は死ぬまでビートルズ、ポールでいいですから。

2011-11-09 11:37 │ from 管理人URL

チャートの話とは逸れてしまいますが、私はポールのスタンダード・カバー・アルバム発表に関しては 大歓迎なのですよね(笑)

オリジナルの曲を歌い、ロックンロールする姿こそ ポールの本質であるかも知れません。
だけどポールが偉大なアーティストである理由の1つに 非常に幅広い音楽性を備えている事は リウさんを始め、皆様ご承知の通りだと思います。

「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」などのカバーを始め、ポールが昔からスタンダード曲にも愛着を持っている事も有名だと思います
こういったスタンダードを取り上げて、1枚アルバムを作ってしまうのも 彼にとっては自然に沸き上がる様々な音楽的欲求を充たす手段の1つである気もするのですね。

私はポールの歌声が大好きです。彼はヴォーカリストとしても名を残す人だと思いますが、そんな彼の歌声を心行くまで堪能したいという時に、スタンダードのカバー集は とても有難いです。
スタンダード曲は、非常に数多くのヴォーカリストが歌っていますので(リンゴもアルバムを作っていましたね!) それらとポールのヴォーカルを聴き比べるという楽しみもあります。

トニー・ベネットが発表したスタンダードのデュエット・アルバムにポールは 「ヴェリー・ソート・オブ・ユー」という曲で参加しています。
ここで聴けるポールのヴォーカルは とても素晴らしいと思います!

ポールが まだこんなに甘く艶やかな歌声で歌える事に驚いたのと、彼のヴォーカリストとしての魅力に本当に参ってしまった次第です。
ヴォーカルに詳しい人が聴いたら、トニー・ベネットのヴォーカルと比べて未熟な部分はあるかも知れません。だけどここで聴けるポールの歌声は本当に素敵です。

ロックンロールだけでなく、ファイヤマンもやればクラシックもやる、バレエ音楽にも進出し、ジャズやスタンダードもこなしていまう。
これらどれも紛れもないポール・マッカートニーの姿なのですよね。確かに本領はロックでしょうが、ロック自体が様々な音楽性を吸収してきたジャンルですし、私はポールの様々な音楽に対する挑戦を応援します。

今までポールを通じて様々な音楽を教えてもらいました。本当にポールには感謝です…

2011-11-10 02:44 │ from テツURL

お邪魔いたします。

テツ様、私の意見に反論してくださり、感謝です(異論反論歓迎、と書いといて反論が来なかったらマヌケだなーと思っておりましたので…笑)。

私もポールがスタンダード趣味に基づく曲を作ることは、彼のひとつのスタイルだから受け入れています。 古くは 「ホエン・アイム・シックスティフォー」(16歳だかそこらで最初書いた曲ですよね)から、「ハニー・パイ」、「ベイビース・リクエスト」 も大好きな曲であります。 ポールの音楽的素養の背景には、紛れもなくスタンダードも絡んでますからね。

ただ、アルバムにスタンダードカヴァーを1曲入れる程度なら 「ああこういうアプローチもあっていいな」 とは思うのですが(ジョージも最後のアルバムまで執拗にやってましたよね)、これをまるまるアルバム1枚として出してしまうことに、ちょっと個人的には躊躇してしまうのです。

ロッド・スチュワートがこの手のアルバムを出して成功しているのはかすかに伝わっていましたが(ホント疎いなーポール以外…爆)、それを聞いたときに私の中ではロッド・スチュワートの現役感、というのはだいぶ減退いたしました。

それと同様なことを、このスタンダードカヴァーアルバム、という話を聞くと感じてしまうんですよね。 同じスタンダード集を出すのでも、他人の曲を最初から最後まで延々とやるのではなく、新作を出してほしい。 だからバレエ音楽を手掛けるのも賛成!だし(まーだアルバム、買っておりませんが…笑)、新しいことをやるなら何でも賛成!

これってまあ、ポールに対してもっと先鋭的であれ、もっとアグレッシヴであれ、と願う、私だけの感覚かもしれません。
これは自分では 「ジョン目線」 と勝手に呼んでいますが(笑)。
「ジョンがもし生きていたらポールに対してどう言うだろう」、という目線が、抜けきらないんですよ、自分。
ここのサイトにお集まりのかたがたは根っからのポールファンでいらっしゃるとお見受けいたしますので、私のような視点の者は異端だと思われるのですが。
管理人様もポールのやることなら何でも賛成、みたいですネ(挑発してるわけじゃありませんのであしからず…)。

2011-11-10 08:27 │ from 橋本リウURL

リウ様

いえいえ、反論なんてとんでもないですよ。
リウさんが仰りたい事は 充分に伝わっていますよ。
ポールの新曲で素晴らしいアルバムを期待しているのは私も同じです。

私は元来、ポールのスタンダード趣味な曲が好きで「ハニー・パイ」や「ユア・マザー・シュッド・ノウ」等々… その延長で様々なスタンダード曲も聴き漁るようになりました。
だからスタンダードのカバーアルバムと聞いても あまり抵抗がないのかも知れませんね。

ただスタンダードのカバー・アルバムを発表する事は、ある意味オリジナル・アルバムを発表する以上に プレッシャーがかかる事である気もします。
前回も少し触れましたが、スタンダード曲とは オリジナル曲 又はそのカバー曲が人気を博して 様々なアーティストに受け継がれスタンダードとなるのですけど、当然新しくスタンダード集を発表すれば 過去に遡り数多くの作品と比較され評価されてしまいます。

そこでスタンダード集を発表するアーティスト達は、自分なりの個性を出そうと 歌唱に試行錯誤しアレンジにも気を配ります。
またそこが 聴く側からすればスタンダードのカバー集の醍醐味ですよね。
スタンダードのカバー集は、ロックンロールのカバー集より さらに多くの聴衆を相手にする可能性もあります。
決して軽い気持ちで 取り組める企画ではないと思うのですね。

それにロック出身者では、ロッド・ステュワートが大成功させたばかり、もしポールがスタンダード集を発表するなら、注目・期待値のハードルは上がっているはずです。

スタンダードのカバーに取り組む事は、現役を半ばリタイアした安易な寄り道とは私は思えないのですよね…

私は ポールが数多いスタンダード曲の中から どの曲を選曲し、どんなアレンジでそして歌唱で聴かせてくれるのか非常に楽しみです。

ジョンならポールに何と言うでしょうね?(笑)
リウさんの「ジョン目線」でのコメントも とても楽しく読ませて頂いていますよ。

2011-11-11 02:23 │ from テツURL

お邪魔いたします。

まず管理人様、記事の内容とは関係ないことで盛り上がってしまい、まことに申し訳ありません。

そしてテツ様。 私のひねくれた考え方にご感想を述べてくださり、感謝申し上げます。

「ポールにとってスタンダードカヴァーアルバムを出すことも新たな挑戦のひとつなんだ」 というテツ様のお話に、「ジョン目線」 の私もただただ納得、溜飲を下げております。 さすがに幅広く音楽を聞いていらっしゃる方のご意見だと感じました。 私なんかポールしか追いかけてませんからね、正直なところ、現在のミュージック・シーン。 「ジョン目線」 などと言いながら、結構狭量な考えだったと自分を省みました。

ただほかの音楽に興味がないとはいえ、ビーチ・ボーイズの 「スマイル」 が最近ようやく彼らのオリジナルとして発売されたことは別です。
なぜかというとこれもポール絡みになってしまうのですが(笑)、このアルバムの中の1曲 「ベガ・テーブルズ」 に野菜をかじる音ほかで当時のポールが参加していたこと。 ブライアン・ウィルソンが 「スマイル」 全曲カヴァーしてそれをお披露目したときに、ポールも客席にいてそれを見守っていた、ということ。

ポールの 「ケイオス・アンド・クリエーション」 を最初に聴いたとき、その 「スマイル」 を観た影響が色濃く反映されている気がしたのです。 もし 「スマイル」 が当時実際に発売されていたら、ポールが 「サージェント・ペパーズ」 にかける意気込みもかなり変わっていたのだろう、と。
それで、今回のBBでのあらためての発売。 ポールの次回作にもいやがおうにも期待が高まっているところでしたので、ちょっとスタンダード・カヴァーの話にははしごを外されたような気分になっておりまして…(笑)。

テツ様の饒舌なコメント、私もポール愛をひしひしと感じております。
管理人様、重ね重ね、関係のない話で盛り上がってしまい申し訳ないです。

2011-11-11 12:51 │ from 橋本リウURL

リウさん
記事と関係ない話でも、ポールの話で盛り上がっていただけるなら、管理人としては大歓迎です。私も興味深く読ませていただいてますよ。

2011-11-13 02:35 │ from 管理人URL