ソロ・リマスター日記 - 21 『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター、ディスク2の感想(1) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 21 『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター、ディスク2の感想(1)

ソロ・リマスター日記 - 21 『マッカートニー』『マッカートニーⅡ』リマスター、ディスク2の感想(1)

日比谷花壇 ディズニーのフラワーギフト ティンカーベル


すっかり遅くなってしまったが、『マッカートニー』と『マッカートニーⅡ』リマスター盤ディスク2の感想をそれぞれ簡単にまとめておこうと思う。尚、いちおうお断りしておくが僕は残念ながら一番高いバージョンを買う余裕がなかったため、それぞれの最高級版に付属のDVDと『マッカートニーⅡ』のディスク3については未視聴である。感想もいつもながら独断と偏愛に満ちたファンならではの支離滅裂なものなので、そのあたりは割り引いた上で参考にしていただければと思う。今日はまず『マッカートニーⅡ』のほうを取り上げる。

マッカートニーⅡ ディスク2
オリジナルアルバムだけを比較すると、僕はどうしても『マッカートニー』のほうに肩入れしたくなってしまうし、今回リマスター化されたサウンドについても『マッカートニー』に軍配を上げてしまうのだが、ことボーナスディスクの内容に関しては個人的には『マッカートニーⅡ』のほうが面白かった(良かった)と思っている。

ディスク2の収録曲は以下の8曲:
1. ブルー・スウェイ(Blue Sway) [With Richard Niles Orchestration]
2. カミング・アップ(Coming Up) [Live At Glasgow, 1979]
3. チェック・マイ・マシーン(Check My Machine [Edit] )
4. ボギー・ウォブル(Bogey Wobble)
5. シークレット・フレンド(Secret Friend)
6. ミスター・H・アトム / ユー・ノウ・アイル・ゲット・ユー・ベイビー(Mr H Atom / You Know I’ll Get you Baby)
7. ワンダフル・クリスマスタイム(Wonderful Christmastime [Edited Version])
8. オール・ユー・ホース・ライダーズ / ブルー・スウェイ(All You Horse Riders/Blue Sway)

今回僕が初めて聴いた曲は1、4、6、8の4曲だったのだが、個人的に最も大きな収穫は1の『ブルー・スウェイ』である。これは今まで一般に公開されなかったのが不思議なくらい完成度の高いインストゥルメンタル・ナンバーだと思う。実際にはポールのヴォーカルはコーラス程度には入っているのだが、これが演奏を邪魔しない絶妙のバランスで、あえてカテゴリー分けするなら僕はインストゥルメンタル・ナンバーとしておきたい。

僕はクラシックやフュージョンなども含めて元々ヴォーカルのない曲が大好きなのだが、昔からポールが作るインストゥルメンタル・ナンバーはそのほとんどを高く評価している。実のところポールはクラシックをやるくらいなら、遠慮せずにもっともっとインストゥルメンタルのポップ/ロックナンバーをたくさん作ってくれればよいのに、などと思っているくらいである。というわけで『ブルー・スウェイ』はそんな僕にしてみれば十分に満足できる作品といえる。またその作風を考えれば、この曲が『マッカートニーⅡ』と同時期に作られていたというのも非常に興味深いものがある。

3と5はオリジナル・アルバムの発売当時に聴いたときには、あまりにもそれまでのポールのイメージとかけ離れていたために、自分の中で大きな拒絶反応を起こしてしまった2曲である。そして、これらがアルバムのアウトテイクになったのは当然とも思ったわけだが、それ以上に当時はポールがこんなにも退屈で単調な曲を延々と続けること自体が許せないと思えたものだ。僕も若かったのだと思うが、今聴くと少し違った感想を持ってしまう。つまり、ポールはビートルズとウイングスであれだけ巨大な成功を収めながらも、それでも常に何かしら新しいことをやろうと音楽的な実験を一人黙々と続けていたということである。いつもながら、その絶えざる前向きな姿勢には頭が下がる思いがする。4の『ボギー・ウォブル』もつまらない曲といってしまえばそれまでだが、ポールがなにかそれまでにはなかったサウンドを模索していた、そんな一曲と考えればまた違って聴こえてくるのである。

2は当時アメリカのチャートでNo.1になったグラスゴーでのライヴバージョン。僕はこれを久々に聴けるのを楽しみにしていたのだが、歌も演奏も「あれ、こんなんだったっけ?」と思えるほど平凡に聴こえてしまったのは意外であった。これで全米No.1が獲れたのだから、なんだかんだ言ってもやはりまだ当時のマッカートニーサウンドは絶大な支持を集めていたのだろう。歌と演奏だけを考えれば近年もっと出来のいいライヴ・ヴァージョンがいくつも見つかるだろう。アナログのシングル盤では演奏のあとに観客が集団で「ポール・マッカートニー!」と叫び、ポールもそれに応えるという面白いやり取りが収録されていたのだが、それがカットされてしまったのも個人的には残念である。

7は今やポールの定番クリスマスソングで、こうしてリマスター盤に収録されたのはめでたし、めでたし。しかし、できればフルヴァージョンもディスク2に入れてほしかった…。

6と8はさすがの僕も「ノー・サンキュー」といった感じだが(笑)、こういうお遊び感覚の曲まで聴けるというのはアーカイヴ・コレクションならではだろう。長年のファンとしてポールにはとにかく感謝するしかない。

日本盤:
『マッカートニーⅡ』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(安いほう)

US盤:
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニーⅡ』アナログ盤(LP)


コメント
非公開コメント

『マッカートニー2』のボーナス・ディスク、なかなか面白い音源が収録されていますね。
「ブルー・スウェイ」は私も今回初めて聴きました。まだ こんな良い曲が未発表として眠っていたとは驚きでした。(確か未発表でしたよね…?)
ポールのインストゥルメンタル曲、私も もっと聴きたいですね。話がフライングしてしまうかも知れませんが、『マッカートニー』収録の「ホット・アズ・サン」はお気に入りの1曲です。
また違った形でポールのメロディメイカーぶりを楽しめるのが魅力的ですね。

「カミングアップ」のグラスゴー・ライヴバージョンは、個人的には数ある「カミングアップ」のライヴ・バージョンの中でも 最高の部類に入ると思っています。
オリジナルのアナログ盤では、「ポール・マッカートニー!」なんて歓声や それに応えるポールの様子も聴けるのですね!
オリジナルのアナログ盤は、私は未聴なので ぜひ聴いてみたいですよ。

私は学生時代、このライヴ・バージョンを聴きたいが為に、ベスト盤『オール・ザ・ベスト』の米盤を わざわざ探して購入しました。
90年代のライヴ・バージョンと比べ、やはりポールの歌声が若く溌剌としていたのが魅力的で、バンドサウンドとしても勢いを感じて 私は今でもお気に入りなのですよ。
日本では やっと初CD化というのは遅すぎましたね…
全米No.1も獲得した、このライヴ・バージョンを聴いて、当時のポールの勢いを もっと多くの人に感じて欲しいですね。

私は個人的には『マッカートニー2』は苦手な作品に入ります… 当初は2枚組で発売予定だったなんて驚きです。
この作品に意義を見いだすとすれば、ポールが初めて本格的に 新しい流行のサウンドを取り入れてアルバムにした…という所でしょうか?

ポールって、自分自身がビートルズ時代から最先端を走ってきたからなのか、70年代に入ってソロ活動を始めても 世間の流行に反応したり 極端にサウンドを変える事もありませんでした。それが逆に マッカートニー・ミュージック としてポールの音楽の個性となっていた所もあると思うのですが、「幸せの予感」「グッドナイト・トゥナイト」辺りから変化の兆しが見えて 以前にも触れた様に、ウイングスとして行き詰まりを感じた時に辿り着いたのが、『マッカートニー2』でした。
このアルバム(ボーナス・ディスク)で聴ける一連の楽曲は、当時のポールの試行錯誤を垣間見る事が出来るという点では 興味深い作品だと思います。

そんな作品群を オリジナル・アルバムとして あっけらかんと発表してしまう所もポールらしいなぁと思いますね(笑) ボーナスディスクもしかりです。

ポールは その後、テクノに深入りする事はありませんでしたが、それだけにポールのキャリアの中では少し異質な雰囲気を持つアルバムになりましたね。

最後に「ワンダフル・クリスマス・タイム」も大好きですよ! クリスマスを題材として こんなメロディが書けて、しかも1人でこの様なサウンドを作るポールは やはりがセンスが良いですね。
意外に日本では ポールのソロ曲の中で、1・2を争う知名度の高い曲ではないでしょうか??

2011-08-22 04:55 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。グラスゴーのライヴバージョン私も昔は大好きだったんですがね・・・。年のせいかな(笑)。『ホット・アズ・サン』や『バレンタイン・デイ』、『シンガロング・ジャンク』などは私も大好きなインストゥルメンタルナンバーです。そういえばシングル『ワンダフル・クリスマスタイム』のB面だった『赤鼻のトナカイ(レゲエバージョン)』もインストナンバーでしたが、いつ出てくるのかが楽しみです。

2011-08-22 10:28 │ from 管理人URL

あーもー我慢できないので復帰いたします(笑)。

「Ⅱ」 のスーパーデラックスは、日本盤が現在投機目的と思われる極度な高騰中(17000円とか?)(インポートは7000円くらいで推移してるんですが)。 限定出荷数があまりに少なかったことが原因と思われます。 クレジット引き落としのことを考えてひと月あとに買ってもいいだろうと考えたことが大失敗でした。 まだ買ってません。
だってやはりDVDとかも、字幕で見たいですし。 日本盤がいーんです。 もう今後このような失敗をしないために、「ポールマッカートニーアーカイヴス預金」 とゆーものを始めました(爆)。 まだちっとも貯まってません(さらに爆)。

2011-08-27 11:58 │ from 橋本リウURL

リウさん
おかえりなさい。日本盤そんなに値が上がってるんですね。私もお金があれば日本盤を選びたいですが、自分の場合はもうあきらめてますね~(笑)。まさかこの年になって買いたいCDも思うように買えないようになるとは想像もしませんでしたが・・・。ある意味大変な時代になったもんです。

2011-08-27 22:51 │ from 管理人URL