FC2ブログ

大型本 『THE BEATLES アンソロジー』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールの本 » 大型本 『THE BEATLES アンソロジー』

大型本 『THE BEATLES アンソロジー』

DMM.com いろいろレンタル カメラ


ビートルズ関係の本について記事にしてみたら、読者から予想外の反響があったので調子に乗って引き続き1冊の本を取り上げてみたい。

その名も『THE BEATLES アンソロジー(豪華大型本)』である。ジャーン!

anthologybook.jpg

これは1995年から始まった最初で、最後で、最大のビートルズ自身による『アンソロジー・プロジェクト』のトリを飾る歴史的・記念碑的豪華本のことである。ちなみに『アンソロジー・プロジェクト』とは一般にCD(Vol.1~Vol.3)、DVD(Vol.1~Vol.8+特典映像)、そして今回取り上げる大型本の3つのプロジェクトを総称していう。

調べてみたらこの本が発売されたのは2000年の10月で、たまたまだが今年がそれからちょうど10年目の節目に当たる。もうそんなに経ったのか・・・というのが正直な印象である。この本の最大のウリであり特徴は、本の内容のほぼすべてがビートルズ4人が“実際に語った”言葉をもとにして構成・編集されているという点にある。また全編に渡り写真、手書きのメモ、当時を記録する貴重な資料の数々が多数収録されている。総ページ数は367ページとたいしたことはなさそうに思うが、タテ35.6cm×ヨコ26.8cmの紙にぎっしりと4人の言葉が書き込まれており、その読みごたえといったらハンパではない。価格は発売当時税込7,140円というかなりの高額本で、重さも3キロを超える。本当にずっしりと重くて持ち運びには大変不便な本ではある(笑)。

僕はこの本を発売と同時に予約購入したのだが、こんな高額な本が買えたのは僕が当時まだ独身だったからである。今ならこんなに高くて目立つ本を嫁に内緒で買うことは至難の業であろう(汗)。

しかしである。せっかくの大金をはたいて買ったこの貴重な本を、僕は未だに全体の10分の1も読んではいないのだ(ああ、もったいない)。なぜか?それは一にも二にも本自体がとにかくでかくて重すぎるのである。本を開くには机かテーブルにかなり広いスペースを空けなくてはならず、気軽にパラパラとページをめくるということができない。それに、ともかく本を開くことだけで大げさな気分にさせられてしまうから困ったものである。そして、いざページを開いてみると、そこにはぎっしりと文字が詰め込まれており、その分量を見てまたしても戦意喪失、ということの繰り返しになるのであった。

もう一つ僕がこの本をどうしても読み進められない理由は、お恥ずかしい話だが、僕はもう10年以上も読書をする場所がほとんどトイレの中だけに限られてしまっているからである。僕にとってトイレ(大)の時間は大切な読書タイムで、特に何も読みたい本がないときでさえ、僕は必ず何かお気に入りの一冊をもってトイレに籠るのだ(それでも年間10冊くらいは軽く読破、笑)。だが、この本を持ってトイレに入ることだけはどうしてもできない。もしできたとしても、本を震える両手で支えるのが精一杯だろう・・・。

これだけの内容の本が、読みやすい体裁になっていないのは個人的には非常に残念に思う。いっそのことCDのように3冊に分けて、読みやすい単行本サイズにでもしてくれたなら、きっとトイレの中で一気に読破してしまうだろうに(笑)。

ちなみに現在この本は絶版となっているようで、新品での購入は困難のようだ。ファンにとっては資料的な価値は大変高いと思われるので、特に若くて新しいファンの方々は中古でも入手を検討されてはいかがかと思う。

そんなわけで、今ではアンソロジー本は家の押入れの中にひっそりと眠ってしまっている。きっと死ぬまでこの本を読破することはできないであろう。アンソロジーをビートルズのバイブルと評する人がいるが、僕にとってこの本は家の本棚からけっして動くことのないまさしく聖書のような書物なのであった。チャンチャン。

参考:THE BEATLESアンソロジー(大型本)


コメント
非公開コメント

お邪魔します。
「アンソロジー」 本、なかなか買えませんでしたねー、発売当時。
「こんな高いもん、ビートルズファン以外にだれが読むんだ?」 と大いにタカをくくり、簡単に購入できるだろう、と思ったのが大きな誤りでした(笑)。
いまにして思えばビートルズバブルのもっとも顕著な例として私には記憶されていますが、なんか巨大な購買欲ムーヴメントが起こってしまったらしく、発売日当日にはもうすでに売り切れ。 現物を見ることすらできない。 叶姉妹が当時この本を真っ先に買ったとか発売日当日だかのニュースでやってましたけど、それを見たとき 「叶姉妹もビートルズファンなの?ハァ~それはそれは結構なことで…」 と思っていたのですが、まっっったく手に入らないことが判明してからは、「ヤイ叶姉妹!てめえらそんなにファンでもない癖に何でもかんでも欲しがりやがってバーローっ!」 という悪感情に早変わり(笑)。

初版本は絶対に手に入らず、確か3ヶ月くらいかな?第2刷のものを買いましたよ、大枚はたいて。

自分の場合1ヵ月半、かかりました、全部読むのに(しかも仕事以外の時間全部使って…笑)。

そのあとは掲載されたさまざまな文書の翻訳を勝手に開始(笑)。

ところがこの文書、かなりスペルの間違いが頻繁にあり、しかもジョンがトッド・ラングレンに出した手紙はダジャレのオンパレードで解読不能(爆)。 くじけました…(笑)。

全体的に感じたのは、やはりジョンの話が1980年どまりであることのもどかしさ。

若さにまかせて言っちまった部分も多いだろうに、それを仕切り屋のポールにいいように現在の視点から総括されて、反論すらできないんですからね、亡くなってるから。 逆に言うとポールが、ビートルズの棘を抜いて回って尻拭いしている、という印象が強い。 例を挙げれば、フィリピンで拘束された事件を受けて、ジョンもリンゴも、「あんな国はもう嫌だ、飛行機で上空さえ飛びたくない」 とボロクソなのに、「でも自分たちを招待したマルコス夫妻はのちにとんでもないことになったよね、ぼくたちには先見の明があった」 みたいなことを言って総括するポール(笑)。

あーダメだ、またとめどもなく話が…。 ここらへんで、やめときます(笑)。

追伸
ジョンの30回目の命日が、近いです…。

2010-12-07 07:01 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。読破されましたか、さすがですね。ポールはまったく悪意はないんでしょうけどね。ジョンは天国から「勝手にまとめるなよ、ポール!」なんて言ってる気がしますね(笑)。ジョンは30回忌ですか・・・。たぶん記事にはできそうにないので、ここで合掌・・・。

2010-12-07 08:51 │ from 管理人URL

いつも楽しみにブログ拝見。 私もこの本買ってはいますがまだ完全読破はしていません。
手元にあればいつかは読破するとのんびり棚に飾っています。
寒くなりましたが お元気でPaul Love しましょう。勿論私、Paul大好き!おばさんです。

2010-12-09 13:50 │ from バーバリーURL

バーバリーさん
コメントありがとうございます。おばさん大歓迎です(笑)。オジサン連中(私も含め)に負けずにコメントお願いしますね。

2010-12-09 14:48 │ from 管理人URL