FC2ブログ

ビートルズ・リマスター日記 - 26  美しき男たちよ! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ビートルズ・リマスター日記 » ビートルズ・リマスター日記 - 26  美しき男たちよ!

ビートルズ・リマスター日記 - 26  美しき男たちよ!

ビートルズがヴィジュアル的に見ても史上最高クラスのスーパーグループであったことに異論を差しはさむ者はいないだろう。デビュー前から解散直前に至るまでに撮影された膨大な数の写真、そしてフィルムの数々…。それらすべてが美しい!

僕は47才という年令になった今でもそれらの一つ一つを見るたびに、この4人の男たちが持つ不思議な美しさと魅力に驚嘆させられるのである。彼らがいつ、どこで、何をやろうとも、それらはすべて絵になったし、常に時代を象徴する最高の被写体としてこの世のものとは思えぬ独特のオーラを放っていた。それらは誇張抜きに彼らの生み出した偉大なる音楽に勝るとも劣らない人類共通の世界遺産なのである。ビートルズ4人の顔、姿、そしてファッションは常に時代を超えた永遠のかっこよさとアートの香りを後世に伝えているのだ。

それにしても、たとえば60年代前半の彼らのどの写真を見たとしても、ほとんど古臭いとか、ファッションがダサい、等々の印象を与えないのは本当に驚くべきことである。つまり、ことビートルズに関しては、着ている服がなんであれ、髪型がどうであれ、そんなことは全くといっていいほど関係がなかったのである。逆にいえば、それほど彼ら自身が持つ魅力が傑出していたということだ。

なぜこんなことを思ったのかというと、ビートルズ・リマスターの各CDに封入されているブックレットに挿入された写真がどれもこれもすばらしいからだ。しかも、僕に関しては今までに一度も見たことのない写真が大半であった。これまで数えきれないほどビートルズの写真を見てきたが、それでもまだ一度も見たことのない写真が数多く残っていたことはある意味衝撃であった。おそらくまだまだ見たことのない写真が世界中のどこかにたくさん眠っているのだろう。ビートルズ・リマスターはブックレットの写真を見るだけでも買う価値があるかもしれない。

ではなぜビートルズはあれほどまでに美しかったのか?その答えの一つを今朝自分の2才の息子を見ていて、ふと思いついてしまった。子供は皆美しい…。そして口には出さないが、息子の純粋無垢な美しさに、僕は毎日のように心を打たれている。そして思った。ひょっとするとビートルズの美しさは、彼らが奇跡的にも「子供のまま大人になった」からではなかったのだろうか?そう、少なくとも彼らは最後まで子供のような心(童心)を失うことはなかった…。

ビートルズを真に理解する鍵の一つは「子供ような心」なのかもしれない。

コメント
非公開コメント

またお邪魔します。
彼らがイケメンであったことは、歴史の奇跡でもあるような気がしてなりません。
リンゴにしたって、当時は人気ナンバー1だったんですからね。
これは、ほかの3人があまりにもこちらにスキを与えぬほどのイケメンであったため、ホッとする顔立ち及びキャラのリンゴに人気が集まったのだ、と個人的には分析しています。
特にジョージの顔の造形は素晴らしい。 デビュー前にビートルズはジョージをフィーチャーして売り出そう、という動きもあったらしいくらいですから(デッカ・オーディションの主役はジョージですよね)。
ジョンの顔もイケメンですが、いかにも皮肉めいた冗談を言いそうな隙のなさが表情に出ている。
ポールは言わずもがな、女の子がキャーキャー言いそうなベビー・フェイスですよね。

彼らはデビュー前から、自分たちの履くブーツにはヤタラメッタラこだわっていたらしいです(アンソロジー本の内表紙もブーツのイラストでした)。 そんなこだわりが、彼らをファッションのリーダーとしてものしあげていったんでしょうね。

見た目がいい、ということが人気のいちばんはじめのとっかかりになる。 これって見落とされているような気がしますが、とても重要なことのように思えます。 それに気付かれた管理人サンの見識に、あらためて敬服!です。

2010-08-12 14:22 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。天は二物を与えず、とは言いますが、ことビートルズに関してはそれは全く当てはまらない気が・・・(笑)。凡人はただため息をつくばかりですな。ハア~ッ。

2010-08-12 17:23 │ from 管理人URL

エプスタインの戦略の勝利?もしビートルズがハンブルクのうすぎたない(たばこ、アルコール、ドラッグ、女、性病・・・・の)シルバービートルズのままだったら、はたしてメジャーになれたかどうか?は興味深いところです。一目でビートルズの可能性を見抜いた等々、エプスタインのスカウティング能力、炯眼をたたえるエピソードは数々ありますが、事実はホモセクシャルだったエプススタインがジョンに(性的に)惚れ込んだというのが真相のようですね。ただ彼のマネージメントのたしかさはたたえられるべきでしょう。ただの不良少年の集まりを徹底的にトリミングし、磨き上げビジュアルバンドに仕立て上げた手腕はほんとうにたいしたものだといえます。彼がジョンに惚れ込まなかったら、いいかえれば彼がホモじゃなかったら、ビートルズの音楽は極東の我々にまで届かなかったかもしれませんね。

2010-08-16 22:33 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。言いにくいことをどうも(笑)。エプスタインの存在、そして早すぎる死は、ビートルズの存在自体に深く関わる極めて重要なキーの一つですね。彼がいなかったら、彼が死ななかったら・・・けっして答えの出ない問いかけではありますが、ファンが避けて通れない問題でもあります。

2010-08-17 06:30 │ from 管理人URL