FC2ブログ

ビートルズとiTunes - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ » ビートルズとiTunes

ビートルズとiTunes

DMM.com 本・コミック通販


オジンの悲しいサガかもしれないが、僕はiPhoneやiPodに代表されるアップル社の製品群に妙な違和感というか、反発を感じてしまう(10年ほど前には自分自身が立派なMacユーザーであったにもかかわらずである)。スタイリッシュでいい製品を作っていることは理解できるのだが、「別にそうアップルばかりじゃなくてもいいじゃないか」と思ってしまうのだ。特になんとなくカッコつけたようなテレビCMは鼻について仕方がない。

僕は昔から大衆がワーッと流行に押し寄せるのを見ると、それが本当に良いものか悪いものかに関係なく、それだけで訳もなく嫌悪を感じてしまう性格である。簡単にいえばへそ曲がり、偏屈者なのだ(笑)。だから僕は全盛期のピンクレディーも、松田聖子も、マイケル・ジャクソンも、Bzもキライだったし、本でいえば『窓際のトットちゃん』(古~)、『気くばりのすすめ』、『脳内革命』、『バカの壁』、『1Q84』などの本は絶対に読もうとしなかった。あまり例えはよくないかもしれないが、テレビでは『水戸黄門』も『渡る世間は鬼ばかり』も一度も観たことがない。紅白も大きらいだ。最近でいえば、脳トレ関係のゲームや脳活性化云々の本がキライである。嫌悪している。とても胡散臭いと思う。

そんなわけで時々、もし僕がビートルズのリアルタイム世代であったなら、自分は案外アンチ・ビートルズ派になっていたのかもしれない、などと考えるときがある。僕がビートルズと出会ったのが解散後であり、クラスで洋楽を聴く人が少数派であったのは僕にとってはあるいはラッキーだったのかもしれない。

思えば僕がかつてMacのパソコンを買おうと決めたのも、Windows98発売時の過剰なまでの販売イメージ戦略に辟易していたからである。簡単にいえばWindows98は試合内容では負けていたのに、勝負には勝ったのだった。いっぽう当時Macはとても地味な売り方をしていたが、その製品力は本当にすばらしいものがあった。僕はそういう会社を応援したくなるのである。

しかし時は流れ、今度はアップル全盛の時代になると、とたんに冷めた目で見るようになってしまうのだから僕もホントにへそ曲がりな性格だと思う(笑)。どんな時であっても、内容だけで判断できるような太っ腹な男になりたいものだ。

さて、前置きが長くなってしまったが、折も折、ビートルズの楽曲がついにネットからダウンロードで購入できるようになった。いわゆるデジタル配信というやつである。そして、そのダウンロード販売を一手に担っているのが他でもないアップル社のiTunesストアなのである。考えてみればビートルズのデジタル配信はむしろ遅すぎたぐらいで、なんで今になってと言えなくもない。だが、リマスター盤発売によって音質が格段に向上した今がタイミングとしてはベストなのかもしれない。

結論から言うと、僕はダウンロード版のビートルズ・リマスターは購入しない。というか、購入する必要がない。CDとパソコンさえあれば、曲をMP3などのデジタル音源に変換することはとても簡単にできるからだ。もしリマスター版のCDを持っているのに、iPodなどで聴くためにわざわざまたネットからビートルズのダウンロード版を購入しようとしている人がいたら、どうか無駄なお金は使わないようお気をつけ願いたいと思う。そのような人はまず周囲のパソコン好きの人に相談するか、ネットでCDからMP3への変換方法を調べてみていただきたい。もったいないです。

特に日本のiTunesストアは価格が高いと思う。1曲ごとのバラ買いはアメリカの1ドル29セント(約108円)に比べ200円もするし、アルバム1枚の値段もアメリカの12ドル99セント(約1090円)に比べ2000円と倍近い値段である(ビートルズ以外はもう少し安いようだが)。

それでも発売開始直後は軒並みiTunesのチャート上位にランクインしたというから、さすがはビートルズといえようか。ともかくこれでやっとネットでビートルズの曲が買える時代になった。これはまさしく新しい時代の到来である。個人的にはCDを買う余裕のないジョンやジョージのリマスターを曲単位で買うことを検討中である(ジョージは以前のリマスターになってしまうけど)。

参考:
ロック - iTunes Store

コメント
非公開コメント

お邪魔します。
私は全く疎いです、iPodに関しては(いまさら言うまでもないですか、データ解凍すらできないんですからね…笑)。

で、iPodに関しては確か、データ圧縮というものをするそうなんですよね、ね?(笑)
だいたい圧縮ということ自体が理解不能なんですけど、それをやる際に人間の聴覚における錯覚を利用して、大きい音のあとに来る音を省略してしまうとか、そんな方法を又聞きしたために、完全に拒絶反応を起こしてしまいました。
要するに騙されて聴かされてるわけでしょう?
CDで人間の聴覚では聞こえない高周波をカットした、ということを聞いたときもかなりの拒絶反応を起こしましたよ、私は。
道理でお上品な音だと思った、という感じです。
CDで特に不満なのが、ベースの音に表情がないこと。 奥行きがない、というか、ただ無機質に低音が鳴ってるだけ、という気がしてならないんですよ。 アナログレコードにはそんなことがない。

話はずれてきてしまいましたが、ネットでダウンロードして、なんとこと自体が、まず心理的に受け付けないのです(旧世代ですよ、ええ、確かに!…笑)。
LPジャケットのあの感触、独特の匂い(時間がたつとまたその匂いに拍車がかかります)、そんな手触り感覚を失ってしまった音楽は、ただのデータに過ぎません。 音だけでなく触覚嗅覚、五感を成長させるトータル・メディアなのです、大衆音楽というものは。

考えてみたら私などは、いちばん恵まれたアナログ成熟期にガキの頃を過ごした、という点で、最後のとても恵まれた世代なのかもしれません。

2010-12-11 07:18 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。そうなんですよね。そもそも音を“データ”として処理するという考え方なんですよね。寒いです。私もCDの発売時人間の耳には聞こえない帯域をカットすると聞いたときはゾッとしましたよ。結果は無機質で薄っぺらい音でした。現在全盛の携帯型音楽プレーヤーも、発売当初ハードの容量が少なかったために、いかに音を損なわずに1曲のデータ量を少なく(圧縮)するか、というコンセプトでしたから音はますます薄っぺらに・・・。一台に1000曲入るとか言ってましたが明らかに誇大広告で、薄い音の曲1000曲入れても意味ないって(笑)。でもそれが世の中まかり通ってしまったんですからコワイです。

2010-12-11 09:11 │ from 管理人URL

似てるところが・・・

こんにちは。
今回のお話・・・私と似ている感じがしました。私も80年代の流行物や人に対してまったく興味をもてない人でしたし、皆が漫画をみてるのにまったく興味がなかった。そしてファミコンさえも興味がなかったと言う偏屈ところがあります。
ちなみに一番一緒と思うところ「ビートルズのリアルタイム世代であったなら、自分は案外アンチ・ビートルズ派になっていたのかもしれない」これまさしく私も同様に考えていることです。
もしRealなら私は否定してたでしょうね。

どうしても同感意見書きたくなりました。



今回、デジタル配信が突然始まったこと・・・本音は嫌でした。噂が立つだびに嫌だったのです。

2010-12-17 10:25 │ from HiroURL Edit

Hiroさん
コメントありがとうございます。男たるもの少しは頑固なところもないと・・・ですよね(笑)。私もマンガ卒業するの早かったです。小6ぐらいで『荒野の少年イサム』とかが最後かな・・・。ファミコンは飛びつきましたよ、初代ファミコンはまだ世間が見向きもしなかったからかもしれません。やはり偏屈ですね。

2010-12-17 15:39 │ from 管理人URL