FC2ブログ

ポールのアルバム:“Give My Regards to Broad Street(ヤア!ブロード・ストリート)” その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:“Give My Regards to Broad Street(ヤア!ブロード・ストリート)” その2

ポールのアルバム:“Give My Regards to Broad Street(ヤア!ブロード・ストリート)” その2

DMM.com コミックレンタル


『ヤア!ブロード・ストリート』は意外(?)にも本国イギリスでアルバムチャートの1位に輝いている。カウントの仕方にもよるが、ポールはこれまでにイギリスで8枚のアルバムが1位になっている。個人的には『レッド・ローズ・スピードウェイ』や『ロンドン・タウン』、『バック・トゥ・ジ・エッグ』などが1位になっていないのに、このアルバムが1位になっているというのはかなり不満である(笑)。実際、現在『ヤア!ブロード・ストリート』をポールのベストアルバムの1枚に挙げるようなファンはほとんどいないだろう。しかし当時は、ポールの初監督映画という話題性、そして先行シングル『ひとりぼっちのロンリー・ナイト(No More Lonely Nights)』の大ヒット(全英2位)もアルバムチャートの順位を押し上げる大きな要因になったと思われる。

さて問題はこの『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』である。なにが問題かというと、この曲の出来があまりにもすばらしすぎるのだ。ヴォーカル、演奏、アレンジ、プロデュース、適度な緊張感、そして録音のクオリティ。どれをとってもほぼ完璧な作品に仕上がっている(けっしてビートルズに負けない作品の一つだと僕は信じている)。80年代以降のポールが、もしもこのレベルの作品の質を維持できていたならば、彼の名声はさらに高まっていたのではないか、などと僕はつい夢想してしまうほどだ。それぐらいこの曲はアルバム全体の中でもひときわ特別な輝きを放っている。

この曲ですばらしいリードギターを披露しているデヴィッド・ギルモアによれば、『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』はアルバムの中で一番最後に録音された曲ということである(もしこの曲がなかったら映画はどうなっていたのだろうか?)。面白いのは、この曲のプロデュースを担当しているのはこのアルバムの他の曲と同じく御大ジョージ・マーティンということだ。アルバム『タッグ・オブ・ウォー』で完璧なプロデュースを見せつけたかと思えば、次の『パイプス・オブ・ピース』ではややチグハグな作品という印象を残していた彼の仕事ぶりであったが(注:個人的な感想です)、ポールとの夢のゴールデンタッグも本作でひとまず終了という段になってまた一つ後世に残る宝石を残してくれたという気がする。

結局何が言いたいのかというと、『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』という曲は、完全にソロになったポールが新たなサウンドの地平を切り開くための、ひとつの“基準”となるべきサウンドではなかったのか、ということである。少なくとも僕はあのサウンドの路線でアルバムを1枚か2枚は出してほしかったと思うのである。もっと具体的に言えば、名うてのスタジオ・ミュージシャンを起用してのプロフェッショナルなサウンド作りとでも言えようか…。

ポール・マッカートニー・・・リード・ヴォーカル、ピアノ
リンダ・マッカートニー・・・バッキング・ヴォーカル
エリック・スチュワート・・・バッキング・ヴォーカル
デヴィッド・ギルモア・・・ギター
ハービー・フラワーズ・・・ベース
アン・ダッドリー・・・シンセサイザー
スチュアート・エリオット・・・ドラムス

ポールが本職のベースさえも明け渡して生み出された完全無欠のサウンドは、ある意味ポールらしくないともいえるものだが、それはやはり圧倒的な力量で聴く者の耳に迫りくる。ギルモアのギターは言わずもがな、スチュアート・エリオットのパンチのきいたドラムス、曲の後半に重要なアクセントとなるアン・ダッドリーのシンセサイザーなどはとにかくすばらしいのひと言だ。見落としがちだが、この曲におけるリンダのコーラスのすばらしさも忘れてはならない。

アルバムの2曲目からはポール自身によるセルフカバーの曲が続く。『グッド・デイ・サンシャイン』、『イエスタデイ』、『ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア』、『ワンダーラスト』、『ボールルーム・ダンシング』。どれもポールの定番ソングといえるものばかりだが、その出来はどちらかといえば平凡というのが僕の正直な感想である。最新DVD『ワン・ハンド・クラッピング』で改めて確認されたポール往年の超絶ヴォーカル・パフォーマンスも、この頃にはやや鳴りを潜めているという印象は拭えない。しかし、『ボールルーム・ダンシング』ではあのレッド・ツェッペリンのベーシスト、ジョン・ポール・ジョーンズが参加しているのだが、ほとんどその存在が感じられないのはなんとも惜しい気がする。僕は今まで彼が参加したのは『心のラヴ・ソング』とばかり思っていたのだが、あの派手なベース・パフォーマンスはどうやらルイス・ジョンソンだったようだ(この人すごいプレイヤーだそうです)。

『心のラヴ・ソング』は新しいアレンジでなかなか聴きごたえのある仕上がりになっていると思う。しかも、ゲスト・ミュージシャンに前述のルイス・ジョンソンをはじめ、TOTOのスティーヴ・ルカサー(ギター)とジェフ・ポーカロ(ドラムス)を迎え、非常に豪華なラインナップとなっていることも特筆に値する。

続いて、映画では倉庫の演奏シーンで使われた『悲しいバッド・ボーイ』、『ソー・バッド』、『ノー・バリュース』の3曲。これらのライブに限りなく近いパフォーマンスのすばらしさは「その1」でも述べた通り。ポールのソロ・キャリアの中でも忘れてはならない瞬間の一つに数えられるだろうと思う。特にデイヴ・エドモンズとクリス・スペディングはカッコイイし、ウマい。

そして再びビートルズのセルフ・カバー2曲が続く。『フォー・ノー・ワン』、『エリナー・リグビー』。実はポール自身によるビートルズのセルフ・カバー曲は、ライブも含めあまり出来のよいものは少ないのであるが、これら2曲については個人的に大変高い評価をしている。後述する『ロング・アンド・ワインディング・ロード』を含め、数少ない成功例だと思っている。また、ほとんど無視されてはいるが、『エリナー・リグビー』に続く『エリノアの夢』は、さながら絵画を見るかのような意欲作で、ポールがのちにクラシック音楽を手がける先駆けともいえる作品ではないかと思う。これもおそらくジョージ・マーティンがいなければ生まれ得なかった作品なのかもしれない。

『ロング・アンド・ワインディング・ロード』は映画の中で最も印象的なシーンの一つに使われている。夜の街(ロンドン?)をポールが車に乗って走るシーンである。このカヴァー・バージョンの出来がすばらしい。イントロにはまさかのサックスを使用。実に思い切ったアレンジで初めて聴いたときには度肝を抜かれたものである。しかし結果的に単なる意外性だけではない、もうひとつの『ロング・アンド・ワインディング・ロード』を作り出すことに成功している。ポールにしては珍しくしっとりとした都会的な仕上がりとなっており、この曲も『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』と同じく実力派のスタジオ・ミュージシャンたちを起用し、それが見事にはまった数少ない成功例といえるだろう。

最後は映画のエンドロールに使われていた『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』のプレイアウト・バージョン(こちらも出来は見事)。そして、アンコール(?)に『グッド・ナイト・プリンセス』でアルバムの幕が閉じられる。僕は昔からジャズっぽい雰囲気がたっぷりの、この『グッド・ナイト・プリンセス』が大好きで、どうしてこの曲が全くといいほど軽視され続けているのかが不思議で仕方がない。まさに隠れた名曲なのである。

好きな曲ベスト5
1.『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』(バラード編)
この曲がなかったなら、映画はどうなっていたのだろうか…。まさにポール・マッカートニーここに在りの名曲。

2.『ロング・アンド・ワインディング・ロード』
オリジナルから14年の時を経て、名曲が生まれ変わった。渋い。

3.『悲しいバッド・ボーイ』
バンドとしての乗りの良さ、楽しさが伝わってくる曲。

4.『グッド・ナイト・プリンセス』
ポールはこんな曲も書けるのである。すごい。

5.『ひとりぼっちのロンリー・ナイト』(プレイアウト編)
ポールがほぼすべての楽器を担当。マルチプレイヤーの面目躍如だ。


コメント
非公開コメント

仰るとおり“ワン・ハンド・クラッピング”でのボールのヴォーカルパフォーマンスはまさに圧巻ですよね。
溢れんばかりのパワーと才気を抑えきれない様子が、ひしひしと伝わってきます。
本アルバムのビートルズナンバーも単体では決して悪くはありませんが、ポールの全盛期を知る者にとっては凡庸さは否めませんし、70年代の“あの声”は失われてますね。

ちなみにら絶賛されている『ロング・アンド~』だけは恥ずかしながまだ聴いた事がありませんので、とても楽しみしております。
ちなみに私にとって今のところの同曲のベストバージョンは、あくまでヴォーカルだけに言及すれば「Wings Over America」でのライブバージョンです。

2010-11-09 22:11 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
コメントありがとうございます。スーパーデラックス購入されたのですね。ちなみに私は『ワン・ハンド・クラッピング』は海賊版の一部を見たことがある程度です(笑)。80年代前半ですでに声の衰えが感じられたポールですが、そう考えると2010年の現在もかなり高いレベルでライブ活動を行なっていること自体が奇跡ですね。

2010-11-10 08:51 │ from 管理人URL

『ヤア!ブロード・ストリート』は ポール自身のセルフカバーも収録されていて たまに無性に聴きたくなるアルバムです。

このアルバムがサントラ盤となっている映画の方は… 80年代初期のポールの貴重なライブ・シーンが収録されているだけでも 私にすれば宝物の様な作品ですが、世間の評価は辛辣だったそうですね。
理由として安易なストーリー展開なども挙げられていますが、脚本まで担当したと言われるポールですけど この辺りはもっと他の人物に任せても良かったと思いますね。自分自身で何でもやってしまう事が、この作品では裏目に出てしまった様です。

アルバムの方ですけど、英国ではチャート1位を獲得しているのですよね。
英国って ベスト盤や編集盤の様な類が、米国に比べてチャートで上位に入りやすい傾向がある様に思いますがどうでしょう?

このアルバムは、何と言ってもシングルにもなった「ひとりぼっちのロンリーナイト」ですね。
この曲は私もポールの傑作に入る名曲だと思います。
正直、米国6位・英国2位というチャート戦績さえも不満ですね(苦笑)

『パイブス・オブ・ピース』の項でも書かせて頂きましたが、この時期に もっとアルバム制作に没頭出来れば、「~ロンリーナイト」クラスのクオリティーの楽曲って もっと作れたのではないかと私も思いますね。

メロディーは言うに及ばず、サウンドもしっかり作り込まれていますね。
ベースは、ポール本人ではなかったのは 勉強不足で初めて知りました。どういう経緯だったのかは分かりませんが、ジョージ・マーティンとポールとの間でサウンドに関して 念入りなディスカッションがあった事が伺えます。

私の職場では、たまに80年代の洋楽ヒット曲が有線で流れるのですが、「~ロンリーナイト」もよく流れます。
イントロなしで ふっと登場するポールのボーカルから、一瞬にしてその場がポールの世界に染まってしまう… そんな魅力がこの曲にはあります。
他の80年代のヒット曲に比べても遜色ないどころか、80年代を代表する名曲と言っても過言ではないかも…
ちょっと褒めすぎかな?

この頃のポールは まだミュージックシーンの先頭に立って活躍したいと言う野心の様な物があった様に思います。
映画制作も バンド活動に変わる話題作りの一環だった様な気がします。だけど この80年代中盤はその熱意が少し空回りしていた苦しい時期だったのではないでしょうか?

そんな中で「ひとりぼっちのロンリーナイト」は、ポールが時代の最先端として ヒットチャートという難敵に挑み成功した、現在の所 最後の曲だった気がしますね。

次作『プレス・トゥ・プレイ』のチャート不振を受けて、ポールは活動の見直しを迫られるのですが そんな試行錯誤の時期の ポールの貴重な記録として「~ロンリーナイト」を含む『ヤア!ブロード・ストリート』って やっぱり私に取って大切な作品です。

それにしても ちょっとトボけた感じのアルバム・ジャケット… 何とかならなかったのかなぁ(苦笑)


私の好きなアルバム収録曲・ベスト5

◎ ひとりぼっちのロンリー・ナイト

当初 ラジオで聴いたプレイアウト編しか知らなくて 『オール・ザ・ベスト!』に収録されたバラード編を聴いて驚いた記憶があります。
この曲で バージョン違いといった、楽しみもあるのだと知りました。

◎ イエスタデイ~ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア

初めて聴いた時は、ポールの声が さすがにビートルズ時代と比べて衰えている印象があって 少しショックを覚えましたが、聞き込むうちに このボーカルはボーカルで味わいがあると思う様になりました。
「ヒア・ゼア~」のアコースティック・ギターの弾き語りは、ビートルズ・バージョンとは別に曲の魅力を引き出していて好きです。

◎ ソーバッド

『パイブス・オブ・ピース』収録のバージョンより こちらの『ヤア!ブロード・ストリート』のバージョンの方が好きですね。
ライブ・テイクという事で、ポールのボーカルが身近に聞こえて魅力的です。

◎ ノーバリュース
シングル「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」など、バラード曲が多く収録されているアルバムの中で 数少ないロックンロール曲ですよね。
この曲を聴きながら、80年代初期のポールのライブを想像してみるのも楽しいです。

◎ ひとりぼっちのロンリー・ナイト(プレイアウト編)

前述の通り、バラード編より先に聴いたのが このプレイアウト編でした。
今改めて聴くと 少し時代を感じさせるサウンドですけど、ポールの多重録音も楽しめる楽曲ですね。
ボーカルも ポールお得意のシャウト唱法も健在で、バラード編のボーカルと合わせて聴くと、ポールのボーカリストとしての実力・魅力が再認識出来ます。


2010-11-10 11:54 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。世間の映画に対する評価は本当にボロボロでしたね。ちょっとかわいそうなほどでしたが、ポールもこれに懲りたのか、あれから二度と映画製作はしていませんね。テツさんが仰るように脚本その他をその道のプロに任せていれば、また違ったことになっていたのかもしれません。

2010-11-10 13:13 │ from 管理人URL

管理人様、いつもご丁寧に返信コメント有難うございます。

最近 休日は音楽三昧の私ですが、この項でも話題になっている映画『ヤア!ブロード・ストリート』に触発された訳でもありませんが、久しぶりにぶらりと映画鑑賞に出かけました。

鑑賞した映画は『ノーウェアボーイ~ひとりぼっちのあいつ』です。
皆様もご存知かと思いますが、複雑な生い立ちを過ごしたジョン・レノンが 奔放な性格の産みの母・ジュリアと、厳格な性格の育ての親・ミミ伯母さん2人の愛情の狭間で苦悩しながらも ロックンロールに自分の拠り所を見つけ成長していく物語です。

この映画は見所が沢山あるのですけど、個人的に特に見入ってしまったのは ポール・マッカートニーとジョンの出会いのシーン。
セントピータース教会で開かれた催し物にバンド仲間と出演したジョンに ポールが「トゥエンティ・フライト・ロック」を披露し、バンド加入を願い出る場面は とても興味深かったです。
文献や証言では何度も見聞きした伝説の場面ですけど、ドラマとはいえ映像として見ると やはり説得力が違いますし、タイムスリップして伝説の場面に立ち合えた様な感慨深い物がありました。
他にも、ジョンの部屋でジョンとポールがお互い向かい合いながらギターの練習に励む場面なども ストーリーとは直接関係がない場面ではありますが、きっと実際もこの様に2人が切磋琢磨していたと思うと 何だか胸が熱くなってしまいました…

この映画、ポール自身も鑑賞したそうで 若干の脚色はあるそうですが、内容にはお墨付きを与えている様ですので、ジョンとの出会いを始め ポールの音楽キャリアのスタートをほぼ正確に映像として伝えてくれていると思います。ファンの方は必見ですよ。

映画の中で、産みの母・ジュリアを突然の交通事故で亡くし 取り乱したジョンがバンド仲間を殴ってしまい それを諫めたポールをも殴ってしまって、我に返ったジョンがポールに謝罪した後、同じく母親を亡くした者同士 悲しみを共有したジョンとポールが抱き合って号泣するシーンには思わず涙腺がゆるんでしまいました…
このシーンを見て、ジョンとポールが母親を亡くした寂しさや辛さを、音楽活動のエネルギーに変えた事も きっとビートルズの原動力の一つとしてあったのだと思いました。

この映画は ジョンと2人の「母親」との葛藤を、重要なテーマとして描いている映画ですので、正直言って観ていて辛いシーンも多く、とても楽しいハッピーな映画とは言い難いです。
でも最後のシーンでの、ジョンとミミ伯母さんの会話に 少し救われる思いがしました。
この映画を見ると、なぜジョンがあの様な時に辛辣で繊細な性格の人であったのか少し理解出来た気がしますし、またジョンとビートルズの曲がさらに深みを増して聞えてくる様になりました。
そして何よりも、文献や証言で見聞きしていた事を 映像で確認する事による説得力って やっぱり大きいと思いましたね。

もしお暇がありましたら、ぜひぜひ皆様にも鑑賞して頂きたい映画です。
主役は青年時代のジョンですが、ビートルズ・ポールファンの方も必見だと思いますよ。オススメします。

ポールの『ヤア!ブロード・ストリート』とは内容が異なってしまって申し訳ございません。

2010-11-11 02:12 │ from テツURL

テツさん
『ノーウェア・ボーイ』のレポートありがとうございました。まだ封切られたばかりなのですね。時間に余裕があれば、映画館で一人で観たい映画だと思いました(私はDVD待ちかな)。文章で読むのと、映像で見るのとではやはり入り方が全然違いますよね。ジョンとポールの出会いは20世紀の奇跡の一つですね。

2010-11-11 12:44 │ from 管理人URL

管理人さん、いえいえ、買っていません(笑)。
私もおそらくその“海賊版”を観ただけですよ。
でもポールの黄金期アルバムがこんなに特典満載、パワーアップされて発売されてるのに、同じく愛するジャッキーの傑作群DVDの特典が無きに等しいのが、ファンとしてはとても不公平に感じてます。

すんません、大きく脱線しました(笑)。
“ワン・ハンド~”だけでも買いたくなる商品ですね。

2010-11-11 23:42 │ from アイヤーダイURL

アイヤーダイさん
あ、買ってなかったのですね。わかりました~(笑)。それにしてもアジアが生んだもう一人の天才ジャッキーの映像特典が少ないというのは意外ですね。そろそろ後世のために何かしら残してゆく準備をするべきですね。

2010-11-12 09:45 │ from 管理人URL

お邪魔します。
私にとって鬼門の感がある(笑)「ヤァ!ブロードストリート」 ですが、前回の続編、お待ちしておりました。
いやー、一流演奏者のパフォーマンスを愉しむ、という方法があるんですね! ポールのアルバムにおいてあまりテクニックやライヴ感を重要視して聴いていなかったことを、自分の場合あらためて気付きました。 そして同時に、自分がポールのアルバムに求めているのは、そのメロディラインでイカせてもらうことと、アイディアの斬新さであることだとあらためて気付きました。

「バンド・オン・ザ・ラン」 …の話にどうしても行ってしまうのですが(笑)、このアルバムはバンド・アンサンブルという点においては、とても荒削りという気がするんですよ。 つまり、リズムがちゃんと合っているとかいう、プロとしては最低のことがあまり重要視されていない。 「ミセス・ヴァンデベルト」 の出だしが合っていない、というのが、聴いてていつも気になるのですが、これはポールがあえてこうしているのではないか…とか。

それに比べると 「ブロードストリート」 はプロ集団の完璧な演奏を堪能できますよね。 私なんかもポールがベースを弾いていないとがっかりしてしまうタイプなんですけど(ピアノとか別の楽器を弾いている場合はいたしかたなしなのですが)、ポールのパフォーマンスが聴きたいのであって他はいくら有名ミュージシャンでもどーでもいい、という気持ちから、このアルバムを軽視しておりました。
あらためてこのアルバムの魅力を紹介して下さったことに、感謝申し上げたいです。

「ひとりぼっちのロンリー・ナイト」 はプロモ・クリップがまたスンバラシイ出来ですよね。 しばらく無音状態が続くと、ポールがつぶやくように、最初のヴァースを歌い出す。 もう、死にたくなります(笑)。 「ヘイ・ジュード」 の最初の部分以上に、心臓をわしづかみにされそうになりますね!

2010-11-13 12:22 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。『ミセス・ヴァンデビルト』の出だしについては目からウロコです。そう、たしかに微妙にずれてますよね、ベースが遅れ気味というか・・・。『デイ・トリッパー』の追っかけベースを思い出してしまいましたが、やはりこれは確信犯的な匂いがします(笑)。『バンド・オン・ザ・ラン』のヘタクソ、でもなんか気持ちいいドラムスもそうですが、それが味になっている。これは天才にしかできない芸当ではないでしょうか。
「ロンリーナイト」のビデオのすばらしさは書くのを忘れていました。仰るとおりです。

2010-11-13 14:08 │ from 管理人URL

ここでもやらせてください。

好きな曲ベスト5
1.Silly Love Songs
2.No More Lonely Nights (Ballad)
3.So Bad
4.Wanderlust
5.Good Day Sunshine

Good Day Sunshineは、Paulの声を含めて完コピ度は非常に高いと思います。
当時、非常に驚きました。

2014-06-23 01:12 │ from NadjaURL