FC2ブログ

ソロ・リマスター日記 - 5  デラックス・エディション(日本盤)発売延期はなぜだ? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 5  デラックス・エディション(日本盤)発売延期はなぜだ?

ソロ・リマスター日記 - 5  デラックス・エディション(日本盤)発売延期はなぜだ?

DMM.com ファッションレンタル


『バンド・オン・ザ・ラン』リマスター盤の発売を11月3日に控え、すでにカウントダウン・ウキウキモードに入っていた僕の心を無残にも打ち砕くような出来事が起こってしまった…。なんとデラックス・エディションと通常盤、しかも日本盤のみが11月17日に発売日が延期されてしまったのだ。

ただスーパー・デラックス・エディション(日本盤)のみが予定通り11月3日に発売されるというわけである(輸入盤はいずれも11月2日発売)。言いたかぁないが、これはユニバーサル・ミュージックの悪意ある冗談としか思えないではないか。8月発売予定が11月に延期になったと思ったら、最後の最後でさらに2週間待てというわけか。そんなことをしたら、僕がスーパー・デラックス・エディションに乗り換えるとでも思ったら、それは大きな間違いである。どんなイジワルをされようとも、オレには金がないからだ。ワッハッハ!どうだ、まいったかユニバーサル・ミュージック!(笑)。

とまあ、どんなに強がりを言ったところで、ポール派を自認する僕がお金持ちの皆さんよりもリマスター盤を聴くのが実質2週間も遅れてしまう事実に変わりはない。僕がこのブログにレビューを書くころには、もう大体このリマスター盤に対する評価はひと通り出揃っていることであろう(悲し~)。

そんなわけで自分の貧乏を呪いながら、この理不尽な仕打ちに僕はじっと耐える決意を固めようとしているのであった(笑)。かくしてポールのリマスター盤発売は文字通り前途多難の予感なのである。


コメント
非公開コメント

『バンド・オン・ザ・ラン』のデラックス盤と通常盤が発売延期ですか~(泣)
私もスーパー・デラックス盤は手が出せませんので、2週間待ちますよ。

でも内心 少しだけホッとしてます。発売予定日だった11月3日、そしてその1週間の間は 新譜・再発盤のリリースが目白押しです。
どれを先に買うか? 諦めるか? 色々と嬉しい悲鳴だった訳ですけど、大本命ポールの『バンド・オン・ザ・ラン』が発売延期になった事で しばらくは他のアーティストを聴き込んでいきます。

楽しみは後に取って置くのも悪くはないてすよね(苦笑) もしいち早く『バンド・オン・ザ・ラン』の再発盤を購入された方がいらっしゃったら、ぜひぜひ感想をお聞かせ願いたいです!

ポールは、日本のファンを待たせるのが好きなのでしょうか?? 単独の初来日公演も二度お預けをくらいましたよね(苦笑)

まさしく管理人さんの仰る通り、リマスター狂騒曲の様相を呈してきましたね。

2010-10-30 01:54 │ from テツURL

テツさん
コメントありがとうございます。あなたも待ち組ですか~(笑)。でもよくよく考えてみると、散々聴いてきたアルバムなんですよね。新譜ならともかく、再発アルバムにヤキモキしてる自分が情けないかも?

2010-10-30 20:22 │ from 管理人URL

またしつこくお邪魔します。 業務連絡、確認だけの当方のコメントを削除していただき、ありがとうございます。

申し訳ないです、スーパーデラックス予約組で…。

ただもう、ジョンのボックスも赤盤青盤もすべて我慢して、晩酌も減らして、みたいなことをしたので(笑)、一足お先に拝聴させていただきとう存じます。 ご報告は、皆様お買いになったあとでよろしいでしょうか?

2010-10-30 21:22 │ from 橋本リウURL

リウさん、全然申し訳なくないですよ!スーパーデラックス購入おめでとうございます!(笑)ぜひぜひリマスター盤のご報告、ご意見をお寄せください。というよりは、ご自身のブログ(橋本リウ詩集)にレビューをアップして、コメント欄にURLだけ貼り付けていただいくだけでも全然問題ありませんよ。たぶん長文になるかと思いますしね(笑)。

2010-10-31 07:03 │ from 管理人URL

お邪魔します。

いま、スーパーデラックスエディション、アマゾンより届きました! 明日だと思っていたので、びっくりいたしました! オリジナルのほうは後回しにして、CD2の 「ボーナス・オーディオ・トラックス」 から聴いております。 「ワン・ハンド・クラッピング」 の音像があまりにいいのでブッ飛んでおります。 個人的には、「オーヴァー・アメリカ」 に通じるものを感じますね、このアレンジメントは。 「西暦1985年」 は途中までポールのピアノのみによる弾き語り。

布張りの変形A4番ですか、ブックレットの厚さはだいたい2センチ足らず。 オリジナルアナログ盤についていたポラロイドのアウトテイクから、オフ・ショットはもちろんですが、アルバムの成立からリリースに至るまで、各国の宣伝資料、シングルジャケット、集められるアーカイヴはすべて集めた、という感じがいたします。

特にびっくりしたのが、「ジェット」 の宣伝ポスター。 ハダカの女性の金粉ショーみたいな感じでかなりドッキリします。

全体的な印象を申しますと、30代のアブラが乗り切っている時期のポールが完全に記憶の底からよみがえった感じで、ビートルズ時代の、力関係のまっただなかにいる感じより、自らの足で屹立している力強いポールを改めて感じさせます。 ポール、このころって、すごかったんだなー。 もっと我々は、しっかりこのことを評価していかなければなりません。

自分だけ先に楽しんでしまって、誠に申し訳ございません。 自分のブログに書くよりもこちらのほうに書きたかったので、お先にご報告いたしました。

2010-11-02 17:42 │ from 橋本リウURL

リウさん
早速のレポートありがとうございます。アメリカよりも早かったみたいですね。どうぞじっくりと楽しんでくださいね。私もはやく聴きたいです~!!

2010-11-02 23:53 │ from 管理人URL

thvenrさん
コメントありがとうございます。いや~、この情報はありがたいです。デジタル・ダウンロードの高音質版が出ていることは知っていましたが、日本語の情報が少なく困ってたんです。実はthvenrさんの説明読んでもまだ完全に理解できてないですけどね(笑)。音質がCDを超えるものであることは間違いなさそうなので、皆さんも参考になさってください!unlimitedが最もアナログに近い音源なのでしょうか??

2010-11-04 21:55 │ from 管理人URL

thvenrさん
デジタル版のほうがいまいち良くわからなかったのですが、おかげさまで少し理解が進みました。最新記事の内容も少し修正しました(汗)。デラックス盤でダウンロードできるのはMP3だけで、リミテッド版ではなかったのですね。リミテッド版はCDそのものだったわけですね。情報を総合すると、リミテッド版は音圧を上げながらも、ダイナミックレンジを残したビートルズのリマスター的な仕上がりで、アンリミテッド版は音圧を上げずにノイズだけを除去したオリジナルに忠実な仕上がり、というところでしょうか。うーん、私はおそらくリミテッド版が好きになりそうかも・・・。

2010-11-07 04:42 │ from 管理人URL