ポールの曲:『テディ・ボーイ(Teddy Boy)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『テディ・ボーイ(Teddy Boy)』

ポールの曲:『テディ・ボーイ(Teddy Boy)』

個人的には今回のリマスターリリース(『マッカートニー』と『マッカートニーⅡ』)の中で最も評価が上がった曲の一つである。

元々はビートルズ時代に書かれた曲で、『レット・イット・ビー』のセッションでも演奏され、ラフなデモバージョンは『アンソロジー3』にも収録されている。がしかし、このバージョンは僕にはジョンが故意にふざけているとしか聞こえず、ポールファンとしては少し不愉快な気分にさせられるので滅多に聴くことはない(あくまで個人的感想です、苦笑)。

曲自体はポールお得意のアコースティックな癒し系ソングという感じで僕は昔から好きなのだが、ビートルズで没にされ、ソロアルバムに収録はされたもののなんとなく音が籠っているというか、ぼやけた印象で完成度は今一つという気がしていた。しかし、今回のリマスターでその印象は一変した。音がクリアになり、ヴォーカルと一つ一つの楽器の音の輪郭がはっきりして、まるでリミックスでもしたかのように曲が生まれ変わっているのである。演奏についてはギターやベースに関しては何も言うことがないとしても、ポールのドラム演奏もなかなかのものだし、ダメなはずのリンダのバッキング・ヴォーカルまでもが曲と完全にマッチして聴こえる(いや実際にすばらしい)のだから不思議なものだ。曲に対する印象というのは、一般に考えられているよりもずっと些細な事で変化しうるものなのかもしれない。

しかし、もしビートルズがあのまま解散せず、この曲が没のまま日の目を見ずに終わってしまったのだとしたら、それは僕にはとてももったいないことのように思える。ビートルズが解散していなかったら、『テディ・ボーイ』だけではなく、ポールの他の多くの作品もずっと未発表のまま終わってしまったのだろうか?いや、きっとそんなことはないだろう。それらはいずれ何らかの形で発表されたにちがいない。しかし、ポールが好きで好きでたまらない僕のようなファンにしてみれば、ビートルズ解散というのは必ずしも悲劇だけを意味しないということだけは言えると思う。なぜなら、それはポールの作品だけを独占して聴くことができる権利をもらったようなものだからである。

『テディ・ボーイ』はビートルズでは没にされた。だが、僕は今、この曲に偉大なるビートルズの楽曲と同列の価値を与えている。ただこの曲の終わり方を聴くだけで、ポール・マッカートニーという人が只者ではないことがわかるだろう。僕はポールを追いかけてきて良かったと思う。

参考:マッカートニー(日本盤デラックス・エディション)


※姉妹ブログ 「生きているだけでめでたい」 もよろしくお願いします

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

この曲、私の 「コピー予定」 候補のひとつに入っていながら、もう何10年もほっぽっときっぱなしのいわくつきの曲です(笑)。
なぜなら、最初のうちは実に簡単なコード進行なのですが、「Ted used to say」 の部分から、ちょっと予測不能なコードの転調をするんですよ。 そっからサビの部分に至るまでまるきりコード進行が分からない(笑)。 まともに弾けるのはイントロとさわりの部分だけ(笑)。 誰かコード進行ご存知の方、教えてくれませんか?

ジョンのドイツ軍船長みたいなラップは確かに興醒めだ(笑)。 ただこの曲の歌詞の稚拙さを考えると、ジョンが投げやりっぽくなったのも分かる気がします。 「オブラデイオブラダの歌詞のほうがマシじゃねーか」 というとっぽいジョンの声が聞こえてきそうなんですよ。

ただ、この曲の稚拙な歌詞を読み解くと、ポールの母メアリに向けた憧憬みたいなものも感じます。 そう言えばポールの娘のひとりもメアリ。 先日4人目のお子さんもお生まれになったとか。 ポールは確実に一族を増やし続けている模様です。 ポールを祖先とする(笑)将来どんな人脈が形成されるのか、興味が尽きない…。

2011-09-14 08:06 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。たしかに導入部は簡単な感じがしますね。しかし、そのあとの展開はさすがというところでしょうか。
歌詞はファンとしては稚拙というよりは無垢な目線という解釈をしたいところです(笑)。僕はポールのこういう単純な歌詞は好きですね。

2011-09-14 17:26 │ from 管理人URL

私も今回のリマスター盤で 「テディ・ボーイ」の印象が変わりましたね。 
全体的に各音の輪郭がはっきりした… という感じで、とても身近にこの曲を感じる事が出来るようになりました。

もともとビートルズでボツになった曲だそうですが、他のメンバーの曲でも ビートルズではボツになったけど、ソロとしてレコーディングして名曲になった曲は多いですよね。

「テディ・ボーイ」の持つ優しく牧歌的な雰囲気は 解散直前のビートルズには合わなかったと感じます。

『マッカートニー』収録の「テディ・ボーイ」を聴くと リンダのバック・ボーカルが曲の魅力を引き立ていますね。決してテクニカルではないけど、素朴な味があるリンダのボーカルは「テディ・ボーイ」にピッタリとハマったと思います。
リンダのボーカルが無かったら 曲の魅力は落ちていたと思いますし、ソロとしてレコーディング・発表して正解だったと思います。
解散直前の緊張感漂うビートルズに リンダのボーカルを含む 癒し系な雰囲気が漂うポール版「テディ・ボーイ」は作れなかったのではないかな…
デモとは言え『アンソロジー3』に収録されたバージョンを聴くと 尚更その思いを強くします。

ポールは ビートルズ解散で、ジョン・ジョージ・リンゴという最高のバンド仲間を失いました。
特にジョン・レノンというパートナーを失った事は大きな痛手だったと思います。
我々ファンにとってもビートルズ解散は残念でしたが、その代わりリンダというパートナーを得た事はポールにとって 素晴らしい事であったと「テディ・ボーイ」を聴く度に強く感じます。
ポールにとって 新たな音楽の可能性が広がったのですから。
リンダの存在には賛否両論あるかも知れませんが、私は肯定的ですね。

2011-09-15 01:12 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ポールにとってリンダは音楽、人生の両面でなくてはならない人でした。リンダに対する批判は晩年、そして彼女の死後はどんどん少なくなっていったと思います。これからは彼女の評価は高まるばかりでしょう。どんなことを言われようと強く、明るく人生を生き切ったリンダは本当にすばらしい人でしたね。

2011-09-15 08:45 │ from 管理人URL

テディボーイって不思議な運命かも。ビートルズは没にしてませんよね。ジョージマーティン版やグリンジョンズ版のいわゆるオリジナルゲットバックにはたしか入ってましたよね?ビートルズの手をはなれたスペクター版『レットイットビー』ではずされた。当時のマネジャーだったあの悪名高いアランクレインの差し金といわれてますね。ほんといやなやつです。ジョンやジョージと個人契約していたのでその印税目当てとかいうのは結構いわれてますね。ゲットバック版のテディボーイは結構好きです。アンソロジーになぜいれなかったのか不思議ですが、ひょっとしたらネイキッドとは別のオリジナルゲットバックが発売される日がくるのかも・・それまで生きていたいです。

2011-09-16 01:05 │ from るんばURL Edit

るんばさん
コメントありがとうございます。アルバム『ゲット・バック』に入ってたんですね。でも最終的に『ゲット・バック』自体が没になり、公式リリースされなかったのですから、やはり『テディ・ボーイ』は没ということになるのでは?間を取って半分没ということにしときましょうか(笑)。ちなみに私は個人的にフィル・スペクタープロデュースの『レット・イット・ビー』は割と高く評価してます。

2011-09-16 20:55 │ from 管理人URL

訂正です(笑)
ジョージマーティン版にははいってますが、
グリンジョンズ版にははいってませんでした。

実際にビートルズ自身が選曲をふくめた制作にかかわったのはジョージマーティン版ということなのですが、たしかにこれの発売を許可しなかったのはビートルズ自身なので没ということになりますね。ただテディボーイではなくてアルバムget backそのものが没ということになりますが...スペクター版『レットイットビー』からはずれたことを聞いたポールが自宅で再録という経過らしいですね。

2011-09-16 23:31 │ from るんばURL Edit

るんばさん
私はアルバム『ゲット・バック』に2つのバージョンがあることさえ知らなかったです(笑)

2011-09-17 17:48 │ from 管理人URL

管理人さま。はじめまして。お邪魔するのは初めてですが、いつも楽しく閲覧させていただいております。

常連の橋本リウさんがコード進行で困っておられたので、一応参考になればということで投稿させていただきます。

イントロ
D-Aの繰り返し

Aメロ
D-A-Am-Em 「ジャッジャーン」G-A D

D-A-Am-Em 「ジャッジャーン」G-A

転調して「ジャッジャッージャーン」B-C#-F#

Bメロ
F#-C#-C#m-G#m 「ジャッジャーン」B-C#

サビ
F#-B-E-A F#-B-E-A-D で頭へ戻るという感じだと思います。

しかしポールはいつも転調が上手い。[Maybe I'm Amazed」「Beautiful Night」しかり。
メロディーが先にできてるからなんでしょうね。

やっぱ稀代のメロディーメーカーですね。

2011-09-24 00:31 │ from nonsmokyURL Edit

nonsmokyさん
はじめまして!コメント&コードの解説ありがとうございます。これからもコメントお待ちしています。

2011-09-24 14:49 │ from 管理人URL

nonsmoky様
この曲のコード進行をお教えくださり、感激です! 大変ありがとうございます!
D基調からF♯に基調が移っていくところはエキサイティングですね! 考えつかなかった…。 発想的には 「マジカル・ミステリー・ツアー」 みたいな感じかなぁ? nonsmoky様ご指摘の通り、頭の中のメロディに即応してコードを決めている、という感じですよね。

ポールやビートルズの曲って、実際に自分でギターとかピアノで演奏してみると、また新しい発見、発見の連続なんですよ。
彼らが考えていることに、また一歩近づく感じ。
「楽器は苦手だ」 と敬遠なさらず、管理人様や皆さんにも是非挑戦していただきたいです!

私ももう、ただ執念のみで 「レットイットビーを弾く!」 から始めまして、ギターを手にしたときは、「ブラックバードを絶対弾く!」 という目標で頑張ってまいりました。 ただそれだけでした。 だから実際に弾けたときの感激は、もう天にも昇る気分(最近そんな気分についぞ出会わない…笑)。 みなさん、この感激を味わってみてはいかがでしょうか? 人生の大いなる目標になると思いますし、ポールをもっともっと理解できると思いますよ!

2011-09-26 09:13 │ from 橋本リウURL

管理人様。調子に乗ってまたお邪魔します。

橋本リウさんのおっしゃるとおり、ビートルズやポールの曲というのは、聞くだけではもったいないです。楽器(特にギターorベース)片手にコピーすると本当に面白さが2倍にも3倍にもなりますよ。卓越した技術を持った人だけでなく、最近ギターを始めた人にも弾ける曲がたくさんありますし。

最近僕が発見した超簡単(けれど名曲!)な1曲はWingsの「I'm carrying」です。なんと右手は弦3本、左手は指2本で弾けちゃうのですが、オープンコードの響きが美しく最高ですよ!

2011-09-27 22:58 │ from nonsmokyURL Edit

nonsmokyさん
どうぞ遠慮なく調子に乗ってください(笑)。いや実は恥ずかしながら、10代の頃親父のガットギターで『ブラックバード』、『マザー・ネイチャーズ・サン』などをコピーしたことがあります。なので、自分で弾けた時の感動はよ~く存じておりますよ。成人してからはクラヴィノーバまで購入して独学で練習したことも…。『ワンダーラスト』のイントロが弾けたときは感動でした。ただ私の場合、声が低くてほとんどの曲がオリジナルキーで歌えないことが致命的でしたね。弾くだけで歌えないのはつまらなくて、結果やめてしまうことに…。
ところで『アイム・キャリング』がオープンコードとは驚きました。やっぱ天才ですね、ポールは。

2011-09-27 23:42 │ from 管理人URL

私も調子に乗ってまたまたお邪魔いたします。

「アイム・キャリング」 のコードですが、実は 「エイト・デイズ・ア・ウィーク」 のイントロを、アルペジオにしている感覚なのですよ!
1弦を解放(つまり押さえない)にしたまま、2減と3弦をオクターブ近く(12フレット付近)で押さえながら、「アイム・キャリング」 の場合は半音ずつ下がっていく構造なのですが、「エイト・デイズ・ア・ウィーク」 は、「チャーンチャチャッチャ、チャーンチャチャッチャ」、とストロークで上がっていく感じ。

「アイム・キャリング」 は正直、ずっと押さえていると指が痛くなる難曲ですが(笑)、コードを移動するときの 「キュッ、キュッ」、というノイズも計算された(確かそのノイズ、左右から交互に聞こえてたような気がするのですが…)、「弾いてみると実に簡単」 な名曲、であります。 ぜひお試しを!

2011-09-28 07:22 │ from 橋本リウURL