ポール、『レット・イット・ビー』の歌詞について語る - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » ポール、『レット・イット・ビー』の歌詞について語る

ポール、『レット・イット・ビー』の歌詞について語る

ポールの代表曲の一つとして永遠に歌い継がれ、聴き継がれるであろう名曲『レット・イット・ビー』。だが一部のファンを除いて、僕たち日本人のほとんどはその詩の内容に関しては無関心である。しかし、歌詞の内容が自然と耳に入ってくる欧米人にとってはこの『レット・イット・ビー』という曲は、一般に宗教的なメッセージを含んだ曲と思われているらしい。

ビートルズ『1』の歌詞カードから冒頭の部分を引用してみよう
When I find myself in times of trouble
(悩み苦しんでいるときには)
Mother Mary comes to me
(母なるマリアが僕を訪れ)
Speaking words of wisdom
(知恵ある言葉をかけてくれる)
Let it be
(なすがままに)

さて問題は2行目の“Mother Mary comes to me”という部分である。ここでMother Maryをどう解釈するかで、歌詞の意味合いというか重みが全然変わってくるのだ。
上の訳では「母なるマリア」としていて、うまい具合にそのあたりをぼかしていると思うのだが、これは「聖母マリア」と訳すことも可能である。というか、キリスト教徒がこの曲を聴けば、まず普通に聖母マリアのことを思い浮かべるのだと思われる。つまり、「自分が悩み苦しんでいるときには、聖母マリア様が現れて、知恵の言葉を授けてくださる」というわけだ。そして、実際に欧米でも、一般にこの有名な曲が聖母マリアへの憧憬を歌った(キリスト教的という意味で)宗教的な曲と思われているらしい。

それに対し、作者であるポールが自らの口でこの歌が作られた経緯を語っているのが以下である。

「レット・イット・ビーができたのは、種々雑多な出来事が通り過ぎていた時代だった。みんなドラッグをやり過ぎていたし、僕たちもそうだった。それはある意味普通の事だったし、流行でもあったんだよ。あの時のことを知る人たちはみんなそう言うだろうね。そして、僕自身、すべての物事が少し度を越えた状態になりつつあった。かなり疲れていたし、ボロボロの状態だった。そんなある日の夜、ベッドには入ったんだけども、僕はなかなか寝つくことができなかった。」
「でも、僕はその日に母の夢を見たんだ。そのときにはもう死んでから10年ほども経っていたんだけど、まるで僕が苦しんでいるのを知っているかのように母親が夢に現れた。そして、『なすがままになさい』というような事を言ったんだよ。彼女が『なすがままに』とか、『だいじょうぶよ。心配しないで。』というような事を言ったのをかなりはっきりと覚えているよ。」
「翌朝目を覚ますと、僕はまだその夢を覚えていた。そこで『うん、これはいいアイディアだ』なんて思いながら、座って曲を書き始めたんだ。母が夢の中に現れた、そのときの感覚を思い出しながらね。」


つまりポール曰く、この曲での“Mother Mary”とは聖母マリアのことではなく、単純に彼の母メアリーだったのだ。

「この曲を作った時、僕はおそらく多くの人がこの曲を聖母マリア、聖処女マリアについて歌った一見宗教的な歌としてとらえるだろうなと思った。でも、僕としてはどちらにしろ問題はなかったよ。人がどうとらえようと、それはその人の自由だからね。」
「だけど実際は僕の母が夢に現れて、ほんとうに『なすがままに』と言ったというだけなんだ。そして、それは最高のアドバイスだったよ。ありがとうママ!」


ついでにポールは有名な『イエスタデイ』が作られたエピソードについても少し語っている。

「『イエスタデイ』も夢の中でできた曲だ。でも、そのときは母があるフレーズを口にした、というのとはわけが違う。このときは1曲丸々すべてが僕の頭の中にあったから。それがどこから来たのかは全くわからないけどね。」
「もし自分でその答えを出すとしたら、僕の頭の中にあるコンピュータが何年もかけて少しずつ曲を読み込んでいき、それが最終的に夢の中でプリントアウトされた、なんて感じかな。まるで魔法のような話だけどね。僕にはそれ以外の合理的な解釈が思いつかないんだ。」


参考:レット・イット・ビー(iTunes)
icon


コメント
非公開コメント

こんばんは!
定番を取りあげていただき、嬉しいです。このコメントからみてもポールにとって別格の二曲であることがよく分かりますね。
とかくコアなビートルズファンからは偏見の目で見られることが多い歌ですが(特に『イエスタデイ』は)、私が初めてビートルズという存在に打ちのめされたのも、中学の授業で聴かされたこの二曲からでした。
ジョンの事ばかり先生が話すからてっきりジョンが歌ってると当時思い込んでたんですが、やっぱりポール過小評価されすぎですね(笑)。

今でもビートルズと言えば真っ先にこの二曲を思い浮かべますし、実際どれもポールのソロ作と言ってもおかしくない内容で、私が「ビートルズといえばポール・マッカートニー!」と極論する所以です。

昨今のライブバージョンでしか体験したことのない方がもしいれば(いないでしょうが)、真っ先にオリジナルを聴いて(特に『レット・イット・ビー』は別物ですから・・・)ビートルズの偉大さを感じてほしいです。

2011-10-14 01:51 │ from アイヤーダイURL

「レット・イット・ビー」 この曲も大好きな曲です。 
間違いなくポールの傑作ですよね。

管理人様の記事の通り「Mother Mary」の解釈によって、歌詞の持つ意味合いも変わってきますよね。
ポールは母親・メアリーだと発言していますけど、「聖母マリア」と母親を意識的にイメージをダブらせて曲を作ったと私は思いますね。

「なすがままに」という達観したメッセージに対して、夢に現れた母親の言葉だけに留めず 宗教的な意味合いも含ませる事によって 個人的な歌から広く大衆にも受け入れられる曲になったと思います。

私は英語に疎いので 詳しい事は分かりませんが、「Mother Mary」という欧米人でも解釈が分かれる表現を敢えて使った所に 上記の様なポールの意図を感じてしまいます。

また宗教的なイメージがする要因として サウンドとポールのボーカルが とても崇高な印象ですよね。
ビリー・プレストンのキーボードやレズリー・スピーカーを使用したジョージのギターソロも 上手く曲を印象づけています。

構成もピアノがあってボーカルが入り、美しいバックコーラス、次にリンゴのハイハット、ベース… ドラムスと少しずつ音の厚みを増していく展開は とても素晴らしいと思います。

そして この曲の一番の肝は ポールのボーカルだと思いますね。繊細でとても美しいボーカルです。
ポールはライヴでも この曲を取り上げていますが、スタジオ・ヴァージョンを超える出来の物は まだ聴いた事がありません。
高揚したライヴ・ヴァージョンのボーカルは、スタジオ・ヴァージョンでの繊細なボーカルには及ばないですね。
それだけスタジオ・ヴァージョンの完成度が高いという事だと個人的には思っています。

メロディも「Let It Be~♪」と語尾のメロディが少し上がる所が とても印象に残りますね。
いつまでも 曲が終わらず 永遠に続いていく様な感じがします。この辺りもポールが作るメロディの妙といった趣で好きですね。

ポールは夢の中で 母親が現れて「なすがままに…」という言葉を話した事にインスパイアされて この曲を作ったそうですけど、このエピソードも素敵ですね。

ビートルズが解散に向けて暗転を始めた時に 何とかバンドを継続させようと四苦八苦していたポールに対して 母親のメアリーが ポールに「なすがままに あるがままを受け入れなさい…」と天国から言葉を送ったのかも知れません。
ポールにとっては 救いの言葉となったでしょうね。

う~ん、「レット・イット・ビー」歌詞もメロディも、ポールのボーカルも… 何度聴いても素晴らしいなぁ…

2011-10-14 04:25 │ from テツURL

「レット・イット・ビー」は私が最初に買ったビートルズのシングルで、この曲をきっかけにビートルズにのめりこんでいきました。この曲はビートルズ解散の予兆に怖れるポールの切実な心情によって出来た曲だと思います。そう思うとfor though they maybe parted,there is still a chance that they will seeの所は切ないですね。映画レット・イット・ビーでは3人のメンバーとポールはこの曲をどんな心境で演奏していたのでしょうか・

2011-10-14 20:20 │ from 間 健二URL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。いつもながら、なかなか言いにくいことをハッキリ仰るアイヤーダイさんが好きです(笑)。あまりにも有名すぎるがゆえに、かえってファンからの評価が少ない曲ってありますね。まあ気持ちはわかりますが、純粋に作った曲が世界に与えた影響を考えると、ポールはダントツでしょうね。ま、ここはポールのファンブログなので許してね(笑)。

2011-10-14 22:07 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。私もポールはああ言ってますが、実は確信犯的に聖母マリアと二重の意味を持たせていると思っています。なんたってサウンドが後にも先にもないほど宗教的。特に中間部のオルガンの響きは、明らかに「狙って」ますよね。

2011-10-14 22:14 │ from 管理人URL

間さん
コメントありがとうございます。ポール、そしてビートルズのすごいところの一つは、最悪な時においてでさえ自分たちで意識的に幕引きを演じることができたことですよね。『レット・イット・ビー』しかり、『ジ・エンド』しかり、『ロング・アンド・ワインディング・ロード』しかり。しかも、それが最高の作品なんですから。いや~、すごいです。

2011-10-14 22:21 │ from 管理人URL

出遅れましたがお邪魔します。

皆さんの解釈で私はほぼ何も申し上げることがなくなってしまいましたが(笑)、ひとつだけ。

この曲と大きな共通点があるように思えるのは、「プット・イット・ゼア」 ですね。 こっちは父親ジェームズの教えなんですけど、母メアリーの夢に出てきた教えと、「楽観主義」 という点で酷似している気がする。
つまりポールの両親は、ふたりとも 「悲しみをやり過ごす方法として、楽観主義を標榜している」、という点で共通している気がするのです。
ふつう両親のどちらかがのんきにしてると、どちらかが神経質なものなんですけどね。
ポールの両親は両方とも同じポジティヴシンキング。
この御両親がポールに与えた精神的な影響というものは、計り知れない気がします。
ビートルズ解散のゴタゴタ時に、「故郷のこころ」 みたいなグルーヴィーな曲を作ってしまうポール、ですからね。

2011-10-15 07:45 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。そういえば『プット・イット・ゼア』は父の教えでしたね。両親の思い出を大切にするポールは、やはり偉大です。

2011-10-15 18:06 │ from 管理人URL