FC2ブログ

ポールのアルバム:“Pipes of Peace(パイプス・オブ・ピース)” その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ ホーム » ポールのアルバム » ポールのアルバム:“Pipes of Peace(パイプス・オブ・ピース)” その2

ポールのアルバム:“Pipes of Peace(パイプス・オブ・ピース)” その2

このアルバムに収録された曲の多くが前作『タッグ・オブ・ウォー』の制作と同時期に録音されていたことはよく知られている事実である。というのも、『タッグ・オブ・ウォー』は当初2枚組のアルバムになる予定だったからだ。ビートルズ解散以降一度もダブル・アルバムを発表したことがないポールだけに(ライヴ盤は除く)、今から考えれば少し惜しい気もするのである。しかしながら、『タッグ・オブ・ウォー』と『パイプス・オブ・ピース』のサウンドカラー、そして個々の楽曲の完成度の違いは歴然であり、ポールのこの判断は妥当であったと言えると思う。

さて、僕がこのアルバムから感じる全体的な印象はひと言でいえば、統一感の欠如であろうか。かなりいい曲が集まっているにもかかわらず、一枚のアルバムとして見ると作りがかなり雑な印象を受けてしまうのである。前作に続いてプロデューサーはジョージ・マーティン。しかし、今回ばかりは彼のプロデュースは少し精彩を欠いていると思わざるをえない。けっして手抜きをしたわけではないのだろうが、こと本作に関しては彼の仕事とは思えないような平凡な出来に終わってしまっていると思わずにはいられない。特に前作の仕事がすばらしかっただけによけいにそう思うのである。

アルバムの全体的な印象としてもう一つ指摘しておきたいのは、このアルバムに収録された各曲の音圧が一定でないということである。そして、このことが『タッグ・オブ・ウォー』のアウトテイク集という悪い印象(?)にさらに追い打ちをかける結果となっているように思われる。あくまでも比較論での話だが、『タッグ・オブ・ウォー』の見事なまでの統一感とバランスの良さを考えるとき、この落差はいったい何なのだろうと思わず首をかしげたくなってしまうのである。

マイケルとの共作曲(2曲)にしても、その作品自体の出来の良さは認めるとしても、アルバムを通して聴いたときに、これら2曲だけがどうしても浮き上がっているような違和感を感じてしまうのはきっと僕だけではないだろう。近いうちに行なわれるであろうリマスター化に際しては、せめて各曲の音圧を一定レベルに統一してもらいたいものである。そうすれば、このアルバムに対する評価も一変する可能性がある。

各曲の完成度にしても、前作『タッグ・オブ・ウォー』のほぼ完璧ともいえる仕上がりに比べるとやや雑な印象は否めない。これはプロデューサーが前作と同じジョージ・マーティンであり、録音時期もほとんど変わらないというという事実から考えるとなおさら不思議な気がしてしまうのである。しかし、これが音作りというものの難しさなのかもしれない。最高のアーティストと最高のプロデューサーがタッグを組んだからといって、必ずしも毎回傑作が生まれるとは限らないのである。実際、過去にも似たような例は数限りなくある。

のっけからかなり手厳しい評価となってしまったが、だからといって僕はけっしてこのアルバムが嫌いというわけではない。旧B面の3曲『タッグ・オブ・ピース』、『ヘイ・ヘイ』、そして『スウィート・リトル・ショー』を除けば、僕はこのアルバムに収録されている曲がすべて好きだし、このアルバムは実際にもっともっと売れても何の不思議もない良作であったと思っている。

タイトル曲『パイプス・オブ・ピース』、『もう一人の僕』で聴かせる定番のポール節。『キープ・アンダー・カヴァー』と『アヴェレージ・パーソン』で見せるスピード感。『ソー・バッド』と『スルー・アワ・ラヴ』の泣けるほど美しいスローバラード。そして黒人音楽との融合から生まれた名曲2曲、『セイ・セイ・セイ』と『ザ・マン』。これらに加え、もしポールらしいロックンロール曲などが収録されていたならば、ほぼ完ぺきな作品にさえなったかもしれない、などとさえ思うのである。

『タッグ・オブ・ウォー』と『パイプス・オブ・ピース』。これら2枚のアルバムは、ジョンを失った深い悲しみを乗り越えて、ポールが再び世界に復活を宣言した記念すべき作品である。ジョンが生きていれば、おそらくいつかは実現したであろうレノン=マッカートニーの再共作、再共演への道は永遠に断たれることとなってしまったが、そのあまりにもショッキングな事実から再起を果たしたポールの精神力は並大抵のものではなかっただろう。だが、ともかくポールは戻ってきたのだった。そして、ここから真の意味におけるポール・マッカートニーのソロ活動が始まったといっても過言ではない。しかし、その道はけっして楽なものではなかった…。

好きな曲ベスト5
1.『スルー・アワ・ラヴ』
2.『ソー・バッド』
3.『セイ・セイ・セイ』
4.『ザ・マン』
5.『もう一人の僕』


コメント
非公開コメント

お邪魔します。
アチャー、厳しい評価ですね(笑)。 私はこのアルバム、結構好きなほうですけど、「タッグ・オブ・ウォー」 に比べると、確かにちょっと難なく作り過ぎている気はしますネ。 余裕が見える、って言うか。 つまり、ポールもジョージ・マーティンも、ここまでできるんなら、もっとできそうだ、という欲張りな感想です。
ただ、ジョージ・マーティンの仕事はこの時期以降、急速にダメになっている気は、するんですよ。 かつてのような凄くて過激な発想というものが、なくなりつつある。 彼がビートルズにもたらした効果というものがいかに絶大だったか、逆に思い知ることにはなるんですけどね。

このアルバムを最初聴いた時に感じたのは、「やたらと音がいい」、ということでした。
「音がいい」 というのは、ビートルズ時代から感じていたんですけど、ビートルズのレコードというのは、同時期のミュージシャンなんかと比べて、格段に音がいいんですよ。 「レコーディング・セッション」 を読んで納得したのですが、それはレコードの溝に音を落とすカッティングという作業の際に相当エンジニアたちがレコード会社上層部と葛藤した結果らしいですね。
その伝統が、このアルバムでは復活している気がするんです。

「ヘイ・ヘイ」「スウィーテスト・リル・ショウ」、私は結構好きですよー。 「ヘイ・ヘイ」 はリズムの音が面白い。 ンチャカ・ンチャカって。 「スウィーテスト」 は、最後のコーラスが延々と続いて、テープ操作なのかな?どうやって録ったんだろうって、未だに謎です。 このアルバムには、ビートルズ時代に私が魅力を感じていた、この 「どうやってこの音を出したんだろう」、という驚きが、そこかしこにある気がするんですよ。

私のお気に入りはなんと言ってもタイトル曲、「パイプス・オブ・ピース」 ですかね。 「♪オール・ラウン・ザ・ワールド」 からのピアノのリズムが最初ずれているのはご愛敬なんですが、ポールって、「ドライヴィン・レイン」 の 「リンス・ザ・レインドロップ」 の時もベースのリズムが途中で半拍ずれるとか、結構こーゆーのって平気、ってゆーか(笑)。 この曲はプロモフィルムもサイコーの出来でした。

このアルバムにとって幸運だったのは、マイケルがいちばん脂が乗っていてマトモな時期(失礼)に共演できたことだと思います。 「ザ・マン」、いい曲ですよ、やっぱり。 ポールがマイケルの声域に張り合おうとしているのが笑えるんですけど。

それにしても、「もう一人の僕」 を聴くと、「スピード・オブ・サウンド」 の 「シーズ・マイ・ベイビー」 を連想するのは、私だけでしょうか?(笑)

2010-08-09 12:23 │ from 橋本リウURL

リウさん
コメントありがとうございます。ジョージ・マーティンがだんだんと耳が聴こえなくなってきたことをポール自身が語っているインタビューを、かな~り昔に読んだ覚えがあるのですが、ひょっとするとそれがこの時期と一致するのかもしれませんね。
私も音が良くないと感じるのはCDのほうで、昔に聴いたLPの音はかなりよかったと記憶しています。それだけにリマスター版には期待してしまいますね。その後さっぱり音沙汰ないですが(笑)
『ヘイ・ヘイ』はせっかくスタンリー・クラークとスティーヴ・ガッドを呼んだのだから、もっとプロフェッショナルな渋いサウンドにしてもらいたかったという個人的な願望がありますです。
『もう一人の僕』と『僕のベイビー』は系統的に全く同じですよね。嫌いな人は嫌いでしょう。私は大好きですが・・・。

2010-08-09 20:52 │ from 管理人URL

back to the egg以前のポールだったら『say say say』はアルバムに収録されなかったでしょうね。back to the eggの失敗でTug of Warから戦略変更、このへんはさすがにしたたかですが、あきらかに「say say say」は浮いちゃってます。

私のベスト5
1.アヴェレージパースン
2.ソーバッド(但しブロードストリートヴァージョンのほうが好きです)
3.キープアンダーカバー
4.SAY SAY SAY
5.THE MAN

2010-08-10 09:37 │ from ジョンジーURL Edit

ジョンジーさん
コメントありがとうございます。たしかにアルバム未収録のシングル(特にA面)というのはこれ以降さすがに少なくなってゆきますね。ポールはヒット曲が書けなくなった、とも言えるわけで・・・。そう考えると最近のアルバム発売間隔の短さとライブ活動の両立は見事というほかはありません。

2010-08-10 19:21 │ from 管理人URL

管理人様・皆様、大変暑い日が続いていますけど お身体の方は大丈夫でしょうか?

アルバム『パイプス・オブ・ピース』私が残念に思うのは、アルバム『タッグ・オブ・ウォー』に収録漏れになった曲を ほぼ流用してしまった事ですね。
もちろん それらの曲も魅力的なのですけど、もともとポールは、アルバム『パイプス・オブ・ピース』を『タッグ・オブ・ウォー』の続編として想定していて、前作『タッグ・オブ・ウォー』でテーマの一つとなった 人種間の争いなど我々が暮らしている世界に存在する様々な対立について、ポールなりの答えを表明した曲が「パイプス・オブ・ピース」だった訳ですよね。
「パイプス・オブ・ピース」は素晴らしい曲で、PVも含めてポールの考えを上手く表現された秀逸な作品だったと思うのですけど、ポールはアルバム『タッグ・オブ・ウォー』発表後、「パイプス・オブ・ピース」の他 わずかな曲しかレコーディングせず、前作のアウトテイクを流用して次作となったアルバム『パイプス・オブ・ピース』を発表してしまいました。

「パイプス・オブ・ピース」は素晴らしい曲ですし、こんな曲が作れるのですから、アウトテイクなど流用せず もっと時間をかけて曲作りとレコーディングに励んで欲しかったですね。
そうすれば 『パイプス・オブ・ピース』は散漫な印象にならず、もっと芯の通った出来のアルバムに仕上がったと思いますがどうでしょうか?…
 
マイケルとの共演曲「セイ・セイ・セイ」も良い曲と思います。しかし、前作のスティービーとの共演では 人種間の争いという問題提起があり、アルバム全体のトーン・コンセプトにも違和感なく融合していた様に思いますが、マイケルとの「セイ・セイ・セイ」は内容的にやはり アルバムの中で浮いてしまっている印象は拭えません。
以上を考えてみても、アルバム『パイプス・オブ・ピース』って少し制作過程が雑になってしまった印象がしてしまいます… 
理由は 映画「ヤア!ブロードストリート」の制作も重なっていた為らしいですが、もっとレコーディングに専念出来ていれば… アルバムの完成度は変わったと思います。

80年代初期のポールは、日本での逮捕・拘留、ジョンの死、ウィングス解散で かなり活動のペースや計画が狂ってしまい、少なからずアルバム制作にも混乱が生じてしまった様に思います。
当初発売予定だった、ポール・ウィングスの未発表曲集の発売中止、傑作『タッグ・オブ・ウォー』も当初はウィングスの新作として制作が開始されたそうですが、ウィングスが解散した為にソロ・アルバムとしての制作に切り替わってしまいましたし、二枚組アルバムの構想もありましたが、諸事情で一枚となってしまいました。

結局このアルバム『パイプス・オブ・ピース』は1980年から続いたゴタゴタや紆余曲折と 次にポールが取り組んだ映画制作に挟まれる様な形になり、制作過程としては 非常に不運なアルバムだった様に思います… 繰り返しになりますがもっとポールが曲作りやレコーディング・アルバム制作に専念出来れば…と思うと残念ですね。

ジョージ・マーティンのプロデュースについては 特に悪いとも精彩を欠いているとも思わなかったです。
アルバム『パイプス・オブ・ピース』は、ポールにしてはサウンドか凝った曲が多いですよね。「タッグ・オブ・ピース」では、遊び心というか、新しい音・面白い音に対するチャレンジ精神も まだ健在という印象を受けます。 

アルバム全体としては散漫な印象はありますが、一曲一曲を見れば魅力的な曲が多いアルバムですよね。
私の選ぶベスト5を記しておきますね。

◎ パイプス・オブ・ピース
初めて聴いたのは、ベスト盤『オール・ザ・ベスト!』に収録されていたのを聴いた時でした。
美しいメロディにポールの甘く優しい歌声にノックアウトされてしまい、ベスト盤の中で一番のお気に入りになりました。
私にとってのポールとは、やはり美しいメロディにポールの甘く優しい歌声… 突き詰めればこれに尽きるのかも知れません。

◎ アベレージ・バーソン
歌詞に合ったSE・サウンドが楽しい曲ですね。こういうタイプの曲って、きっと好き嫌い別れるのでしょうけど 私は好きです。

◎ スウイーテスト・リトル・ショー
ちょっとしたショー仕立てになった構成がお洒落な感じで好きな曲です。
ポールだと思うのですが、アコースティック・ギターのソロも良い味を出していますね。

◎ ザ・マン
マイケルとの共演で この曲もなかなかの佳曲だと思います。2人の歌声が聴いていて心地良いです。

◎ スルー・アワ・ラブ
ポールらしい美しいバラードですね。
ポールはアルバムの最後、もしくは終盤に壮大なバラードを配する事が多いですが、この曲を聴いていると いつまでも この感動に浸っていたい、アルバムを聴き終えるのが寂しくなる… そんな気分になってしまいます。

アルバム『パイプス・オブ・ピース』いつの日かリマスターされて、再発される日が待ち遠しいですね。



2010-08-11 00:19 │ from テツURL

ダブルアルバムをEMIに拒否されたのに、ポールはみれんたらたらでこのアルバムをタッグオブウォーのアンサーアルバムに仕立て上げようとして『タッグオブピース』なんて曲をでっち上げた。このへんでバランスをくずしたのが致命傷?になりますかね。個々の曲のレベルの高さは問題ないようにおもいます。やはりダブルアルバムのほうがよかったかもしれないし、EMIのつまらない打算はポールに大きな足踏みをさせ、長い低迷にみちびいたといえるかもしれませんね。

2010-08-11 00:30 │ from ジョンジーURL Edit

テツさん
コメントありがとうございます。おかげさまで私は少し復活しました(笑)。ところで私の記事よりも長いテツさんのコメントのボリュームにびっくりです。そして、テツさんや、リウさん、ジョンジーさんがいつも私の記事に足りない部分を補完してくださるので、感謝しております。

2010-08-11 19:35 │ from 管理人URL

ジョンジーさん
『タッグ・オブ・ピース』は私の中ではポールのワーストソング候補の1曲に入るかもしれません(笑)。

2010-08-11 19:37 │ from 管理人URL

確かにアルバムとしての統一感はないですが、かえってそのチグハグさがバラエティーパックみたいで楽しいです。そのくせ各曲ごとの完成度の高さ、凝り具合そして音の良さがこのアルバムが大好きな理由です。

特に「もう一人の僕」ボーカルがずば抜けてクロースに聞こえます。ポールのため息(最初のコーラス前で鼻からフーン…みたいな(笑)息づかいまで聞こえて…恥ずかしいですがこの理由で実はこのアルバムを聴くときは必ずこの曲だけリピートしてしまいます。間近にポールがいるみたいで(笑)

それからやはりマイケルとの共作。アルバム「タッグ・オブ・ウォー」のスティービーワンダーやカール・パーキンスとの曲もそうですが、才能がマッチした者同士の楽曲で非の打ち所がない。勝手ながらポールには彼よりへたな人とはやって欲しくないと思っているので今の彼のバンド(キーボードのウィックスはいいのですが若者3人は気に入らないです)がどうしても好きになれません、その前のオフ・ザ・グラウンドのときのバンドの方が好きです。話がずれましたが…私のベスト5は:

「パイプス・オブ・ピース」
「もう一人の僕」
「スウィーテスト・リトル・ショー」
「アベレージ・パーソン」
「タッグ・オブ・ピース」

いつも管理人さんのすばらしい分析とポールの音楽を愛するブログ楽しみに拝読させていただいてます、これからも応援しています!

2010-08-24 21:50 │ from 初級自由人URL

初級自由人さん
はじめまして!なんとなくネガティブなレビューになってしまったのですが、実はリマスターによってこのアルバムの評価が一変する可能性を強く感じたりもしています。感じ方はさまざまでも、ポールと彼の音楽を愛する気持ちは同じですね!これからもよろしくお願いします。

2010-08-24 22:40 │ from 管理人URL

ボートラ最後のsimple as thatですが、これは1986年のオムニバスアルバムのための曲で、時期的にはpress to playのボートラに入っていたほうが良いと思うのです

2014-05-06 13:13 │ from 雨URL Edit

雨さん
Wildlifeに収録されたMama's lIttle GirlやVenus And Marsに収録されたZoo Gangなんかもそうですね。
Wings At the Speed Of Soundのボーナストラックなんて全部Venus And Marsの頃のものです
ボーナストラックの曲はポールがきめているのだとおもいますが
雰囲気で選んでいるのか、それともポール自身記憶が曖昧なのか・・・
Too Many Peopleをライヴで披露する際に「ウイングスファンのためにやるよー」とかいっちゃったりしてますしね

2014-05-06 21:00 │ from TWICEURL

私もやっていいですかベスト5

私、好きな曲ベスト5
1.Through Our Love
2.So Bad
3.The Man
4.Keep Under Cover
5.Say Say Say

なんとなく似てますね。

Keep Under Coverはミキセンターでキャンディーズにカバーさせたい。


2014-06-23 01:08 │ from NadjaURL