ポール、ジョージと彼の音楽について語る - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ジョージ・ハリスン » ポール、ジョージと彼の音楽について語る

ポール、ジョージと彼の音楽について語る

最近ポールがジョージについて語ったインタビューの一部を抜粋、翻訳してお届けする。ジョージといえば、彼の伝記映画『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』のプレミアが先日ロンドンで行なわれたばかり。プレミアにはポール、リンゴ、ヨーコ、ジョージ・マーティンなども顔を揃えたというが、プレミアの模様についてはまた記事を改めたい。

僕が知る限り、かつて(ビートルズ解散後の)ジョンとジョージは、インタビューなどでポールの事を手放しで褒めるような発言をしたことはほとんどなかったと記憶している。特にジョンなどはたまにポールを褒めることはあったものの、まさに毒舌ともいえるキツーイ発言を多く残している。ジョンに比べれば、ジョージの発言はかなり抑制はきいてはいるものの、やはり言葉の端々にトゲトゲしさを感じることが多かったものだ。

それらにくらべれば、ポールのジョンやジョージに対する発言というのは、たとえファンとしてのひいき目を差し引いたとしても、昔から彼ならではの気遣いや、優しさを感じることが多かったように思う。つまり人間として、そしてかつてのバンドメイトとしてポールはどんな時もジョンやジョージに最低限の敬意を払うことだけは忘れていなかったように思うのである。僕はポールのそういうところが好きだし、一人の人間としてやはり尊敬してしまう。以下のインタビューでも、ポールのジョージへの気持ちの深さを伺い知ることができる。


Q:ジョージがスタジオで果たしていた役割について知りたいんです。ジョージが持ち込んだことで何か特別な出来事、もしくは彼のおかげで曲が大きく変わるようなことはあったんですか?

ポール:ああ、もちろんさ。かなりあったね。すぐ頭に浮かんだのは僕が『アンド・アイ・ラヴ・ハー』を書きあげてきたときのことだ。それはほとんど完成していたんだけど、ジョージはそこに「♪ドゥ・ドゥ・ドゥ・ドゥ♪」(イントロのリフ)を付けたんだ。これはもう曲の一部と言ってもいいよね。有名なオープニング・リフだ。僕にしてみれば、それは曲に驚くような違いをもたらしてくれた。今この曲をやるたびにジョージがそれを考えついたときのことを思い出すんだ。あれがなかったら曲は全く違ったものになっていたと思う。

Q:ジョージは『アンド・アイ・ラヴ・ハー』でクラシックのナイロン弦ギターを弾いていましたよね。彼がアンドレス・セゴビアに少し興味を持っていたのを思い出したんですが、思い当たるふしはありますか?

ポール:「少し」っていう表現はどうかな。僕たちはとにかくギターに夢中で、あれこれ区別しなかったから。スパニッシュ・ギターであれ、クラシックギターであれ、グレッチ、フェンダー、ギブソンであれ、ある意味なんでも大好きだったからね。まるで夢のようだったよ。あたかもサンタの洞窟を歩いているようだった。はっきり覚えていることがあるんだ。それは僕がピート・ベストのお母さんが経営していたカスバクラブにいたときだった。ジョージが入ってきてこんなに長~い長方形の箱を開けたんだ。それはギターケースだった。僕たちはそこにまさかギターが入っているなんて思いもしなかった。今では全く当たり前になってしまったけど、それまではギターの形をしたケースしか見たことがなかったんだ。さて中に入っていたのはフェンダーだったかもしれないし、安物のコピーだったかもしれない。でも、最高にカッコ良かったんだよ。ピカピカに光ってた。そういった瞬間はとても貴重だね。僕たちは種類を問わずギターが大好きだったんだよ。

ジョージと僕はJ.S.バッハ風のちょっとした遊びをよくやっていた。たぶんフーガかなんかだと思う。全部は知らないんだけど、最初のさわりだけを少し習ったんだ。残りは僕たちが作った。それが面白かったのは、当時僕たちがやっていたことよりも難しかったからだ。いい練習になったよ。というのも、全く違う2つのラインを同時に弾くからなんだ。一人はメロディーラインを弾き、もう一人はたとえばベースのような全く別のラインを弾くといった具合にね。今コンサートの観客にはそれが『ブラックバード』の始まりになったと話しているよ。曲は違うけれど、そのスタイルを拝借したとね。ベースのメロディと高音のメロディを一本のギターで弾くことで『ブラックバード』を作ったんだ。ジョージと向かい合って座り、このバッハ遊びをしたことをよく覚えているよ。それはパーティー芸のようなものだった。オレたちはこんなことだってできるんだぞ、すごいだろ、てなわけだ。何を聞かれていたんだっけ?そうそう、たしかに僕たちはクラシックのギタリストを意識していた。僕はイギリスのクラシック・ギタリスト、ジュリアン・ブリームの大ファンだったし、たぶんジョージもそうだったと思う。

Q:45年間ずっと聞きたかったことがあるんです。『アンド・ユア・バード・キャン・シング』でギターリフを弾いているのはあなたとジョージなんですか?

ポール:僕とジョージがハモって弾いてると思う。そういうのは当時よくやってたから。あれはハーモニーリフなんだ。僕のバンドのギタリスト、ラスティともその事について話したことがある。そしたら彼、「へえ~、そうだったんですか!」って言ってたよ。ジョージと僕でメロディラインを作り、僕がハーモニーを作る。そして、それを組み合わせる。『アンド・ユア・バード・キャン・シング』の時もそんな感じだった。あれはジョージと僕が二人でエレキギターを弾いているよ。二人で、ライブでね。あれは二人で一緒に弾いたほうが簡単なんだよ、マジでね。それもまた僕たちの小技の一つだね。

Q:ジョージの作品の中で、最初に感心した曲はどれですか?

ポール:『ドント・バザー・ミー』までは、彼がスタジオに曲を持ち込んだことはなかったんだ。でも、そのときは皆で本当にいい曲だと思ったよ。そのあと『イフ・アイ・ニーデッド・サムシング』で・・・

Q:『イフ・アイ・ニーデッド・サムワン(恋をするなら)』ですか?

ポール:『イフ・アイ・ニーデッド・サムワン』・・・そうそう、『サムシング』は別の曲だった。ごっちゃになっちゃったよ(笑)。僕はそれが最初かなと思う。それから彼は『サムシング』と『ヒア・カムズ・ザ・サン』でトップクラスに入り、今やスタンダードの作曲家の一人だね。

Q:ジョージが『ホワイト・アルバム』までに書きためていた曲が多くなってしまったことは、彼のビートルズに対する不満につながったと思いますか?

ポール:うん、その可能性はあるね。彼が『オール・シングス・マスト・パス』をまるで下痢のようだと話していたのを覚えているよ。それはため込んだ物はいずれ出さなくてはならない、という彼流の気を使った表現だったんだ。僕ならそんな表現はしないけどね(笑)。でも彼の言わんとするところはわかるよ。彼はたとえば『イズント・イット・ア・ピティ』のようなすごい曲をどんどん書けるようになっていた。僕たちと一緒に作った『ウイズイン・ユー・ウイズアウト・ユー』のような曲は西洋のレコーディング史にとって画期的な出来事だったし、『ノルウェーの森』のシタールは、間違いなく西洋音楽に多大な影響力を与えた。『ジ・インナー・ライト』も美しい曲だ。

ひょっとしたらジョージは外されたような気分になっていたかもしれない。でも、1枚のアルバムには限られたスペースしかなかったんだ。僕たちが作っていた頃のアルバムはたったの40分しかなかったことを思いだしてほしい。そして、ジョンと僕はなんというか……いい曲を書いていたし、リンゴにも1曲は空けておかなくてはならなかった。だから、ジョージが望んだほどのスペースは残っていなかったかもしれない。だけど、すべての希望を叶えることはできないんだよ。僕たちはビートルズとして活動していたし、ただビートルズの一員であるということだけで最高だったし、凄いことだったからね。だから各個人が望んでいた通りに事が運んでいなかったとしたら、それは……それはただ残念としか言いようがないよね。なぜなら、起こったことがあまりにもすばらしかったから。僕はジョージがビートルズでやったことはとんでもなく凄いことだったと思っているよ。


コメント
非公開コメント

う~ん、こういう記事は特に嬉しいですねぇ…
私の様に物心ついた時には すでにジョンが亡くなっていた身としては、ポールとジョージの仲というのは 幼い時からとても関心がありました。

ビートルズ解散後、ジョージが制作したジョンへの追悼曲「過ぎ去りし日々」にポールが参加した以外で 2人の共演はありませんでした。「過ぎ去りし日々」も私はずっと後で知った曲です。

私がビートルズを聴く様になった頃は、ポールとジョージの接点が公には殆どなくて2人の関係も微妙でした。ビートルズがロックの殿堂入りを果たした時も、晴れのセレモニーにポールは欠席していましたし… (ジョージとリンゴは出席)
ビートルズの印税の取り分を巡り ポールとジョージ&リンゴで裁判になっていたと記憶しているのですが、とにかくはた目からは ポールとジョージの関係は冷えきっている様に見えて 当時とても悲しかったですね。

インタビューでもジョージは、「ポールは 何か宣伝したい事があると、ビートルズ再結成の話をちらつかせて宣伝に利用する…」なんて皮肉とも嫌味とも取れる発言をして ポールとジョージの和解=ビートルズ再結成?! という淡い期待をいつも見事に打ち砕いてくれていました(苦笑)

私はポールが大好きですが ジョージも大好きで、2人がいつか和解してくれて 共演する姿を見たい!聴きたい!と幼い時からずっと願っていました。

それだけに、ビートルズ・アンソロジーでリンゴも合流して ポールとジョージが一緒に活動を始めた時は涙が出るぐらい嬉しかったです。
ある雑誌で、ポールとジョージが2人で一緒に仲良く写っている写真を見た時は 本当に嬉しくて卒倒しそうになりました(笑)

「フリー・アズ・ア・バード」では、ポールとジョージのヴォーカル共演が聴けますよね(涙)
もし無人島へ好きなCDを一枚だけ持って行けるなら アルバムではなくても、この曲だけでも充分です!
ポールとジョージが一緒に 同じ曲の中で共演している… それが何より嬉しいのです(涙)


長い間 共演の機会が無かった2人ですけど、どちらかと言うと控えめなジョージと、少し押しが強い部分もあるポールとでは 性格的に相容れない部分もあったのでしょうね。
ポールよりも約8ヶ月若いジョージは、ビートルズ時代から同じバンド仲間なのに ポールからは弟的な目線で見られて、フラストレーションを溜める場面も多かったかも知れません。
その他にも様々な要因が絡んで ポールとジョージは随分と距離を置いた仲になってしまったのですが、もう少し2人の和解が早ければ… もっとポールとジョージの共演を聴きたかったです…

ビートルズ時代、ヴォーカルを歌うジョンの傍で 1本のマイクを挟みバックコーラスを歌うポールとジョージの姿は とても格好良くて絵になっていましたし、長いロック史の中でも印象的なシーンだと思うのですよね。
そんな所も含めて、私は2人に対して思い入れが強いです。

「リアル・ラヴ」のPVで、レコーディング風景の映像が収録されていました。そこでポールとジョージが一緒にギターを弾いたり、2人が別れの挨拶で抱き合うシーンがあって こちらも大変感動しました…(涙)

この数年後には、ジョージは癌との闘病生活に入ります… 振り替えれば この時のアンソロジー・プロジェクトは、ポールとジョージがお互い最良のコンディションで共演出来た最後のチャンスにして 最高の機会だったのですよね。

ジョージの早すぎる死は とても悲しい出来事でしたが、こうしてポールと和解して共演を果たせた事は ジョージにとって有意義な経験だったと思いますし、ファンとしても最高に幸せな瞬間に立ち合えたと 今でも感謝しています。

ジョージの伝記映画も楽しみですね!当然ポールも登場するでしょう。
ポールが改めてジョージに対して どんな言葉を残してくれているのか楽しみでもあります。

う~ん… 管理人様の記事からは微妙に話がずれてしまいましたね(汗)
ジョン亡き後からのビートルズファンとしては ポールとジョージを一緒に語られますと 様々な思いが去来してしまいます…

すいません… 私の個人的な思いばかりの投稿になってしまいました…

2011-10-05 03:45 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。私もポールとジョージの関係については長い間心配していたというか、気になっていました。2人は一度も再共演することなく終わってしまうのではないかと思っていた時期もありました。でも2人は最終的に歩み寄って、いい関係を取り戻せたようで良かったと今は思っています。私もやはりアンソロジーでの共演と、そのときに残された3ショットの写真にいつも心癒されます。

2011-10-05 19:34 │ from 管理人URL

ポールって優しいんですね。

いつも興味深く読ませてもらっています。ポールの優しい人間性が表れている、まさにその通りのポールのコメントだと思いました。管理人さんの記事は「温かく、優しく、飾らず正直」な内容が多く、読んでいて楽しいです。これからも よろしく!

2011-10-05 19:58 │ from ひでURL Edit

思えばビートルズのメンバーで最初に知り合ったのはポールとジョージですね。その後ポールはジョンと出会いますから、ビートルズの歴史はポールとジョージが作ったとも言えます。話は飛びますが、2002年ポールは来日公演をしましたが、その際、京都の老舗旅館にポール一行は宿泊しましたが、翌年ジョージの妻オリビアと息子ダーニが訪日し、ポールの紹介で同じ旅館に宿泊したそうです。ビートルズはある意味ファミリーで、時には実の兄弟のように喧嘩をする間柄なのかもしれませんね。

2011-10-06 00:22 │ from 間 健二URL

ひでさん
はじめまして!コメント&お褒めの言葉ありがとうございます。うれしいです。これからもコメントお寄せくださいね。

2011-10-06 01:45 │ from 管理人URL

間さん
コメントありがとうございます。京都の旅館エピソード初めて知りました。いい話ですね。たしかに今やビートルズ関係者は強い絆で結ばれたファミリーという感じですね。なにかあるたびに、みんなで集まってワイワイガヤガヤやってますね。しかしその中に日本人のヨーコさんがいるというのは、いつも思うことですがすごいよなあ・・・。

2011-10-06 01:53 │ from 管理人URL

お邪魔します。 出遅れたぁ…。

このポールのインタビューを読んでて、拙ブログの自分の記事にほぼ誤りはなかったとひとりごちいたしました(ああ自己満足)。
まあ私のブログ記事なんか取るに足らないものですが、もしよろしかったらお立ち寄りください。 http://hashimotoriu.cocolog-wbs.com/blog/2010/04/post-4bd9.html

私のブログのビートルズ記事は、とても妄想によるものが大きいのですが、管理人様のブログは管理人様のお人柄によるものが大きいと感じております。 それと、ニュースソースの選別が驚異的(笑)。 どこから仕入れるんです? やはり英文サイトがスラスラ読めるのが大きいんだろうなー。

2011-10-06 10:40 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。ニュースソースはやはり英語ページからですね。もう日本ではポールのニュースが報道されることが少なくなってしまいましたが、海外ではまだまだ取り上げられることが多いです。その全部を記事にしていたら体が持たないので(笑)、本当に自分が興味のあるものだけを記事にしているという感じです。少し前に読んだ記事では、ポールが野生のトラを保護しろと声を上げたとか・・・(汗)。相変わらずの行動力にただ降参、脱帽です。

2011-10-06 11:57 │ from 管理人URL