FC2ブログ

ようこそポール・マッカートニーのミュージックワールドへ! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » その他ポールの話題 » ようこそポール・マッカートニーのミュージックワールドへ!

ようこそポール・マッカートニーのミュージックワールドへ!

サントリーウエルネスオンライン


長年のファンはポールの全キャリアを振り返る意味で、そして新しいファンは巨大なアーカイヴ・コレクションの予習を兼ねて“MPL Music Publishing”のページを訪れると楽しいと思う(http://www.mplcommunications.com/search.php)。

このページで“Artist”の欄に“Paul McCartney”と入力して“Begin Search”を押すと、これまで公式に発売された曲で、ポールの名前がクレジットされたほとんどの曲を聴くことができる(最初は全曲かと思ったのだが、抜けている曲もチラホラあるようだ)。しかし、これはすごい。音質はCD並というわけにはいかないし正直音圧も曲によってバラバラなのだが、ちゃんとステレオになっているし、なにより曲を最初から最後まで聴けるのがいい。無料でここまでやってしまうポール・マッカートニーという人はやはりタダ者ではない。

このページのおかげで僕自身これまで一度も聴いたことがない宝物を何曲か掘り当てて、とても気分よくこの記事を書いているのである。いやあ感動、感動!おかげで過去ポールファンを少しサボっていた時期に聴き逃していたいくつかの曲を確認することができたのだから嬉しくてたまらない。また同時に一般に知られていない曲の中で、いかにいい曲が埋もれているのかも再確認したのであった。

個人的に一番感動したのは“Same Love”という曲で、これは“Beautiful Night”のシングル(しかもポールはこのシングルを2フォーマットで発売している)のB面として発売されたらしいのだが、僕はこれまでに一度も聴いたことがなかった。しかし、初めて聴いた瞬間に自分の中ではまちがいなくポールのベストバラードの1曲に入ると直感した。こんないい曲をアルバムに入れないでひっそりとシングルのみで発売するなんて本当にポールは憎いことをするものだ。

この曲以外にも個人的にはいろいろと発見があったのだが、あとは読者の皆さんが個々に宝探しを楽しんでいただければと思う。くれぐれもハマりすぎにはご注意を!(笑)

P.S. ちなみに一番新しいポールの曲はバディ・ホリーの超有名曲のカバー“It's So Easy”である。未だ衰えぬロックスピリットを強く感じさせるなかなかの仕上がりだと思う。

日本盤リマスターまとめ:
『マッカートニー』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』デラックス・エディション(安いほう)

『マッカートニーⅡ』スーパー・デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(安いほう)

US盤リマスターまとめ:
『マッカートニー』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニー』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニー』アナログ盤(LP)

『マッカートニーⅡ』デラックス・エディション(高いほう)
『マッカートニーⅡ』スペシャル・エディション(安いほう)
『マッカートニーⅡ』アナログ盤(LP)


コメント
非公開コメント

どうもこんばんは!

このサイトすごいですね!シングルのカップリングなんか廃盤になってしまって聞けない曲が多くあるので、とてもありがたいです。
僕の耳がおかしいのか、聞いているCDが古いバージョンなのか、音質は良くなって聞こえました。
「(I Want)Come Home」なんてとても良い曲ですね。早くCDになってほしいです。

「アーカイヴ・コレクション」ではこれらの曲がすべてパッケージされるんでしょうね。すごく楽しみです。

2011-05-25 01:24 │ from なっつURL Edit

「セイム・ラブ」! 管理人様は 初めて聴かれたのですね!
私はアルバム『フレイミング・パイ』が発売された当時、輸入盤で「ビューティフル・ナイト」のシングルを購入し、(日本では未発売…)カップリング曲だった「セイム・ラブ」を初めて聴きました。
私もこの曲は ポールの全キャリアを見回しても傑作の部類に入るバラードだと思っていましたので 管理人様のコメントを読んで大変嬉しかったですよ!

ご存知かも知れませんが、「セイム・ラブ」は1988年頃に録音されていた様で 印象的なピアノは、ビートルズ時代に共演も果たしているニッキー・ホプキンスが弾いているそうです。

こんな曲が約10年間もお蔵入りとなり、シングルのカップリングでひっそり発表されるなんて 信じられませんね。勿体ない!

「ビューティフル・ナイト」と「セイム・ラブ」のカップリング、ポールの全シングルの中でも 秀逸なバラード・シングルとなったのではないでしょうか?
ぜひ!アーカイブ・コレクションで『フレイミング・パイ』が復刻された際には ボーナスとして収録して欲しいです。

ちなみに アルバム『フレイミング・パイ』からのシングルは 未発表曲がカップリングされたり しかもCD版の「ウーブ・ジューブ」も収録されていて その中にもポールのお喋りと一緒に 貴重な未発表テイクや未発表曲が収録されていて 内容的に大変充実していました。

日本盤のシングルでは「ウーブ・ジューブ」は収録されておらず残念でしたが、その為にすべて輸入盤でシングルを揃えましたよ。

本当に『フレイミング・パイ』からのシングルは未発表曲&テイクが満載で集めていて楽しかったです。さすがポール、シングルでも楽しませてくれました。

個人的には、CD版「ウーブ・ジューブ」に収録されていた「ラブ・ミックス」という曲が気に入っています。
とても明るくポップな曲で 聴いているだけで気持ちが高揚してくる曲ですよ。 この曲もシングルに収録されるまで未発表だったと思います。 

ポールは、アルバム未収録曲でも侮れない隠れた名曲が多いので、これから続くアーカイブ・コレクションでは そういった曲にもスポットを当てて、ポールの新しい魅力を引き出して欲しいですね。

それにしても「セイム・ラブ」の素晴らしさを分かって下さる方がいて嬉しいですよ(涙)
輸入盤のシングルでしか聞けない曲ですから、良いなぁと思っていても 共有出来る機会がありませんでしたから…


2011-05-25 04:03 │ from テツURL

なっつさん
コメントありがとうございます。新しいファンの方々には全く何も知らないでアルバムを聴く楽しみを逆に奪ってしまうかもしれないので、実は少し紹介を迷ったのですが、喜んでもらえてよかったです。
“(I Want to) Come Home”は最近のライヴでも時々やっているようですが、なかなかいい曲ですよね。まちがいなくアーカイヴ・コレクションには入ってくるでしょうから楽しみに待ちましょう。

2011-05-25 07:55 │ from 管理人URL

テツさん
コメントありがとうございます。『セイム・ラヴ』ほんとにいい曲ですね。なんとピアノはニッキー・ホプキンスですか。ピアノのイントロが少し長いので、ひょっとしたらこの曲インストゥルメンタルなのかな、と。そしたらポールのヴォーカルが入ってきて「おおおっ、これは!」となりました(笑)。凡人には一生かかっても一曲も書けないような曲をこんな形で発表するなんて、ポールすごすぎます。

2011-05-25 08:05 │ from 管理人URL

MPLの公式Site内に曲の試聴が移動していたのですね~。PaulMcCartney.comになってから聞くことが無かったのて初めて知りました。

以前はPaul自身別のSiteで抜けぬけで聞けていたのですが・・・CDになっていない曲を聞かせてくれるのは嬉しいですね。

皆さんのコメで色々なB-sideの曲が話題ですね(古い言い方でごめんなさい)。1997年頃と1990年当たりは、「フラワーズ・イン・ザ・ダート」前のRecordingでボツにした曲を発表しましたね。


実は私もLoveMixってコテコテな曲好きだったりします。歌詞自体Paulらしい曲だったり、過去下手ながらコピーしたことありました。(本人がボツにした気持ちはなんとなくわかるけど)

1980年~1989年の間に物凄く未発表の曲があるのでしょうね。その分80年代後半は苦悩の時期だったかも。



ちなみにブートとなりますが、95年のBeatlesAnthologyの前に、USでradio放送された「ウーブ・ジューブ」。
本人のDJで色々な未発表やPaulのお気に入りのartistの曲、そしてSoundcheck、Lindaのお料理コーナーと凄く楽しいradio番組でした。特にLindaのレシピを紹介するところ、食べ物をきったりケチャップをつけたりするSEが入り妙に楽しいしLindaが一所懸命説明しているのがほほえましい。やはりPaulにはLindaかなぁ~とヒシヒシ思ったり。

管理人さんがお聞きになれば凄く楽しめるのではないかと・・・(私は英語訳が疎いので)


朝から乱文ですいません!

2011-05-26 09:33 │ from HiroURL Edit

Hiroさん
コメントありがとうございます。『ウーブ・ジューブ』はもしアーカイヴ・コレクションの中に入ってきたら、とても楽しみなことになりますね。これはブートも出回っているようですが、この番組が放送された当時、僕はなぜか音楽自体から少し離れていた時期なので、ほとんど聴かずに終わっています。それだけに楽しみもひときわなのです。

2011-05-26 22:37 │ from 管理人URL

こんばんわ。

今まで聴いても忘れていた曲や聴いたことなかったものなど、ここで全部じっくり聞けるなんてこれははまります!管理人さん拍手100くらいあげたいです!

ポール以外でカール・パーキンスでサーチをしてみたらMy Old Friendが聞けました。ずいぶん昔に友達が貸してくれて見たカールのドキュメンタリーの中で、ポールの友情への感謝としてカールがプレゼントしたと記憶していたのですがレコーディングされていたのは知りませんでした。しかもポールと一緒に!このビデオとても印象に残っていてまた見たいのですがDVDにはなっていないようで残念です。うる覚えですがインタビューの最中ポールの話題がでている時に偶然ポールから電話がかかってきたり、二人でジャムしている様子など本当楽しそうで…。

2011-05-29 21:01 │ from 初級自由人URL

初級自由人さん
コメントありがとうございます。拍手はしてください(笑)。拍手ゼロだと記事書く気が失せますので(爆)。冗談はさておき、カール・パーキンスとのジャムセッションの模様がアーカイヴ・コレクションのビデオに登場する可能性はけっこう高いのではないか、と個人的には思っています。カール・パーキンスについては、私はほとんど知りませんが、人柄の良さを感じさせるミュージシャンですよね。

2011-05-29 21:15 │ from 管理人URL

はじめまして。
僕も先日偶然、MPLのサイトでいろいろ試聴出来るのを知って、時間を忘れて聴き続けました。
ブートをいくつか持ってるのですが、A Love For Youのマスター・テイク(?)を聴いたの初めてです!しかも、ブートのデニー・サイウェルのドラムとなんかちょっと違うし。Rock ShowがWINGSPANでいつも聴いている24bitでリマスターされたシングル・ヴァージョンのものより音の分離がよくなってる感じがしてびっくりしたり。

アーカイヴ・コレクションの次のリリースまでこれでけっこう楽しめそうです。来月はカバー・アルバムのリリースがあるしいろいろ楽しみがあってうれしいです(^.^)

2012-01-14 01:02 │ from けろりんURL

けろりんさん

はじめまして!ホントに無料でここまでやれるってスゴイことですよね。また何か発見があれば教えてください。これからもよろしくお願いします。

2012-01-14 02:26 │ from 管理人URL