FC2ブログ

ソロ・リマスター日記 - 4  最近のポールのインタビューより - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 4  最近のポールのインタビューより

ソロ・リマスター日記 - 4  最近のポールのインタビューより

『バンド・オン・ザ・ラン』のリマスター盤発売がいよいよ間近(11月3日)に迫ってきたが、最近のポールのインタビューでこのアルバムについて語っているところを見つけたので、その一部を抜粋してお届けする。特に目新しい情報ではないが、改めてこのアルバムが逆境の中で製作されたことがよくわかる内容となっている。


Q:最初の4枚の(ソロ)アルバムでは様々な反応がありましたが、それに続く『バンド・オン・ザ・ラン』では何か大きな事をやってやろうという意気込みを感じるのですが。実際のところはどうだったのですか?あなたは何か特別のものを作ってやろうと思っていたのでしょうか?

Paul:そうだね。しかも、いろんな意味でね。というのも、僕たちがラゴスにレコーディングに出かけようという、まさにその前の晩に二人のメンバーがバンドを脱退してしまったから。まったく寝耳に水だったよ。僕がどんな思いでその電話を切ったのかを想像してみてほしい。「ああ、なんてこった。短気を起こすんじゃないポール。落ち着け、落ち着くんだ。だが、どうしたらいい?こん畜生!さあ出発だ!」てなぐあいだよ。その瞬間の僕ときたらこんな感じだった、「いいか、見てろよ。これまでで最高のアルバムを作ってやるからな。おまえたち二人なんか要らないことを証明してやる。ただそれだけのために僕は最善を尽くす。」とね。

Q:それは怒りのレコードになったということでしょうか?

Paul:実際に出来上がったレコードはそうでもなかったと思うよ。レコーディング第一週はかなり怒ってたけどね。だけど、僕はその手の事は割とすんなり乗り越えてしまうんだよ。たしかに、あの晩はくそったれって感じだった。最悪だったよ。ただバンドのメンバー二人が抜けただけじゃなく、その中にドラマーまで入っていたんだからね。彼はある意味バンドの要だった。でもね、僕はこう考えることにした「ギターならデニーが弾けるじゃないか、事態はそれほど悪くない。それに僕は『マッカートニー』を作ったんじゃないか。ドラムだって叩けるし、他にもいろいろできる。もう一度全部を一からやり直そう」ってね。だけど、実際は簡単じゃなかったよ。

Q:ということは、つまり曲を作り直したということなのでしょうか?レコーディングのために用意していた曲を初めからやり直したのか、それとも新しい曲を作り始めたのか、どちらだったのでしょう?

Paul:まだバンドで全曲リハーサルしていたわけではなかったね。スタジオでアレンジもやる予定だったし。でも、自分の頭の中ではすべてが出来上がっていたよ。だから実際に考えなくてはならなかったのは…特にレコーディングのやり方についてだった。それが今までと違うことになることは確実だった。曲のベーシックトラックを録音するのには、僕とリンダとデニーの3人しかいなかったんだ。あとは、僕が一人でスタジオに入り、足りない部分を録音するしかない。つまり、一度自分がやったことを考え直したというわけさ。曲自体は同じものだったと思う。ただ演奏やアレンジが変わったんだ。

参考:

バンド・オン・ザ・ラン デラックス・エディション(完全限定生産盤)(DVD付)
バンド・オン・ザ・ラン スーパー・デラックス・エディション(完全限定生産盤)(DVD付)

コメント
非公開コメント

お邪魔します。

貴重なインタビュー、ありがとうございます。
なるほど、結構この脱退騒動で、ポールはそーとー頭にきてたんですネ(笑)。
その時のポールの心情としては、「このポール・マッカートニーと一緒にやりたくないだなんていい度胸だな!信じられないよ!」 というのと、「オレだってビートルズを脱退するときは死ぬほど悩んで傷ついたっていうのに、よくもまあ簡単に脱退なんかできるもんだ!」 というのがあったような気がいたします。 逆境が傑作を生み出す、という管理人様兼ねてからご指摘の通りの結果になったのは、ポールの底力を見ると同時に、災い転じて福となす、人生の真理すらも感じさせます。

気がつきゃ発売まであと10日。 ううっ、武者ぶるいがしてきた…いや、寒いのか…(笑)。 今日、寒いですよネ(笑)。 管理人様お住まいのほうは、どうですか?

2010-10-23 09:57 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。一般社会においても、ずば抜けてできる人物とはけっこう付き合いにくかったり、ということありますよね(笑)。それと同列で語れるかどうかはともかく、ポールも若い頃はいろいろあったんじゃないかと・・・。これはポール研究のひとつのテーマにもなりうるかも?ちなみにウチも今朝は寒かったです~。

2010-10-23 16:09 │ from 管理人URL

37年前にこのアルバムを初めて聴いたとき、ポールの表舞台への復活を確信しました。ビートルズ解散後はジョンとジョージの評価が世間的には高く、ポールの評価は芳しいものではなくいつも歯がゆい思いをしていました。予想通りその後のポールは上昇気流に乗り、ビートルズ以降第二の全盛期を迎えましたね。ところでNo wordsは名曲だと思うのですが、ポールは取り上げませんね。

2010-10-23 18:26 │ from 間健二URL

間さん
コメントありがとうございます。リアルタイムで『バンド・オン・ザ・ラン』を聴かれたのですね。うらやましいです。『ノー・ワーズ』を取り上げないのはデニーとの共作だからでしょうか。デニーはライブでやってるんですけどね。ファンの間では『バンド・オン・ザ・ラン』をアルバム丸ごとライブでやってはどうかという意見も盛り上がっているようですが、やってないのは『マムニア』『ノー・ワーズ』『ピカソの遺言』だけですから可能は可能という気がしますが、リマスター発売のタイミングでやらなければもう無理でしょうね。

2010-10-23 21:03 │ from 管理人URL