ポールの曲: 『エヴリ・ナイト(Every Night)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『エヴリ・ナイト(Every Night)』

ポールの曲: 『エヴリ・ナイト(Every Night)』

Bose MIE2 mobile headset


祝『マッカートニー(McCartney)』リマスター盤発売ということで、今日はアルバムの中でも名曲の一つに数えられる『エヴリ・ナイト』を取り上げてみたい。

この曲で特に気が付くのは、この頃のポールに特徴的な野太いヴォーカルスタイルである。ポール初のソロ・アルバム『マッカートニー』は、ビートルズ解散直前のゴタゴタの中で発売されたいわば曰く付きの作品でもあるわけだが、このアルバムが制作された時期を考えると、少なくとも公的にはビートルズがまだ現役として存続していた時期と重なっており、それがこのアルバムを他にはない特別なものにしているといえる。

つまりこのアルバムで聴けるポールは、まだ「ビートルズのポール」であったときにレコーディングされたアルバムということである。そして、そう考えながらこのアルバムを聴くとき、たしかにビートルズそのままと思えるような音をたくさん拾うことができるし、その中の一つがこの曲『エヴリ・ナイト』で聴けるような野太いヴォーカルなのである。

このすばらしいヴォーカル・パフォーマンスはいわば天才ポールの力技の一つなのだが、残念ながらビートルズ解散後は年を追うごとに鳴りを潜めてしまい、今ではアルバムでもライヴでもほとんど全く聴くことができなくなってしまった。『エヴリ・ナイト』では、ビートルズの『ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー』ほどではないが、ほどよく抑制をきかせたヴォーカルが光っている。

というわけで、この曲は曲自体もたしかにすばらしいのだが、このポールのヴォーカルがあってこそ120パーセントの輝きを放つ名曲として成立しているというのが僕の見方である。それはリマスター盤のボーナスディスクに収録されているライヴ・バージョンの『エヴリ・ナイト』と聴き比べてみるとよくわかる。中にはこのライヴ・ヴァージョンが好きという人もいるかもしれないが、僕個人としてはライヴ・ヴァージョンは全く機能していないというのが正直な感想である。またポールは過去にこの曲を何度かライヴのセットリストに加えてもいるが、今のところスタジオ・ヴァージョンに匹敵するような歌と演奏は生まれていないと思う。

演奏面では特にビートルズばりに歌うベースと、効果的なアコースティックギターの重ね録りが印象に残る。20代でこれだけの曲を作詞、作曲から演奏、アレンジ、ミキシング、プロデュースまでをたった一人で作り上げてしまうなんて、ポールはなんて凄い人なのだろう(今さらですが・・・)。今回のリマスター化によって、この曲のすばらしさを以前にも増して再認識したファンは多いはずだ。『エヴリ・ナイト』はビートルズの一連の名曲群と並べてみても個人的にはなんの遜色も感じない名曲である。

注)記事では野太いヴォーカルと書いたが、実際に曲を聴き直してみると実はそれほどでもなかった(汗)。だが、僕の記憶(脳裏)には野太いヴォーカルとして焼き付いているのであえて修正はしないでおこうと思う。

参考:
日本盤リマスター:
『マッカートニー』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』デラックス・エディション(安いほう)

US盤リマスター:
『マッカートニー』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』スペシャル・エディション(安いほう)



コメント
非公開コメント

Every Night

Every Nightの79年liveは確かに私も同意見ではあります。何かとってつけた感じがしています。その理由は意外とオリジナルよりもHardな感じがします。それはやはりリードギターにあるしまたPaulの微妙なペースプレイにもよるのでしょう。
この最後のWingsLiveはなんとなくPaulに気迫を感じない部分があり、Soloの曲をしようという意気込みはあったのでしょうが何か空回り的な気持ちもします。後のliveはかなり簡素であり丁寧に歌っていることで79年が一番異色なEvery Nightのような気がしてなりません。

この曲のギターコードですが・・・Eメジャースタートでも通常の押さえ方でないところがPaulらしい曲にもしているといつも思うのです。今でも稀にlive演奏を一人でしていたりするので本当に今となっては別の意味になっているのでしょうねPaulにとって。

2011-07-11 12:47 │ from HiroURL Edit

Hiroさん
コメントありがとうございます。79年当時のウイングスは少なくともライヴバンドとしてはまだ成長過程にあったのかなと個人的には思っています。ローレンスとスティーヴという名手2人の加入にもかかわらず、演奏の完成度は低いなと。それにポールのヴォーカルも今一つです。30代後半であのヴォーカルだったのですから、ポールの現在のライブでの完成度はそれこそ奇跡と言ってもいいかもしれません。

2011-07-11 19:25 │ from 管理人URL

お邪魔します。 久々のアップですネ!

Hiroサン、この曲って、Eセブンススタートじゃないでしょうか? まあ私も自己流コピーなんですが…。

この曲のEセブンスの押さえ方って独特で、Dセブンスを2フレットあげたポジションで押さえてます(私の分析では)。 ポールのライブで実際の演奏を見て盗みました(笑)。 だから指が長くないととても押さえにくい(笑)。 それを「And be with you」のあとのブレイクにかかるアコギの独特なフレーズを応用している感じ(1弦と3弦でスライド)。

この曲で独特なのは、「And everyday I wanna do,do,do,do,do」の部分でF♯→B7になる部分。 普通Fm→B7なんですけど、こうすることであの独特の空気が生まれるんですよ(また知ったかぶり)。

「マッカートニー」 を今回あらためて聴いて感じたのですが、バックのギターとか、かなり考え込まれて作ってるな、という感じ。
すべての楽器がただコードをビローンと弾いてないんですよ。
ブルースの弾き方に影響を受けたものがかなりの部分を占めているんですが、それぞれにリフが担わされてる感覚で、実はこれを完コピしようとすると、ムチャクチャ大変な気がする。
だからその後のライヴでも、微妙なニュアンスを出すのが難しいんじゃないでしょうか? レコーディングのときだけ複雑に弾いてて、実はどう弾いたのかがその場限りでポールも覚えていない、とか…。

映画「レット・イット・ビー」で、「アイヴ・ガッタ・フィーリング」 練習中ポールがジョンに、途中のブレイク時にソロで展開するギターのチョーキングについて延々と 「違う違う、こういう感じ」 と手のひらを微妙に上下させながら説明している場面がありましたよね。
「バレンタイン・デイ」や「グラシズ」 を聴いていると、16音階では出せない微妙な音階を出そうとしているポールの、そんな興味が持続していることが見てとれます。

声質については、…もうこれは年齢に勝てない部分が、どうしてもあるとしか言いようがないですね。

私も若いころは7色の声を自在に使って歌うことができました。 ポールがそうしているかは分かりませんが、ヴォーカルトレーニングみたいなことをしてないと、ちゃんと声が出せなくなりますよ、たしかに。 昔みたいなシャウトができないのは大変つらいです。

2011-07-12 12:49 │ from 橋本リウURL

リウさん
技術的な解説ありがとうございます。楽器の弾けない私にはありがたいです。ポールの演奏というのは、それがどんなに微妙なものであろうと常に変化していますよね。これが何度も聴きたくなる秘密の一つでもあるのではないでしょうか。

2011-07-12 20:54 │ from 管理人URL

仰るとおりですね。
これほど声だけで人を惹きつけられる歌手を、私はほとんど見たことはありません。
そのあまりに優れたヴォーカルのせいで、私などほとんど演奏(これまた素晴らしい)まで目がいかないぐらいですから(笑)。
だから私にとって特に後期ビートルズはほとんど第一次ポールマッカートニーバンドみたいなもんです。
残り三人の中では一番実力が拮抗していた(それでもかなりの差はあるかと思いますが)ジョンの歌手としての嫉妬たるや、容易に想像ができますね(ビートルズに興味がなくなったのはそのせいじゃないかな…)
ちなみにこれはジョンにも言えますが、あんなにタバコ酒をやってどうしてあそこまでの美声を出せたのか、謎です。

2011-07-12 22:15 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。かなりきわどい発言ですが、ポール派の私からすれば大いに共感するところがあります。後期のポールはまちがいなく神懸ってます。これでもかと名曲のオンパレード。書けて、歌えて、演奏万能、そしてかっこいい。ジョンさえもが嫉妬しても仕方なかったのかなと。このあたりは非難を承知でまたゆっくり記事書いてみたいなあ。

2011-07-12 23:49 │ from 管理人URL

橋本リウさん 管理人さん 皆さん
ありがとうございます。
Eセブンススタートで良いのですよねってコードネーム忘れています。
あのコードは当時Paulは結構使いますよね。
確か私はUnpluggedを見てコピーしたので知らず知らずPaul同様に弾いてました。

アイヤーダイさん
Paulのタバコの件確かに当時はやたらとヘビーだったように思います。それなのになぜあんな声が出るのかが
不思議ですよね。さすがに90年代のどこかで止めたみたいですが・・・。
私は減らしていますが止めてなく声でなくなりました。

2011-07-13 09:06 │ from HiroURL Edit

ジョンが嫉妬していた、なんて話しがあるんですか?逆ならあり得るとおもうのですが、ジョンは初期から中期のスタイルを後期はあえてやらなくなりましたよね。ライブをやめたことも関係あるのかもしれませんが、とにかくエフェクトをやたらかけたがったそうですね。直接ノドにプラグインできないか?とエンジニアを困らせたなんて話さえ伝わってます。なぜあれほどの美声を、と思うのはしろうと考えなんでしょうねえ。天才の思惑はとてもはかりしれません。
ということでジョンの名誉のためにいっておきますが、やはりボーカリストとしてはジョンのほうが遥かに上、百歩ゆずって後期のポールならややタイぐらい、と主張しておきます(笑い)。

ポールはレコードではすごいけどライブでがっかり、というのが残念です。日本公演も何回もいきましたが、大感動しながらもボーカルに関しては???でした。ライブ盤とかでわかってましたから、ショックはすくなかったですが。
先日のNHKbsでの最新ライブ(昨年)はこれまた史上最悪レベルで前半はとてもきけたものではなかったです。よく放送許可したな、と思えるほど。今のバンドは演奏が若々しいだけに調子が悪いと余計に目立ちますね。
最近のライブではバックインザUSAライブがわりといいですね。
とジョンを持ち上げるためにポールを思い切りオトしてみましたが、
ジョンも久々のライブだったone to oneでは全然声でてない!!これがジョン?ショックでした。

2011-07-14 00:08 │ from るんばURL

「エヴリ・ナイト」… そうですね。私もアルバム『マッカートニー』を聴いた時、ボーカルに 以降のポールとは少し違う肌触りを感じていました。
管理人様の お話を伺って、なるほどと思いましたね。『マッカートニー』が録音された時は、まだビートルズのポールだったのですよね。 
特に「恋することのもどかしさ」を聴いて感じていたのですが、ポールのボーカルに どちらかと言うと、ビートルズに近い雰囲気を感じます。何かこれ以降のソロにはない 緊迫感があるボーカルなんですよね。
もちろん、「エヴリ・ナイト」やその他の曲にも感じる事が出来るのですが、これは 意識的な事なのか、年齢的な事なのかは分かりません。

もしかしたら、特にジョンを強く意識していたビートルズ時代の名残が ポールに残っていたのかも知れません。それが私が感じた、ボーカルや曲の緊迫感につながったのかな?

私は、ボーナス・ディスクに収録された「エヴリ・ナイト」のライヴ・バージョンは好きですよ。
オリジナル・バージョンよりライヴ・バージョンの方が好きかも知れません。

個人的には、1991年のアンプラグド・バージョンが一番のお気に入りなのですが、それをバンド・バージョンに仕上げたのが ボーナス・ディスクに収録された、1979年のライヴ・バージョンといった感じですね。

歌詞も含めて この曲には、ライヴ・バージョンぐらいの曲調が 曲の持つ雰囲気に合っているように感じます。
特にビートルズの「ユー・ネバー・~」と同じメロディを持つ中間部での ポールの繊細なファルセットボーカルと、地声での激しいボーカルとのコントラストの妙と言いますか、陰影のつけ方は 聞き応えがあります。
これは並のシンガーでは到底歌いこなせない、難易度が高いライヴ・バージョンだと思っています。ここで聴けるポールのボーカリストとしての表現力の凄さには感服しますね。

1979年のツアーだけでなく、長くセットリストに加えて歌い続けていけば、もっと洗練された素晴らしいライヴ・バージョンに成長したと思いますよ。ウイングス解散・ライヴ活動休止が悔やまれます。


ボーナス・ディスクに収録されている、1979年のライヴについては ライヴの全貌を聴いた訳ではないので 感想を述べるのは難しいですけど、個人的にはボーカルも含めて気に入ってますよ。
確かに、ウイングス全盛期と比べると 若干ボーカルに元気がない気もしますが、30台の後半に差し掛かっていた当時のポールでは、多少の衰えは致し方ない所だと思います…

今もロックの先頭ランナーを走るポールですけど、現在の若手・中堅のアーティストが69歳になった時に 今のポールみたいに ヒット曲をほぼオリジナル通りに歌えるのか? 3時間近いライヴでツアーをしてもボーカルは大丈夫なのか?
彼らが 今のポールくらいの年齢になった時に、改めてポールのボーカルについての再評価というのが為されると思います。

ポールは、とても幅広い音楽性を持ったアーティストですので それらをまんべんなく、変わらずに歌い続ける また歌いこなしていく事は 他のアーティストよりも難しい事だと思います。
そういう意味でも、ポールは常に高いレベルでのボーカル技術が要求され それに挑戦し続けている人だと思います。

それらを考えると、過去のライヴ・バージョンも 現在のポールのボーカルも 衰えとかそんな次元を超えて、とてもいとおしく聞こえてきますよ。

2011-07-14 03:52 │ from テツURL

るんばさん
コメントありがとうございます。私もポールの初来日ライヴでは声がガラガラでがっかりしましたね。ま、あのときはポールが生で見れただけで大感動でしたが・・・。今アーカイブコレクションが始まって思うのは、ポールの声の調子は必ずしも年齢だけが原因ではないということ。若かったからライブの歌が絶対的によかったのか、というとそうとばかりも言えないところがあります。

2011-07-14 20:04 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。いましたね、『エヴリ・ナイト』のライブバージョンが好きという方が。私はテツさんと違い、アンプラグドの『エヴリ・ナイト』も好きではないですが、これはもう人それぞれ感じ方の問題ですから、ケンカしないでおきましょうね(笑)。

2011-07-14 20:09 │ from 管理人URL

るんばさん
嫉妬に関しては完全に私の予想で確かな記録があるわけじゃあありません。
初期の曲では『オールマイラビング』に似たような事を言っておりましたが、逆に私がそれほど好きではない曲ですのでピンと来ませんでした(笑)。
私も80年代以降のポールの声はあまり評価してませんし(2002年のライブもガッカリ!)衰え早すぎると思ってるぐらいですが、ビートルズ後期~ウィングス全盛の頃までのポールのヴォーカルにはいつ聴いてもいい意味で鳥肌立ちます。
極論この頃のポールの際立ちがなくてジョンが牽引していた初期ビートルズの輝きだけでは、ここまで私がビートルズに興味を持つこともなかったでしょうね。

ちなみにこの頃には珍しく、アンプラグドの『エヴリ・ナイト』は私も大好きです。

2011-07-14 20:40 │ from アイヤーダイURL

エブリナイトは名曲というより佳曲という感じの小品ですね。ライブではその小品ぽさをだそうとさりげなく歌おうとして失敗している感じがあります。スタジオテイクはとても丁寧で味わいがありますね。私もスタジオのオリジナルテイクがすきですね。エキゾチックで神秘的なアレンジもよく考えられています。ライブでは消し飛んでますね。

2011-07-14 23:51 │ from るんばURL

「エヴリ・ナイト」のライヴ・バージョンは、あまり人気がないようですね(苦笑)
確かに、オリジナル・バージョンは 録音に携わったのがポール1人にも関わらず、かなり完成度が高い仕上がりですね。

私は、80年代の後半からビートルズを聞き始めて ポールのファンになりました。
過去の名曲群に触れながらも、90年代以降のポールをリアルタイムで追っ掛けて来て、近年のポールのボーカルにも愛着を持っています。

皆様も感じていらっしゃると思いますが、90年代以降のポールのボーカルは 特にライヴに随所ですが、出来・不出来の差が激しく不安定に思います。
ツアー中は比較的 好調ですが、少しライヴ活動にブランクが空いた直後のボーカルは とても不安定で、聴いているこちらもハラハラしてしまいます。

やはり定期的にライヴ活動を行って 喉を刺激していく事が、素晴らしい歌声を持続していく為に必要なのだと思います。

節制をして、素晴らしい歌声を維持しているボーカリストは 沢山いるのでしょうが、やはり身体の事ですので 衰えには個人差もありますし、あまりボーカルの劣化に言及するのは 勘弁してあげたいと言うのもありますね(苦笑)

私は当初、『ヤア!ブロード・ストリート』に収録された、ビートルズ再演でのポールのボーカルに 正直すごくショックを受けました(苦笑) 若い頃と比べて もう老人の声に聞こえてしまったのですね。
自分のイメージと 現実の時の流れに戸惑った思い出があります。
ボーカルが持つ魅力にまだまだ気付いていなかった事もありますが…

近年でしたら『フレイミング・パイ』や『ケイオス~』で聴かれるボーカルが 年相応に落ち着いていて好きです。
これからポールが、今の声に合わせて どんなボーカルを聴かせてくれるのか楽しみにしています。

個人的には、ビートルズ時代後期のボーカルが ポールのキャリアの中で最高だと思っていますけど、今後ポールが また違った境地で素晴らしいボーカリストとしての地位を作ってくれる事を期待しています!

少し話題・テーマから逸れてしまいました… いつもながら、駄文・長文になってしまって すいません(汗)


2011-07-15 03:25 │ from テツURL

またお邪魔いたします。

なんかコメント欄が盛況ですよねぇ~。 皆さんポールについて語りたがってるんだなぁ~と感じます。 管理人様もこの暑さの中お忙しい中大変でしょうが、新しい記事をアップして!アップして!(スミマセン催促して…笑)

で、ちょっと私の先のコメント、訂正が入ります。 Fm→B7じゃなくて、F♯m→B7でした。 知ったかぶってやるからこの調子だ…(笑)。

それにしてポールのヴォーカルについていろんなコメントが入ってるみたいでとても興味深いです。

私はどうしても自分の声質の劣化にすごく直面しているために、ポールの声質の変化にもすごく同情的な部分があります。
同じく声質が変化しているので思い出すのは、長渕剛サン…は例外的として(爆)さだまさしサンかな~。
やはり若いころとは違う声です。
でも変わらない人も確かにいます。
ボイストレーニングをしてなくても変わんない人もいると思う。

私は自分がそうだったから思うのですが、あんまり歌い込むと、何かを乗り越える瞬間、第2の変声期と呼べる瞬間が来るんですよ。
急に声が出なくなって、出せたと思ったら以前よりもかなり自在に声が出せるようになる。
松田聖子サンも、確か 「風立ちぬ」 のころそんな時期があったって、個人的に思ってます。
それから彼女の声質もだいぶハスキーさが加わって味わい深くなりました。

…それはそれとして(笑)、そんな第2の変声期を迎えた人には、ひょっとして年齢とともに声質が変わっていく傾向があるのではないか、…すごく独断ですけど、そんな気がするのです。
ポールも下積み時代にやたらと声を酷使した気がする。
たぶん第2の変声期も迎えた、と思うのです(本人に訊いてみたいなぁ~)。

いずれにしても年齢とともに声質が変わるというのは、かなりのショックです。
「オー!ダーリン」 のとき当時の若さでさえ、ポールは 「声が出なくなった」 とショックを受け、毎日朝イチ?でアビー・ロードに来て、この曲のヴォーカルを録り直し続けたそうです(Bファンには常識の話?)。
本人も多分気にしてるんですから、ポールファンなら、…ねぇ?(何を言いたいのか察してくださいませ)。

それでも 「エレクトリック・アーギュメンツ」 の一連のヴォーカルには、加齢によって起こる声質の変化を見事に逆手に取ったヴォーカリスト、ポールの面目躍如たる部分を、すごく感じたのです。 昔の歌い方(「レディ・マドンナ」 唱法とでも言いますか)ができなくなった代わりに、「枯れた味わい」 唱法を確立した、と言う感じ…。

ジョンも亡くなる寸前は、結構声質が変わったな、と感じてました。 彼が生き続けていたら、どんな声質の変化に遭っていたのか、と考えると、ポールのここまでたどってきた苦闘に、ますます価値が出てくるような気がするじゃ、あーりませんか(最後はゴメンクサイ)。

2011-07-15 11:03 │ from 橋本リウURL

リウさん
記事の催促ありがとうございます~。皆さんのポール愛をビシバシと感じる今日この頃。しかし、この暑さと仕事のストレスには・・・。もう少し時間かかるかもしれませぬ。期待せず待っててくださいね。

2011-07-15 21:03 │ from 管理人URL

橋本リウさん、
そうですね、ポールの声は浮き沈みが激しいというか、こんなに波乱万丈な歌手はいないと思うぐらい変わりまくりですよね。
大好きなゴダイゴのタケにしても、いまや見る影もありませんから悔しいやら悲しいやらで・・・。
そんな世の過酷な無常(?)にかなり善戦していると思われるのが、私にとって剛と玉置浩二で、特に50を過ぎてからの剛の生歌は圧巻でした。
ポールにも肉体改造をしろとは言いませんが(笑)、かつて私がレコードで味わった感動を超える新たな感動を、もう一度与えてほしいかぎりです。

バンドにせよなんにせよ、やっぱりヴォーカルが命であることを改めて思い知りました。

2011-07-15 21:41 │ from アイヤーダイURL

お邪魔します。
アイヤーダイ様、レスありがとうございます。
タケカワサンは声どころか外見もかなり…(笑)。 ゴダイゴは 「ハウス」 とか 「デッド・エンド」 のあたりにすごいバンドだなあと思っていたので、のちにアイドル化してしまったころにはだいぶ失望したものですが、こないだ 「銀河鉄道999」 をラジオで聴いたら、結構よかったなぁ。
長渕サンくらい自分の声にこだわってる人もいない気がしますが、やはり肉体と同時に、声帯も鍛えてるのかな?
私はデビュー時から彼のファンという友人の影響でよくLPを聴かされたから結構初期の歌を知ってるのですが、ホント外見も声質も、ひょろひょろでしたからねぇ(笑)。

2011-07-17 10:44 │ from 橋本リウURL

アイヤーダイさん、
ソングライティングに関しては、嫉妬というかジョンはポールに関して厳しくも的確な評価をしていますね。
リボルバーの何曲かとかヘイジュードとかオーダーリンとか絶賛してましたね。
オールマイラヴィングに関しては
『チクショウ、俺が書いとくんだった。それれぐらい良い曲さ。イエスタディはビーティフィルだが俺が書いときゃよかったなんて一度もおもったことはない』
というふうにいっていたと記憶しています。
だからソングライティングに関しては一目おいていて嫉妬?に近い感情もあったことは本人の発言からもうかがいしてますね。

ただヴォーカルに関してはあまりそれはなかったのでは、と思います。その種の発言もあまりなくて、
有名なのは
オーダーリンについてですね。
グレイトだが、ポールはうまく歌えてない、彼にセンスがあれば僕に歌わせたさ。でもしょうがない。あれは奴のうたなんだから』なんていってますね。ジョンにはジョンなりの『オーダーリン』があったのでしょうが、ちょっと想像がつかない。
ポールのものとは全然別のものになったでしょうね。

私はポールのバージョンが気に入ってますが、そこまでいうのならジョンにも歌ってほしかった。ドントレットミーダウンみたいなのかな、とおもいますが。

2011-07-18 16:57 │ from るんばURL Edit