FC2ブログ

ポールのアルバム:“Give My Regards to Broad Street(ヤア!ブロード・ストリート)” その1 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:“Give My Regards to Broad Street(ヤア!ブロード・ストリート)” その1

ポールのアルバム:“Give My Regards to Broad Street(ヤア!ブロード・ストリート)” その1




ジョンの死という人生最大の試練を乗り越え、音楽的には『タッグ・オブ・ウォー』と『パイプス・オブ・ピース』で見事復活を果たしたポールが新たなプロジェクトとして選んだのが自身の音楽を使った映画製作であった。

なぜポールが映画製作を?などと思うかもしれないが、当時の状況から考えてこれはいかにも妥当な選択であったと思える。なぜなら、ポールは盟友ジョン・レノンを失った深い悲しみから未だ完全に立ち直れてはおらず、すべてを忘れて打ち込めるだけの一大プロジェクトを必要としていたからである(注:勝手な想像です、笑)。しかも、そこにコンサートツアーという選択肢はなかった。一般人にいとも簡単に尊い生命を奪われたジョンの死の衝撃は余りにも大きく、当時ポールは2度と再びライブ活動は行わないだろうと言われていたし、僕たちファンもそれを当然の事として受け入れていた時代だったからである。さらには、映画という媒体を通して、ポールはファンに対してコンサートのライブ体験に近いものを提供できると考えたかもしれない。

さて映画自体の出来については脇に置いておくとして、このアルバムはポールのビートルズ以降の作品の中でも、かなりユニークな位置を占めるものとなった。第一に、このアルバムは映画のサウンド・トラックであること。第二に、レコーディングにはこれまでになかったほど多くのゲスト・ミュージシャンを迎えているということ。そして第三に、新曲が4曲だけであり、半分以上がセルフカバーで占められているということである。

まずポールとプロデューサーのジョージ・マーティンがやろうとしたことは、ビートルズ時代に『レット・イット・ビー』でやりきれなかったスタジオでのライブ感を映像に残す、という試みの再現ではなかったかと個人的には思っている。つまりポール・マッカートニーという不世出の天才音楽家のスタジオ・パフォーマンスをできる限り生に近い形で高画質、高音質で映像に残すという試みである。

この映画の公開当時、友人と二人で大阪の小さな映画館に足を運んで「動くポール」を見たときの感動は今でも忘れることができない。動くポールなどと言うと今の若者には何を寝ぼけたこと言ってるんだこのオッサン、と笑われそうだが、このアルバムが発売された1984年当時はビートルズ関係の映像が現在の100倍も貴重な時代であった。ゆえに、彼らの映像を観たいと思えば「フィルムコンサート」と呼ばれるファン限定のイベントに出かけるぐらいしか方法がなかったのもまた歴史的事実なのである。家庭用のVHSビデオデッキも10万円以上はしていた時代であり、ビートルズやポールの姿がテレビで放映されること自体が本当に稀であった。もちろん未だパソコンなどが存在するわけもなく、僕たちファンが受け取る主な情報の媒体といえば雑誌か、本か、ラジオぐらいのものだった。我々ファンは文字通りポールやビートルズの映像に飢えていたのである。

そんな時代に製作され、映画館で公開された本作の意義というものは、やはり実際にその時代を生きた人々にしか理解できない一面がある。映画公開時、スクリーンに大写しにされたポールの姿に僕は思わず息を飲んだ。あのビートルズのポール・マッカートニーが、今自分の目の前で『イエスタデイ』や『エリナー・リグビー』を歌っている!しかも、その映像はそれまでに観たどんなポールやビートルズのフィルムよりも美しく、圧倒的な臨場感があったのだ。純粋にCDに収録された曲だけを聴けば、ああだこうだと言いたくなるのが人情であるが、このアルバムがそもそも映画のサウンド・トラックを前提として製作されたという事実を考えれば、その出来は一般に言われているほどけっして悪いものではない。いや、むしろ口パクではないライブ・レコーディングに近い形式で撮影/録音されたといわれる演奏部分だけを抜き取って考えれば、そのクオリティは今見ても信じ難いほどにすばらしいものがある、というのが僕個人の評価である。

特に『悲しきバッドボーイ』『ノー・ヴァリュース』『ソー・バッド』の3曲の演奏シーンはまさに脂の乗り切ったライブ感たっぷりの歌と演奏で、個人的には10点満点に近い点数を付けたくなるほどだ。その次に好きなのが、『フォー・ノー・ワン』と『エリナー・リグビー』の演奏シーン。そして、全員が猫に扮したといわれる見せ場たっぷりの『心のラヴ・ソング』がそのあとに続く。個人的に少し残念なのが、前半のメドレー3曲『イエスタデイ』『ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア』『ワンダーラスト』の出来が今一つに思えることだが、これでさえもポールとリンゴ、ジョージ・マーティンが同じスタジオに会し、レコーディング作業を行なっている、というだけで十分視聴に値するシーンなのである。

各曲の演奏シーンのすばらしさは、You Tubeで“Paul McCartney Broad Street”などと入力して検索すればいろいろ出てくるので、ご自分で実際に確認してみていただきたい。(続く)


コメント
非公開コメント

はじめまして。
貴重な話を聞かせていただきました。
なるほど。この時代の空気感は実際に経験してる方でないとわからない
ですよね。このアルバムは評価が高いわけでもないですが、
落ち着いて聴けるという印象です。

2010-09-25 14:37 │ from エッジURL

はじめまして。僕も『悲しきバッドボーイ』『ノー・ヴァリュース』『ソー・バッド』の3曲は満点です。このメンバーでツアーに出るのでは?みたいな噂も聞いたことあるくらいベストメンバーですよね。

2010-09-25 16:24 │ from tenURL Edit

エッジさん
はじめまして。これからもコメントお寄せくださいね。

2010-09-25 19:31 │ from 管理人URL

tenさん
はじめまして。あのメンバーでツアーの噂があったとは知りませんでした。役者がそろってましたね。

2010-09-25 19:33 │ from 管理人URL

動くポールたしかに当時ビートルズ関係の映像を見る事は至難でしたね。現在のように映像が氾濫していると当時の状況は理解できないでしょう。まさに時代はかわりました。
衛星放送のスケジュールをたまたま確認したら今週一週間でビートルズ関連が4プロありました。アメリカツアーのドキュメント、ジョンのワントゥワン、ポールのカンボジア、ポールのニューヨークライブ。最後のはハイビジョンでした。カンボジアのライブなんて当時はほんと幻の映像でした。ワントゥワンもそう。隔世の感ですね。
ブロードストリートに関しては、以前も書きましたが、タッグオブウォーやパイプスオブピースとほぼ同時進行であり、ジョージマーティンとの一連の作業としてとらえるべきではないでしょうか?この三作がジョンレノンの死からのリハビリだったと思います。パイプスオブピースの完成は予告より大幅におくれますが、それはブロードストリートの製作のためだったですし。

イエスタディ~ワンダーラストがいまいちというのは確かにそうで、これはイエスタディとヒアゼアアンドエブリウエアで リンゴが演奏を拒否したことに起因するかもしれませんね。ビートルズ全員じゃないとやだとうことのようで、中途半端なアレンジになってしまったことは否めません。

ツアーに関しては、以前にも書いたかもしれませんが、かなり具体的にきまっていたところをマスコミにスッパぬかれたためにポシャったという話がありますね。本格的なワールドツアーはともかく、プロモーション的なギグなら十分にありえる話ですね

2010-09-26 13:10 │ from じょんじーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。衛星放送はすごいものをやっているんですね。いい時代になったと同時にありがたみも薄れているでしょうか。関係ないですが、1980年以前はビートルズの再結成の噂が頻繁に流されていたのを思い出しました。

2010-09-26 17:44 │ from 管理人URL

お邪魔して、よろしいでしょうか?(笑)

皆様 「ブロードストリート」 肯定派のご様子、少々ここに突撃するのは勇気がいるのですが…(笑)。

私の感覚で申し上げますと、当時MTVが全盛で、結構ビートルズ(ソロも含む)の映像に触れまくっていた気がいたします。 特に 「ポッパーズMTV」 という番組は、かのピーター・バラカン氏が司会を務めていたせいか、ブリティッシュ・ロック中心のラインナップで、ビートルズの珍しい映像やポールの最新曲などは、まめにオン・エアーしていたものです。 当時はVHSのビデオを一時停止状態にしたままスタンバイ(笑)、ビートルズ関連のビデオは録りまくりました(それ以前は、「ぎんざNOW!」 なんかでも、よくビートルズ関連のビデオが出ていた気がいたします)。

そのためかあまり私個人といたしましては、動いているポールの映像に有難味があるわけでもなく…。

「ブロードストリート」 の紹介番組も、確かNHKなんかでやっていた記憶があるのですが、それを見る限り 「ポール…またやらかしちゃったな」 という気がしたものです(あっ、石を投げないでください!)。 藤田朋子サンなんかがこの映画を絶賛しているのを見ながら、「やれやれ、これだからポールのファンとゆーのはバカにされるのだ」 などと思ったものです(あのー、まだ書いていいですか?…笑)。

どうも私は、ジョン・レノン的な立場から、ポールを見てしまう傾向があるんですよ。
「ポール、そんなヌルイことをやってる場合かよ、相変わらずありもしない奴のことなんか歌ってさ」、…ジョンならこう思うかな、というやつです。
「ブロードストリート」 は、そんなジョン的な立場から見ると、映画もサントラも、結構しんどいものがあります。

でも管理人さんのこの記事を読みまして、そういう考え方もあるんだ、と結構目からウロコ状態です。 こうなったら、デジタル処理された美しい映像と音で、この映画をもう一度堪能したいものですね!

2010-09-27 06:57 │ from 橋本リウURL

リウさん
リウさんにしては辛口コメントですな。コメント削除しようかと思いましたが・・・(冗談です、笑)。同じ時代を生きていても、感じ方は人それぞれということですね。辛口コメント大歓迎!私は当時関西に住んでいたこともあり、関東とは放映される番組にもかなり違いがあったのではないか、と想像しています。たとえば「ぎんざNOW」は聞いたことはあっても一度も観たことがありません。VHSビデオも未だ我が家にはなかったですし。あっ、私は根っからのポール馬鹿ですので、ジョン的な立場で見る人とは距離を置くようにしています(笑)。

2010-09-27 20:01 │ from 管理人URL

ていうか、ブロードストリートの登場とMTVの台頭によるビデオクリップの氾濫はシンクロしていたというか、ほぼ同時だった感じです。やたらノーモアロンリーナイトのビデオ流れましたし、セイセイセイとかも話題になりましたし、よく流れてましたね。でもテイクイトアウエイとかタッグオブウォーはあまりかからなかった。そういう時代の節目にブロードストリートはある感じです。

2010-09-28 00:00 │ from ジョンジーURL Edit

お邪魔です。
距離を置かれてしまった(笑)。 これは私の個人的な評価ですので、どうぞお気になさらないでください。 なんか自分のコメントを読み返してみて、ずいぶんひどいことも書いたかな、と反省もしてしまいました。
なにしろ、やはり関東圏と関西圏では、情報の入り方が違ったんだ、というのは、今回初めて知りましたし…。 私の場合はテレビでビートルズ(もしくはソロ)というと、とても敏感に反応していたのか、ずいぶんガキの頃から彼らの映像に触れていた気がするのです。
それに、ジョン的な立場から見て(ご不快かもしれませんが…笑)私があんまりいいと思わないのは、実際このアルバムくらいなものなのです。 「ワイルド・ライフ」 も 「パイプス・オブ・ピース」 も 「ドライヴィン・レイン」 も好きなほうですし。 これはホントに、個人的な好みとしか言いようがないですね。 そういう人もいる、という感じで受け止めていただいたら、幸いです。
でも管理人さんのこの記事で認識を新たにした、という点は事実ですので、もっと私の目から、ウロコを落としていただきたいです。
これからも、コメントさしあげてよろしいでしょうか?

2010-09-28 12:43 │ from 橋本リウURL

ジョンジーさん
『エボニー・アンド・アイボリー』に比べると『テイク・イット・アウェイ』は流れなかったですね。ポールの作品に対する軽視(大ヒット以外)はこの頃から始まったのかもしれません。とかくポールは軽いという感じで受け止められていたのを思い出します。

2010-09-28 21:08 │ from 管理人URL

リウさん
冗談でんがな~(笑)。ジョンジーさんと並び、当ブログの最も重要な論客の一人を失うなんて、考えたくもない話ですよ、リウさん。辛口コメント大歓迎ですから、これからも歯に衣着せぬ発言お待ちしております。

2010-09-28 21:12 │ from 管理人URL

僕は好きですね。

CDとLPの入れ替わり期で、LPは編集バージョンだったり、曲が抜けてたりするので、ついにLDとCDのコンパチプレーヤーを買ったんです。これで。
蛇足ですけど、ABBEY ROADのCDが前年に出ていたけど、ABBEY ROADだけかと思っていて放置しておいたのが間違いだったけど。w

映画は、映画というか長いPVと思って観たので楽しめましたよ。

アルバムのクオリティ以前に、Paulがビートルズナンバーをスタジオでやってるだけで、価値ある、当時思いました。

Silly Love Songsもオリジナルより好きだし、楽しめるアルバムだと思います。

Paulはこうでしょ?

批判や批評は色々あるんでしょうけど、これは楽しめるアルバムだと思います。

2014-06-23 01:03 │ from NadjaURL