ビートルズ “LOVE” がiTunesに登場 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » ビートルズ “LOVE” がiTunesに登場

ビートルズ “LOVE” がiTunesに登場

DMM.com CD&DVDレンタル


ビートルズの“LOVE”がiTunesのオンライン・ストアに登場した。しかもボーナス・トラックとしてiTunes限定の2曲(『フール・オン・ザ・ヒル』と『ガール』)が追加されている。

iTunes Store: ビートルズ“LOVE”
icon

特に僕のようなオジサン世代にとっては、まだまだ音楽のデジタル配信というのはなかなか手が出しずらいものがある。しかし、今後音楽の購入手段はネットが主流になっていくことはまちがいない。どうせなら、今から多少なりとも慣れておくのが身のためだろう。ということで、僕もこれを機にiTunesのストアにID登録してみたので、それらの感想などを含めてレポートしてみたい。

iTunesのストアで音楽を購入するためには、まずiTunesのアプリをAppleのストアからダウンロード&インストールしなくてはならない(iTunesダウンロードページ)。これがけっこう面倒くさいのだが、それなくしては購入自体ができないので仕方がない。だが無料だし、このソフトはPCでの音楽再生ソフトとしてもなかなか優れているので、それだけでもインストールする価値は十分にあると思う(特に曲のクロスフェード機能はよろしい)。

そしてインストールが済んだらすぐに購入できるかというとそうではない。やはり購入にはお金が動くのできちんとした登録作業(Apple IDの登録)が必須で、これにはクレジットカードが必要である。ここまできてやっとiTunesストアから購入できるようになるわけだ。

さて今回の“LOVE”にもiTunes限定のボーナストラックが付いてきているが、ネットで音楽を購入するメリットの一つは、CDにない音源を手にいれることができることだろう。また家にいながらにして聴きたい音楽を即座にダウンロードできることも宅配便通販などにはない魅力である。そして、もう一つ嬉しいのは、曲が1曲単位で購入できることだ。アルバム全部を聴くほどでもないけど、あの曲だけはどうしても…というときは本当に便利である。

というわけで、早速試しに曲を購入してみる。僕が購入したのは長い間気になっていたトニー・シュートの『アイランド・ナイト』(150円)。あの青春の日をもう一度。購入は驚くほど簡単で、購入確認のOKボタンを押すとわずか10秒ほどで曲のダウンロードが完了してしまった。あまりに速くてあっけな過ぎるほどだ。僕は即座に若き日にタイムスリップしてしまい、あの頃の記憶が蘇る…。やっぱりいい曲だ。

ポールの作品も現在iTunesでかなりの曲が購入できるが、すべての作品がラインナップされるまでにはまだまだ時間がかかりそうだ。あとリマスター盤はまだ『バンド・オン・ザ・ラン』のみなので注意。ジョンはリマスター盤のボックスセットが廉価なので検討に値するかもしれない。

正直これはハマル。嫁さんにバレないように、月1、2曲ぐらいなら買ってみようかな(笑)。

参考:
【iTunesストア】
 
ビートルズ
iconポール・マッカートニー
iconジョン・レノン
iconジョージ・ハリスン
iconリンゴ・スター
iconトニー・シュート 『アイランド・ナイト』
icon

※姉妹ブログ 「生きているだけでめでたい」 もよろしくお願いします

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

「生きめで」(縮めるなっちゅーの…)でカセット好きの超アナログ人間を暴露してしまった私にとっては、曲のダウンロード、ということ自体、聞いた瞬間から 「メンド臭いなあもう」 の怠惰な感情に陥ってしまいます~。 しかし 「LOVE」 のボーナストラックも、聴いてみたいし…。 ああ~でもメンド臭いの感情のほうがやたら強いし…。

それでも、手触り感重視のアナログ人間といたしましても、やはりベスト盤なんかの選曲にとても不満なものを感じたりします。 個人的な例を挙げさせていただくと、キッスのベスト(またこりゃ意外なところですが…笑)で 「ハードラック・ウーマン」「デトロイト・ロック・シティ」 が自分が小6のころに聞いていたシングルヴァージョンとビミョーに違うのが不満。 オリヴィア・ニュートン・ジョンのあまたあるベスト盤に、やはり同じく小6のころにラジオでよく流れていた 「カモン・オーヴァー」 がちっとも入ってないことも不満。 それ以外にも、ラジオのヒットチャートでよく流れていた曲で、歌手も題名も分からない曲って、結構あったりします。 ネットで調べてもなかなか判明しないし…。

ベスト盤の選曲って、自分が当時ラジオで聞いていた曲を網羅出来てないケースが、あまりに多いんですよ。 まったく馴染みのない後年の曲なんかが、入りすぎる。 要らんっちゅーの! 年代を区切って出してほしいですよね。 ビルボードチャートでヒットしてたやつだけとか、当時のラジオのヒットチャートを聞いていた人たちを完璧に考慮していないのがイライラするのです。

「生きめで」 でも(だから縮めるなっちゅーの…笑)カーペンターズのベスト盤を紹介されていらっしゃいましたが、やはりそんな良心的な姿勢のベストを心待ちにするよりも、1曲1曲ダウンロードしたほうが、いいのかもしれません。 ああ~でも腰が、重すぎる…(笑)。

2011-03-05 11:17 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。「生きめで」には笑わせてもらいました。これは考えたことなかったな~って(笑)。なんか気持ち悪い響きがあるので広めないで~。
キッスは意外じゃないですよ。同世代はけっこう好きな人多いんじゃないでしょうか。私は『ラヴ・ガン』しか好きじゃないですが…。オリビアは私も大好きです。でも『カモン・オーヴァー』は知らないですね。ちなみに彼女のカントリー時代はほとんどわからんです。子供の頃のオリビアといえば、『ジョリーン』が最もインパクトありました。

1曲だけダウンロードするってけっこう使い勝手よさそうですよ。『ソウル・ドラキュラ』があったのは驚きました(笑)。でも200円は高すぎるのでまだ考え中です。アメリカ並に1曲100円にでもなればもっと買うのに…。懐かしの洋楽ヒット曲あればまたご紹介ください。

2011-03-05 23:19 │ from 管理人URL