奇跡の人、ポール69才 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » 奇跡の人、ポール69才

奇跡の人、ポール69才

上新電機 パソコン買取サービス


今日6月18日はポール69回目の誕生日である。おめでとうポール!来年はいよいよ70才に手が届こうかというのに、その活動は全く衰えを見せる気配がない。先日もニューヨークのヤンキースタジアム(7/15,16)を皮切りとする夏のツアースケジュールが発表されたばかり。今のところツアー予定地はアメリカ東部とカナダのみに限定されているのが残念だが、今年後半から来年にかけてポールが世界のどこを回るのかが注目される。個人的には来年は、ポールがきっと日本に戻ってきてくれるだろうと信じている。またアーカイブ・コレクション、デジタル・ライブラリのプロジェクトも順調だし、待望のニュー・アルバムも近いうちにきっと発表されることだろう。

さて1960年代に世界最高の音楽グループ、ビートルズで一時代を築いたポール・マッカートニーが、今も生きて第一線で活動していること自体が既にあり得ないことである。文字通り「生きた伝説」として彼のことが語られるのは当然だし、もちろんそれに異を唱えるつもりはない。しかし、69才という年齢を考えると「生きた伝説」ぐらいでは物足りない気がしてしまうのはきっと僕だけではないだろう。

僕などは伝説を通り越して、ポールはもうその存在自体が「奇跡の人」であると思ってしまう。そして僕は現在のポールに、人間として可能なひとつの完成された姿というものを見てしまう。一人の天才ミュージシャンという枠組みを超えて、一人の人間として敬愛し、尊敬してしまう。本当にただ生きているだけでめでたい。それが今のポール・マッカートニーという人なのだ。Happy birthday, Sir Paul!!


コメント
非公開コメント

お邪魔します。

ジョンの誕生日や命日には敏感な私ですが、ポールの誕生日って6月後半、くらいな認識で、ハテいつだったか?って感じで…(ジョージも同様、リンゴは七夕なのでヒッジョーに覚えやすいのですが)。
でもこの 「ポール愛」 あふれるブログに出会ってからは、リアルタイムでお祝いすることができます。 ハッピーバースデー、ポール!…って、もう世界中からお祝いされてるでしょうけどネ(わりと冷静…笑)。
ちなみにポールは私の母親より1コ下であります。 ビートルズって、完璧に私の父母の世代なんですよね~(ちなみに両親は全く彼らに興味なし…笑)。

2011-06-19 08:10 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。実は私もポールの誕生日にはそれほどこだわりはないんです。いつも気が付いたらずっと前に過ぎ去っていた、みたいな(笑)。今年はたまたまですが、とにかく祝えること自体がありがたいことです。スーパーじいさんポール…。

2011-06-19 20:25 │ from 管理人URL

こんばんは。
私もポールは父よりひとつ下ですが、両親がビートルズリアルタイム世代でいながら全く無関心で生きてきたことが子供心に信じられませんでしたよ…笑。あんなにスーパースターなのに常に普通の自分を保っている(と思う)ことがポールを天才ミュージシャンである以上に敬愛している理由であります。ところで、MPLミュージックパブリッシングのサイトまだはまっています。

2011-06-20 19:59 │ from 初級自由人URL

初級自由人さん
コメントありがとうございます。うちの両親もビートルズには全く関心なかったですね。同世代なのに・・・。やはりビートルズは時代の先を行っていたのだと思います。ポールのすごいところの一つは、億万長者になっても普通感覚、庶民感覚を見失わないところですね。彼に比べるとロックの大御所はけっこう派手なこと、バカなことやらかしてますから。たいしたもんです。

2011-06-20 23:24 │ from 管理人URL

ポール、69歳の誕生日おめでとう!
「奇跡の人、ポール」いいタイトルですね…

私の両親は、ポールより年下で 子供の頃にビートルズの来日公演を テレビで観たことがある程度の認識しかありません。
日本人のオノ・ヨーコさんと結婚したジョン・レノンは良く知っていますが、ポールについては あまり良く知らない様です(泣)

私が個人的にポールに憧れるところは、労働者階級から「サー」の称号を授かるまで登り詰めたポールの生き様です。
現在の様にミュージック・スクールなんて ある訳でもなく、ほぼ独学でギターをマスターしながら 曲を作る事を覚え 過酷な下積みを経験して、音楽家として大成功したポールのサクセス・ストーリーは 何度も見聞きしても、その度にドキドキします。

ポールは おおらかに見える性格からは想像しにくいですけど、人生の節目で大切な人との悲しい別れを何度も経験しています。
そういう意味でも もっとポールは悲劇的な要素も語られても良いかも知れませんが、ポールの生まれながらの性格なのでしょうか 悲しい事も全て受け入れながら、常に前向きに生きていて悲壮感の微塵も感じられません。
今日も そして明日も、そんな元気で常に前進を続けるポールに 私はいつも勇気と感動を沢山もらっています。

これからもポールには元気でいて欲しいです。そして!いつか近い日に またこの日本でその雄姿を観たい! そう願わずにはいられません。

2011-06-21 00:42 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。ポールの生来の明るさ、おおらかさにはホントにいつも驚かされます。たくさん負の部分も経験しているのに、それを感じさせない。それとあまり語られることはありませんが、意外と日本的な男気を持った人でもありますね。

2011-06-21 06:07 │ from 管理人URL

遅ればせながら6月18日 Paulの誕生日 69歳 おめでとう。結婚も近いかもしれないPaul様 いいですね。
私は毎年 PaulのBirthdayには Birthday Cakeを買って密かにお祝しています。日本の小さな町で60代の
おばさんがケーキで自分の誕生日を祝っているなんてPaul様は全くご存じないけれど私はとっても幸せなのですよ。
時間があれば ビートルズやウイングスの曲をききつつ若かった頃を思い出しています。

2011-06-21 22:56 │ from バーバリーURL

バーバリーさん
コメントありがとうございます。いやー、ビートルズをリアルタイムで知る世代、カッコイイ60代ですね。ポール愛の深さを感じます。すばらしいです。

2011-06-22 18:24 │ from 管理人URL