ポールの名演: 『ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの演奏、名演 » ポールの名演: 『ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)』

ポールの名演: 『ヘイ・ブルドッグ(Hey Bulldog)』




ビートルズのオリジナル・アルバムの中では最もマイナーといえる『イエロー・サブマリン』に収録されているためか、僕は昔から『ヘイ・ブルドッグ』はその出来の割に評価がかなり低い曲だと思ってきた。もしこの曲が同時期に発表された『ホワイト・アルバム』やシングルのB面に収録されていたならば、この曲はもっともっと高い評価を得ることができたのではないかと思うのである。逆にいえば隠れた名曲のひとつでもあり、ビートルズを本気で聴き込んでいった人のみが発見することのできるお宝ともいえるかもしれない。

曲自体はジョンがほぼ即興に近い形で作った曲と言われている。こんなにもいい曲を即興で作ってしまうなんて、やはりジョンは天才である。がしかし、この曲が並のヴォーカル、並の演奏、並のアレンジで作られていたならば、曲の輝きは半減してしまったにちがいない。『ヘイ・ブルドッグ』が名曲たる所以は、1に“ポールのベース”、2に“ジョンとポールの遊び心たっぷりのヴォーカル”、3に“ソリッドなギタープレイ”、4に“すばらしいアレンジ”だと僕は思っている。

特にポールの弾くベースはすばらしいの一言で、僕はこの曲のベースプレイを聴くたびに鳥肌が立つ思いがするのである。もっともこれはポールに心酔する僕のようなファンだからこその意見であって、ベースが前に出過ぎているとか、不必要に弾き過ぎだとかの意見もひょっとしたらあるのかもしれない。実際ベースが前面に押し出されているという意味では、おそらくこの曲はビートルズの中でも1、2を争う曲なのではないだろうか。

とにかく最初から最後までベースがうなりまくっている。その乗りのよさ、センスのよさはハンパではない。ポールのプロフェッショナルな一面を強く印象付ける演奏で、僕はそこになにかしら尋常ならざるものを感じて仕方がないのである。特に後半部のアドリブを交えた余裕たっぷりの弾きっぷりには凡人はただただひれ伏すのみだ。

もう一つ忘れてはならないのが、間奏部のギンギンにワイルドなギター演奏である。このギターを誰が弾いているのかは諸説あるらしいのだが、主にジョージが弾いている説とポールが弾いている説とに分かれるようだ。ビートルズのギター演奏でいいのがあると、きまってポールではないかとの憶測が流れるし、事実そういうケースも多いのであるが、この曲までベース、ギターとポールがいいとこ取りというのはさすがの僕もちょっと不公平という気がしてしまう。ので、ギターはジョージということにしておきたい。こちらも非常にクリエイティブで印象的な名演だと思う。

参考:

イエロー・サブマリン(アルバム)
ヘイ・ブルドッグ(iTunes)
icon

※姉妹ブログ 「生きているだけでめでたい」 もよろしくお願いします

コメント
非公開コメント

この曲の気持ちは私もまったく同じです。ひっそりとAlbumに入っているのが別の意味で良い味でもありかも。

そう!私も一応は下手楽器を弾きますが、どうしても研究本などでは「これPaulリード」とか「Georgeがベース」だとか
色々と意見がありますが、正直、プロのミュージシャンだって分からないのでしょうと思ってなりません。

でもこの曲はハイトーンとか使いまくりでもないし、やっぱりGeorgeでなかろうかと・・・
でも分からないし、たぶんメンバーもお忘れになっているのでしょう。

楽器って結果としてはアンプ、弦、などのセッティング次第で「このギターの音」といえない部分があると
私は常々思っています。

そんなところを想像して聞くのも楽しいのがBeatlesだったりしますね。

そうそう、Jetのドラムがやけに曇って聞こえるのはmasterテープが危険な状態だったとジェフエメリックが語っていました。確かに他の収録曲とは明らかに違う。

録音機材にもよるということですね。

それでは

2011-04-08 10:13 │ from HiroURL Edit

Hiroさん
コメントありがとうございます。Hiroさんのように、楽器を演奏し、自分でアルバムまで出してしまうような方からコメントいただくと嬉しいんですよ。楽器も弾けない、ただのド素人ポール馬鹿としては・・・。これからも素人目線で記事書いていきますので、おかしなところがあれば突っ込みお願いしますね(笑)。

2011-04-08 23:36 │ from 管理人URL

お邪魔します。

私もドシロートながら、この曲のリードギターって、クセ的にジョージっぽい気がします。 弾いてて感じるだけですけどね。

この間奏では和音が積極的に使われているし(つまり弦を2本押さえながら展開していく)、これって 「オール・マイ・ラヴィング」 的、って感じに思えます。 全体的な印象で言うと、同時期のものと考えられる 「オールド・ブラウン・シュー」 に、リードギターの感じが似ている。 ポールの手癖って、グリッサンドとか(ホニャオゥ、って感じ…笑)が多用されていて、ジョンの場合はストロークみたいなガチャガチャ型(「ユー・キャント・ドゥ・ザット」 の間奏がいちばん分かりやすい)。 「ジ・エンド」 のギター合戦を聴いてるとみなさん手癖全開で、とても面白いですよ。

2011-04-09 10:40 │ from 橋本リウURL

お久しぶりです。この曲はアレンジ面で魅力一杯ですね。ノーマルなベースとファズベースがミックスされた迫力のあるベース音、とても控えめなオルガンの音量、意図的にテンポを狂わせたドラム、エンディングのジョンとポールの掛け合いトーク等。リードギターはジョンとジョージが1台のアンプでユニゾンで弾いたという説もあるようです。

2011-04-09 18:47 │ from 間 健二URL

リウさん
コメントありがとうございます。ハア~、なるほど、『オールド・ブラウン・シュー』との対比はおもしろいですね。個人的に納得です。なかなかどうして、かなりギターを弾き込んでいないとできないコメントではないでしょうか。

2011-04-09 22:12 │ from 管理人URL

間さん
コメントありがとうございます。これまた貴重な情報ありがとうございます。ベースはミックスされた音なんですか。私はさっぱり気付きませんでしたが(笑)。ギターもジョンとジョージがユニゾンで弾いていたと想像すると楽しいですね。

2011-04-09 22:17 │ from 管理人URL

ボクもビートルズの中では1・2を争う大好きな曲です。
さてギターソロでしがボクは実はジョンなのでは?と思ってます。
ポールなら良く言えばもっと流暢な悪く言えばさらっとしすぎて面白くないギターやと思うんです。
ジョージと考えるとジョーシンらしい味わい成分が少ない様に感じるんです。
でジョン。基本的にはサイド・リズムギタリストなんやけど意外とリード弾かせたら結構攻撃的なギター弾くんですよね。
あのソロの攻撃的な感じ、ジョンに思えてならないんです。

2015-12-12 23:27 │ from ともやんURL

ともやんさん

なるほどあのソロはキャラクター的にはジョンが一番合っていると僕も思いますね。実際に誰かは別にして。

2015-12-13 13:50 │ from 管理人URL

中学からビートルズ聞いてるけど、知らなかったあ。
イエローサブマリンのアルバム、あまりよくないという印象でちゃんと聴いてなかったわん。
dvdのビートルズ1+で初めて聴きこんで、今ハマってます。
かっこいい。大好き。

2016-06-03 22:17 │ from keikoURL

keikoさん

かなりのファンでも知らない人はいるんですね。ほんとにかっこいい曲です。

2016-06-04 11:51 │ from 管理人URL

No title

リマスター盤はベースが右チャンネルに移動して更に良くなりましたね
1966年当時でこの斬新なリードベースは驚きで他の誰よりも指が動いてます
個人的にはディアプルーデンスやラブリーリタのプレイもお気に入り

2017-06-29 12:53 │ from KURL

No title

Kさん

『ディア・プルーデンス』のうねるようなベース。
『ラヴリー・リタ』のはねるようなベース。

どちらもポール、これぞ天才。すばらしいプレイですね。

2017-06-29 14:39 │ from Macca Go Go Go!管理人URL