FC2ブログ

ビートルズ・リマスター日記 - 29  ほとんどビートルズしか聴いてません! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 29  ほとんどビートルズしか聴いてません!

ビートルズ・リマスター日記 - 29  ほとんどビートルズしか聴いてません!




9-9-9といえば、昨年2009年9月9日、記念すべきビートルズリマスターの発売日のことである。なんとあれから早くも丸1年が経とうとしているわけだが、考えてみたらこの1年間というもの、僕はほとんどビートルズ・リマスターしか聴いていない!これは我ながら驚くべき事実である。

いくらリマスター化されたとはいえ、かれこれ30年近くも聴き続けてきたビートルズである。正直言って心のどこかには「今さらビートルズでもないだろう~」的なある種冷めた自分がいるのも事実なのである。にもかかわらず僕が過去1年間コンスタントにビートルズ・リマスターを実際に聴き続けてきたというのもまた紛れもない事実なのだ。だが、それはどちらかというとビートルズ・リマスターを好んで聴いたと言うよりは、むしろそれ以外のCD(過去に買ったCD)が全く聴けなくなってしまった、と言ったほうがより真実に近いかもしれない。

つまり、あまりにもビートルズ・リマスターの音がすばらしいがために、過去に購入したCDすべての音があまりにもショボすぎて聴くに堪えなくなってしまったのだった。これは僕が大好きなポールのソロ作品でさえも例外ではなかった。つまり簡単に言えば今までのCDが全くゴミと化してしまったというわけだ。

人間というのは不思議なもので、それまでに自分が知っていたものよりも一段高いレベルを知ってしまうと、もう以前のレベルには戻れなくなってしまうものである。そして、僕の場合はもっと極端なのかもしれないが、以前のCDは実は音がひどく悪かったという事実を知ってしまった時点でもう完全にアウトだった。僕の大好きなポールも、エルトンも、ビリー・ジョエルも、ボストンも、クイーンも、二度とCDを棚から引っ張り出そうという気にさえならないのである。

そもそも音楽とは僕にとって一つの大きな「快感」なのだ。とことん突きつめていけば、僕はただ単純に気持ちがいいから音楽を聴くのである。そして今、僕はビートルズ・リマスターが一番気持ちがいい事を知ってしまったのだった…。そして一度そうなってしまうと、もう後戻りは不可能である。今や昔のCDは、無理に聴いてもただ気持ちが悪いだけなのだ。

それゆえ、きたるべきポールのリマスター盤への期待はいっそう高まるばかりなのである。というのも、もしもビートルズ・リマスターと同じレベルでポールのソロ作品のリマスター化が本当に実現したなら、僕の中でかなり長い間休眠状態になっていたアルバムや収録曲が新たな輝きを放ち始めることは間違いないからだ。特にアナログ盤を一度も耳にしたことのない『プレス・トゥ・プレイ』以降のアルバムには多くの新たな発見があるに違いないし、若かりし頃にアナログ盤で親しんだ初期のアルバムにはとてつもない懐かしさを覚えることだろう。僕の中のポール愛がきっと核爆発を起こすはずなのである(笑)。それほどの期待をもって僕はポールのソロリマスターを待ちわびている。

そんなわけで、丸1年を経ても聴き飽きることのないビートルズ・リマスターのおかげで、当初は期間限定と思われたこの「ビートルズ・リマスター日記」もまだまだ続きそうな気配である。


コメント
非公開コメント

納得。ビートルズファン第一世代としては、当時1960年代の再生装置で、レコードを回して、どれほどの音質なのか試してみたくなります。ぼくは、かれこれ、50年近く、ビ^ートルズだけです。

2010-09-06 10:23 │ from 小林順URL

小林さん
大先輩からのコメントは嬉しいです。50年近くということは、ビートルズデビュー当時からのリアルタイム世代でしょうか。なんとも羨ましいかぎりです。また機会があれば、いろいろお話聞かせてください。

2010-09-06 20:55 │ from 管理人URL

恐れ入った感じです。まいりました。私自身はリマスター以降もビートルズ頻度?!は変わらずといったところです。全体の5パーセント程度といったところでしょうか(ほんとにビートルズファンなのか我ながら疑問!ただしIPODには全曲はいってます!!)。むしろソロのほうをたくさんききます。たぶんビートルズの3倍ぐらいはきいてますね。

ポールのリマスター楽しみですね。しかしプレストゥプレイ以降はすでにデジタル時代であり飛躍的な改善はあまり期待できないかもしれませんね。やはり期待は70年代前半リリースの何枚かでしょうか。『ワイルドライフ』に期待しています。あの頃のライブ盤もだしてほしいですね。

2010-09-08 03:26 │ from ジョンジーURL Edit

お邪魔します。
今日は9月9日ですー。 あーあれから、もう1年がたってしまったんですネ。 アマゾンから商品が届いたときのことを、昨日のように思い出しております(あ、管理人さんのお嫌いなモノBOXですけど…笑)。 私も管理人さんと同じように、この1年はビートルズ漬けでした(笑)。 特にUSBは…また自慢みたいになっちゃって恐縮の至りですが…まーだ毎日のように聴いてます。 よく飽きないもんだと我ながら呆れます。

2010-09-09 05:58 │ from 橋本リウURL

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。ジョンジーさんは聴く音楽の幅が僕などよりずっと広そうですよね。それにポールのCDは、たしか一部のファンの間で評判の高音質盤を何枚か持っておられましたよね。それにしても1年が経つのが早いです(笑)

2010-09-09 06:22 │ from 管理人URL

リウさん
コメントありがとうございます。モノボックスはファンの間ではほぼ完ぺきに近い高評価ですから、お気になさらずに(笑)。私はビートルズに限らず、ただモノラルが嫌いなだけですから。しかし、USBは持ってる人が少ないだけに私も興味津津ですが、今さら買えませんね~。うらやましいです。

2010-09-09 20:18 │ from 管理人URL

よくよく考えてみたら、私が聞くのはIPODやITUNEをオーディオに飛ばしたものが中心でリマスターの恩恵があまり感じられないということかもしれません。腰をすえてじっくり音楽を聞くということがあまりないのかも。もっとも自宅のコンポも総額30万たらずのポンコツですが。私の友人のビートルマニアはアナログそれも英国初期盤をあつめていて一枚数万円以上というものをコレクションしています。その音の生々しさはリマスターがただのアルミ屑に思えてしまうほどですが、初期盤(英国ファーストプレス)集めなんていうのは、明らかに人の道を踏み外しています(笑い)。くれぐれも道に迷わないようにしたいものです。

2010-09-17 16:13 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
私などは去年購入した3万足らずのミニコンポです(笑)。しかし、どんなオーディオシステムでもそれなりに鳴るのがまたビートルズの素晴らしさであり、神秘でもありますね。たとえ人の道を踏み外していようとも、それができる環境にある方はやはりうらやましいですな(笑)。その音はきっと聴いたことのある人にしかわからないものでしょう。

2010-09-17 23:00 │ from 管理人URL

昔、ほんとうに昔になってしまいました、1960年代、A3版程の大きさの、ターンテーブルとスピーカーの一体式、わずかに早い回転、だからキーがわずかに高い、ベースを再生できない、ほとんど再生装置とは呼べないもので、ビートルズを聴いていました。それでも、ビートルズの音は抜群でした。魂を串刺しにされてしまった。世界中で。リマスター版を聴くと、EMIアビーロードで鳴っていた音とはこんなものだったのかとノスタルジアを掻き立てられます。すこしましな、中古のアナログ再生装置にレコードを置いて回して、スピーカーから勢いよくあふれ出る音を聴くと、本物の音だ、と歓声を上げたくなります。本物の音は装置を選ばないのです。

2011-02-08 11:29 │ from 小林順URL

小林さん

コメントありがとうございます。「本物の音は装置を選ばない」。至言ですね。当時の時代背景を考えると、リマスター盤の音はキレイ過ぎるのかもしれません。しかし、技術は進歩してもビートルズはやはりビートルズでした。

2011-02-08 22:00 │ from 管理人URL